福寿草・正月草・朔日草 

2月19日(月曜日)  6:00 → 7.0度 (戸外 マイナス0.4度)

※ この写真を、フェイスブックに載せていたら、
   〔 『この花は、正月草とも言うんですよ』・・・、本当に正月に咲くん
   ですね〕・・・って、コメントを戴きました。

※ 調べたら、ほんまに正月草って名前も書いてありました。
   旧暦にピッタリ合ってる花なんやな~って思いました。
   今年は、2月16日が旧暦のお正月(春節・ソルラル)でした。
  
※ さらに、福寿草って書いて (サチグサ)   とも読むそうです。 
   さらに、朔日草 (ついたちそう) とも言うそうです。 


★  福寿草です  ★
福寿草 30 2 14

★  旧暦のお正月に合わせて咲きました・・・正月草  ★
           福寿草 正月草 30 2 16

★  福寿草のつぼみたちです  ★
福寿草 (サチグサ)とも読む 30 2 14
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

三豊市文化財保護協会郷土文化講演会

2月18日(日曜日) 

※ 三豊市文化財保護協会の、今年度最後の研修会でした。

★ 講演 演題  ~ 香川の葬送儀礼 ~ ★ 
              三豊市文化財保存協会 講演会 30 2 18


香川の葬送儀礼 田井静明 30 2 18
※ 野辺(のべ)の送りと呼ばれた葬列は、昭和の後半には「黒い」服装が
   基調となりましたが、以前は「白」の着物が葬式のイメージでした。
   結婚式でも「白無垢(しろむく)」などの白い着物が着られますが、
   かつて女性は結婚式で着た白無垢をお葬式でも着たというところは
   多く見られ、人生の重要な通過儀礼である出産 ( 赤ちゃん )、婚姻
   ( 花嫁さん )、葬送( 死者 ) において白い着物が着られ、「 白 」 が
   象徴的な色であったことがうかがえます。

※ ビデオ撮影、写真撮影は禁止でしたので、写真はここまでです。
   今まで知らなかったことを一杯聞いてきました。
   さらに、次に伝えていくべきことなのかも~? 
   でも、まあ、まあ、伝えるだけやろうな~? って、思います。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

キュウリグサの花

2月18日(日曜日)  6:00 → 6.9度 (戸外 マイナス1.5度)

※ 爺神山の大師堂の下の駐車場の桜の樹のもとに、キュウリグサの
   花が咲いています。
   忘れな草の花によう似とります。
   これを、『忘れな草』って言ってる人も居ます。 

※ 一週間位前に、「ここにキュウリグサが咲いていますよ」って、教えて
   もらっていたのですが、うまく撮れませんでした。
   昨日(2/17㈯)、再チャレンジして、何とかわかる写真が撮れましたの
   で、アップします。


★  大師堂の下に、キュウリグサの花が咲いてます  ★
キュウリグサの花咲く 30 2 17

★  寒さで葉の先は傷んでいましたが、花は可愛く咲いていました  ★
           キュウリグサ花大師堂の下に 30 2 17

★  葉っぱに守られてるつぼみです・・・もうすぐ開きます  ★
キュウリグサの花 爺神山 30 2 17

★  私のカメラで撮れる最大です・・・これ以上大っきょに撮れん  ★
           キュウリグサ花 縦に切取 30 2 17

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

猪ノ鼻トンネル工事 見学

2月17日(土曜日)  6:00 → 10.6度 (戸外 4.9度)

※ 今朝は、暖かい朝やったです。 
   このまま春になったらええんやけどな、まだイカンわな~! 
   「奈良のお水取りが終わらなんだらぬくうにならんで!」 って・・・・・、
   私が、子どもの頃から聞かされてるこの言葉、毎年この時期に、
   脳裏によみがえってきます。 
   もう少しの我慢やなって思いながら、春を待っています。 

※ 先日(2/14 ㈬)、一日研修で見学に行った所の写真です。  


★ 元 財田上小学校で、丁寧な説明を聞いてから出発しました  ★
新猪ノ鼻トンネルの説明を聞く 30 2 14
※ 全員ヘルメットをかぶって、バスに乗って出発しました。
   現場まで、 で、7~8分だったです。


★ 新猪ノ鼻トンネル(仮称)です  ★
猪ノ鼻トンネルへ 30 2 14
※ みんなヘルメットをかぶっているので、少し位は中に入らせてくれる
   のかなって思ったけど、説明版の前までしか行けませんでした。 


★ この説明版の前で、詳しく説明していただきました  ★
ヘルメット被ってるのにここまでやったです 30 2 14

★ 平成27年~31年工事、なので32年には開通のようです  ★
猪鼻トンネル工事の説明版 30 2 14

★ トンネルの中にも入って見てみたいな~ 、邪魔なんやろうかな~  ★
全員ヘルメットをかぶって 30 2 14
※ この説明が終わったら、質問を聞いてくれて、そのあと、ここで
   ヘルメットを返しして、 バスに乗って三野まで帰ってきました。
 
※ この日(2/14)の研修は、ここが最後の場所でした。

 { 三豊にも、自慢できるところがようけあるやん  } って、
   思いました。  


 この工事の場所は、私が徳島へ行く時いつも通る所でした。
   {道を直しっよんやろうけどな~、随分、長いことかかっりょるな~?}って、ずう~っと
   思っていました。

   今日の説明を聞いて初めて知りました、{ なが~いトンネルを作っていたんやな } って。
   今度から、この横を通るとき、{頑張ってトンネルを掘って、徳島側へと続けてくださいね}
   って、応援しながら気持ち良く通ることができます。 
   トンネル工事の話を聞いてよかったです。 
   また、開通の時には、私が元気だったらお祝いの気持ちを込めて見に来ます。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

日本初 トンネルコンポスト

2月16日(金曜日)   6:00 → 8.6度 (戸外 1.0度)

※ 今回の写真と記事は、2月14日(水) に参加した
   『三豊をもっともっと知ろう (市内研修)』 の、3番目に行った所
   です。
   なお、その日帰り研修で、
   1番初めに行った所は 『 香川県水道局西部浄水場 』
   2番目に行った所は 『 三豊市南部学校給食センター 』
   3番目が、『 バイオマス資源化センターみとよ 』 
   4番目が、『 たからだの里 』 『 さいた道の駅 』
   5番目が、『 なかよしライブラリー 』 と、『 がっこうのイチゴ園 』
   6番目が、『 新猪鼻トンネル(仮称) 現地見学 』 でした。 


★ 日本初のリサイクル技術を三豊市から(ゴミは全て資源)  ★ 
初めに説明を聞いて・・・ 30 2 14
※ まず初めに、資料を見ながら、説明をお聞きして、
   それからセンターの中を見学させて頂きました。


★ オレンジの扉の近くに行くと、自動で扉が上がります・・・ ! ★ 
バイオマス資源化センターみとよ 30 2 14

★ この圧縮梱包されたゴミは、無臭だったです  ★ 
圧縮梱包されたゴミ・・無臭 30 2 14

★ ゴミの匂いは、この太いパイプでバイオフィルターへ運ばれてます  ★ 
ゴミの匂いは微生物脱臭の所へ運ぶ 30 2 14

★ 脱臭のため木チップを敷詰めたバイオフィルター  ★ 
木チップ敷詰 バイオフィルター 30 2 14

★ 微生物のために一日中散水しています  ★ 
           バイオフィルター 微生物の為の散水 30 2 14

★ ゴミの臭気はチップ層を通過させて微生物脱臭をします  ★ 
臭気はチップ層を通過させて 30 2 14

★ みんなが居る後ろの壁も暖かいです・・・微生物が働いてます  ★ 
後ろの壁は暖かい 微生物が働いてる 30 2 14
※ わたしは、ここの説明を聞くのは二度目でした。  
   日本では、ここだけということなので、三豊市の自慢の一つかな 
   また、忘れた頃に、来ます。 よろしくお願いします。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード