※ 見つけたよ! ※

 今朝、4時過ぎ東の空が明るくなり始めた頃

 抜いた草の乾いたのと、落ち葉の集めたのを焼きました。 
 挿し木に水を掛けて、蕾をつけているネジバナをそっと見ながら、周りの草抜きをしていました。
 
 「これはオダマキだわ、これはタカサゴユリだわ、置いておきましょう」・・・・ってな具合に、
私は嫌な草だけを抜いていました。
 『あっ! 見いつけた! すごいやん!』・・・吾亦紅(われもこう、われもまたあか)の、
幼い苗を見付けました。「やった!」→→[ ここでまた、心にうんらんさんの顔が浮かぶ ]

 今まで、何年も育てていたけど、植木鉢の中でしか育たなかった。 それも、大きくならないし、増えないでいました。

 きっと、今まで義父が雑草と一緒に抜いていたんだね。 さらに、北さんのお庭にあった肥後すみれの芽も見付けました。

 「早起きすると三文の得」って言うけど、本当ですね。実家の父は、毎朝4時頃には起きていました。冬は、まだ暗いうちからガタガタと仕事をしていました。 
 その父がいつも言っていた言葉→「早起きはいいぞ~!。早起きは三文の得って昔の人も言いよったんやきん、ええことがあるぞ!」

私「そなん、早よ起きよったら睡眠不足になって病気になるんやで!」・・・でした。

 が、今朝は本当に良いことがありました。るんるんですよ!

 吾亦紅の芽で~す。こんな所で育つかな?
吾亦紅の芽
 
 ついでにオダマキもね!
オダマキの芽

 さらについでにグラジオラス 「私も写してよ!早くしないと私の見頃終っちゃうよ
グラジオラス
スポンサーサイト

『山桃?』・・・taeko123さん見てください!

 我が家の山桃で~す。 今朝(5月30日・土曜日)写しました。
 鑑定お願いします。

 実はいっぱいなっています。
山桃実

 山桃の木 →木の高さは2m弱です。我が家にポット苗で来てから8年位になります。
毛虫もイラガの幼虫(オキクサン)も付きますが、消毒はした事無いです。
私が見付けたら手で除けています。
山桃木

 次の花も準備されています。 アセビの花のようなのが咲きます。
 白いすずらんの花みたいなのが連なって咲きます。
山桃花の蕾

※ 今日は、朝サトイモを菜園場に植えて、朝食後出掛けて、午後は大正琴の予定でした。 
  なので、朝一番に写真を写してきて、『新しく記事を書く』に何度も挑戦したのですが、
  「エラー」で、書き込めませんでした。

  今、大正琴の練習から帰ってきて、再度挑戦してみました。 
  『OK』で、今、私の心がホッとしてルンルンになりつつあります。

  taeko123さん、見てくださいね。よろしくお願いします。
 正しくは★白花姫いちごの木★なんですって

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今夜は人形の練習で~す!

18:45・・・今、夕食の準備終りました。
 
 今から、人形の練習に行きます。 詳しくは帰ってきてから書きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
21:45・・・練習が終って、帰って来ました。今夜の練習は15人参加でした。

 今夜練習した演目は、 『朝顔日記・・宿屋の段・・切大井川』と、
               『伊達娘恋緋鹿子・・八百屋お七火の見櫓の段』でした。

 ○ 大井川の段は、私は朝顔の人形の左手を遣う練習をしました。
 ○ お七は、私は雪を降らす係りなので、今日はお七の足を頑張りました。
 
 両方とも、2回づつ練習したので休み(休憩)は短かったです。みんな頑張りました。休憩時間を利用して6月と7月の予定を決めました。 
 6月には、定期の練習日以外に、文楽からの指導があり、老人大学から出演の依頼もあります。7月の飛び入りは今の所未定です。 8月は愛媛県の内子座に、文楽座の公演を見に行きます。 

 毎週1回の練習ですが、飛び入り公演依頼があるので、結構忙しいです。 
 なぜか?って、公演依頼があると、それ用の練習も必要になってくるからです。 

 香翠座の人形です
香翠座人形

一本の桑の木から~・・・!

 私が、庭と呼んでいる所は、6年前まで小牛の運動場とサイロでした。なので、雑草畑で当然なのですが、私の好きな雑草にしたいと思っていました。しかし、そうするには、私には広すぎるんです。
 「山さくらよ、おまえは根性無いやっちゃな!」って、近所の人たちには思われている事でしょう。
 
 まず、三分の一位は、家(ヒヤ)を建てました。後三分の一は踏み固めてバラスを敷きました。
残りの三分の一に、野菜と草花と木を植えています。以前からあった綺麗な上品な花は殆んどなくなりました。逞しいのが少し残っていて今も花を付けます。

 そこに、一昨年可愛い桑の木が芽を出しました。去年と今年でぐ~んと大きくなり、以前からそこにあったねこ柳は無くなってしまいました。 今、桑の実をいっぱい付けています。
 その実が熟れて黒くなったのを食べに、小鳥たちがいっぱい集まってきます。 まあ、朝から賑やかなこと。 

    ♪夕焼小焼の赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か
               山の畑の 桑の実を 小籠に摘んだは まぼろしか♪

 私は、桑の実って、この歌から秋の山の畑にあったものだと思い込んでいました。
 本当は、今頃で初夏だったんですね。 やっぱりまぼろしなんですよね?

 よく熟れた美味しそうなのを1個、ちぎって食べてみました。ん・ん・ん・・! 子どもの頃、山や畑を駆け回り、お腹が空いたら、畑の桑の実をポケットにいっぱいちぎって食べたときのような美味しさは感じられませんでしたが、とっても懐かしい味がしました。 「ポケットに、桑の実の汁が付いて洗っても落ちない」と、言っていた母のションボリの声さえ聞こえてくるようでした。 そういえば、母はいつも優しかったです。私は母に叱られたり、きつい言葉を掛けられた覚えがありません。

 芽が出て3年目の桑の木
桑の木

 3年目なのに実がいっぱ~い!
桑の実1

 実をよ~く見ると、黒いのが美味しいんですよ!
桑の実2
 本当は、亡き夫が植えていたねこ柳を枯らしてしまったこの桑の木、「憎いやっちゃ、大きくならない間に切ってやろう!」って、考えていたのですが、私の大好きな先生の話によれば、ウズベキスタンには、古い大きな桑の木がいっぱい生えていて、みんながそれらを大切にしているんですって! その話を聞いたら切れなくなってしまったんですよ。 それに、これを切ったからって、ねこ柳が芽を出すはずも無いしねって思い直しました。・・・・おかげで、我が家の庭は、なおいっそう原始林になろうとしています

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

頭が痛い・背中が痛い・腰が痛いよ~!

 昨夜から頭が痛くて、食欲無し、自分の声が頭に響くので話したく無い、寝ると枕から頭が起こせない。
私 「もう、このまま寝るからあとお願いね! お爺さんとお婆さん頼んだよ!」
長男「お爺さんとお婆さんは大丈夫やで、母さんは朝まで寝たら治りそうなん?」
私 「寝てみなわからんけど、起きられんきにこのまま寝るよ。大きい声も出せんのよ」

で、夜中、頭は少し良くなって、首から背中が痛くて寝返りできない。・・・このまま、動かんとこ!
で、朝、腰が痛くて動けない。壁を伝って台所まで・・・。流しにつかまりながら朝食準備・・・。
そのまま横になる。しばらく休んでから、

そ~っと座って、義父母のデイサービスの準備をする。・・・また横になる。
孫たち、声だけで見送る「いってらっしゃ~い!・・・大丈夫、2時には迎えに行くからね」
そのまま、昼過ぎまで横になって、動けない。
長男「母さん、田植えの後遺症なん?」
私 「そんな事無いやろ、だってもうはだ植えからでも2週間は経っとるよ。原因はなんか
   別のもんやな」
長男「ストレスかもわからんな?」

13:30・・・そおうっと起きて腰に腰痛用のベルトをきつく締めて、孫を迎えに行く。
15:50・・・COOPの時は、身体が大分楽になる。・・・やっぱり私の我が儘で、痛く感じて
       いたのかな?
20:30・・・ベルトをしっかりしていれば、何とか歩いて、家事も出来るようになった。
       ようし、ブログも見ておきましょう。 今日の身体のこと書いておきましょう。

 香りの良い花《マツリカ》 花が紫から白になったら散ります。
そこら辺りを甘い香りで包んでいます。気分転換には最高かな
マツリカ
 明日は、良くなりそうな気がします。
 お風呂に入って湿布薬を貼って休みましょう。 「おやすみなさい!」

わすれ草、(万葉集の中の)で~す!

 昨日、みいつけた

 万葉集の中の、わすれ草で~す。
 このオレンジの花を、垣根にいっぱい植えて大好きな人を忘れようと頑張ったんですってさ 
 昨日、孫を幼稚園に迎えに行っての帰り道で、見付けました。よその田んぼのです。我が家のは葉っぱばっかりです。
 これって、昨年安曇野に行った時、お浸しにして食べていた草です。・・ノカンゾウ

 わすれ草 (野カンゾウ)
わすれ草2

 私のイメージでは、これが万葉の忘れ草にピッタリだと思うけどね!? 
海の遊び場の花

 我が家の野菊・・蕾み固し
野菊つぼみ

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

忘れられていた木の実!?

 今日、あんまりよいお日和で、義父母はデイサービスに行って居ない、息子は仕事、孫の迎えはこの5月から二人揃って2時、昨日の地獄もそれなりに通過した、・・・で、庭をうろうろしていました。
 もう、ツツジは終ったのですが、今はサツキが咲いています。久し振りに庭の中に入ってみました。落ち葉と、小さい草と、苔、ほんで大きな石の裏側に行くと「真っ赤な、美味しそうな実?」

 なんの実かな?
ゆすらうめ
 桜桃とは、違いますよ

 紫陽花も咲いていました
紫陽花白

 さつきも元気に咲いていましたよ
さつきピンク

 毎日忙しくしていると、庭の変化にも気付かない 
 梅の木の緑が濃くなっていることも見逃していました。 
 野菊とネジバナのつぼみが、一生懸命に準備しているのは気付いていたのですよ

ツバメの雛たちが、賑やかです!

5月25日(月曜日) 爽やかな五月晴れ 気温も涼しくて適温 
 
 今年、3回目の雛かな? ここの天井にツバメの巣が三つになりました。
 去年までは二つだったのですが、また、南の島から友達を連れてきたのかしら・・?
 親鳥が来るとまあ賑やかなこと。
 身を乗り出して巣から落ちそうな雛も居ます。・・・・・・カメラ持って来よう!
 
 高い所なので、台を作ってカメラを構えると、雛たちは、みんな頭を引っ込めてしまって静かになります。親鳥もそこまで来て飛び回っているけど、餌を巣まで運んで来ません。

 私が居ることに慣れたら来るかなと思って、暫らくじっと待っていましたが、・・・ダメ!
 あんまり何度も親鳥が近くまで来てUターンするので可哀想になって、私は撮影を諦めました。

 カメラを構えると、一斉に頭を引っ込めて警戒心を顕わにするツバメの雛たち
つばめ雛1
親ツバメは、交代でひっきりなしに近くまで来て様子を伺っています。

 親ツバメが餌を与えた直後の雛の様子です。
つばめ雛2
「 ぴーっ! ピーッ! Pi-!、賑やかな、元気な雛たちで~す
ツバメ雛3
私は、隠れてカメラを構えていました。
どれ位の時間が経ったでしょうか?  今まで中で、一番大変な撮影でした。
「お~い雛たち、あんまりお母さんを追いかけたら危ないよ、巣から落ちないようにね!」

今、疲れているけど、ルンルンです!

 5月24日(日曜日) 曇り 涼しくて清々しいお日よりです。

 津軽三味線・民謡・先生10周年記念大会、無難に終りました。
 ヘッヘ~ン~、後は野となれ、山となれ~ ですよ

 今朝方2:30まで、進行の資料を揃えていたので、目がショボショボです。

津軽の先生10周年記念大会
 午後4時頃までと言われていたけど、3時頃に終りました。ホッとしましたよ

 さあ、明日からは、夫の7回忌のことを考えて段取りしていきます。
 (お寺さんへ・親戚へ・料理屋さんへ・家の片付け・当日の飾り物・接待準備等々)ねっ
 長男は、自分の仕事と共に田植え(ヒノヒカリとモチ)の段取りと準備を進めていきます。

 みんな忙しいですよ。 義父母と、孫が健康であれば、私と長男は無理が利きますから、何とかなるんですけどね。・・・・7回忌と田植えが終るまでは、祈るような気持ちですよ。

 幼稚園から帰ると、手洗いと歯みがきとうがいをして、自分で着替えて(服・ズボン・帽子)
「さくら婆ちゃん、滑り台にする? ターザンロープにする? 浦島太郎さん所にする?」って言います。もう、どこかに連れて行ってくれるのが「当たり前田のクラッカー」みたいに言うので、私はちょっとおかしいなって思っています。

 今から、この孫たちの当たり前をどう修正していこうかなって心の中で案を練っています。

 ママ方のお婆ちゃんに作ってもらったお揃いのズボン、とっても気に入っているようです。
 なぜって、ズボズボで自分ではき易いし、動きやすいみたいです
孫、海の遊び場で
 孫たちは『さくら婆と出掛けた時は、自販機で、アイスもジュースも買ってくれない』って思っています。 
 なので、自分のリュックにお茶や、お水を入れて、おやつも入れて用意しています。
 公園で、私の知り合いとか、親戚の人に会って買ってくれたりしたら、すっごく喜びます。
 何度も、なんども言います。「あの時アイス買ってくれたおじちゃんやな~!」ってね
 ちょっと恥ずかしいかも、厳しいかもわからんけど、私は今の所変える予定はありませんです。

今夜は、まだ頑張らなければ!

 明日は、5月24日(日曜日) ⇒ 私にとっては、厳しい日

 8:00前に集合、~~16:00まで予定
 津軽三味線と民謡の先生・10周年記念大会・・・・司会進行(担当私←何かの間違い
 この1月から、左手首腱鞘炎(昨年の9月から治りません)で正式に練習を休んでいるので、私には声は掛からないと思っていました。

 なのに、司会で来てくださいですって・・・
 断れない・・・性格・・・自分で自分が嫌になっています。・・・でも、しなければイカンよな!

 明日の、今日になって、焦りまくっている

 まだ、プログラムの曲目の解説が半分しか出来ていない。明日までに何とかなるのかしら
 「おお~い 山さくらや~い! がんばれや~」って、どこからか応援の声が聞こえてきます  
 でも、一方では、「疲れたからもう寝ようや、何とかなるんじゃないの」って、声も聞こえてくるんですよね。

 お風呂に入って、気分転換しましょうかね。 もう、目が疲れて痛いのよ

 明日、できたとこ勝負にしましょうかね

キラキラ☆様、コメントありがとうございました。

 キラキラ様、書き込みありがとうございました。 
 すっごく嬉しいです。『空飛ぶニワトリ』から、飛んできてくださって

 ほんでまた、『つる蕎麦』って、教えていただいて感謝です。
 讃岐では、井出(小川or用水路)の中に、いっぱいある草(イヌタデ)の花に似ているので、私は勝手に(花タデ)って名前を付けていました。
 
 粟島(瀬戸内海の島で、我が家から近くて、私の大好きな島です)の、知り合いの昨日のブログには、『ヒメツルソバ』って、書いてありました。 タデの花によく似ているでしょうって書き込んだら、確かにタデ科ですって返事でした。 
でも「~~蕎麦」って言うんやな?って思っていたけど、やっぱり蕎麦の花に似ているんですね。
 納得・ナットクです。

 今日は、私、朝からいっぱい学び過ぎで、頭が破裂しそうですよ
 でも、その分充実していますけどね。 
 菅野さんちの、ニワトリはかわいそうでしたけどね。でも、くみさんの言われるように、自然界だからね。いろんな悲しい事も残虐なことあるんですよね。

 ごめんなさい。私パソコン(文明機器)オンチだから、キラキラ☆さんの、ハズせないです また、いつでも暇な時に、尋ねてきて、今日みたいに教えてください。
 楽しみに待っています。
はなびし草


 

万葉の里 詫間町!

平成21年5月22日(金曜日) 

託馬野に咲く紫草と歌枕美しき粟島

○ あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖振る
  あかねさす むらさきのゆき しめのゆき のもりはみずや きみがそでふる

○ 紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆえに 我れ恋ひめやも
  むらさきの におえるいもを にくあらば ひとづまゆえに われこいめやも

○ 託馬野に 生うる紫草きぬに染め いまだ着ずして 色に出にけり
  たくまのに おうるむらさききぬにしめ いまだきずして いろにでにけり

○ 百伝う 八十の島わをこぎくれど 粟の小島は見れど飽かぬかも
  ももづたう やそのしまわをこぎくれど あわのこじまはみれどあかぬかも

○ 波の間ゆ 雲居に見ゆる 粟島の 逢わぬものゆえ 吾によする児ら
  なみのまゆ くもいにみゆる あわしまの あわぬものゆえ われによするこら

○ いつしかも見むと思ひし 粟島を よそにや恋ひむ 行くよしをなみ
  いつしかもみんとおもいし あわしまを よそにやこいむ いくよしをなみ

○ 粟島の逢はじとおもふ妹あれや 安眠も寝ねず 吾が恋ひわたる
  あわしまのあわじとおもういもあれや やすいもいねず あがこいわたる

①以上、万葉集の中にある粟島・詫間町に関連ある歌でした。

  ②5番目の、『雲居に見ゆる粟島』は、「城の山」であり、秋天をついて海からすっくと
   立ち上がった姿はまさに『雲居に見ゆる』と歌うにふさわしい面影の山である。
   ですって・・・。

  ③今日は、凄い大発見の日でした。 
   私は、やっぱり自分の関心のあることしか覚えていないです。
   講義してくださった先生、ゴメンナサイです。 
   私にとっては、非常に難しい勉強なんとか無事終わりです・・・とんとん!

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『雅さくら』⇒『山さくら』に改名しました! 5月20日(水)

 今まで同様、よろしくお願いしま~す 本当は、最初から『山さくら』で、作っていたのですが上手くいかず、「雅さくら」になっていました。昨日、やっと直し方がわかりました。もっと、婆ちゃんになっても、ヨレヨレさくらになっても「山さくら」で頑張りますそのうちが、実るかな

 5月19日(火) 夕方6時半~9時過ぎまで 市民登山学校に行ってきました
 高松・丸亀・坂出・多度津・観音寺と、市外からの参加者が半数位いて、驚きました。
 参加者は男性より少し女性が多い。ほんで、中高年ばっかりでした。

 中高年とは・・40歳からだそうです。
 40代は、いるのかな?私の見る限りでは、50代後半~60代が殆んどのような感じでした。

 『計画と登山技術』・・・計画書の必要性と山登りの歩行技術を学んできましたよ。
 実技は24日(日曜日)七宝山 450m 宮池~七宝山~不動の滝です。

○ なぜ山に登るのか? 
  ・自然と共に、健康のために、いきがい、達成感等々

○ 相変わらず多い中高年登山者の事故
  ・中高年の事故が81%、死者や不明者は中高年が90%
  ・8割は下山中の事故
  ・午後1時~2時頃は魔の時間帯・・・・私は、不安になる

○ 安全に行動するために
  ・携帯電話の必要性 
  ・事故を防ぐために体力トレーニングが必要 
  ・下着の選び方が生死を分ける 
  ・ 天気図の大切さ 
  ・ 行動中は常にエネルギーを補給すること 
  ・ 水の補給も大切 
  ・ 地図読みは登山者の基本技術 
  ・ コンパスの使い方等など
 
○ 登山走行
  フラット走行(前傾姿勢で歩く ・ 重心移動のポイントは、ナンバ走行
              (ナンバ走行==右足と右手を同時に出す歩き方なんですって?)

○ 体力トレーニング
  老化は足から・・・・・無理なトレーニングは、怪我のもと

  登りは・・・心臓→自転車乗りで鍛えられるよ。
        年寄りは、一日おきがいいです。・・・・慣れてくれば坂道に挑む。
  下りは・・・大腿筋→スクワットで鍛えられるよ。 
        中高年は、毎日したらイカン一日おきで、回数を増やす。

○ 遭難救助信号
  救助信号 - - - - - - 1分間休止 - - - - - - (1分間に6回)
  了解信号   ―  ―  ―    1分間休止  ―  ―  ―  (1分間に3回)
  音(声・笛)、鏡(太陽光の反射)、煙(焚き火・のろし)、手旗、懐中電灯など

○ 中高年になると体力の個人差が大きくなる
  ・手入れの良い中古車・・・・若い頃から、トレーニングを続けている人
  ・手入れの悪い中古車・・・・運動らしい事をしてこなかった人 
   手入れの悪い中古車は、いつ故障しても不思議ではない
⇒ これってまるで私の事じゃ~ん

(感想)
 ・ ハイキング位の気持ちで参加したのになぁ~
 ・ あんまり本格的で、ビックリ 着いていけるかな
 ・ それに、揃える物がたくさんあって、これも大変です。
   個人装備だけでも58個もあります。⇒その中で必携が、24個 
   あれば便利が21個あります。⇒こりゃあ~、直ぐには揃えられんでしょうって思いました。

 あけぼのつつじ
岩黒

アケボノ・山下

あけぼのつつじ
 ※ 装備大変、中古車の手入れもしていない・・けど、登りたいですよ。 
    先日行ってきた友達が送ってくれました。

草の花?~花の草?・・・好きって言う人出現!

 私のブログを見て、あの花を分けてくださいですって
 本当に雑草なんだけどな~? 私の写真撮影が上手すぎたかな

 我が家に、来て・見て、驚くかもね「これなら、いりません」って、言うかもですよ。
でも、訪ねてきてくださるって、楽しみに待っていますね。それまでに父が抜いてしまわないように、監督・監視しなくっちゃあですよ!

 チェリーセージ・・・(これは、分けて上げられないです。 まだもう少し増やしてからね)
チェリーセージ

 おだまき・・・これもダメですよ。
おだまき

『ニワゼキショウ』 今、咲いています!

5月18日(月) 五月晴れ
 11時~12時  知り合いのお母様100歳の告別式・・・JJさんとネネさんにお会いしました。
 お母様の歴史と、娘さんからの弔電に、でした。

 お願い、これも、みて!見て!
 
 うんらんさんに、私の好きな草を「可愛いね」って言っていただいたので、つい、調子に乗って、
でも、本当に草だらけの庭です。「雑草畑ですか? 草からしをやったらええのに!」って、近所の人には言われています。

  『ニワゼキショウ』⇒咲き始め!
4niwazekisyou1.jpg
 
  『ニワゼキショウ』⇒今日です!
ニワゼキショウ2

  『ハナタデ』・・と、思っています。 別の名前があるかもです。
 正しくは『ポリゴナム』ですって! 紫ラベンダさんありがとうございました。
 実は、いろいろな名前がありますよ。 『ツルソバ』『ヒメツルソバ』
 北さん、キラキラ☆さん、ありがとうございました。
ハナタデ

  『名前は知らない・わからない草or花』
愛知花博
この一番下の花も名前が判りませ~ん! これも数年前、もう5~6~7年位前に、遠くの花博で、みんなに踏まれてちぎれていたのをそっと拾って手帳に挟んで帰りました。ペッタンコになった小指位の長さの茎を、水に浸けて「元気になあ~れ!」って、お呪いして土に植えてやりました。 それが、またまた庭中を占領しそうな勢いです。

『和・介・健』

5月17日(日) 午前中曇り・午後雨・夜風強い

   今日、教えていただいたこと!

『和・介・健』
 (なごやか・ひとりだち・すこやか)
 「和・介」⇒人間教育に大切なこと。・・・その上に、「健」を付け加えた。
 「介」 ⇒ 人+八 ・ 両側から、中のものを守ること。 中に介在して両側をとりもつこと。

『宗鑑・反笠 芭蕉・檜笠』   俳諧 「二ツ笠」 竹阿 (ちくわって聞こえたけど、ちくあでした)

 早苗つかむ手もとや昔しのぶ摺 ・・・・・観音寺の小西家所蔵の短冊
 早苗とる手もとやむかし志のふ摺 ・・・はせを   早苗塚(琴弾八幡宮の鳥居横にある) 
 早苗とる手もとや昔しのぶ摺 ・・・・・・・奥の細道

俳聖松尾芭蕉は、四国・九州には来ていない。
俳祖山崎宗鑑は、観音寺市興昌寺一夜庵で晩年を過ごした。
 

           上は立ち ( じょうは たち )
           中は日暮 ( ちゅうは ひぐれ )
           下は夜まで ( げは よるまで )
           一夜泊りは ( いちやどまりは ) 
           下々の下の客 ( げげの げのきゃく )

 玄関に貼ってある・・・客嫌いではない・・・それでも泊まるお客が好き⇒それが本当の親友
なんだって、考えていたんですって。
 もっともっと難しい部分は私には覚えられませんでした。
ションボリだけど、とっても楽しい先生でした。 また、お話をお聞きしたいで~す

 なんていう草かな?
『マンテマ』ですって、うんらんさん、ありがとうございました。
海岸の草花
 詫間の岬の方に咲いていた可愛い花です。あんまり可愛かったのでそっと種を戴いてきて
庭に蒔いておいたら、今は、庭を占領するほどになり大変になっています。
 我が家の庭に来て、もう、7~8年になります。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

昨夜も、お食事会でした!

 5月16日(土) 晴れ 涼しくて爽やかなお日和
 朝から、身体中が痛くて、特に右背中お腹の筋肉痛 です。・・・なので、菜園場に行く元気が無いでした。

 午後、大正琴の練習、私は当番だったのでサボれない。
 4時半頃家に帰り、夕食の準備をしておいて、出かけました。

 今夜の食事会は、仲良し6名でした。
 また、ステキなおみやげをいただきました。

 手作りティッシュカバーです⇒絽の着物を解いて、作ったそうです。
ティッシュカバー

 

友達のお母様、天国へ旅立つ!

 5月15日(金曜日) 午後9時7分 死亡の知らせ受取る

菫白

 私の大好きな花を贈りましょう !

さくら

 きっと、今、幸せだった自分の人生を振り返りながら、きれいな花の咲いているところへ、
 旅立っている事でしょう!

麦秋! ボチボチ田植えの準備です  5月15日(金)

 友達3人で食事会・・・善通寺(11:40~14:00)
平成17年12月・・19年3月・・21年3月に退職した仲間です。
 無事退職三人のお祝い会かな? 
 この3月31日で退職した友達から、ステキな北海道のお土産をいただきました。
ハンカチ
ストラップラベンダー


 帰り道、・・・我が家の近くで、
麦畑
 麦刈りをして、ブロッコリーや玉ねぎの収獲をして、田植えの準備がボチボチ進んでいます。  
 もう、田植えを済ませている田んぼも、チラホラ見られます。
 私が子どもの頃は、麦刈りが終った後の田んぼに、ホタルが飛び交っていました。
 さあ、今年はどうでしょうかね?
 
 「二つ星ちゃ~ん、一緒に遊ぼうよ・・・!」
七星てんとう

 「ぼくは、アブラムシ見つけるのが忙しいんだよ~! あとでねっ!」
二つ星てんとう

たんぽぽかな?⇒いや違うよ?

 孫を、幼稚園に迎えに行って帰ってから、長いすべり台のある遊び場へ行く。

 孫 「おばあちゃん、たんぽぽがいっぱ~い やで~!」
 婆 「ほんとうやな、いっぱい咲いているねぇ~!」
 孫 「とっても ええ?」 (摘んでも良いですか?)
 婆 「いかんよ、公園のやからな、とったらイカンよ!」

 公園の斜面に、タンポポいっぱ~い咲いていますよ!
タンポポ群れ

 近寄ってよ~く観ると、違うよ、これはタンポポじゃない!
 初めて見る、不思議な、タンポポに良く似た花! 何だろうね!

タンポポアップ
 花も、綿毛も、地面に引っ付いてある葉っぱも、タンポポにそっくり!
 だけど茎が違う。花の付き方が違う。・・・茎と花の付き方は、ジシバリみたいでした。
茎の長さが、普通のタンポポの5倍位あり、のっぽのタンポポみたいでした。

 taeko123さんより、お知らせ『ブタナ』っていうんですって!
   ありがとうございました

孫と一緒に、ブロッコリーの収獲で~す!

 5月10日(日)の、宗吉瓦窯跡史跡公園オープンが終って、グッタリでした。

 5月11日(月)
  ○ 仲良しさんと一緒にモーニング、お話を一杯して昼頃帰って来ました。
  ○ 2時に、孫2人を幼稚園に迎えに行って、ふれあいパークみののコスモランドで、一緒に
    遊びました。
  ○ 空(孫の弟)は、「粟島に行こうよ。ねぇ~、お婆ちゃん」 
    私 「ちょうどいい船が無いから、行けんのよ」
    空 「海まで行ってみて、お船がおらんかったら、海 見て 帰ってきたらええやん」
    私 「粟島は、また今度にして、今日は長い滑り台にしようね!」
    空 渋々だけど「うん、今日は長い滑り台に行こう!」

 5月12日(火)・・・・私は、ダウン
  ○ 10日と11日の疲れかな?身体中が痛くて痛くて、特に背中から右の肩~首にかけて
    痛いよ~!・・・でした。
  ○ 6日に植えた田んぼの苗を、孫(海・空)と一緒に見に行く。・・私は、見るだけですけど。
    まあまあ、元気そうだったので、良かった良かったです。

 5月13日(水)
  ○ 昨夜雨が降ったので、朝4時~5時頃からしている野菜の水掛けをしなくて良かったので、
    ラッキーでした。
  ○ 今から、幼稚園に孫(海と空)を迎えに行って、帰ってきたら一休みして、ブロッコリーの
    収獲に行きます。・・・まだまだ暑いから、夕方涼しくなってからにしようかな? 
          
15:00・・・「ぼく、疲れちゃったよ!」「空、足が痛いん? 痛いの 痛いの とんでいけ~!」 
(隣の人が作っているブロッコリー畑「もう耕して田植えの準備するから、要るだけとってな!」)
ブロッコリー畑で孫
 
孫と一緒に収獲したブロッコリーです
ブロッコリー
 
 キャリー2箱に大盛り収獲したので、私の実家と、実家の近所、さらに友達にも、お裾分けしました。
(我が家の近所は、ブロッコリーは珍しくないです)
 孫も鋏を持って大活躍でした。ママが迎えにきた時(16:30)「ぼくがちぎったのは、持って帰りたいよ~!」って、孫も、それぞれにスーパーの袋にいっぱい提げて帰りました。ブロッコリー大好きな孫ですが、あんなに沢山どうしたのでしょう? きっと、ママの実家に持って行ったことでしょう。

※ 我が家の孫は、「ブロッコリーがなっとる」「ブロッコリーをちぎる」って言います。
  今までの経験から出てきている言葉なんだと思います。
  (昨年、サクランボをちぎったり、ピーマンとトマトを育てて収獲したりしたからかな?)

 この辺り(三野)では、3時~5時といっても、今日の畑は、夏のような暑さでした。

宗吉瓦窯跡史跡公園オープン!

 5月10日(日曜日)  五月晴れ

 8:00~浜のイデザライ(用水路の掃除) ・ 浅津のイデザライでした。 長男仕事で居ない。
      浜は、新家の次男にお願いして、浅津は、実家の父(79歳)に、無理を言って
      お願い しました。  
      私は、史跡公園オープンの講演会場へ、受け付け役のために行きました。
      なのに、市の職員が受け付けに3名来ていて、「3人居りますからいいです」と
      言われました。

※ これだけ手配して、段取りして行ったのに、貴女は用事は無いですと言われると、悲しくなりました。

 9:00~シャトルバスで、史跡公園の落成式に行きました。
      『三豊市 宗吉瓦窯史跡公園』 
      『宗吉かわらの里展示館』
      そこで、木札とお菓子の交換などのお手伝いをしました。

11:20~シャトルバスで、講演会場(体育館)に戻り、おうどんを食べて、戎舞の準備を
      しました。

12:30~アトラクション(民俗芸能公演)→詩吟・神農太鼓・讃岐源之丞戎舞・夫婦獅子舞

14:00~落成記念講演会・・・里中満智子先生 『持統天皇と古代の女性』
       主催 三豊市 ・三豊市教育委員会
       共催 宗吉瓦窯会 
       後援 『平成遷都1300年記念事業協会

16:10~講演会場の片付けを宗吉瓦窯会と市の職員でしました。
      後、のぼりの片付けを、宗吉瓦窯会の人たちでしました。

18:10~全て終って、家に帰りました。

宗吉瓦窯跡史跡公園で、せんとくんと一緒に撮影会
せんとくん

アトラクション(夫婦獅子舞)
獅子舞

今日は『えんどう』が、いっぱ~いです! さつま芋のツル挿しもしたよ!

 朝、一昨日買ってきた芋のツル(50本)を挿しました。実は、萎れていたのであわてて挿しました。

【 9:00】・・・「エンドウちぎりに行って来るからね」って言うと、義母も一緒に行きたいとの事でした。~という事は、義父を一人家に置いておく訳にはイカンです。結局3人で行く事になりました。
 そうなると、みんなの準備が大変、義母には、「自分でこしらえしてな!」と言っておいて、私は義父の身支度を整える。長靴・帽子・エンドウを入れる袋など。
 「行くよ! 車に乗ってな!」・・・「はい・はい!」出てきた義母は、よそ行きの格好でした。
 「今日は田んぼに行くんやで! その格好では、田んぼに入れんよ!」・・「ほんだら、長靴とエプロン、持って行こうかな!」  
 まあ~、出発までに時間のかかる事。   (叔母さんの田んぼまで車で20分は必要)

【10:00】・・・そうこうしながら、なんとか叔母さん所の田んぼに到着。
 叔母と叔父と従弟が、一緒にちぎってくれたので、みるまにスーパーの袋に6袋いっぱいになりました。「全部うちにもらって帰ったら悪いね、無くなってしまうよ?」って言うと、なんと叔母は「私は、作るのが好きなんや! こうやってちぎるのは、よいよ好かんのやがな!まだ、一杯あるきん、抜いて納屋まで、トラックで持って行こうかな?」ですって。 もう、驚きでした。
 すかさず、「私は、こうやって杭を打って、網を張って、肥やしやって、よう育てんのや! 収獲する時が一番好きやで!・・ちょっと遠いけど苦にならんきん、いつでも、何の収獲の時でも、呼んでな!」って、言ってきました。~~~ また、これからが楽しみですよぉ~!

 義父母も、めちゃくちゃ生き生きしているしね。~~もう、みんなルンルンです。

【11:20】・・・我が家に、帰って来る。 車から降りるとすぐに、スナックエンドウの皮をムギ始める義父と、サヤエンドウのスジを取る義母でした。→2人共、少しも休みません。
 私は、母がスジを取ったサヤエンドウを、さっそく湯がいて昼ご飯の一品にしました。
 「今、取ってきたばっかりやきん、美味しいな!」って、言いながら義父母も満足そうでした。

【13:20】・・・徳島のtaeko123さんから、メールが届きました。讃岐うどんを食べに、詫間町まで来ているって・・・! でも、もう用事は終って、高速の入り口まで来ているから帰りますってさ!・・・残念無念・ションボリ! でした。  でも、また、いつかって夢が広がっていきますよ。

 明日、オープンの宗吉瓦窯跡史跡公園にも、ご案内したかったし、今日の取れたてのエンドウも、袋に一杯お裾分けしたかったのにな~! 詫間からうちの家までだったら、5~7分なのになぁ~って思いました。 それに、詫間から高速上がり口までの間にあるんですよ。我が家はね。
    
【15:00】・・・義父母共に、昼食後からまたエンドウの皮をむいでいます。おやつを食べたらまた、するでしょう。 なにか、こつこつとする仕事があると上機嫌なんです。
 ほんで私は、パソコンしていても、出掛けていても、大丈夫なんですよね。

 サヤエンドウのスジを取っている母です
母さや豆

 スナックエンドウの皮をむいで、実を取り出している父です
父・スナックエンドウ

 サヤエンドウのスジ取りが終って、父と一緒にスナックエンドウの皮むきです
父母・スナックエンドウ

今日は、夜まで頑張るでしょう。何をしても根気がいい父母です。 その上、えらいとか仕事が嫌だとかは言いません。「私は、夜まで、イヤイヤ明日も、安心かもね!」 それ位、一杯あります。
 ただ、皮が一杯で、「これ全部捨てるのか、ちょっと、もったいないね」って、思いました。 数年前だったら、牛が全部食べていたんですけどね。

おもっしょジャーナルと戎舞頑張りました!

 午前中は、宗吉瓦窯跡の準備をサボって、『おもっしょジャーナル』に行ってきました。今年度の始まりの会だったので、頑張りました。 この会は、始まってから、今年で4年目です。私は仕事を辞めた年から参加しているので3年目始りです。 
 最近の新聞を読んでの話・桜の話・農業の話でした。何を放っといても行きたい位、メチャクチャ楽しいお話です。 私は、知らない事を、多く学ばせ戴いております。

 午後は、三味線と太夫の先生の謝礼と交通費を準備して練習している会場まで持って行き、先生にお渡ししました。

 夜は、讃岐源之丞の練習でした。今夜は、10日に演じる『戎舞』の練習でした。私は口上をすることになり、練習しました。ずっと、していなかった役なので、ドキドキです。 でも、頑張るしかないんですよね。 チャンスを与えられたと思って、明後日までに、しっかり練習して間違わないようにします。

(拍子木)・・・カチ!   カチ! カチ! カチ!カチ!カチカチカチカチ   カチ! 
「とざい とう~ざい このところ ご覧に供しまするは 御祝儀 戎舞 (えびすまい)
         演じまする太夫 ○○○○   鳴物 ○○○○ 
                      人形 讃岐源之丞 出遣いにて 相務めま~す!」 カチ
「とざい とう~」 カチ 「とう~ざい」 カチ カチ

後は、波と船が出発の時にカチ!(優しくね)    最後に、カチ!カチ!カチ!カチカチカチ

「この物語は戎が崇拝の対象である西宮戎神社の信仰に関係しています。 漁村では、正月15日、9月15日には必ず戎舞が漁の安全と大漁を祈って、浜の広場または神社の境内で開演されます」
戎舞1

「村人たちが戎さんにどんどんお酒を勧め、次第ににぎやかになっていきます。いろいろな事に願をかけ、戎さんがお酒を飲む様子はいかにも滑稽です。いよいよ戎舞がはじまり、謡に合わせて踊り始めます。次に竿をかついで船に乗り込み、大鯛を釣り上げるというのがあらましです」
戎舞2

「戎さんが、鯛を釣って、踊った、踊った!」
戎舞3
 私は、今日も、一日充実していました。 

孫たち、「行ってきま~す」って、幼稚園へ行きました。

 朝は、曇っていました。今は少し細い雨が降っています。

 長い連休明け、孫たちは幼稚園へ
 長男も、次男も、ママも会社へ、それぞれがそれぞれの場所へ出かけました。
 義父母は、今日はデイサービスがお休みの日で家に居ます。

 朝7:00頃・・実家の父が、ゴーヤの苗とタケノコの湯がいたのを持ってきてくれました。
 時季の野菜は、実家からのお裾分けでほとんど足ります。
 昨夜も、そら豆を袋に一杯いただいてきました。義父母が夜の間に皮をむいで、すぐ料理できるようにしてくれていました。

 朝、さっそく豆ご飯にしました。赤いそら豆なので、赤い豆ご飯になって美味しかったです。・・・いつまでも元気で居てくれると、我が家の食卓も潤います。
 
 毎年、次男の嫁からの母の日のプレゼントは、カーネーションだったのですが、今年は、コチョウランでした。 気持ちだから、なんでも嬉しいです。 だって、息子たちだけの時は、何にも無かったです。自分で「今日は母の日なんやけどな!」と、自己申告しても、「あ~、そうやったな、ありがとう!」だけだったんですよ。
 やっぱり、女の子はいいですね。 いいですよ。 長男も結婚したら、プレゼントが二つになるかもわからんねって、いつのことかわからない想像を膨らましているさくら婆です。

 いつも、私は、してあげることを考えないで、してもらうことばっかり考えているなって、今、これを書いていて気が付きました。反省しなくっちゃあ~ね
母の日コチョウラン

 赤色そら豆で~す
赤色そら豆
taeko123さん、ごめんなさいね。朝、豆ご飯と、味付けして炊いた残りは、全部少し塩入れて湯がいて、小分けにして冷凍していました。凍る直前の豆です。冷凍しておくと、いつでも使えるんですよ。
生のまま冷凍しておいても、そのまま使えます。
 ひょっと、お会いできる機会が出来ましたら、種の豆を持っていきますよ。植えるのは冬なのでそれまでにねきっとね

田植えで~す!  5月6日(水)くもり

 今日は、コシヒカリの苗を植えます。 5反位かな? 長男は、もう田んぼに行きました。
 新家の次男家族(4人)全員出動です。 遊びまくる孫(3歳・5歳)の世話も大変なのよね!
 義父母のデイサービスの準備が終ったら、私も応援に行きます。
 *************************************
今日の、田植えは13:00過ぎに無事終りました。

 長男は、昨夜「明日は6時頃から植えるきんな!」って、言っていたのですが、7時半にはまだ家に居りました。多分8時頃から田んぼへ行ったのだと思います。

 私は、義父母をデイサービスに送り出して、洗濯を干して、10時頃田んぼへ行きました。1枚は植えてしまっていて、2枚目を植えていました。次男夫婦と孫が二人お手伝いに来ていました。

 植えているのを見て、私はビックリ だって苗が見えない

 私・・・・「こんなに小さな苗でも、大丈夫?大きくなるの

 次男・・「植えるのが早すぎるんや! ほんだけど、葉っぱが3枚あれば大丈夫って言われて
      いるから、大丈夫やと思うよ」
(いくら丁寧に見て数えても、私には2枚しか数えられない・・・でした)

 長男・・「次の日曜日は、僕は仕事が休めんから、植えるのは今日しか無いんやって!」

 我が家の苗は、可哀想やなって思いました。苗の都合で植えるのではないんですよ。 
 植える人の都合で植えられるんやからね

 砂山の田植え、もうすぐ終わりですよ!
砂山田植え

ぼくも兄ちゃんみたいに植えたいよ~!
ぼくも植えたい!

浅津の田植えが終って、今日の予定全て終わりで~す。
{ママはお話しているから、今の間に、どろんこしようっと! ママこっちに向きませんように!}
浅津田植え

 田植えした田んぼを見渡して、あんまり良く見えない苗に、「無事に根付いて、たくましく大きくなあれ!」って、つい言ってしまいました。
 今日の田植え全て終って、ホッとして周りを見渡すと、左手の新緑の山からは鶯の声、田や用水路の方からは蛙の声、すぐ前をアンパンマン列車が通る。 孫たちは、帰りたくない様子でした。畦道のオオバコで草のお相撲したり、スズメノテッポウやタンポポで草笛を作って鳴らしたり、カラスノエンドウをちぎって集めたり、シロツメグサの花束を作ったり、泥団子をつくったりと、もう、なんぼでも遊べるんやからね・・

 3時50分のコープを、また忘れていました。 コープのお姉さん電話してもらってありがとうございました。 これで2回目忘れていました。 待ってもらって、本当に、本当に、ごめんなさいね!

11時歓びでした。 5月5日(火)くもり・雨少し

 10:30・・近所にお嫁さんが来たので、隣組のみんなで歓んで行く。17~8人いました。
 11:00・・次男のお嫁さんと母親が出て来て挨拶をする。
 11:20・・お茶をいただいて、帰って来る。
        おみやげ(バケツ・ノート・ボールぺん2本箱入り・おいり2袋)
        子どもが居る所や、一緒に来ている子どもには、おいりを2袋ずつ余分に渡してい
        ました。 
歓びおみやげ
 『歓びのおみやげです』 

 12:15・・弥谷へ行きました。
       それから、
        金蔵寺の方へ、おうどんを食べに行ったのですが、車が混んで進まなかったです。
        旧の国道11号線、坂を下った所の信号から進みませんでした。
       群馬とか、岡山など、県外の車が一杯でした。なので、止めて戻ってきました。
       結局・・おうどんは諦めて、他のお店で、刺身定食・ぴんぴん定食で我慢しました。
       おうどん屋さんは、高速料金値下げからすごく混んでいるって聞いていたけど、
       これは、大変ですね。「地元の人が食べたい時に食べられないですね」って、
       思いました。

 16:00・・家に帰ってきました。
        洗濯物を取り込んで、夕食の準備の段取りだけして、少し休みました。

 19:00・・義父母と長男と私の4人で、夕食にしました。

 20:10・・食器などの片付けが終わって、・・お風呂の準備をしました。
        犬の餌は作るのは私だけど、義父が持っていく係りなので、お願いすると、
        「はい!行ってきます!」って、行きました。 全て終わりました。
       
 20:40・・義父母は、テレビの部屋で、テレビを見ながら、義母は洗濯物をたたみます。 
        義父は、そら豆の皮をむき始めました。       
        長男は、自分の部屋です。
  
        さあ、私も、自分の時間です。パソコン開きましょうかね。

庭の桃色つつじで~す! (名前は知らないです)
つつじ桃

白色つつじも咲いていますよ! 
つつじ白


       
       

粟島の阿島山へ・・・!5月4日(くもり)

 今日は、朝からデイサービスの準備をして、今、義父母を送り出しました。 
 さあ、自分の準備をして、粟島の阿島山の三十三観音に逢いに行きま~す!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《ここからは、我が家に帰って夕食後に書き足しました》

12:35の船で、粟島へ友達誘って3人で行きました。
12:50・・海友荘に行って一休みしました。
13:00・・うんらんさんたちが城の山から降りて帰ってきました。
13:20・・幸さんと、JJさんが車で来てくださいました。
13:30・・阿島山に向けて出発しました。(参加者は、7名プラスJJさんと幸さんです)
13:50・・JJさんと幸さんの道案内兼説明で、33観音巡りに出発しました。
15:30・・1番から33番まで全てにお参りをして、出発した場所に戻ってきました。
15:35・・西浜海岸でさくら貝を探しました。可愛い桜色の貝をいっぱい見付けてです。
16:00・・海友荘に戻って、お茶にしました。(留守番さんを入れて総勢10名です)

私の感想と反省

 ○ 曇りだったので、涼しくて気持ち良く歩けました。

 ○ 観音様巡りは、休憩無しでしんどかったです。なので、私は無理を一杯言いました。
   またまた、我が儘が出てしまいました。・・大人気無かったです。・・反省しています。

 ○ 歩く道々は、草を刈って、木を切って、歩きやすいようにしてくださっていました。

 ○ 2時間弱、休憩無しで歩き回ったけど、道端の可愛い山野草が応援してくれました。
   観音様のお顔がみんな違う。可愛い子どもみたいなのや、澄ましたお姉さまみたいな
   美人の観音様も居て、疲れた身体と心を癒してくれました。
   阿島山からの瀬戸の海や島々が心をルンルンにしてくれました。
   なので、最後まで頑張って歩くことができました。

 ○ 最後に西浜海岸で、可愛いさくら貝が私の疲れを吹き飛ばしてくれました。

 ◎ また、来たいけど、今日の疲れを、身体と頭が忘れるまでは、ダメです。
   今度は、秋がいいなぁ~。・・・秋にまた、観音様に逢いに行きますよ。
   幸さんとJJさん、また、道案内をよろしくお願いしますね

阿島山の観音様です
阿島山の観音様

二面島です 木々の間からの瀬戸内海の島々が疲れを癒してくれます。
二面島

可愛い山野草です (タツナミ草かな?)
4tatunamisou.jpg

今、時計を見ると、夜の9時です。少しも疲れてないです。明日の朝どこも痛くなかったらいいのだけどね

愛ちゃんと一緒に! 9条の会 5月3日(日)晴れ

 11時に、愛ちゃんをお迎えに須田港まで行きました。・・・・車が一杯で、停める所が無い・ないでした。・・・・奥さんを迎えに来ていたおじさんとしばらくお話をしました。
 そのおじさんの説明によりますと、 
  ①連休で島に里帰りしている人が多い。
  ②連休で、島に遊びに来ている人が多い。 ・・・・・ との事でした。

※ 明日も、粟島に行く予定にしているのだけど、「これは大変、時間に余裕を持っておかなけ
ればいけないね」って思いました。

 愛ちゃんと、まず、弥谷さんへ行きました。おうどんと、御餅を戴きました。このうどん屋さんは、3日から~6日まで開店しています。産直のお野菜もありました。おうどんとお餅は、大見公民館活動の人たちのボランティアでした。どれも、出来だちなのでメチャクチャ美味しかったです。

 12:10、宗吉瓦窯跡史跡公園に行きました。

 13:00、観音寺の美術館へ行きました。(讃岐彫り・原色ドライフラワー・押し花・
                               グラスアート・レカンフラワーなど)

 14:00、9条の会に参加しました。(於観音寺図書館)

 16:00、琴弾荘でお食事でした。午後7時10分に食事を済ませて琴弾荘を出ました。
 
 19:30、家に帰りました。
 義父母の夕食をして、片付けをして、お風呂に入って、さあ寝ましょ!

 宗吉瓦窯跡史跡公園オープンは5月10日です。 楽しみですね。
 あと、まだ草抜きや、体育館の準備がありますが順調に進んでいます。

宗吉瓦窯跡

 みなさん、来てくださいね。 古代へのロマンが膨らみますよ!
 1,300年前に、藤原宮の瓦を焼いた窯の跡です。
 ここには、日本一が3個もあります・・・・。 何かな?、なにかな?、なんだろう?・・・ですね!
 里中満智子先生の講演『持統天皇と古代の女性』もあります。 
 奈良から、しかの着ぐるみ(せんと君)も来ます。 
 讃岐源之丞からえびすさんもテープカットに駆けつけますよ! 木ふだ投げもありますよ!
 今日愛ちゃんといただいたおうどんや、パットライスの接待もあります。 
 地元芸能公演(いやだに神農太鼓・詩吟の会・讃岐源之丞保存会・吉津夫婦獅子舞)

讃岐源之丞の練習無事終り!  5月2日(土)

 朝9時から、昨日に続いての厳しい練習でした。
 「今日の練習では、得るものが多かったです!」って言うと、「得るだけではイカンですよ!今後の人形に生かしてもらわないとな!次回6月までに出来るようになっておいてくださいね。期待していますよ」との、厳しい指導でした。

(傾城阿波の鳴門・順礼歌の段)

①母子が抱き合った後、顔を見合わせる所 ⇒ 肩の右左の動きを今までより狭くする。
                            目線を合わす。(右・左)
                            次、少し左に寄った時、母が頬を寄せてくる。
                            子も、それに合わせて少し顔を高くあげる。
                            (左頬を、母の顔に付ける)
                            (次に、同じく右頬を母の顔に付ける)    
                            人形の膝は、動かさない。同じ位置です。
                            
②どこに、どうして ⇒ 早くちょこちょこっと走って行って、後、戻る時は今までよりゆっくり戻る。

③泣き泣き立つを ⇒ 泣きながら真っ直ぐ立つ。 少し左を向いてお金を受け取る(左手で)
             母が、子の裾を払う。
             真っ直ぐ前を向いて、座る。
             真っ直ぐその場に立つ、右に向いて歩いて出口に向かう。
《おゆみさん》
おゆみ

(お七・火の見櫓の段)

①手紙(文)を読む時・・・ ⇒ 押し切り・・右手の親指・人差し指で下から上に押して封を切る。
                 開いたら、左手を少し下げて、文を広げる。目線は左手の方を見る。
                 それから、文を読む。
                 また、次を広げる時、左手を少し下げる。
                 新しい所を、少し読んだ頃、左手の巻物をポロリと垂らす。

②雪を手で払う時・・・・・ ⇒ 手だけ動かすのではなく、手の動きに合わせて顔も少し回す。

 手入れされない雑草畑のような庭にも、その時季になれば咲きます。 (ガザニアとミツバチ)
ガザニア2

ミツバチが飛んで来て、蜜集め! 『花開く時、蜜蜂来る。蜜蜂来る時、花開く』
 この蜜蜂が蝶だったら良寛さんの世界なんですけどね
ガザニア1
よ~うく見てくださいね。ミツバチが居るんですよ! 
耳を澄ましてみてね!「ぶん!ぶん!ぶん!」って聞こえるでしょう?!

                 
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード