病床短信 (NO.28)

10月6日(㈮曜日)   

※  病床短信 ( NO.28) を、受けとりました。 
  


=====  =====  =====  =====  =====  ===== 

        
            私 利 私 欲 の 渦 巻 く 中 で

  首相が衆議院選挙を十月にすると宣告しました。
 粟井の祭りと重ならねばいいのですが。 今選挙をすれば自民党が
 有利との判断のやうです。

  昔の殿様は先憂後楽を知ってゐました。 民の竈は賑はいにけりと
 喜んだ天皇もゐました。 今の総理はどうでせうか。

  我が田に水を引くことばかり熱心で他を顧みません。 権力を私欲の
 為に使って憚りません。 学校建設に絡む疑惑はそれでせう。 それを
 隠す選挙とか言はれてゐます。

  政府は道徳を意識的に破壊してゐます。 国会で嘘の証言をした人を
 いいポストに就けました。 公務員の意識を変へたことでせう。 出世する
 には嘘も方便と、国民不在の行政が益々増えるでせう。

  私利私欲の自分第一の生活が何をもたらすかよく考えたきものです。 
 たぶん住みにくい社会になり犯罪が増えるでせう。 
   
 
          文    苑     


         他を生かし 自己主張なき
                     菊膾 (きくなます)

         窓に来る 風の匂ひや
                     花梨 (かりん) の実  
         

         故郷は 色鮮やかに
                     秋日かな     

===  =====  =====  =====  =====  ===

トカミ山から南 29 10 6
スポンサーサイト

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信 (NO.27)

9月23日(土曜日)   

※  病床短信 ( NO.27) を、受けとりました。 
  


=====  =====  =====  =====  =====  =====   

        
            要求の祈りから感謝する祈りへ

  ああさういふことかでは分からないと言はれました。 悟りとは表面的
 には大きな変化はないのでせう。 考へ方や味方が変はるだけのやう
 です。 

  これまでで祈るとき、何かをしてくださいでした。 
 間違っても有り難うの言葉はありませんでした。 皆さんはどうでしたか。
  
  それが有り難いと祈るやうになったのです。 祈る言葉が替はっただけ
 です。 傍目には変はりません。

  変わったのは、祈る言葉だけです。 要求する言葉から感謝の言葉へ
 と替はりました。 大きな変化です。 これで生活態度が変はればしめた
 ものです。 

  お願いしますと念佛してゐたのを往生決定の身にして頂き、弥陀の誓
 願に遇ひしご縁をありがたうございますと念佛します。 新たな信仰生活
 です。 半月ほど経ちましたが、変はりません。 劇的な変化はないやう
 です。
 
          文    苑     

     
         要求の 感謝に替はり
                     曼珠沙華

         有り難や 念佛の声
                     山梔子 (くちなし) の実           

         親鸞の 布教五十年
                     桃熟 (う) るる  


  ===  =====  =====  =====  =====  ===

曼珠沙華 白 29 9 22

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信(NO.26)

9月10日(日曜日)   

※  病床短信 ( NO.26) を、受けとりました。 
  


 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

        
              あ あ 、 さ う い ふ こ と な の か

  気が付いてみると、さういふことだったのかと思ふことがあります。 
 これを悟りと言ふのでせふ。
  
  極楽往生の切符を阿弥陀様から頂きたいと願ってゐましたが、既
 に頂いてゐるのではと気づきました。
 これまで後生を願って念佛を唱えて来ました。

  阿弥陀に誓願により極楽行きの願船に既に乗ってゐると思ひました。
 かふ思ふと急に気持ちが楽になりました。何時死んでも極楽にゆける
 からです。

  まだ確信には程遠いのですが、道筋は確かでせう。 親鸞聖人に学
 んで安心した晩年を過ごさうと思ひます。

  これまでお願いしますと念佛していたのをありがたうございますと念佛
 し始めましたが、しつくりしません。 感謝の気持ちをどう入れたらよいの
 か分かりません。 新たな信仰生活を手探りで進めます。
 
         文   苑     

     
         誓願ぞ 切符なりけり
                     彼岸花

         願船に 乗りたる身には
                     菊の花           

         曼珠沙華 感謝の念佛
                     手応えなし 

         信の念 如何に深めむ
                     稲の花 


 ===  =====  =====  =====  =====  ===

稲刈り寸前 29 9 11

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信(NO.25)

8月27日(日曜日)   6:00 → 27.3度 (戸外 24.2度)

※  病床短信 ( NO.25) を、受けとりました。 
  


 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

        
              辛 抱 強 い 子 を 育 て る

  藤原正彦氏の「祖国とは国語」を読み国語教育の大切さを痛感さ
 せられました。特に古典の読書を充実せよと。その為に辛抱強さを
 育てよと。
 
  それでこんな句を作りました。受け売りですが。
  橘や腰骨立てて性根据ゑです。これは森信三の教への根幹です。
 岡田式正座法を改良したもので、座禅に通じています。

  腰骨を立てると性根が座り同時ない人物になります。躾の要点は
 形から入らないと絵に描いた餅になります。 こんなことも分からず
 自主性などと言ふ教師が多いのが教育の質を落としてゐます。
 教育改革の第一歩はここにあります。
  次に大事なことは挨拶です。 稲の穂や先に挨拶謙虚なり です。
 小学校の教師をして 「おはようございます」 が誰にも言へるやうに
 なりました。

  謙虚さは忠告を受け入れる基です。 
 ハイの返事受容の構へ木槿咲く と言ふのは、心のコップを上向け
 にする秘訣です。 ハイの返事一つでその人の心を読みたいものです。

  立葵靴を揃へて心絞まり、これは無駄使ひをし
 ない生活態度を育てます。 金銭の失敗をしない秘訣で、浮気禁止
 にも有効。 


 =====  =====  =====  =====  =====  =====  =====

辛抱強い子を育てる 29.8.27

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信(NO.24)

8月25日(金曜日)   朝から30度を超す暑さです!

※  病床短信 ( NO.24) を、受けとりました。 
  

 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

           残 暑 お 見 舞 ひ 申 し あ げ ま す

  甲子園の高校野球が終はらないと過ごしよくならないと聞きます。
 今年は格別残暑が厳しいとのこと如何お過ごしですか。
 

 
  病院では温度管理が行き届いてゐますので暑い寒いの感覚はぼけ
 てゐます。外部の人の情報が頼りです。季節感は暦に頼つてゐます。
 それで、初秋の句を作りました。
  
  病院の中で一番好きなことをしてゐると、言はれました。縛られない
 時間は好きに本を読んだり俳句を作ったりネットで遊んだりしてゐます。
 これで死を待ってゐるとは思へないのでせう。しかし、確実に体は機能
 を失つてゐます。のんびりしてをれないのです。焦りを隠してゐます。

  残された時間が幾らあるかは誰にも分かりません。若いから長いとも
 年寄りだから短いとも限りませんが、死ぬまでが修行です。さう思つて
 ゐます。

  今の心境を詠んでみました。希望的なものです。
  
   
 
           文   苑     

     
        感謝する 動作貧しや
                    赤蜻蛉

        現実を 知り真知識
                    栗熟るる(うるる)          

        笑顔にて 人に接せば
                    木槿(むくげ)咲く 


 =====  =====  =====  =====  =====  =====  =====

青い不思議な色のムクゲ 29.8.25

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード