『たんぼアート』 NO,3

5月31日 (月曜日)  

★ 遊ぶ子どもも一緒にアート  ★
   竹のぶらんこ

★ たんぼと山に囲まれて・・・守られて・・ ★
         竹の滑り台

★ きちんと音階になっていました(竹琴かな?) ★
   木琴みたい

★ 私には、不思議な空間・・? ★ 
   たんぼアート?1
※ 焼き物の展示即売をしていました。
  この窯で焼いたのかな 

★ 私が子どもの頃の・・・世界再現かな・・・  ★ 
   たんぼアート?3

★ つい、立ち止まってしまいました ★ 
   たんぼアート?2
※ 素朴な優しい音で、この場にピッタリ!・・・・って思いましたよ 

★ 小高い位置から、たんぼアート全てを見守っている花 ★
   たんぼアート花
※ 「みんなで、この地にきてくださってありがとうございました」って、ニッコリ微笑み
  ながらお別れをしてくれました。・・・来たとき一番最初に出会ったこの花が・・・、

 ・「さあ、6月に入れば、田起こしをして田植えの準備だから、忙しくなりますよ!」

 ・「田植えが終わって、早苗が元気に育ち始めた頃、また見に来てくださいね」

 ・「田植えをするお百姓さんも、たんぼも、山も、池も、井手も、農機具も、みなさんから
   元気を戴いているんですよ~!」・・・・・って、
  帰ろうとしている私の背後から聞こえてきました。・・・振り返っても誰も居ない。
  きっと、この里の自然の声でしょう・・・ねっ!  

※ 私は、ものすごいパワーに圧倒された半日でした 
  同じ日に、2度も行きましたよ  
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『たんぼアート』 〔NO,2〕

5月31日 (月曜日)  

『たんぼアート』の続きです 

★ 『たんぼアート』の周りは竹薮 ★
   たんぼアート竹薮

★ 竹の手作り丼に、讃岐のうどんですよ!  ★
   たんぼアートのうどん

★ 『アンダンテ(稲の旋律)』の映画みたい  ★
   たんぼアートピアノ

★ たんぼ・山・池・舟・太陽・空・雲・風・スタッフ等、ここに在る全てがアート ★
   たんぼアートの舟
※ もちろん、見に行っている人も遊びに行っている人も、全てがアートなんや~って、
  感じました。

★ 泥んこ遊び ★
   泥んこ1

   泥んこ2

   泥んこ3

   泥んこ4
 
   泥んこ5

※ 続きは、またね  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『たんぼアート』

5月30日(日曜日) 
 
★ 爽やかな五月晴れの空の下で  ★
   たんぼアート

★ 車から降りて、まず初めに見える風景です ★
   たんぼアート7

★ 最初の作品が・・・、ゆらゆら揺れて迎えてくれます   ★
   たんぼアート1

★ たんぼを見下ろすと、気持ち良さそう・・・! ★
   たんぼアート6

★ アート会場入口の小さな池の土手に  ★
   たんぼアート2

★ 何でも優しく丁寧に説明してくださいましたよ! ★
   たんぼアート3
※ ・今年でちょうど10回目なんですって・・・・。
  ・毎年毎年出展作品が増えて、賑やかになっているとのことでした。
  ・このイベントが終わったら、すべて片付けてから田植えをするそうです。
  ・すべてのアート作品は、たんぼの肥やしになるとのことでした。
※ 田植え前に、豊年満作を祈念してのお祭りかな・・・?って、感じました。

★ 祝 ★
   たんぼアート5

★ 双 ★
   たんぼアート4

★ 揺れるテント ★
         揺れるテント

★ ナイアガラ ★
   ナイアガラ1
   
★ ナイアガラに近付いて ★
   ナイアガラ2
※ 疲れました  なので、続きはまたね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今、高瀬川の土手は・・・!

5月29日 (土曜日) 

★ チガヤ(ツバナ) ★
   チガヤ
※ 私が子どもの頃は「ツンツン」って呼んでいました。
  白い穂が出る前に、先を引っ張るとスウ~っと抜けます。 
  その中から、穂になる前の白い綿の様なのを取り出すと、食べられるんですよ!
  来年の春には、海と空にも食べさせてみますからね 

★ ヒメジョオン(姫女菀) ★
   ヒメジオン1 
※ 風が強かったので、チガヤ、姫女菀、さくらの樹、みんな同じ方向に流されています。

   姫女苑
※ ひょっとしたら 『ハルジオン』 かな?
  ハルジオンの方が先に咲くんですって・・・! なので、これは姫女菀だと思います。

★ 姫女菀 アップ ★
   ヒメジオン2

★ クサフジ ★
   クサフジ

★ クサフジ アップ ★ 
         クサフジ2
※ 少し前にtaeko123さんが、教えてくださった『草藤』ですよ。きれいでしょう 

   クサフジ3

★ メノマンネングサ (ベンケイソウ科) ★
         ??草花
※ 去年名前を調べたのですが、忘れました 
  星のような花がぎっしりです。
  (6/12)・・・調べて名前がわかりましたので、あとからいれました 

★ タンポポの花と綿毛 ★
   タンポポ花
   タンポポ綿毛

★ 春のノゲシ ★
   春のノゲシ
   春のノゲシ綿毛

★ ムラサキカタバミ ★
   紫カタバミ
※ この花や葉っぱの軸を噛んだら、少し酸っぱくて美味しいんですよ! 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

孫迎え・・・!

5月28日 (金曜日)  朝夕は肌寒いよ! 

私の時間は、少ないよ~ 

午後2時・・・幼稚園へ空の迎えに  で、行きます。
 「ねぇ、ねぇ~、さくら婆ちゃん、1回だけ遊んでから帰ってもいいですか?」
 「イカンな~! お兄ちゃんを迎えに行かなイカンからすぐに帰るよ!」
 「はあ~い、わかった!  」

★ 空の足音が聞こえないので、振り返ったら・・・  ★
         フェンス1
※ 私は車の所に行って振り返ると、丁度このフェンスの一番上で、またいでいる所でした。
  何ばり声を掛けて驚かせたら、ビックリして落ちてきたら大変!
  そおう~っと、見守ることにしました。 ちょうど、周りに見ている人は居ない。
 
★ このフェンスを乗り越えて駐車場の方へ降りてきました ★
         フェンス2
※ さっさと私の車まで来て
 「急いで帰ってお兄ちゃんを迎えに行かなイカンな!」・・・・やって  
 「空、さくら婆より遅かったけど、どこに行っていたの?」
  「さくら婆が、後ろを見た時には、空はおらんかったんやで・・・?」

※ わざと優しく話すと、その場所に私を連れて行ってていねいに話してくれました。
  その後、ジワジワとやっつけました。
  空の表情が、  ⇒  ⇒  ⇒  になりましたので、
  少しは、理解できたと思います。 
  もし、同じことを繰り返したら、許さんぞ~って思っています。  

※ 帰ったら、手洗い、うがい、歯みがきをして、幼稚園のカバンや服を片付けて
  すぐに、兄(海)を迎えに  で、出発しましたよ。     

午後3時・・・小学校へ海を迎えに行きます。
       小学校までは、大人の足なら3~4分あれば十分なのですが、

★ こうなりますので・・・約10分(充分)かかります ★
   跳べるかな

★ やったー! 跳べたよ  ★
   跳べたよ

★ 今度は、こっちから跳んでみるからね! ★
   もう一度

★ できた! 空 凄いやろ!  ★
   もう一度跳べたよ
※ 自分で自分の挑戦に拍手を送っているんです。 どこかのサルみたいですよね 
  何度も行ったり戻ったりして、前に進まないので・・・・・。

  「空、さくら婆は先に行くからね。 もし井手の中に落ち込んだら自分で出てくるんやで!
  ほんで、服がビショビショでも、小学校の門まで歩いて来てな  」

★ さくら婆ちゃ~ん! 空も行くから、待ってよ~! ★
   ここも歩けるよ
※ 慌てたらしく、道に戻らずそのまま歩いてくる・・・・バ~カメ  
  回り道でも正道を歩く方が早いのがわからんのかい! まだまだ幼いね! 
  よくみると、指の先まで緊張しているでしょう・・・。
  この指は、自分に気合を入れているんですよ。何かのヒーローになったつもりでね 

★ 小学校からの帰り道では・・・ ★
   天道虫1

★ だんご虫、捕まえられるよ! ★
   だんご虫

★ これは何かな? ★
   ???虫

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

『忙しい一日』

5月27日 (木曜日) 

 親戚のお婆さんの三十五日

 7:20 海を集団登校の集まる場所まで連れて行って見送る。

 8:00 空を幼稚園に送って行って、預かり保育をお願いする。
      午睡用のお布団も持って行く。

 8:10 そのまま、親戚の三十五日の手伝いに行く。
      おこわを折り詰めにする(18箱)
      お茶とお菓子を出す。
      盛かご(お供え)を分ける。20と17と6・・・43軒分作る。

12:00 我が家の義父母のお膳を持って帰って、二人の様子を見る。

12:30 親戚に戻って、お手伝いの5人で食事をする。

14:00 料理屋さんへ食事に行っていた本膳の人たちが帰ってくる。

15:00 海を小学校へ迎えに行く。

16:00 海と一緒に、空を幼稚園へ迎えに行く。

 ※ なぜ、空のお迎えを1時間遅らせたのでしょうか?
  「今日はお布団を持って行って、預かりするからね」
  「さくら婆ちゃんは、いつものように2時にお迎えに行けるよ」
  「嫌だ! 預かりでみんなと一緒に遊びたいよ  」
    「幼稚園でみんなと一緒におやつを食べてから帰る方がええよ!」

※ 4月に1回預かり保育をしたのが楽しかったのでしょう。
  母親が午睡用のお布団を持ってきて、先生にもお願いしていたようなので、
  1時間遅らせて、おやつが終わった頃迎えに行きました。
  なかなか、私の都合の時間通りにはいきません  

※ 今日、残念だったことは、
   ・ 里山登山に参加できなかったこと。
   ・ 福岡に行けなかったこと。
  参加したいことが同じ日に重なるので、すっごく悔しいです。 
  でも、どうしてもせなイカンことをしないとイカンのよな~~  ~~
  身体が三つ欲しかった一日でした~~  ~~ 
                 でも、今日も、充実して無事に終わりました       

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『桑の実』

5月26日 (水曜日) 

『少しづつ熟れている、桑の実』

★ 「さくら婆ちゃん! 桑の実がいっぱい落ちてるよ~!」  ★
   桑の実落ちてる
 「ほんまやな~、小鳥が食べに来よんかな~」 
   「桑の実は、赤いのはまだ食べられんのやで! 黒くなったら食べられるきんな!」

★ 「なあ~ なあ~、黒くなっとるのも、あるよ~!」 ★
   桑の実ここにも

★ 「ほんまやな~、ここにも、黒いの見つけたよ~!」 ★
   桑の実千切ろう
 「兄ちゃん、危ないよ~!」
   「千切ったら、ここに入れてなぁ~!」

★ 「さくら婆ちゃん、洗ってください」 ★
   桑の実洗ったよ

★ 「少しづつやけど、みんなで分けて食べようね」 ★
   桑の実ヨーグルト
 「わかった、空が、お皿とヨーグルト出すきんな! お兄ちゃんはスプーン出してな!」
   「曾爺ちゃん、曾婆ちゃん、兄ちゃん、空と、さくら婆ちゃんやきんこんだけでええわな?」

 「準備が出来たから、曾爺ちゃんと曾婆ちゃんに『おやつですよ』って言ってきてください」

 「はあ~い、わかった!」

★ 「桑の実って、おいしいね~  」 ★
   桑の実おいしいよ
※ 桑の実が、本当に美味しいかどうかはわかりませんが、自分で千切ってきて、大好きな
  ヨーグルトにのせて食べるので美味しく感じるのでしょうね 

※ この子たち、明日から、桑の実が無くなるまで毎日
  「さくら婆ちゃん、桑の実千切ってきてもいいですか?」って、言いますよ 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

山の中に飛行機?

5月25日 (火曜日)  暑くなくて爽やかな五月晴れで~す!

ちょっと時間があったので・・・! 

★ なぜ?・・・こんな所に飛行機があるの? ★
   飛行機仲南道の駅

★ 二宮忠八飛行館も見てくださいね・・・! ★
   二ノ宮忠八館

※ じつは、仲南の道の駅へお買い物に行きました。
  おまけに、アイスとお蕎麦を戴きました。
  私がちょこっと行けるお蕎麦のお店では、ここのお蕎麦が好きです。
  私が子どもの頃、食べていた懐かしいお蕎麦は、これなんです。
  信州のお蕎麦とは違います。
  讃岐のお蕎麦ですよ  

※ おまけのおまけで、
  可愛い飛行機が気になって仕方が無い孫と共に・・・・、
  道の駅のすぐ横の『夢は大空 二宮忠八飛行館』へ・・・!

 ライト兄弟よりも早く、世界で初めて 
飛行原理を着想したこの地(まんのう町樅の木峠)
・・・でした 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『パワフル運動塾』

5月24日 (月曜日)   夜は綺麗な十三夜お月様 

『パワフル運動塾のお手伝い』 

昨日も今日も、お爺さんの話題になりました。 偶然のことです・・・

★ ゴキブリ体操 ★ 
   ゴキブリ体操
※ 足や手の先の毛細血管まで十分に血液を送り活動させます。・・・お勧めですよ!

★ お尻を浮かして ★
   お尻を浮かして!
※ 65歳から74歳までの方ばっかりですが、皆さんさすがですよ 

★ 足でバイバイ! ★
   足でバイバイ!
※ 最後は、足でバイバイをしましたよ 

★ 立つ時は、頭は最後にゆっくりと! ★
   立つ時はゆっくりね!
※ 「頭は重いので、一番最後にゆっくりと起こしましょうね」 とのことでした。
  そうすると、事故が少ないそうです。

以上  介護サポーターのお手伝いでした。

※ 一緒に体操させていただき、身体中が、ものすごく得をした気分になりました。
  私は、すぐにやり方を忘れますけどね 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『敬老会』

5月23日 (日曜日) 一日中  で、たくさん降りましたよ!

『自治会の敬老会』

75歳以上のお年寄りが、会場に集まってお食事をしたり、お話をしたりします。
我が家は、義母は近所のおばあさんと一緒に喜んで行きました。
義母の話では、「大勢で、30数名集まっとったな~」とのことでした。
欠席の人も、多いです。・・・・ほんで、会場に集まっているのは女性がほとんどでした。
 
我が家も、男性の義父は・・・家で敬老会のお祝いをすることにしました。
昨年までは、二人揃って参加していたんですけどね 

★ 我が家で一人宴会(昼食)です ★
         敬老会1

★ 美味しそうな、巻き寿司をパクリッ! ★
         敬老会2

★ 次は、何を食べようかな? ★
         敬老会3

※ 食欲はいいんですよ。 ほんで何でも、もりもり、パクパク、美味しそうに食べます。

 「自治会の敬老会でお婆ちゃんは会場に行っているからね」
 「雨が降っているから、お爺ちゃんのお膳はもらって来たよ、ここで食べような!」

 「ほうな、ありがとうな! ほんで、山さくらのは無いんな?」

 「私は、まだ呼んでくれんのや!」
   「お婆ちゃんは会場で食べているから、お爺ちゃんはここで食べような」
   「こんなに雨が降っているときに、お爺ちゃんは会場まで歩いて行けんやろ!」    

 「ありがとうな!・・ほんだら、いただきます!」

※ どんなことでも、何を言われても、スムーズに受け入れて、自分にとってみんなが
 いい事をしてくれている(考えてくれている)って思う人です。
  こういうふうに感じる心(思う心)って、認知症になっても変わらないんですね。

  ~~~~~ だから、怒っている義父の姿を見ることは無いです ~~~~~

  私は、嫁に来て以来、嫌なことを言われたことは一度もありません。

※ だけど、この認知症は、日々の生活には大変です・・・大変なのは周りの人ですよ。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『船の祭典』

   『船の祭典』  

 粟島会場(公開討論会)へ、行きませんか?

 私は、下記に書いていることしか知りません。
 ほんで、船の祭典がどんな物なのかも知りません。
 何も連絡しないでも、行って参加していいそうです。・・・・(自由参加なんですって)

 だから私は、この日に、そうっと行ってみようと思っています。 
 そして、粟島のことを少しでも、勉強したいな~って思っています。
 難しい話が、私の記憶に留まるかどうかは別として、6月の粟島を楽しみに行きま~す。

 興味関心のある方は、12:35の須田港発の船で一緒に行きませんか?
 小さい船ですので、「山さくらってどれなんかな?」って少し大きめの声で言ってくだされば
船の中のお客様全員に聞こえます。だから私の耳にも届くはずですよ!
 私の耳に入れば、『 ウバさくら 』が、「 はじめまして! 」~って、横に行きます。

~~~~~~~~~~~~~~~  記  ~~~~~~~~~~~~~~~

               < 公 開 討 論 会 >

      ≪ 瀬戸内水運と海の文化を支えた人々:粟島会場 ≫

  ○ 日 時 : 6月5日(土) 13:30~16:10

  ○ 場 所 : 旧粟島海員養成所講義棟(大教室)

  ○ 共 催 : 三豊史談会

  ○ 参加費 : 無料(会場までの交通費は参加者負担)


  ○ 話題提供

     橋詰 茂(三豊史談会代表)
             「瀬戸内の物資輸送と港津の繁栄」

     胡 光 (香川県立ミュージアム学芸員)
             「瀬戸内海運の発達と祭礼文化」

     中田 勝久 (詫間町公民館第7分館長)
             「操船技術」


  ○ メ モ
    往路は須田港発12:35の粟島行連絡船が便利です。 所要時間約15分。
    お帰りの船は粟島港発17:05または18:25です。
    船の祭典2010実行委員会 TEL:087-832-3377  

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

破竹・・(竹の子)

5月22日 (土曜日) 

『破竹』・・ハチク・・?

★ 親戚の人が「破竹、食べるかな~?」って・・・・、 ★
         破竹縦
※ 大きな飼料袋にいっぱい、我が家に置いて帰りました。

★ ホラねっ! ★
   破竹横

※ 普通に竹の子を湯がくように、糠と唐辛子を入れて、水から湯がきました。

  その後で聞いたお話です~~ 

  破竹って、糠は入れないで、沸騰した所に入れて、再び沸騰したらいいんですって・・!
  ほんで、調理する大きさに切ってそのまま冷凍できるんですって・・・!

※ 『知らないことは、恥ずかしがらずに躊躇しないで聞く』に、徹していた山さくらなの
  ですが・・・、『思い込み』があるんですよね。
  この『思い込み』が、大失敗の元になるんですよ。・・・私の場合その回数が多い。

※ そのうえに、湯がいた破竹を友達にも配ってる。・・・もう、どうしようもないですよ。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

楽しい友達と一緒!

5月21日(金曜日)  急に暑くなったよ~ 

先日、楽しい友達と一緒にお食事(ランチ)

★ お国自慢 味グルメ フェア 到着です  ★
   オオクラ玄関

★ テーブルから見える庭 ★
   オオクラ庭
※ 北海道  (ジンギスカン・鮭のちゃんちゃん焼き・ミニ海鮮丼)
  関東・東北(宇都宮ぎょうざ・横浜シューマイ・稲庭うどん・山形名物芋煮)
  関西   (京風ごま豆腐・生ゆば・明石焼き)
  中・四国 (かつおのたたき・塩干かれい・骨付鶏)
  九州   (福岡辛子めんたい・長崎ちゃんぽん・宮崎名物チキン南蛮)

※ 私は、山形名物芋煮が食べたかったので行きました。
  でも、食いしん坊だから、少しづつ全部戴いてきました。 
  夕食の準備したく無かったです~ 

続いて今日は、おてんばクラブ!
★ 木きん堂 ★
         木きん堂1

★ 手芸作品の展示即売会 ★
   木きん堂2

★ 手作りバッグが いっぱ~い! ★
   木きん堂3

★ 素敵な空間で、紅茶などを自由に戴きながら・・・ ★
         木きん堂4

★ バッグの注文をしましたよ! ★
   木きん堂5
※ 「 この布で、この大きさに縫ってくださいませんか? 」ってね 
  「 OK!  」 とのことでした。・・・・またまた、出来上がりが楽しみで~す。 

※ 今日、集まった5人で、『まちだの十割ソバ』へ行き、お昼の食事をしましたよ 

  私は孫の迎えがあるので、午後1時半にお店を出て先に一人帰りました。 
  みんなは、それから喫茶店に行って夕方まで楽しいおしゃべりをしたんですって・・・。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

雨が似合う花・草・・・?〔NO,2〕

5月20日 (木曜日)  

今日も雨なので 

昨日の雨の似合う草花の続きです。・・・・・なので〔パート2〕です。

★ 苔 ★
   苔

★ タツナミソウ ★
         タツナミソウ縦
※ 同じタツナミソウを写したのに、縦にするのと横にするのとで、こんなに色が違って
  写りました 

★ タツナミソウ (山に生えている草です) ★
   タツナミソウ横

★ 黄色のジャーマンアイリス ★
   ジャーマンアイリス2
※ ここから下のアイリスは、我が家の草花畑の横の、近所の田圃の花畑です。 
  軽トラックがやっと通れる位の細い道がありますが、すぐ隣です。
  なのに、今までよく見ていなかったです。 今日、ゆっくり見て、こんなにいろんな色が
  あったんだ~!って驚きました 

★ 薄紫色のジャーマンアイリス ★
   ジャーマンアイリス1

★ 薄いオレンジ色のジャーマンアイリス ★
   アイリス肌色
 
★ 黒色のジャーマンアイリス ★
   ジャーマンアイリス黒

★ 紫色のジャーマンアイリス ★
   アイリス紫

★ 白色のジャーマンアイリス ★
   アイリス白
※ ゆっくり丁寧に見る時間がとれるってことは、嬉しいことですよね~! 
  きっと、お花も喜んでいると思います。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ツバメの巣作り~その後・・・?

5月20日(木曜日)    

今朝も早くから、せっせと、ラブラブマイホーム作りをしています。
やさしい雨は大丈夫みたいです。 私が付けた笠も恐れずに、巣作りに励んでいます。
毎日、朝早くから、夕方薄暗くなるまで、夫婦で力を合わせて頑張っています。
凄い花丸  ですね 

★ ホラねっ! だいぶん出来上がってきましたよ! ★
   ツバメの巣作り1

★ 巣作りの材料をくわえて帰ってくると、巣の中に入って整えていますよ ★
   ツバメの巣作り2

★ 他の巣では・・・! ★
   他の巣では1
※ みんな仲良しですよ! かわいいでしょう~ ホラねっ    

★ お母さんつばめや、お父さんツバメが餌を持って来てくれるのを待っています ★
   他の巣では2
※ 親ツバメが餌をくわえて帰ってくると、みんなが一斉に背伸びして、餌をねだります。
  お父さんもお母さんも、きちんと順番に全ての雛たちに餌を与えています。

※ 私のカメラでは、雛たちが身を乗り出して餌をねだっている所は写せません。 
  私が近付いていると、親ツバメは近くを旋回して、巣に来ないんです。・・・残念 

※ 雛たちが巣から落ちそうな位身を乗り出して、親ツバメから餌を貰っているところは、
  想像してくださいね。・・・・ほんで、賑やかな雛の声もね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

雨が似合う花・・・?

5月19日(水曜日) 
朝から、やさしい  で、私は嬉しいです 

雨を喜んでいる草も、花も、野菜もいますよ 

★ イワマツ ★
   岩松
※ 「私は、ずう~っと忘れられていて、もう少しで枯れるところでしたよ」 
  「今日の雨に助けられました!」 

★ タガネソウ ★
   タガネソウ
※ 「イワマツさん、あなたもですか! 私もおんなじですよ」 
  「お互いに、今日の雨は、命をつなぐ恵みの雨ですね」 

★ アジサイ ★
   アジサイ
※ 「私の大好きな季節が来ました。山さくらさんちのアジサイの中で、私が一番初めに
   咲くんですよ」
  「もう少ししたら、優しい色が少し付きますから楽しみにしていてくださいね」 

★ マツリカ (ニオイバンマツリ) ★
   ?の花1
※ 「私は、花の色が少しづつ変わるんですよ! さらに優しい香りを辺り一面に漂わせて
   いるでしょう」 

★ マツリカ アップ! ★
   ?の花アップ
※ 「きれいな色でしょう。私の青紫色が少しづつ薄くなって白色に変化するんですよ」 

★ 孫が選んだ『バナナメロン』 ★
   バナナメロン
※ 「ぼくは、水と太陽の光があれば、ドンドン大きくなれるからね。よろしくお願いします」
  「さらに、肥やしを少し戴けると、美味しい実をいっぱい生らせることができるからね」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『幸せを運んで来るという鳥』?

5月18日 (火曜日) 

昨日、さつま芋のツルを50本挿して、夏野菜を少し植えたので、♪雨あめ!降れ降れ♪の
気持ちなのですが・・・・・・そんなに都合よく旨いことイカンですよね~ 

昨日も夕方孫と一緒に水掛をしました。 今朝も水掛をしてきました。
また、今日の夕方も行かなイカンですね。 しっかり根をおろすまでは頑張らないとね 

 『 ツバメ 』
今年は3月末に、ツバメが帰ってきました。 
それから、何度か雛を孵しました。
今、五つの巣が我が家の納屋の天上にあります。
今回のツバメのご夫婦は、その、どれもがお気に召さなかったようです。

おかげで、私の車は一日に何度も、出かける度に洗わないといけない 

口にくわえて運んできた巣作りの、材料の約60~70%は私の車の上に落としています。

★ 本当に幸せを運んで来るのかな? ★ 
   ツバメの糞だらけ
※ ほんまに幸せを運んで来るのかな  ・・・ 糞(うん)を運んで来るのかな 
※ 車にシートを掛ける・・・ 何度も掛けたり外したりでおお大変    

★ そこで、工夫してみましたよ  ★
   ツバメの巣3

★ 巣作り用の材料をくわえて戻ってきました~ オヤッ  ★
   ツバメの巣2

★ なんだろう~? 大丈夫かな  ★
   ツバメ
※ メチャクチャピンボケで、申し訳ないです 

★ なんか大きな変な物が、ぶら下がっているけど・・・・  ★
   ツバメの巣1
※ 「意地悪はしないみたいだよ・・・」
  「そうですね、それじゃ~、このままここで巣作りを続けましょうかね」
  「そうしよう~」
  「はやく仕上げて、ニューマイホームでかわいい雛を育てましょうね」
  「そうだね、土と藁をどんどん運んできてがんばるぞ~!」

※ ツバメさんたち、笠は何にもしないからね、怖がらないでハッピーになってください   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今が見頃の薔薇 〔NO.2〕

※ 観音寺市大野原町に行きました。
  この庭のお花は、約300種あるそうです。
  奥様が薔薇が好きで、庭にいっぱい植えて育てているとのことでした。

  誰にでも見せてくださいますよ 
  薔薇の見方や、お花の名前まで、何を聞いても親切に丁寧に説明してくださいます!

『小さなバラ園』 ・・・・・ の、大きな薔薇たち

★ 赤い薔薇 ★
   赤大輪1っ個

★ 赤の縁取りの薔薇 ★
   大野原バラ園の薔薇

★ 淡い藤色薔薇 ★
   薄紫1個

★ 赤大輪薔薇 ★
   赤大輪1個

★ 濃い黄色薔薇 ★ 
   黄大輪1個

★ ゴメン! これは薔薇じゃなかったです! ★
   白に桃縁取り1個
※ ベゴニアの仲間かな・・わからないです 

★ 素敵な薔薇! ★
   赤縁取り中輪
※ 全てのの薔薇を写すことはできませんでした。
  一本一本の薔薇に名前がありますが、私は聞いても覚えられませんでした 

★ 変わった黄色い薔薇 大輪 ★
   変な黄薔薇
※ この最後の薔薇は、帰りにランチを食べたお店の薔薇です。
  そこの庭にも薔薇がいっぱいでした。・・・やっぱり奥様が育てているとのことでした。
  (観音寺市吉岡町のティー ルームで、土日しか開店していないです。ランチは要予約)

※ あまりの素晴らしさに驚きましたが、薔薇の綺麗さ以上に、育てている人の苦労と愛情が
  私にはひしひしと感じられました。・・・{みんな働き者なんや!}って思いました      

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『薔薇 いっぱ~い!』

5月17日 (月曜日) 

今、薔薇が見頃ですよ 

★ ホラねっ!  ★
   バラ1

★ あっちも!   ★ 
   バラ2

★ こっちも! 薔薇  ★
   バラ3

★ 今が一番きれいですよ~  ★
         バラ縦

★ アップにしてみますね  ★
   バラ黄

★ 赤い薔薇もね! ★
   バラ赤3個

★ もっと、近づけるかな  ★
   赤橙の薔薇2個

※ 薔薇の花アップは、次の記事で見てくださいね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『三豊市の歌発表式典&中西圭三ミニコンサート』

5月16日 (日曜日) 

12:30~16:00・・・・ 於 マリンウェーブ

三豊市の歌・・・『七宝のかぜ』   ( 歌・中西 圭三 )
作詞/関 秀明・作曲/中西 圭三・編曲/小西 貴雄

① 讃岐の嶺より さす朝日          
   めぐる季節の 彩りを         
   緑の大地に 映し出す         
   このまちで出会い このまちで語る   
   笑顔溢れる人の和に 水と緑の故郷は  
   輝く未来に のびるまち
              (さぬきのみねより さすあさひ)
              (めぐるきせつの いろどりを)
              (みどりのだいちに うつしだす)
              (このまちでであい このまちでかたる)
              (えがおあふれるひとのわに みずとみどりのふるさとは)
              (かがやくみらいに のびるまち)

② 紫雲出の山に 瀬戸の風
   行き交う小舟の 白波に
   歴史と文化の 花薫る
   このまちで生まれ このまちで育つ
   包んでくれるやさしさに 水と緑の故郷は
   輝く希望が 開くまち
              (しうでのやまに せとのかぜ)
              (ゆきかうこぶねの しらなみに)
              (れきしとぶんかの はなかおる)
              (このまちでうまれ このまちでそだつ)
              (つつんでくれるやさしさに みずとみどりのふるさとは)
              (かがやくきぼうが ひらくまち)

③ 三豊の大地を 潤して
   黄金なりき 稲穂らも
   祭りの太鼓に ときめいて
   このまちで暮らし このまちに集う
   ひびく音色も高らかに 水と緑の故郷は
   輝く文化が 育つまち
  
   明日に向かって のびるまち

              (みとよのだいちを うるおして)
              (おうごんなりき いなほらも)
              (まつりのたいこに ときめいて)
              (このまちでくらし このまちにつどう)
              (ひびくねいろもたからかに みずとみどりのふるさとは)
              (かがやくぶんかが そだつまち)

              (あしたにむかって のびるまち)

★ 市民合唱団による合唱 ★ 
   三豊市の歌1

★ 会場全員による大合唱 ★ 
   三豊市の歌2

★ 会場の皆さんも熱唱 (一生懸命ですよ) ★
   三豊市の歌3
     
※ 合唱 コール・リーベ豊中    陽だまりコーラス  
      みとよ少年少女合唱団   みとよジュニア合唱団

   伴奏 高瀬中学校吹奏楽部OB会吹奏楽団
       吹奏楽団WEST  詫間吹奏楽団

※ 『七宝のかぜ』の七宝は、七宝山ではなくて三豊市の七つの町の、七つの宝という
  ことなんですって・・!

※ 三豊市の歌の全員大合唱が終わってから、中西圭三さんのコンサートでした。
  私が知っていたのは、かまどのコマーシャルソングとマーチだけでした・・・ションボリ!
  でも、若者になった気分で、凄い迫力の歌唱力に魅了されてきました。   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

いちご・・アスパラ・・桑の実

5月15日 (土曜日)  
 
 コシヒカリの田植えは、明日の予定だったのですがなぜか長男と次男の休みがうまく合った
らしく、今日の朝から植え始めました。

 昨年は、5月6日に植えましたので、今年は遅いんですけどね。息子たちが二人で相談して
植えていますので、私は口出ししません。

 でも田植えの間は、私に漏れなく孫守りがくっ付いてきます   
 なので、孫二人を連れて、夏野菜の苗とさつま芋のツルを買いに行きました。

★ 次々と、勝手に出てくるアスパラ  ★   
   アスパラ
※ 踏み固められた土からですが、この時季になるとニョキニョキと出てきます 

★ 「これ、食べられるんでな~、さくら婆ちゃん!」 ★
   ほらっアスパラ
※ 私の居ない間に、ポキポキ折って遊んでいました。
  私に「空!」って呼ばれて、「はあ~い」って返事したけど、少しドキドキしている顔です。

★ いちごも赤くなっていましたよ ★
   いちご

★ きれいに洗って、「いただきま~す!」 ★
   いちごおいしいね
※ は、海も空もいちごだ~い好きです  

★ 「さくら婆ちゃ~ん、桑の実がいっぱいなっとるよ!」 ★
         青い桑の実

★ 桑の樹に近付くと、ホラね! ★
   桑の実1
   桑の実2
※ 今年で3年目のこの桑の樹。
   勝手に生えてきて、ここに元あった樹を枯らしてしまいました。 凄く逞しい樹です。
   のこぎりで切ろうと思ったのですが、今、実が色付き始めていますので、収穫してから
  切ることにします。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

かわらの里でボランティア

5月14日 (金曜日) 

12時~14時・・・三豊市立宗吉瓦窯跡史跡公園で体験コーナーのお手伝いボランティア
 
★ 4~5年生、みんな熱心に聞いていますよ! ★
   勾玉説明

★ 一生懸命に勾玉を磨いていますよ! ★
   勾玉作っています

★ 山条山と瓦窯跡 ★
   瓦窯跡山
※ 山条山は、吉津富士とよばれるきれいな姿の山です。
  今から1,300数年前もきっとこの姿で、瓦を焼く人々をを見守っていたことでしょう。

★ 山条山から少し左の方面 ★
   瓦窯跡山の左

★ 小学生が今日抜いてくれた草です ★
   小学生草抜き

※ この日は、6年生が修学旅行で居ませんでした。
  学校から歩いて来て、しっかり遊んで、草抜きボランティアもして、お弁当も食べて、
  瓦窯跡の現地説明もしっかり聞いて、瓦の里の展示物も見て、4~5年生は、勾玉作りに
  挑戦しました。
  低学年は、粘土工作をしました。~~乾かして焼きます。

  一人ひとりの子どもたちにとって有意義な一日だったことと思います。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『お手玉あそび』

5月13日 (木曜日) 

『お手玉あそび』に参加しましたよ 

★ おてだま(おじゃみ) ★
   お手玉2個

★ いろんな おてだま ★
   お手玉色々

★ 両手2個ゆり~から~2個ジャグリング ★
   お手玉遊び

※ 私は、『お手玉あそび』って講座だったので、♪ おひとつ おひとつ おさら~ ♪
  って、歌いながら遊ぶ遊びをみんなでするのかなって簡単に考えて参加しました。

  ところが、ところが・・・、  でした。

※ お手玉(おじゃみ)の歴史から・・・、
  世界とのかかわりやら・・・、
  お手玉の効能やら・・・、
  伝承文化の必要性やら・・・・、の、難し~いお勉強でした。 
  でも、すっごく楽しい先生なので、今は、続けてみようかなって思っています。

※ 今日は、難しいお勉強の後、両手2個ゆりから、2個ジャグリングまでしました。
  ほんで、やっぱり大会があるんですって・・・。
  やっぱり、ヤッパリ、検定もあるんですって・・・。
  上手な人は、全国大会まであるんですって・・・・ 

※ おじゃみも自分で作らないといけないんですって・・・  。
  「私は、よう作りません」
  「おじゃみを縫ってから練習するんだったら、私は少しも練習出来ないで~す」と、
  無理を言って、お願いして、2個だけお借りしてきました。

  だって、「来月までに、ここまで出来る様になってきてください。宿題です」って
  言われたんですよ。

※ さらに、5月30日に隣の市の大野原町で、お手玉の大会があるんですって・・・・。
  「その大会の中に、2個ジャグリングがありますから出場してください」やって・・!
  そりゃ~、借りてきてでも練習せなイカンって思うでしょう。
 
 ヤッパリ私は、自分で自分を追い詰めているんやな~って、思いました。
  まあ、続きは『空』を幼稚園に迎えに行ってきてから考えることにします。 
                                         では、またね   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

本当は草ばっかり畑

5月12日 (水曜日) 

ただ、花の部分だけを写しているから、写真を見る限りでは花壇かなって思うけれど・・・?

本当は、草ばっかりの中に少しだけ花があるんですよ 

写真写りがキレイ過ぎて、ごめんなさいです 

★ マンテマ ★
   雑草畑
※ マンテマ、海の近くの土手から種子を戴いてきたのが大きな間違いだったかな?
  一面にはびこっています。

★ 草と花が同居? ★
   草と花

★ ニワゼキショウと可愛い草花 ★
   草とニワゼキショウ
※ 黄色いコンペイトウみたいな可愛い草の花、やっぱり抜いて捨てられないんです 

★ ニワゼキショウとスズメノエンドウ ★
   ニワゼキショウ
※ ニワゼキショウは、私の好きな草花なので、雑草だけどちょっと大切にしています。
  義父母には、削られます。
  息子には、草枯らしをかけられます。
  でも、お花は小さな身体で頑張っています。

★ ??の草 ★
   ?の花

★ 草の花にも蜜蜂がやってきます! ★
   ?の花に蜜蜂

※ 虫たちは、派手な綺麗な花でも、雑草の質素で地味な花でも、大きな花でも、小さな花でも
  区別無く訪ねてくれます 

※ 『雑草園』or『草畑』or『虫の国』って、名前にした方がイメージ通りでいいでしょうか?

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

花畑?

5月12日 (水曜日)  

我が家の、花畑・・・いやいや草畑・・・?

★ ?白い花の木 ★
         白い花1

★ 白い花アップ ★
   白い花2

★ ジャーマンアイリス黄色 ★
   ?黄色

★ ジャーマンアイリス紫色 ★
         ?紫

★ バラ ★
   ばら

★ シラン ★
   シラン

★ ジャスミン ★
         ジャスミン

★ ジャスミンアップ ★
   ジャスミン2

※ 「山さくらさんちって、いろんなお花を育てているんですね」って、このブログを見て
  くださっている方から言われました。

※ 実際は、続きを見てください・・・。
  文が長くなるとエラーが多くなりますので次の記事にします 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

「足がユンボだよ!」

5月11日 (火曜日)  

空・・「さくら婆ちゃん、見て! みて! 空の足がユンボになっとるよ  」

※〔解説〕・・空が「ユンボ」って言っているのは、=「パワーショベル」のことです 

★ 砂利と自分の足で遊ぶ空 ★
   足ユンボ1
 ※ 身体中の全神経を足の裏と足の指に送って使っているらしく、顔まで緊張しています。

★ ほらっ! 見よってよ! 空の足がユンボになるきんな! ★
   足で砂利を掴もう
※ 一生懸命に足で砂利を掴んでいますよ。 空なりに苦労・努力しているみたいです。

★ ほらなっ! こっちの足でもユンボできるんで! ★
   左足ユンボ

★ 二つの足が、ユンボになったよ~! ★
   両足ユンボ

★ お父さん指とお母さん指でも、はさんでとれるよ! ★
   親指と母指でユンボ

※ 私は、裸足で遊んでいる空を注意しようと思って、この場所に来ました。
  だけど、あんまり真剣に一生懸命に遊んでいる空の様子を見て、{遊びを中断したり、
  注意したりするのは後からでもいいや}って思いました。

※ 海も呼んで来て「おもしろそうだから、海もしてみようか?」って、同じ遊びに誘い
  ましたが、海には出来ませんでした。 
  海は悔しかったのか、手で小石を持って足の親指と人差指の間に入れて挟めていました。
  しばらく、頑張っていましたが自分には出来ないと思ったのか、遊びから離れてどこかへ
  別の遊びを探して行ってしまいました。

※ 最近、手の指もあまり使わなくなって、不器用な子が多くなっているって言うから、足の
  指や足の裏の感覚を鍛えるには、おもしろい遊びかなって思うと、注意しなくてもよくなり
  ました。
  さらにこの機会に、遊んだ後の足の洗い方や、足の拭き方も知らせることができました。
  さらについでに、「空の足ってすごいね!」って言いながら、裸足で遊ぶときに気を付け
  なければいけないこともチョコット気づかすことができました。

※ 私に時間の余裕と、心の余裕があれば、みんなが満足できる嬉しい一時を過ごせることが
  よお~く、わかった一日でした。     
 
※ 孫が何かを学んだか学ばないか、それは孫が自分で獲得することなので私にはどっちでも
  いいことです。
  ただただ、満足できるまで遊びきる時間は確保できるといいなあって思っています。

  今日の記事は、山さくらの日頃の反省日記でした。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

メッチャクチャ、驚いたこと!

5月10日 (月曜日) 朝から優しい  ⇒稲の苗には好都合の雨です!

6:45・・・長男の嫁は仕事に行きました。

7:20・・・孫二人が母親と一緒に我が家に来ました。
      海は、玄関で「バーバー、おはようございます!」の声と、笑顔だけで・・、
      傘をさして集団登校に加わりました。

      空は、母親に「お仕事にいってらっしゃい」をしてから、8:30まで我が家で
      待って、・・・・・・・それから、さくら婆と幼稚園に行きました。

8:30・・・私は、空を幼稚園に送って、続きに宗吉瓦窯跡史跡公園を廻ってきました。
      私の手帳に宗吉瓦窯跡史跡公園環境整備って書いてあったからです。
      来週に延期ですって・・・・。雨だったからかな・・・・?

★ 誰も居ない宗吉瓦窯跡史跡公園で、気持ち良さそうに咲いていましたよ ★ 
   史跡公園雨つつじ

★ 雨の滴とも仲良し  ★
   つつじ桃

★ 薄い桃色も 可愛いでしょう! ★
   つつじ桃薄

★ 濃いピンクも素敵ですよ! ★
   つつじ桃濃

★ 純白も清楚で、私は大好きで~す ★
   つつじ白

優しい雨で、稲苗の水掛けはせんでもええ。義父母はデイサービス。孫ドモは学校と幼稚園。
瓦窯跡の草抜きも無い。難しい本は読みたく無い。・・⇒ もう、ブログしかないでしょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで、昨日、私がほんまにビックリ  したことを書きます。

  義母の言葉
※ 孫と義父母がおやつを食べて終わってからの会話です。
  椅子を片付けないで席を立った義母を追いかけて行って・・・、
・・「曾婆ちゃん、自分のお椅子は自分で片付けなイカンで!」
・・「空ちゃん、ありがとうな・・。 曾婆ちゃんは、忘れとったわ!」    
   「ちゃんとおしまいしとかなイカンわな~」・・・・・・やってさ!     

※ 曾孫の威力って凄いですよ!・・・ほんまにもう・・・ やで 
  私は、義母のこんな素直な受け応えを、ここ7年間、聞いたことがありませんでした。
  7年間というのは、夫が亡くなって7年だからです。

  もし、同じことを私が言ったら、
・・「もう一度、そこへ行って座ろうと思って、出してあるんやがな!」
   って、言いますよ。

   私には、「そうやな、ありがとな~」「私が、忘れとったな~」って言う言葉は、
  今まで一切無いです。

   もし、
  ○ 手を洗って、水道の水を出しっ放しにしていても・・・・、
  ○ おやつを出した後、引き出しを開きっ放しにしていても・・・・、
  ○ 冷蔵庫の扉を開けっ放しにしていても・・・・・、
  ○ 洗濯機のすすぎの水を出しっ放しにしていても・・・・、
  ○ レンジで温めた物を、そのまま忘れていても・・・・、
  ○ 夜中に起きてきて、食洗機や炊飯器の電源を切っていても・・・・、
  ○ 味噌汁を温めていて、焦がしてしまっても・・・・、
  ○ 洗濯や食器洗いでお湯を出しっ放しにして、お風呂のお湯が無くなっても・・・、
  ○ レンジのお皿の下の回る台を、小さく折ってプラのゴミに捨てていても・・・・、
    全てに、言い訳をします。それが、すぐに出てくるんですよね。

・・・・{あんたは、自分を正当化する天才かい}・・・・  って思ってしまいます。

※ 義母は、何があっても、何をしても、絶対に自分は悪くないんですよね・・。
  ところが、曾孫には、普通の人間(失敗したり、忘れたりする)になって、受け応えが
 できるんですよ。・・・  心が素直になれるんでしょうね   

※ 普通の人間の心をどこかに置いてきてしまったのかと思っていましたが、まだまだ大丈夫
 やん!  って感じました。

※ 私たちは、それ位の失敗は簡単に「ごめん」で許されることなのですが、義母にしたら
 それは、「ごめん」の一言では許されない大事なことなのかもわからんなって感じました。

  自分で、自分のちょっとした失敗が許せないのでしょうね。
  {先が短い分、いい人で居りたいのでしょう}・・・って、今、私は思いました。
  これは、今後見通し明るいかも~、ですよね        

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『井手ざらい』 初デビュー!

5月9日 (日曜日)  清々しい季候ですよ!

★ 山さくらの 『井手ざらい』 初デビュー  ★
   井手ざらい1
 ※ 息子は仕事なので、仕方ないです。・・・私が参加するハメになりました。

★ 8時開始(各戸1名参加で総勢約80名参加です) ★
   井手ざらい2

★ 井出が分かれる所まで来たら、休憩です! ★
   井手ざらい3
 ※ 休憩から後は、田圃が有る人だけの作業になります。
   私は最後(池まで)まで、頑張りました。・・・私には楽しい事も沢山ありました。

 ※ 何が楽しいかって・・・
   川の中の草やゴミや藻を持ち上げると、ヤゴやザリガニの子が一杯居るんですよ 
   日頃、めったに会わない人ともお話が弾むんですよ 

★ 『井手ざらい』の おまけ (スッポン)ですよ  ★
   鼈1
 ※ 次男は、休憩の所で終わりました。なので、もう一つ別の水利組合の井手ざらいに、
   お願いして行ってもらいました。

 ※ 帰って来たとき、軽トラックの荷台に乗せて連れて帰って来たのはスッポンでした。

★ 頭の先から、尻尾まで測ると(約30cm)  ★
   鼈2
 ※ 孫たちは、おお喜び!・・・・だけど、私は怖い!・・・・だから・・・、

 ※ 大急ぎで、知り合いに電話して、もらってくださる人を探しました。

 ※ 近所のおじさんが、「もし食べるんだったら、きれいな水に入れて、時々水を替えて、
   泥をはかさなイカンで~!」って、教えてくださいました。

そこで、さっそく・・・・、
★ 水槽に入れて、水を何度も替えて・・! ★
   鼈3
 ※ もらっていただく準備をしました。

 ※ スッポンの行き先も決まって・・、孫たちの指も食いつかれて無くならないで・・、
   よかった、よかったです。

 ※ 孫たちは、名残惜しそうに、スッポンに  して、めでたし!めでたし!でした 

 母の日の  も、もらって、私は今日も充実した一日でした  

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『コープの日』で・・・、

5月8日 (土曜日)  爽やかな五月晴れ 

朝、何気なくコープの注文用紙の記入をしていて、『コープの日』のチラシを発見 
『コープの日』がどんなものか見て、体験しておかなければ・・・って、思いました。
一人で行くのは淋しいから、孫に   私の誘いに『空』がのってきました 

私と空と二人で、10時過ぎに家を出て、観音寺のCOOP店へ・・・・。
駐車場に車を停めて、車から降りたトタンに友達とバッタリ 

ヨーヨー釣り、クイズラリー、牛乳パック交換環境キャンペーンに参加して、買い物も
済ませて、久し振りにばったり出会った友達と一緒に、食事に行きました。

私は、初めて行くお店でした。

★ BOTAN ★
   BOTAN2
 ※ この建物は木工所です。

★ おかし工房 BOTAN ★
   BOTAN1
 ※ 木工所とおかし工房が並んで建っていました。

★ なんじゃもんじゃの花 ★
   なんじゃもんじゃ花
 ※ お店の前にありました。 花だけアップにしました。

★ 駐車場には、猫! ★
         ねこ1

★ 山にも、猫! ★
   ねこ山

★ 車の屋根にも、猫! ★
         ねこトラック
※ 海は、「ぼくも行きたい~よ~」ということで、COOPのお店まで私と空を追い
  かけてきました。
  なので、私と、海と、空の3人で、私の友達と一緒に食事に行きました。
  上の写真に写っているのは、海です。

★ 車の下にも、猫! ★
   猫車の下
※ 猫がいっぱい居ましたよ。

★ ヨーヨー釣りが嬉しかった空! ★
   ヨーヨー空
※ 夕方迎えに来た、父さん母さんにさっそく報告していました。
 空・・「さくら婆ちゃんと、ボタンに行ったんやで~」
 母・・・

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『さくらんぼ』の季節で~す!

5月7日 (金曜日)   

 孫が幼稚園から帰る道の、高瀬川の土手に桜の樹がたくさんあります。
 
 そのソメイヨシノの桜の樹の端っこの方に3~4本さくらんぼの樹が植えられています。
 花は、ソメイヨシノより半月位早く咲きます。
 ほんで、今頃、美味しい実がいっぱいなります 

 ★ うわ~っ、このさくらんぼ、メッチャ美味しいよ!  ★
   さくらんぼ:空
 ※ 土手に植えられているので、子どもでも手が届く所にたくさん生っています。
 
 ★ ピカピカのさくらんぼですよ ★
   さくらんぼ2
 ※ 雨上がりだったので、一粒一粒がピカピカ光っていましたよ 

 ★ ホラ・ホ~ラ・黄色いさくらんぼ  ★
   さくらんぼ3
 ※ でも、瑞々しくて美味しいんですよ 

 ★ こちらは、甘くて美味しいさくらんぼで~す! ★ 
   さくらんぼ4

※ 私も、空と一緒にそっといただきました。 やっぱり美味しかったです。
  もう少し土手が乾いたら、籠を持ってちぎりに行きますね 
  はやく、ちぎらないと張り裂けたり、小鳥たちにつつかれてしまいそうです。
  また、明日にでも時間を作って行ってきますね  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード