病床短信(NO.23)

8月11日(金曜日) 

※ 病床短信 ( NO.23) を、受けとりました。 
  

 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

           ど う 表 現 し た ら い い の か

  俳句が分かりにくいと言はれてゐます。自分でもこれで表現できて
 ゐるのだらうかと反省しきりです。季節との関係も不十分でせう。

 
  『俳句の匠』という句作りの支援ソフトをパソコンに入れました。
 千句あったものを七百句に出来ました。同じやうなものや後ろ向きの
 句を捨てました。もちろん分かりにくいのも捨てました。分かりやすい
 句が残ってゐればいいのですが。推敲します。

  退職後の生き方が大切だといふ教へにより何に力を入れるべきかを
 考へると旧仮名を大切にして文化の流れを断ち切らないことです。
 
   
  仮名遣ひを知らずに文化の断絶に与したことを今も恥ぢてゐます。
 漢字を取り入れそれから仮名を生み出し今日があり、独立がいつまで
 続くやら。

  弟が店と病院を何回も往復して手に入れてくれた文語の本を読んで
 ゐます。文語文が日本文化だと。
  



           文   苑     

     
        旧仮名を 楽しまむとや 
                    月見草

        無きことを 教へ立つるより
                    向日葵草          

        俳句ある 便り嬉しや
                    夏の旅  


 =====  =====  =====  =====  =====  =====  ===== 

ルドベキアタカオ 5月から咲いてる 29.8.11
スポンサーサイト

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信 (NO.22)

8月1日(火曜日) 

※ 病床短信 ( NO.22) を、受けとりました。 
  

 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

          入 院 生 活 一 年 を 超 し ま し た 

  昨年の六月半ばに入院して早くも一年が過ぎてゐます。時の流れ
 の速さを感じます。病室の人も入れ替はつてゐます。
 
  一日一日はさう変化が無くとも時間が経てば変はつたことに気づき
 ます。昨日の朝採血があり、左手を握らうとしたのですが痛くて指が
 曲がりませんでした。

  風呂に入れてもらつたり、襁褓を交換してもらつたりと恥ずかしい姿
 勢になりますが、気がつけば平気でしてもらつてゐます。恥知らずに
 なりました。

  恥知らずと言へば、理屈は一人前です。あくびをしながら眠いと言つ
 たりする看護人や仲間の悪口を言ふのには勤労姿勢に問題があると
 思つたりします。 自分の事を棚上げしてゐますが。
  
  耐震化の病院建設も目に見えるやうになつてきました。駐車場が二つ
 でき職員の車が移動しました。 建物の基礎工事も始まりました。 



           文   苑     

     
        河骨(こうほね)や 句作増やさむ  
                    俳句帳

        病室に 蝉の声聞く
                    朝(あした)かな          

        俳句書をネット注文
                    凌霄花(のうぜんか) 


 ===  =====  =====  =====  =====  ===

夏の花です名前は? 29.8.1

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信 (NO.21)

7月22日(土曜日)  6:00 → 30.8度 (戸外 25.7度) 

※ 病床短信 ( NO.21) を、7月21日に受けとりました。 
  

 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

            暑中お見舞ひ申し上げます 

  梅雨が終はると、強い日射しが戻ってきました。
 如何お過ごしでせうか。お見舞ひ申し上げます。
 
  病床から離れられない身にはクウラアの効きが良いか悪いかしか
 分かりません。
  ある意味で別天地にゐます。それだけに大変さを感じます。

  北九州では集中豪雨で大変な被害が出たそうですが、台風3号の
 被害も聞きませんので讃岐は住みよい所です。水不足さえなければ、
 早明浦ダムの貯水率はどんなになつてゐるのでせうか。

  百パーセント叶うと人は進歩しなくなります。 何か足りないところが
 あるのが良いのでせう。 少欲知足の生活を勧める人もあります。

  国内外の情勢を見てゐますと日本人はどう対処すべきかと心配です。
  主体性のしっかりした政治家や役人がゐないからです。
  大平総理のような人物はもう育たないのでせうか。



           文   苑     

     
        雲の峰 腰骨立てて  
                    自主性を

        夾竹桃 東西文化の
                    融合を          

        下学 (かがく) とは 身近から学ぶ
                    時鳥 


===  =====  =====  =====  =====  =====  =====  ===
夾竹桃 29.7.22

※ 三野津橋の向こう(東側)にある夾竹桃の花です。
   踏み切りと、高瀬川の土手の間にある田んぼの人が育てています。
   後ろには、弥谷さんと天霧山とふれあいパークみのが写っています 

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信 (NO.20)

7月21日(金曜日)   

※ 病床短信 ( NO.20) を、受けとりました。
  

 =====  =====  =====  =====  =====  =====   

          本格的に雨が降るといいのですが 

  空梅雨かと心配してゐたのですが、
 強い雨が降って安堵してゐます。 その時その時にふさはしい天気が
 いいですね。
 
  粟井のあぢさゐまつりは二十五日に終はつたのですが、晴天に恵ま
 れよかったです。でも、紫陽花は少し元気が無かったのかしらと気にか
 かっゐましたがどうでせうか。

  あと二三日雨が降るやうですが、たっぷり降ってほしいものです。
 早明浦のダムが満杯になるほど。

  ○○心と秋の空などと言ひますが、天気は分かりません。まづ人の思
 ふやうにはいかないでせう。さう思へば自然に生きられるるかも。 

  国家は国語であると言ふ主張を読みました。日本の歴史を言葉の面か
 ら検討したものです。 奈良時代に「万葉集」の日本語を漢字だけで書き、
 平安時代に仮名を作り出しました。それから漢字仮名交じり文が常用され
 てゐます。



            文    苑 
         
      片仮名の 文書かきたる  
                  鎌倉期

      闘病記 厚き本なり
                  四葩咲く          

      辞書機能 句作の励み
                  合歓の花 


===  =====  =====  =====  =====  =====  =====  === 
ルドベキアタカオ 29.7.21

 この葉書きは、7月10日頃に受け取っていました。
   内容が梅雨のことで、時期外れになってしまいました。 
   ここにアップするのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 

   次の21号を受けとりましたので、また、続いて書きます。 

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

病床短信 (NO.19)

6月29日(木曜日)   6:00 → 25.6度 (戸外 22.1度)  

※ 病床短信 ( NO.19 ) を、受けとりました。
  

=====  =====  =====  =====  =====  =====   

          一千句を達成できました 

  「共生の月」以降に作つてゐた俳句が一千句を越えました。その速さ
 に驚いてゐます。 
 
  次の句集は 「二天の月」 と題名は決めてをりますが、妻は出版に
 消極的です。私も少し間隔が短いかもと。三百句を捨てて七百句に
 すれば読んでいただけると思つてゐます。

  あまり分厚いものよりも前回ぐらいのものが手頃だらうと思はれます。
 時間を掛けて選句しようと考へてゐます。

  外来語の表記におおよその見通しが立ちました。
  拗音の書き方と拗長音の書き方です。キヤキユキヨやキョウです。
  これなら違和感も無く読んで貰へそうです。いかがでせう。
 
  ケフと書いてキョウと読み、ケウでもキョウと読みます。アの段にウを
 添えてカウでコーサウでソーとなります。芭蕉のDVDを開くと忠実に規
 則通りに読んでゐます。 あらたふとをアラトートです。



              文   苑 
         
      ビデオにて 芭蕉の旅や  
                  栗の花

      筆まめの 住所消えたり
                  五月雨          

      父の日や 花贈らるる
                  初体験 


===  =====  =====  =====  =====  =====  =====  ===
ヒメコバンソウ 29.6.29

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード