夏休み最後の日

8月31日(火曜日) 

平成22年、夏休み最後の日
 
★ 「そなん高いとこに上がったら、危ないで~」
 危ないよ
・・「危ないことないんで~」
   「あっ、帽子が落ちたよ~!」

★ 「どれどれ、はい拾ったよ!」
 帽子を落としたよ

★ 「おじいちゃん、ありがとう!」
 帽子を投げる
※ その後・・・・、
  〔何度も何度も、あっちやこっちに帽子を投げて、曾爺ちゃんに拾ってもらう〕遊びを
  していて、さくら婆にメチャメチャ怒られる。

★ 「ザリガニ捕りに行ってもいいですか?」 ★
 ザリガニ捕り
※ 海は、どんなに暑くても戸外遊びが好きです。

★ 「見て、みて、ザリガニ捕まえたよ!」 ★
 ザリガニ
※ 行ったと思ったら、すぐに捕まえてきます。
  最近は、蝉捕りから、ザリガニ捕りやバッタ捕りに変わってきました。

★ どんなに暑くても、曾爺ちゃんの傍が好き!  ★
 図鑑で
※ この道は、車が通るんですよ。タクシーも通るんですよ!
  でも、昔に頭の中が戻っている曾爺ちゃんは、自分の場所のようにしてここを使います。
  茣蓙やシートや莚を敷いて、寝転んでいます・・・。 
  一日に何度も「道はイカンよ! みんなに迷惑を掛けるからね」って、片付けに行きます。
  
・・「ちょっと涼んでくるわな~」って、行くんですよ。
  クーラーの効いている部屋の方が涼しいのわかっとるのんな~。
  それが、分からんようになっているか、クーラーより外の風の方が好きなのか・・・・、
  介護って、ほんまに大変ですよ。

※ 3時のおやつに、3人をまとめて室内に引き入れて・・・!

★ 「外は暑いから、部屋の中で遊びましょう」 ★
 決闘

★ 広告で剣を作って、決闘です ★
 決闘2

※ 曾爺ちゃんが横になっていたのは、おやつを食べたあとほんの20分ぐらいでした。
  また、麦藁帽子をかぶって草抜きに出て行きました。
 ・・「海と空は、もうお部屋の中で遊ぼうね」
    「もう少しでママが、お仕事から帰ってくるから、それまでさくら婆ちゃんのお手伝いをして
     ください」
 海と空・・「は~い!」

※ このあと、私と海と空の3人で夕食の準備をしました。料理の手伝いは大好きな2人です。
  2人は、味見と称してしっかり食べて帰りました。
 ・・「婆ちゃんちのおかずが足りなくなるから、もうダメ!」
  っていうほど、いっぱい食べて午後6時頃帰りました。   
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

孫のおもしろい言葉!

8月30日(月曜日) 

新家の孫『空』4歳7ヶ月
月~金曜日は、朝7:00頃に、兄『海』と一緒に母親に連れられて我が家にやってきます。


○ 「ホテト チッスプ」・・・正しくは (ポテト チップス)

○ 「めんど」・・・・・・・・・・正しくは (粘土)

○ 「ズース」・・・・・・・・・・正しくは (ジュース)
 
○ 「トウモコロシ」・・・・・・正しくは (トウモロコシ)

○ 「ぶっかつ」・・・・・・・・・正しくは (ぶつかる)

○ 「だしたまっしや」・・・・正しくは (出しっ放しや)
 ・・・「お爺ちゃんは、おやつ食べたあと椅子をだしたまっしやで」
     「きちんと自分で片付けましょう」って、言いに行きます。 なかなか手厳しいです。

※・・・上の六つは、最近正しく言えるようになって、面白く無くなってきました。


○ 「じょうさん!」・・・・・正しくは (参上!)
 ・・・「じょうさん!」
     と言って、自分で格好いいと思うポーズをします。 なので(参上)だと思います。

○ 「かかかい」・・・・・・・正しくは (戦い)
 ・・・「お兄ちゃん、かかかい しようぜ!」
      って、かかっていきますので、(戦い)だと思います。

○ 「アミド」・・・・・・・・・・正しくは (ドミノ)
 ・・・「アミドしようよ! さくら婆ちゃん手伝ってよ~!」
     って、積み木を立てて並べていますので、(ドミノ)のことだと思いましたが・・・。
 
 ・・・「空、網戸ってこのことなんやで」って玄関の網戸の所に連れて行って
     話しました。

 ・・・「これ、網戸?~~~違うんで、これは玄関の戸やで!」

 ・・・「網の戸だから、これが正しい本物の網戸なんやで!」 

 ・・・訳わからなくなって「::::::!」

○ 「みちかり」・・・・・・・・・正しくは (みちくさ)
 ・・・「みちかりしたら、イカンのでな~~、さくら婆ちゃん!」

 ・・・「道の草刈り(道刈り)したら、みんなが喜んでくれるよ。イカンことないんやで!」

 ・・・「ミチカリ しよったら、狼さんが来るんで! 
     ほんで、ガブって食べられるんやきんな! さくら婆ちゃんは食べられてもかまんのな!」

 ・・・「それはな、ミチカリじゃ無くて、ミチクサって言うんやで!」

 ・・・「ミチクサって、道の草のことなん?」「道の草の花は、取ってもええんでな!」

 ・・・「道草って、きっと、おつかいに行ったときに、道の草の花を取って遊んで、サッサと
     帰って来んことなんやわ~ 

※ 二人とも納得・・・・一件落着でした 

※ 軽く聞き流していたら、話は通じるんですけど、よく聞くと変な言葉がいっぱいで、しっかり
  楽しませてくれています。
  もっともっといっぱいあると思いますが、今、思い出せるのは、これ位です。

※ そのうち、おもしろい言葉がなくなると思います。 そう思うと、ちょっと淋しいです  
≪追伸≫
  今も、私が解らないで困っているのが「ショウカン!」です。
  力強く言います。 
  ほんで、本人はトランプのようなカード遊びで使う言葉だと言います。
  私には、意味不明です   

・・〔8月31日記入〕・・ショウカン は 召喚のことなんですって 
  空は間違っていなかったんだってわかりました。 参った参ったのさくら婆です   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瀬戸内国際芸術祭(直島パートⅢ)

瀬戸内国際芸術祭2010 直島 琴弾地浜

★ 和船の舞台 ★
 和船の舞台

★ 和船の舞台を後方から見ると ★
 和船舞台後方から

★ 直島つつじ太鼓公演 ★
 つつじ太鼓1

★ 右後ろに見えている水上都市のようなのは、高松市ですよ ★
 つつじ太鼓2

★ 迫力のある和太鼓にひき付けられている観客 ★
 つつじ太鼓観客

★ 直島女文楽の『えびす舞』 ★
 えびす舞1

★ 舞台の和船に、自然の背景がピッタリでしょう ★
  えびす舞2

★ 恋女房染分手綱(重の井子別れの段) ★
 重の井子別れの段
※ 江戸時代から天領として歌舞伎や人形浄瑠璃が盛んだった直島、舞台のない時代に、
  和船を手すり(人形遣いの足隠し)として文楽を演じていた当時の時代を検証し、
  琴弾地浜で瀬戸の海を背景にしての公演でした。
  今回の公演では、当時の姿を再現するために、直島で唯一人の船大工、津田孝氏が
  製作した和船を使ったそうです。

 オペラと文楽人形の共演『この海を越えて~蝶々さん』
  歌・・・・・・・小濱 妙美
  人形・・・・・・吉田 文司  吉田 文哉  桐竹 紋吉
  ナビゲーター・・立花 寶山
  ピアノ・・・・・小濱 良子

※ ここからは、撮影禁止でした 
  なので、写真ではお伝えできません。

★ オペラと文楽人形の共演 ★ 
 オペラと文楽人形の共演
※ 海からの風が少しきついかなって思っていましたが、日が暮れてからは潮風も優しくなり、
  桜の花びらを散らすのに上手く利用できていました。

★ 全てが終わった和船の舞台です ★
 すべて終わった舞台
※ 全てが終わって、帰る頃にはきれいなお月様が出て、私たちを送ってくれました。
  高速艇の臨時便を、すぐ近くの港から、高松に向けては15分おきに3便出してくださいました。
  おかげで、早く帰ることができました。

※ もちろん、公演は最高に良かったです。
  島全体のスタッフの温かい支援(応対、受応え)に、楽しい一日を過ごすことができました。
  ありがとうございました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瀬戸内国際芸術祭(直島パートⅡ)

8月29日(日曜日) 

※ 8月28日直島の写真です 

★ 八幡神社鳥居 (県指定有形文化財) ★
 鳥居直島

★ 民家の土塀にもアートですよ ★
 壁にもアート

★ 角屋 (かどや) ★
         角屋1

★ 家全体が不思議な数字のアートです ★  
 角屋2

★ 嶋屋 (古民家ギャラリー) ★
 花生け

★ 嶋屋 (古民家ギャラリー) ★ 
         嶋屋1

★ 嶋屋(古民家ギャラリー)ガラスアート ★
 嶋屋2

★ 嶋屋 (古民家ギャラリー) ★
 嶋屋3

★ 嶋屋 (古民家とガラスが巧くマッチ) ★
 嶋屋4

★ はいしゃ ★ 
 はいしゃ1
※ この建物の中に入れます。・・・・入ると、またまた不思議な空間です。

★ 窓の中に自由の女神?・・・見えますか? ★
 はいしゃ2

★ 地中美術館 ★
 地中美術館
※ もう少し時間がゆったりあるときに、もう一度行きたい所です。

★ 琴弾地浜 (公演準備中) ★
 公演準備
※ この島に一人だけ居る船大工さんが、全て一人で作ったそうです。・・・凄い! 

★ 天気はいいのですが、海からの風が少しきついかな? ★ 
 公演準備2
※ 私たちは当日券だったのに、早く並んで座席券と引き換えたので、一番前の桟敷桝席で観られる
  ことになりました・・・

※ また、ここからは次の記事にします。
  写真が多くなると、うまく書き込めなくなるんです。 ごめんなさい 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瀬戸内国際芸術祭2010(直島)

8月28日(土曜日) 

○ 8:30・・・みんなは、三野町出発
  8:45・・・私は、遅れて一人出発

○ 10:14・・直島行きのフェリー、高松港から出港

○ 11:00・・町営バスで農協前まで100円(バスは通路にも立って満員)

 ①まず、『南寺』の予約をしてくる 
 ②『角屋』
 ③護王神社
 ④碁会所
 ⑤ギャラリー嶋屋
 ⑥はいしゃ
 ⑦八幡神社鳥居
 ⑧南寺(予約時間12:50に合わせて)

○ 13:40・・町営バスで直島ふるさと海の家 つつじ荘まで100円(バスは満員)
         シャトルバスに乗り換えて、地中美術館へ
 ①地中美術館も混んでいたので、整理券をいただいてから入場できました。
  そこここで待ち時間が必要でした。それ位島中がお客さんで溢れていました。

○ 15:30・・シャトルバスで琴弾地浜へ

 ①2人は席を確保するために受け付け場所に順番に並ぶ。
  後に人は、休憩場所と夕食の準備をする。(すぐ近くにいろいろな屋台がありました)

 ②早く来て並んでいたからか、一番前の席を取る事ができました。
  直島の座長さんが当日券を手配してくださっていましたので、それはラッキーでした。
  前売り券200は売り出したその日で完売だったので、私たちは当日券でしたから、
  みんな今夜は立見席やわなって覚悟していたので、大喜びでした。

 ③会場前に文司先生にも、直島女文楽の人たちにもお会いできて挨拶をすることができました。
 
 ④まだラッキーだったのは、横の席に舞台の船を作った船大工さんが座っておられたのです。
  興味深いお話をお聞きすることができました。すっごく楽しくてよかったです。
  昔、詫間の大浜からお仕事に来ていた方が居たんですって!

○ 17:00・・・直島つつじ太鼓公演

○ 17:30・・・直島女文楽 えびす舞、恋女房染分手綱・重の井子別れの段

○ 18:30・・・オペラと文楽人形の共演 表象空間 
          「この海を越えて~蝶々さん」 ~プッチニー作曲「蝶々婦人」より~

○ 19:30・・・終演

○ 20:30・・・臨時便高速艇で高松港へ

○ すべて終わって、我が家に帰って来たのは22:00でした。

※ もう疲れたので、写真は、明日入れますね。お楽しみに!  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

海ほたるショー

8月26日(木曜日)  

 夜は、秋の虫が賑やかに鳴き、秋の気配が感じられるのですが、気温だけは真夏のままです 

※ 一昨年から、6~9月の間に『海ほたる』を粟島に観に行っていました。
  しかし、今年は潮順とか潮位とか月の関係が上手くかみ合わなくて、一度も観に行ってないです。
  ションボリ!・・・・あとは9月か10月に観に行けたらいいなあって、一人で思っていました。

※ つい最近、粟島の人のホームページで、海ホタルショーを見付けました。

日にち・・・9月9日(木曜日)

時 間・・・日が暮れて暗くなってから(7時半過ぎ~だと思います)

  
  ※ ル ポール粟島さんと、イベント実行委員会が協力して、ショーをするそうです。

  ※ 初めての企画なので、見学は自由とのことです。

  ※ 私は、須田港6時発(大人320円)(子ども小学生から160円)の定期船で、
    粟島に渡ろうと思っています。

  ※ 7時以後は定期船がありませんので、
    そのまま島に宿泊するか、海上タクシーで帰って来るかです。
    我が家は、年老いた義父母がいますので外泊はしにくいです。
    なので、私は海上タクシーで帰ってきます。
  
  ※ 帰りは9時過ぎになるかも・・・?

・・もし、時間の都合がついて参加したい方は連絡ください。
   海上タクシーを予約します。(乗った人たちで割り勘です)
   乗る人数によって、500円から1,000円位です。
   一人では乗ったことが無いのでよくわかりませんが、夜は料金が高くなりますので、
   4~5千円ぐらいでしょうかね。
   10人ぐらいで乗ったら、一人500円でした。・・・11人乗れます。

準備物・・・①足(踝~膝下位)が海に入れるように、ビーチサンダルなど。
       夜の道を1~2km徒歩で歩きます。

      ②必要な方は、虫除けスプレー、虫(蚊)刺され軟膏

      ③お茶・おむすび・おやつなど自分の必要な量
       (夕焼けを見ながら暗くなるまで待ちます。自分のお腹に合わせて自由です)
      
      ④タオル

      ⑤敷き物(どこにでも座れる人は、必要ないです)

      ⑥あれば懐中電灯など・・・。

      ⑦雨が降りそうなときは、簡単なカッパがあるといいですね。  

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

桃がまだあるよ!

8月25日(水曜日) ギラギラ ・・・で猛暑日です 

※ 昨夜の、満月登山は、雨は降っていなかったのですがカミナリがゴロゴロ鳴っていたので、
  私は勝手に欠席しました。
  (午後6時の天候で決めますとのことでしたので、たぶん中止になっていると思います) 

『桃 (もも)』
※ もう一ヶ月ぐらい前に、「桃は、もう終わりですよ。これは最後の桃やきんな  」
 って、実家の母から貰ってきたのですが、
 種類や、植えている畑や、育て方によっては、最近まで美味しい桃が収穫できるようです。

★ 近所の人から、桃をいただきました ★
 桃の箱

★ 桃  ★
 桃

★ 桃少しアップ ★
 桃アップ
※ また、孫たちの「美味しいね、倖せ~」の、声が聞こえて(空耳?)きましたので、
  さっそく冷やしておくことにします。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

粟島『西浜海岸』

8月24日(火曜日) まだまだ猛暑日です!

昨日の海水浴の続きで~す!

★ カワハギ捕まえたよ! (生きて泳いでいたんですよ) ★
 かわはぎ

★ 海辺にもバッタの仲間が居るのかな? (泳ぎに来たのでしょうか?) ★
 ばったかな 

★ クラゲかな? ★
 クラゲ

★ 「向こうの砂浜まで探検しようか!」・・「うん、行ってみよう!」 ★
 探検しよう

※ 探検の途中で見付けましたよ!

★ 大きなクラゲです! ★
 大きなクラゲ
※ 『海』が打ち寄せてくる波の中で見付けたのですが、重くて持ち上げられなかったです。 
  私は、もしクラゲなら怖いので棒切れで海水の中から、砂浜まで引き摺り出しました。

★ 大きな岩の山も乗り越えて・・・! ★
 岩を乗り越えて
※ 大きな岩の上には、大きいだんご虫(フナ虫?)みたいなのがいっぱい歩き回っていました。

※ 砂浜の右上の方に写っている青い屋根の海の家の、少し向こうが最初に泳いでいた場所です。
  海の家は、昨年までだったそうです。
  今年からは、経営者が年老いたので止めることにしていたそうなのですが、頑張って土日だけ
  開けてくださったようです。

  私が行った日は月曜日だったので、もちろん誰も居ませんでした。   
  
★ タカノツメも、いっぱいで~す! ★
 タカノツメ
※ これって食べられるって以前に聞いたことがあったので、「少し持って帰ろうか」って、
  孫と一緒に獲ろうとしたけど、しっかり岩にくっ付いていて獲れませんでした。 

★ 「もう少しで、こっちの砂浜ですよ! 2人とも頑張れ!」 ★
 西端の砂浜
  
※ 西の端の砂浜から、3人で元居た場所を眺めて、
・・「兄ちゃん、いっぱい探検したな~!」・・「うん!」って満足そうな孫二人 

・・・・・ずいぶん遠くに来たもんやな~。 
 ・・・・・でも、また帰らなイカンのですよね。 
 ・・・・・帰る力が残っているかな~?・・・と、不安になるさくら婆でした。

※ 3時過ぎに幸さんから携帯が入りました。
 ・・「どこに居るのですか?」

 「ずう~っと西側の砂浜で3人で遊んでいますよ。私から幸さんの姿は
   見えませんけど、そちらからは見えますか?」

 ・・「見えました。見えました! 遠くまで行きましたね~」

 「今から、元居た場所に帰りま~す」

 ・・「気を付けて帰ってきてくださいね」

※ しばらく遊んで、・・・私は元気の有りそうな振りをして、

★ 「さあ、もう帰りましょう!」「はぁ~い!」 ★
 元の場所に帰ろう1
※ 大きな岩を登って帰っているとき、空は「足が熱いよ~」って言いながら頑張っていました。
  その声を聞いて、私はサンダルを履いているけど、孫たちは素足だから猛暑日の太陽に
  照り付けられた岩は熱い熱いなんだろうなって、思いました。

※ 「空、ときどき、溜まっている水に足を浸けなさい」と言ったものの、フッと心配になって
  私も足を浸けてみましたが、案の定、岩の間に溜まっている潮水が熱くなっていました。

★ だんだん遅れる『空』、でも、一言も無理は言わないで頑張っていました! ★
 元の場所に帰ろう2
※ 『海』は、やっぱり心配なのか、迎えに行っていました。
 
※ 私は、その元気は無いです。・・・声だけの応援です。

※ 幸さんは、私たちが帰るのを待っていてくださって・・・・、
  家から水道のホースを引っ張ってきてくださいました。
  なので、3人ともきれいな水で身体中を洗って 爽やかになって帰ることができました。
  ほんまに、ありがとうございました。

★ 着替えて帰る前に、もう一度西浜海岸と波にお別れをしている2人ですよ! ★ 
 片付けて休憩
※ 兄『海』のする通り真似る弟『空』でした。

※ 私は、この涼しい場所(蘆のトンネル)から2人を監視しているのが精一杯でした。
  初老と、育ち盛りの子どもとの体力の差ですね。

孫たち・・「メチャクチャ楽しかったな~、さくら婆ちゃん、また連れてきてな~」

※ この日は、偶然が重なって、私たち3人にとってはラッキーデーになりました。 
  私たちを取り巻く、みんな(粟島の自然)・みなさん、ありがとうございました。 

〔追伸〕
 この蘆のトンネルが海友荘の皆さんの避暑地(簡易海の家)になるかもわからんのですって 
 昨夜の幸さんからの拍手コメントに、そう書いてくださっていました。

 また、私たちの楽しみが増えますね。 ほんで幸さんの自由時間が少なくなるかも・・?
 ですね。・・・・幸さん、よろしくお願いいたします。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

粟島へ

8月23日(月曜日)  猛暑日

「粟島に泳ぎに行こうか?」・・・「うん! いいね!」

突然行くことになったので、空は黒色の普通のパンツを海水パンツ代わりに、海は、パパが
子どもの頃はいていた水泳パンツを荷物の中に入れました。

12:35 須田港発の定期船で粟島へ・・・・!

偶然・・・・お仕事帰りの幸さんと同じ船でした。
さらに、偶然・・・・・知り合いの研修の会の人たち(20数名)とも同じ船でした。

船から下りて、西浜海岸へ直行
早足で歩いて、15分位かかるかなって思って~~~~。

★ 「西浜海岸まで頑張って歩こうね」・・「は~い!」 ★
 歩いて出発

※ 途中でJJさんの軽トラックに偶然お会いしました。

※ またまた、ラッキー、荷台に乗せていただいて、ほんの1~2分で西浜海岸につきました。

※ 木陰で、着替えて~~と思っていたら、定期船で一緒だった幸さんがヒョイと現れて、
  「ここで着替えてください」ですって! 

★ この中なんですよ ★
 着替えの場所

※ ベニヤ板を敷いて、その上にシートを掛けて、『氷』と『ジュース』まで用意して
  くださっていました。

幸さん・・「私は、昼ごはんを食べてきますが、遊びが終わったらシャワーを使ってください」
     「暑かったら、クーラーの部屋に来て涼んでください」・・・ですって・・・ 

・・「どこででも着替えられますから、心配しないでください。
   それより、幸さんは、お仕事明けなんだから、私たちのことは放っといて、
   涼しい所で休んできてください」
   「この場所があれば私たちは十分ですから、突然来たのに、こんなに親切にしていただいて
   ありがとうございます」 

※ それで、孫たちは1時頃から3時過ぎまでずっと海でした。
  私と孫(海と空)だけの、粟島の西浜海岸でした。 西浜海岸全て貸きりで~す 
★ わ~い、海だよ! ★ 海だ1

★ わ~い、大きな波だよ! ★
         海だ2

★ 「ねぇ~ねぇ~さくら婆ちゃん、埋めてよ~!」 ★
 埋めてよ1

★ 「ぼくも、埋めてよ~!」 ★
 埋めてよ2

※ 私が無理やり孫二人を促して休憩を入れました。

★ 休憩(おにぎりとお茶とお菓子とジュース) ★
 休憩
※ 幸さんが準備してくださった、休憩場所(着替え場所)は、最高の避暑地でした。
  クーラーなんて要りません。
  1時から4時の最高に暑い時間帯でも、海からの風が気持ちがいいんですよ。
 
  私はここで、ずっと寝ていたかったけど、孫ドモを放ったらかしにはできないしね 

※ 仕方なく、お付き合いです。

★ 砂浜から、色々な物を見つけてきて! ★
 色んな物を見付けて
※ 実は、ゴミなんですけどね。

★ レストランごっこ ★
 レストランごっこ

★ 「次は、苺のカキ氷、すぐ出来ますからね。ちょっと待っとってくださいね!」 ★
 次々おごちそう

★ 砂浜流木アートも始まりましたよ! ★
 砂浜アート

※ ちょっと、長くなりましたので次回のお楽しみにしましょう 
  私は、膝から下が真っ赤になって痛いです。(今、自分の足を見て気付きました) 
  ジーパンを捲り上げていたので日焼けしたんですね。

  お風呂に入って、休ませてください。 
  明日も私に元気があれば、満月登山の予定です。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

人形と玉すだれ

8月22日(日曜日) めちゃくちゃ暑い 

12:00・・・讃岐源之丞出演の準備
13:30・・・戎舞

★ 戎舞の前の前の出演は ★
 和太鼓

★ 私たちは、子どもたちのダンスが終わってからでした ★
 ダンス
※ このステージで、13時半から14時過ぎまで『戎舞』を頑張りました。

※ 終わって大道具小道具を車に積み込んだ後、すぐに私は帰らせていただき、
  そのまま次の会に行きました。

★ 玉すだれ(帯の結び方) ★
 帯の結び方
※ 玉すだれの会は、3時半前に終わりました。
  会費を納めて、帯の結び方を学んだから、よかったよかったです。

※ それに、海ホタルを観に行きたいという人が数名いました。
  海ホタルの新しい仲間ができそうです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

大正琴・・楽譜変更・・・!

8月21日(土曜日)  猛暑日やと思いま~す!

メチャクチャ暑くって、クーラーが無いと、私は穏かな気分になれないで~す 

午後大正琴の当番になっていたので、お悔やみを早く済ませて練習場所に行きました。

まず鍵を開けて、冷房を入れて、机を並べて、座布団を敷いて、コンセントを出して、
お茶の準備をして、先生や皆さんが来られるのを待っていました。

楽譜が替わるんですって 
※ 理由は・・同じ曲をどこかのグループがするらしい。
  一瞬、私は、難しくって合わないから変更するのかと思いましたが、{そういうことなのか}
  って、思いました。

★ 今日から始まる曲は・・・ ★
 影をしたいて
※ 『影を慕いて』になりました。
  今までは『安芸の宮島』だったんですよ!

※ 4月・・・・曲を選んで練習に入りました。
  私は、曲が替わったのは、ショック!~~~です。
  『安芸の宮島』は、私の知らない曲で弾き辛かったので、
  ついこの間、頑張って楽譜を自分用に書き直したところだったんですよ 

※ ところが、不意に今日から『影を慕いて』 (古賀政男 作詞・作曲)になりました。
  
★ もう一曲は『涙そうそう』です ★
         涙そうそう
※ 私の感想としては、影を慕いての方がみんなが合わせ易いかな?って思いました。

※ 今日から性根を入れて練習して、11月初めの地区文化祭には、みんなで合わして
  出演できるまでに仕上げなければなりません。

※ 涙そうそうも、まだまだみんなが合いません。 それは、難しい曲だからかな?
  5~8月まで練習して合わないんだから、さらに新しい曲を11月までに仕上げるのは、
  おお大変だと思います。

※ 最終→観音寺市民会館での発表会は来年の3月なんですけどね  

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

人形の練習日!

8月20日(金曜日) ギラギラ 

※ 久し振りの孫守りは、楽しかったです。

※ 海は、登校日でした。・・・ほんで、初めて一人で学校から帰ってきました。
  母親から、下校は11:30って聞いていたので、空と一緒に「お迎えに行こうね」って、
  話していたら11:15に一人で帰ってきました  
  近所の友達が学童に行っており、いつもは海1人なので迎えに行くまで待っているか、
  先生が送ってきてくださるかでした。
  だけど今日は、近所の友達の体調がすぐれず学童をお休みして自分の家に帰って
  きたんですって・・・・・。
  同じ方向に帰るのが2人だったから、先生も安心して帰らせてくれたんでしょうね。
  私は、ラッキー!でした。

・・これだけの内容を私に伝えられるようになった海の成長が、さくら婆はすっごく
   嬉しかったです。
   (言葉はほんの少しだったけど、手真似・身体ぶり・顔の表情で理解できました)

※ 空は、朝からよくお手伝いをしてくれました。

※ 人形の練習もお盆休みがあったので、みんな3週間振りの顔合わせでした。

★ 明後日、出演する戎舞の練習 ★
 戎舞1
※ 戎さんがお酒を飲んで酔っ払って踊っているところです。少しヨロヨロしていますよ。

★ 何がかかったのかな?・・・おおけなもんじゃ! ★
 戎舞3

★ おおけな鯛でしたよ!・・・これはめでたい! ★
 戎舞2
※ みごとに大きな鯛を釣り上げて、またまた舟の上で踊る戎さんです。

※ 明後日(日曜日)には、午後1時半頃に三豊の夢タウンで演じます。
  この日は、座員の中に都合の悪い人がたくさん居て、総勢11人で頑張ります。
  本当は、15人位は必要なのですが仕方ないですね。
 
※ 今夜は、この11人で出来るように練習してきました。 
  一人で2~3役こなして、みんなでうまくつなぐことができました。
  日曜日は、このメンバーで何とかなりそうです  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ボランティアガイドの勉強会

8月19日(木曜日) 

宗吉瓦窯跡史跡公園で、ボランティアガイドの勉強会がありました。
今日は7~8名の参加でした。
2年前からの勉強に続いて、今年度の勉強会です。
今年度から、講師が三豊市宗吉瓦窯跡史跡公園の館長さんに替わりました。
ほんで、ガイドをするために必要な知識に絞っての研修になりました。
なので、私は3年目になります。

★ 笵(複弁八葉蓮華文軒丸瓦の木型) ★
 瓦木枠
※ この笵(木型)は大切な物で、どこの窯(瓦の生産地)にも一個しかない貴重なものだった
  そうです。

  傷がついても、ちょっと位欠けても、修繕して使っていたそうです。
  細かい修理は、漆を使っていたんですって。

  割れたときは、鎹のような物で繋ぎ合せていたようです。
  これは、瓦に鎹の跡が残っているそうです。

★ 複弁八葉蓮華文軒丸瓦 ★
 複弁八葉蓮華紋軒丸瓦

★ 丸瓦を作るときの木型 ★
         丸瓦の木型

★ 平瓦を作るときの木型 ★
 平瓦の木型

※ 今日は、
  『宗吉瓦窯で藤原宮の瓦が作られた証拠』について、
  館長さんから詳しい説明をお聞きしました。

◎ この瓦がなぜ藤原宮の瓦と同じだと言えるのか?

① 藤原宮から出土する瓦と同じ所に同じ数だけ、笵、つまり瓦の型の傷が残されています。
② 笵傷は偶然にできるものだから、同じ所に同じ数の笵傷があるということは、両方の瓦は
  同じ笵、つまり同じ型を使って作ったことになります。
③ そして、ここは瓦の生産地で、藤原宮は瓦の消費地ですから、瓦がここから藤原宮に運ばれ
  たことになります。

※ 今までにも、同じ話を何回も聞いていたのですが、私は何回聞いても新鮮です。
  忘れているからなのかな?・・・・イヤイヤ、違う人からのお話になると、やはり
  何かしら、今まで知らなかったことが追加されるんですよね。
  それが、また楽しいんです 

※ 去年と一昨年の資料が、ファイルに3冊(いっぱい)あります。
  全部頭に入れば、ボランティアガイドが堂々とできるのですが、私には覚えられないです。

  なので、もう諦めていたのですが・・・・、

・・今、頑張って自分なりにまとめてみようかなって思い始めています。
  やっぱり、年取っても自分の知力に挑戦している人を目の当たりに見ると、
  {私も何かしなくっちゃ~~}って思わされてしまいます。 
  思っているだけの自分を  で、励ますことにしますね。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

朝日が・・・ビルから・・・!

8月18日(水曜日) 

朝・・・・まぶしい太陽が・・・・ビルから出てくるんですよ 
大都会の太陽は、山から出てこないんです。・・・・ほんで、ビルに沈む・・・?
そんなこと、『あたりまえだのクラッカー』ですかね。
なんかね・・・、私としては珍しい風景に出合ってしまいました 

★ 都会の朝日 ★
 都会の朝日
※ これが毎日だと私はおかしくなるかも・・・・?
  大都会に日々生活している人には、ごめんなさいです  

★ 坂出に着くとホッとしますよ ★
 坂出着

★ アンパンマン列車などの見慣れた電車に合うと、やっぱりホッとします ★
 アンパンマン列車
※ 昨日と今日は東京の人になっていました。
  坂出に着くと、ホームが熱風で暑かったです・・・でも、やっぱり讃岐がいいです 
  冷房が効いて無くても、不思議と我慢できるんですよね。

※ 朝日は、やっぱり、山から出て、山や海に沈むのがいいで~す。
  ほんで、草がいっぱいでも土のある生活、土の上を歩く道、川の中にも草がいっぱいが
  いいなぁ~って思いました。

※ でも、また9月にも・・・行くかも?・・・です。
  何に魅力があって行くのでしょうかって、自分でも思います。
  「私はもう、難しい勉強はしたくないんですけどね」って、言いながら・・・・。

※ ほんで、曇りガラスは私の周りにいっぱいありますので、それは曇ったままの状態で
  置いといた方がいいとも思うんですけどね。
  (だって初老の私には、受け入れる知力・体力・気力・根気が無い)
  
※ だけど~~~~、曇りガラスの向こうに何があるか(根拠・原因など)を、
  少し探ってみたくって~~~~、
  チャンスは大切にしたくって~~~~、行くのかも知れんですね。
  私はやっぱり、欲張り初老ですかね   

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

お盆が終わって!

8月16日 (月曜日)  きっと猛暑日やと思います!

今日は、義父母をデイサービスに送り出してからは、私と息子だけです。
午前中から、広庭にも出られないくらいのギラギラ  です。

久し振りにのんびりの日だけど、お盆のお客様のシーツやタオルケットなどの洗濯をする
気持ちにもなれません。

廊下越しに太陽の陽射しを感じながら、ぶらぶらゴロゴロしています。
明日と明後日は、また私の勝手で出かけます。・・・・その準備でもしましょうか。

義父母の面倒をお願いできる人ができたので、段取りを付ければ一泊なら外泊できるように
なりました。

4時半に義父母が帰ってくる前に、夕食の買出し、ついでに明日と明後日の分もね 
ほんで、明後日の朝の義父母の着替えと、デイサービスに行く準備などね、
ちゃんと段取りをしておかないと、まだまだ出掛けにくいです。

さあ、暑い最中の時間帯だけど、今から準備にかかります。
○ お手紙配達
○ 食料品買出し
○ 明日着ていくTシャツ購入
○ COOPの注文用紙を書いて実家にお願いしてくる
○ 手紙を出す2通
○ 詫間駅に切符買いに行く
○ 明日と明後日の荷物作り
○ ・・・・あっ、そうや、銀行に行って少しお小遣いもおろしてきましょう 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

お盆の日

8月15日(日曜日)  猛暑日 メチャクチャ暑いです!

今年のお盆も、無事に終わりそうです 

※ 今年は14日までに、お参りに行く所は全部息子が済ませていたので気が楽でした。
  もう、父が無くなって8回目のお盆だから、段取りが良くなってきています。

※ 今日は、朝から一日、お客様の接待でしたが、息子も嫁も家に居たので私はゆとりを持って
  いろんな事が出来ました。

※ 車に乗って来る人が多いので、お酒もビールも出しません。
  冷たいお茶と果物とお菓子ぐらいでいいので、ルンルンでした。

※ 義弟も、東京に帰りましたので、今まで通りの我が家の生活に戻ります。

※ 17日までは、新家の孫は来ません。
  嫁は17日まで、お盆休みなんですって・・・・、私はラッキーです。
  来ても父親か母親が一緒に居ますので、私は孫守りをしなくてもいいです。

※ 何と言っても、今年のお盆が終わりました。 
  あと、まだお参りに来ていないお客様は2軒のみです。
  いつでも来て、我が家の仏様にお参りをして帰ってくださればOKです。

※ 今年は、我が家にも嫁が居たからか、心に余裕の持てるお盆になりました。
  やっぱり、嫁と息子に感謝しないといけないですね。・・・・って思いました。

~~~~~~~~~~   嫁と息子には、内緒のこと   ~~~~~~~~~~
少しづつ、我が家のやり方を覚えてもらえるように、ほんで無理をしないように、私が徐々に
段取りをしないとね  ・・・・数十年かけてでしょうかね  

ほんでいつか、私の肩にかかっている襷を、そっと嫁の肩にかけようと私は思っています 

我が家はバトン渡しで無く、タスキなので、嫁が意識して握り取らなくても、私が、そっと
嫁が気付かない間に、嫁と息子の肩にかけるんですよ! 

まあ、我が家は、細い・軽い・ヨレヨレのタスキだから、かけられても重みは無いと思います。
うまくいくように、皆さんからのアドバイスを、よろしくお願いします 
~~~~~~~~~~ (以上、さくら婆の心の内でした  ) ~~~~~~~~~~

・・「やっぱり疲れたので、もう、お風呂に入って休みます。・・・オヤスミナサイ」  

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

お盆

8月14日(土曜日)  メチャクチャ暑いですよ! 

今年のお盆は・・・・、

暑くて暑くて、私は忙しくて、もうグッタリ! 

※ 我が家のお盆は、11日から始まっています。
  11日・・・仏様参りのお客様2軒3名
  12日・・・   〃    1軒4名
  13日・・・   〃    1軒2名
  14日・・・   〃    4軒5名

※ 本番は明日です。
  なので、我が家からの仏様のお参りは昨日と今日で終わらせました。
  長男が全て引き受けて行きます。
  13日・・・遠くの親戚4軒と、市内の親戚4軒
  14日・・・近所の親戚10軒(午前中)と、お仲人さん2軒のお中元と、
        嫁の実家(昼食前から夜まで)

※ 息子が行ってくれるので私は楽ですが、段取りは全てしてやらないといけません。

※ 遠くの親戚回りは、義弟も同行しました。
  そのうえ、義父母も一緒に行きたいと言いますので、デイサービスを欠席して、
  曾爺ちゃんと曾婆ちゃんを乗せて、さらに近所の伯父さんも乗せて5人で回りました。

・・やっぱり、盆正月は、私はシンドイです。
   だからといって、こういうことを止めてしまうと、淋しいです。
   盆正月にしか会えない人もいますからね 
   やっぱり先祖を敬い感謝して、それぞれの家々の繁栄とご家族の健康を祈念して
   手を合わせることは、これからも大切にしていきたいと思います。
   なので私は、「イヤダ~、盆正月は大嫌いやわ~」って言いながらも
   頑張るしかないですね・・・・。

   それだったら、なるべく楽しい事を思い描きながらできるように思える方法を
   探らなければいけないですね。・・・・これは、毎年思うことなんです。
   ほんで36回目です。・・・・やっぱり、進歩が無いです。・・・・ションボリ!

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

安納芋

8月13日(金曜日)  

義弟のお土産『安納芋』

★ 甘くて美味しい芋『安納芋』なんですって! ★
 安納芋

★ 少しアップ ★
 安納芋2
※ 普通のさつま芋と同じみたいなのですが・・・、
  いやいや、外見は鳴門金時の方が、赤色がきれいで美味しそうなのですよ。
  でも、『安納芋』は、
  焼き芋にすると、中身がオレンジがかった黄色で、甘くてほんまに美味しいです。

※ 名前からして、沖縄で収穫できるさつま芋って感じです。 
  ということは、沖縄から東京まで運ばれて、東京から讃岐まで運ばれて、運送費が高く
  ついていますね。

※ 私は聞いた事無かったのですが、嫁は知っていたそうです。
  『安納芋』って、みなさんはご存知でしたか?

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

お手玉の練習日

8月12日(木曜日)   午前中は風が強かったよ! 

※ 我が家は昨日から、もうお盆になりました。
  昨日から盆参りに来てくださっています。

  今朝も、弟(義弟)が帰ってくるはずだったのですが、朝9時、何も連絡が無いので、
  放っておいて、お手玉教室に行きました 

★ お手玉教室 ★
 お手玉教室1
※ 今日は、2個ジャグリングを教えてくださいました。
  まあ、さくら婆には初めてのことは全部メンドイです。

★ お盆なので孫を連れての参加の人もいました ★
 お手玉教室2

★ 子どもの方が、頭も身体も柔軟で、上手くなるのも早いなって感じました ★
 お手玉教室3
※ 私も頑張って少しづつ上手くなりたいなって思いました。
  あんまり頑張りすぎて、右の肩が凝ってしまいました。
  さらに、あんまりおじゃみばっかり見て(上向き状態)いたので、頭がクラクラして
  めまいがしてきました。・・・・私だけ、ちょっと休憩休憩 

※ 11時半頃我が家に帰って、『さあ、今からお盆を頑張りましょう』って思いました。
  今日から、16日位までは忙しくなります。
  主婦って、盆と正月は、おお大変(忙し)です。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ぶどう狩り

8月11日(水曜日)   少し  強風(台風4号)

見立へ、ぶどう千切りに行きましたよ!

※ ここの畑は、無農薬・肥やしも自分で手作りの肥やしです。草枯らしもしない。
  全て人の手で頑張っているんですって 
  柿の葉っぱもちゃんとありました。
 
  我が家の柿の樹は、イラガの幼虫(オキクさん)に葉っぱを食べられて、葉が無い状態です。
  1週間ほど前に、息子に頼んで虫殺しの消毒をしてもらいました。
  だって傍を通るだけで身体中カイカイになるんですよ。もし刺されたりしたら泣いてしまいます。

  虫が来ないように、ハーブも所々に植えているんですって・・・。

★ 虫が来ないハーブの一つバジルです ★
 バジル

★ ぶどういっぱ~い! ★
 ぶどういっぱい

★ うわ~、おいしそう! ★
 うわ~美味しそう

★ 紫の小さい種無しぶどう ★
 紫の小さいぶどう

★ 黄緑のぶどう ★
 緑のぶどうも

★ みんなで一緒に千切りましたよ ★
 ぶどう千切り

★ プルーン・・・! ★ 
 プルーンも
※ プルーンは、昔我が家にもあったのですが、今は無いので欲しかったのですが、
  まだ、美味しくないんですって・・・。
  もうすこし経ったら美味しくなるそうです。・・・またね。

★ ゴーヤ ★
         ゴーヤ

★ ゴーヤの花 ★
         ゴーヤの花
 
★ ブルーベリーいっぱい千切ったね! ★
 ブルーベリー
※ ブルーベリーは、我が家にもあるんですが、孫たちはどこにあるのか知らないみたいで、
  たくさん千切って戴きました。

★ トマトも千切ったよ! ★
 トマト
※ トマトは、家にもいっぱいあるんですけどね。空がたくさん戴いて帰りました。

★ シシトウ ★
         シシトウ
※ これは、京野菜のシシトウなので、あんまり辛くないんですって・・・?
  珍しいので戴いて帰りました。

★ オクラ ★
         オクラ

★ オクラの花 ★
         オクラの花

★ インゲンマメの花 ★
 インゲンマメの花
※ 私は、インゲンマメの花がこんなにきれいなピンクだって知らなかったです。
  いろんな種類があるのかな・・・ 

★ すいか ★
 すいか
※ 「すいかも、千切って持って帰って!」って言われましたが、まだ我が家の冷蔵庫に
  大きなのが4個もありますので、いただかずに帰ってきました。
  また、我が家に無くなった頃にお願いしま~す 

★ 今日のぶどうの収穫は・・・、 ★ 
 ぶどう!
※ これだけでした。
  セミもちゃんと捕っていますよ。ヨーグルトの容器の中にね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

五つ目の「しあわせ~」

8月10日 (火曜日)  

空(4歳)の「しあわせ~」は?

1番初めの「しあわせ~」は、『マンゴー』でした。
2番目は、菜園から千切ってきた『きゅうり』を切って、お塩を少しかけただけ。
3番目は、『桃』
4番目は、冷たい『麦茶』
5番目が、今日の『メロン』でした。

★ 富良野からメロンが届きました ★
富良野メロン
※ 実は、我が家には、毎年富良野からメロンが届きます 
  長男の友達が家族で夏の間だけ富良野に行きます。秋冬春は讃岐に戻ってきます。
  農業が大切と思った友達の両親が、夏は北海道で農業をしています。
  友達も、ここ10年位前から一緒に行くようになりました。
  友達の母親は、亡き夫の親友なので、ずいぶん以前から北海道の野菜が届きます。

※ 今年もまた、2週間位前にメロンが2個届きました。
  納屋の冷蔵庫に入れたままだったのですが、今日出してきました。
今が、食べ頃のメロンになっていましたよ 
★ 一口食べて 「美味しい~、しあわせ~!  」 ★
 空豊とメロン1

★ 右手でスプーンを持って、左手で手掴みで食べる空 ★
 空豊とメロン2

★ 海も・・、「甘いな~、うまいな~!」 ★
 竜海とメロン1

★ 海の残したメロンの皮  ★
 メロンの皮
※ こんなにきれいに食べられたら、メロンも嬉しいでしょうねって思いました。
   
★ 「お婆ちゃん、兄ちゃんみたいにきれいに食べさせてください」 ★
 空豊とメロン3
※ スプーンで、上手く取れない空は、私に頼ってきました。
  皮に付いている美味しい所をもっと食べたかったようです。
・・「もったいない婆ちゃんが来たらイカンやろ!」ですって・・・、
  ほんまにもう、空の都合の良いように、もったいない婆ちゃんも使われています。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

梓川沿いの草花

8月9日(月曜日) 

※ 8月2日、上高地へ、大正池・梓川の辺を歩いたときに見つけた私の道草です。
  なので、名前はサッパリわかりませんです  

★ たんぽぽ ★
 タンポポ

★ たんぽぽの綿毛 ★
 綿毛

★ 姫女菀 ★
 姫ジョオン

★ アザミ ★
 アザミ

★ 蝶もきました ★
 アザミ2

★ 黄色い花 ★
 黄色い花2
 黄色い花

★ また、黄色い花 ★
         黄色い花3

★ やっぱり草の花かな 種子かな? ★
 やっぱり草

★ 白っぽい花? ★
         白い花1

★ あなたの歩く道端でひっそりと咲いていますよ ★
         白い花2

★ 今から咲きます? ★
 咲きかけ

★ やっぱりやっぱり草 穂かな? 花かな? ★
 草くさ

★ 緑の花? 種子かな? ★
 咲きかけ2
 
★ うつぼ草みたいだけど、もっときれいでした ★
 紫1
 紫2

★ イタドリの花 ★
 イタドリ
※ これは、イタドリだと思います。

★ ミゾソバみたいだけど純白で清楚な感じ ★
 ミゾソバみたい

★ 白い可愛い花 ★
 白い花はな
 ツリガネニンジンの花みたいな白い花

★ 青紫の可愛い花 ★
 青い花

★ 一つひとつの花の中には、きっと妖精がすんでいるんですよ・・? ★         青い花2
※ 下から花の中を見ると、「あらっ! 恥ずかしいわ!」って消えて隠れるんでしょうね。
  きっと、そうやわなって思うと、中を覗き込むことはできませんでした 

★ ホタルブクロみたい? ★
 ホタルブクロみたい

★ ススキも・・ほらねっ! ★
 すすき

★ 真夏の上高地だけど、もう、秋が忍び寄っているのかな? ★
 梓川から穂高
※ 遠くの山には、まだ雪が残っていました。

※ 私の携帯に電話がかかってきました。一緒に行っていた仲間から・・・。
  そりゃ~そうじゃわな、これだけ写していたら、みんなから遅れてしまって、
  「美味しい  を食べるから、カッパ橋の所まで早くきてください」
  『あなたのも一緒に買っておきますからね。早く来ないと融けてしまいますよ!』って、
  ことなんですよね。
  了解で~す。  ありがとう  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

三豊・観音寺の文化を育む会

8月8日(日曜日)  午後4時半頃 

今日は、9:30スタート・・・16:30解散予定で、三豊・観音寺の文化を育む会に参加

※ まず隣町の民族資料館からスタートです
 
★ ナウマン象の化石 ★
 ナウマン象
※ 30万年~1万5千年前の間、日本に生息していた。
  その頃は、瀬戸内海が陸だったので、たくさんの象が群れをつくって生活していたそうです。

★ 水上偵察機 ★
 水上偵察機

★ 二式大型飛行艇 ★
 二式大型飛行艇

★ この山の中にも防空壕があるんですって! ★
 中に防空壕が
※ 詫間中学校の近くです。
  今は、草や樹が茂っていて見えないですけどね 

★ 海軍工廠跡の堺の石垣(ここまで工廠跡があったそうです) ★
 工廠跡の堺
※ 当事のままの石積みが残っています。
※ 詫間中学校のグランドの東側です。
  全国でも1~2位の高度な技術があったそうです。

★ 格納庫の跡 ★
         格納庫の跡
        ※ 中学校のグランドの中を通らせていただき、バスまで近道しました 

★ 海軍の斜路(しゃろ) ★
 滑走路跡
※ 神島科学の横の海岸線にあります。
   
★ 斜路 ★
 斜路(すべり)
※ 斜路の中央に立って、右と左を写しました。
※ 〔すべり〕とも言うそうです。
※ 当時を知っている地元の方が説明をしてくださいました。

於香川高専詫間キャンパス

★ 当時のままの石炭庫のレンガ塀 ★
 レンガの塀
 当事のままのレンガ塀

★ ボイラー室 ★
 ボイラー室
※ 全て木で造られていました。当事のままです。

※ 旧軍無線機などの説明をお聞きしながら、実際に見せていただきました。

★ 詫間海軍航空隊が来る前は ★ 
 海軍が来る前
※ それはそれはきれいな砂浜で、天女が舞い降りてくるような砂浜だったそうです。
  海軍が来るのに適した立地条件が揃っていたんですって・・・。
  ここに住んでいた人たちは、立ち退きを強いられました。(136戸)

※ 詫間キャンパスにお別れをして・・・・。

高専詫間キャンパスの校門を出た左側には・・・、

★ 詫間海軍航空隊跡碑 ★ 
 海軍跡碑
※ ここから指宿まで飛んで、そこで信管を付けて沖縄へ飛んで行く・・・。
  行った人は、帰ってこない。・・・神風特攻隊ですからね・・・。 

★ 防空壕 ★
 防空壕1

★ 防空壕の中 ★
 防空壕中
※ この防空壕を作った人が参加していて、当事のことを話してくださいました。

仁尾町へ

★ 吉祥院 ★
 吉祥院 
※ 当事は、ここが平石幼稚園だったそうです。
  私立から、町立に変わっただけで今も平石幼稚園っていいます。
  なんで仁尾町だけ、仁尾幼稚園って言わないのかなって、今まで私も不思議でした。 

★ 万寿はくの樹 ★
 ハクの木
※ 吉祥院の万寿はくの樹 (この樹は、カイズカイブキと言われています)
  樹齢 約400年

★ 万寿はくの樹の幹は ★
 万寿はくの樹

★ 青い目の人形 ★ 
         アナマ ジュリー
※ アナマ ジュリーちゃんですよ。

※ 当事、幼稚園児で、ここの縁側でジュリーちゃんを抱っこして遊んだおじさんからの生の
  お話を聞くこともできました。

※ 1927年に108体が幼稚園、尋常小学校、高等女学校に配られたが、現在は吉祥院に
  一体だけアジア太平洋戦争をくぐり抜けて生き残っている。香川県からの答礼人形「ミス香川」
  はノースキャロライナ洲の自然科学博物館に現存する。
  アメリカでは日本のように戦争中、突いたり焼いたりした事例は一件もないそうです。

★ 竜祭りの竜 ★ 
 竜
※ 昨夜のお祭りで頑張ったので、今日はゆっくり休んでいました。
  10メートル位ありそうに見えました。 メチャクチャ大きくて、長いので驚きました。
  シートで覆いしてあったのですが、会長さんがヒョイと持ち上げた隙に、ハイ・パチリ!

※ 仁尾の古い町並み、路地もステキでしたよ。 
  やっぱり、ボチボチ歩くと大切な物や、ステキな物を感じ取ることが出来ます。

バスに乗って古木里庫へ

★ 古木里庫の中 ★
 古木里庫横

       古木里庫たて

★ 古木里庫の中には・・・、 ★
 古木里庫

★ 醤油樽を利用して ★
 醤油ダル

※ 休憩・ミーティング
  一人ひとりが今日の感想を話し、さらに内容が充実しました。

※ また、勝手に道草しました 
★ 栗の樹 ★
 栗の木

★ 可愛い栗! ★
        栗の実

※ 平和と自由は、ほんまに大切に守らないとイカンなって思いました。
  思うだけでは無くって、一人ひとりがそのための努力をせんとイカンのよな~  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

私の用事が鮨詰めで~す!

8月7日(土曜日)  午後

午後・・・知り合いのお葬式(亡き夫の知り合いでした)
     56歳は、早いですよね。 さらにまた、ある日突然が辛いですよね。
     私も、夫が亡くなったときのことが思い起こされました。
     ご家族の心の痛みと本人の無念さと・・・・ほんまにご愁傷さまです。

     本人たちは天国で「やあ~って、挨拶を交わしているかな・・・・」
 

夕方まで・・・大正琴の練習

6時半・・・親戚の、初盆と百箇のおかんきとお客

★ みんなが集まったら、まずおかんきです ★
 親戚初盆
※ おかんき総勢(家族も入れて)30名。
  おかんきが終わると、お膳が出て、みんなで会食。
  終わって帰って来たのは、午後10時過ぎでした。

※ 今日は、カメラを出す余裕がありませんでした。
  明日は、三豊・観音寺の文化を育む会で、詫間方面に行きますので忘れずに写してきます。

※ 孫が居ない日も結構忙しいです 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

中学生とのふれあい

8月6日(金曜日)  午後  

★ 中学生とのふれあい ★
 中学生と讃岐源之丞
※ 中学生で、人形浄瑠璃に興味や関心のある子が、観にきてくれました。
※ さすがに興味や関心があるだけあって、見ての感想や質問も的を射ていました。
※ しっかりメモも取っていました。

★ 鋭い質問が終わって・・ ★
 質問が終わって
※ さあ、片付けです。
※ 中学生の授業の延長のようで、毎年夏休みに、こういう会があります。
  今回のふれあいを機会に、さらに興味関心が高まり、将来の後継者が誕生したら嬉しいです 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

海と空の決闘!

8月5日(木曜日)  暑いアツイ、ふう~ あついよ~ 

あんまり暑いと、日中は、室内遊びが多くなります。

さくら婆の体調の都合です 

海も空も、恐竜が大好きです。恐竜ごっこが、本気のけんか(戦い)になります。

ほらねっ!

★ 空が海兄ちゃんに跳びかかり! ★
 けんか1

★ 空は、海に投げ飛ばされる ★
 けんか2
※ 力ではかなわないので、空はまわりを見て考えている。

★ 空はハエ叩きを持ってきて、たたこうとする! ★
 けんかハエたたき
・・「空、武器を持ってくるのは卑怯者やで」「恐竜は武器は持ってないよ」
   「正々堂々と戦わなイカンよ!」

・・「わかった」

★ 今度はゲンコツで ★ 
 けんかゲンコツ
※ 我慢の限界を超えてしまった海兄ちゃんの手が、肉食恐竜の手になっている。

★ いつも、仕掛けていくのは空(弟)の方です ★
 けんかタックル
※ まるで、恐竜が2匹我が家に住んでいるみたいです。
  私が、カメラを構えていてもちっとも気にしないで、戦いに全力を注いでいます。

★ 単純な二人は仲直りも早い ★
 けんか3
※ 恐竜ごっこをしているときは、二人とも命がけっていう感じです。
  それも、二人の楽しみなんかなって・・・、婆は勝手に思っています。

※ 怪我でもしたら、その時は、医者にでも連れて行くし、
  酷い時には救急車でもよんであげるからね。
  ・・・・まあ、思いっきりやりなさい・・・・・って、さくら婆は思っています。 
  ママさん、こんな孫守りでごめんなさいです 

戸外は暑い、婆は太陽の下に出られない。 
室内でもアツイ戦いがあります。・・・・もう、どこもかも、暑いです。 
涼しい(25~6度)の部屋で、ゆっくりのんびりしたいよ~ 
ほんで、穏かな、優しい、かわいい孫がいいなあ~って、夢みているんですけどね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

セミと孫と曾爺と・・・、

8月4日(水曜日)  毎日めちゃくちゃ暑いよ~ 

※ 孫の母親より「空は、咳が続いているのでプールはお休みしてください」とのこと。

  それなら、午前中は部屋を涼しくして、ゆっくり我が家で遊びましょう。

★ セミ見付けたよ! ★
 隣家の庭の蝉

★ 「空、もう少し上だよ!」「わかった!」 ★ 
 曾爺と蝉捕り2

★ 「空が、捕まえたよ!」 ★
 曾爺と蝉捕り1
・・「空、よその家の樹に勝手に登ったらイカンやろ。降りてきなさい  」
・・「わかった! でも、空が自分で捕まえたんで、このセミ!」
   「空のセミなんやきんな  」

★ 「きょうは、いっぱい捕まえたんでな~、お爺ちゃんありがとう  」
 蝉いっぱい
※ セミ捕りから帰ってきて、曾爺ちゃんの着替えも手伝って、後は曾爺ちゃんと曾婆ちゃんの
  デイサービスからのお迎えを一緒に待ちます。

  お迎えの人が来たら、「いってらっしゃ~い!」と「よろしくお願いします」を言うのは、
  空の係りです。

  荷物を持って、お迎えの車まで送り出しバイバイをするのは、海の係りです。

※ 8時55分・・曾爺ちゃん送り出し、
  9時10分・・曾婆ちゃん送り出し、 

★ さあ~、セミと一緒に遊ぼう ★
 ぼくの蝉
※ 一番可哀そうなのは、セミです。

★ よ~いドン! ★
 蝉のよういドン

★ セミさん、並んで寝ましょ! ★
 並んで寝ましょセミ
・・「これは、お父さんと子どものセミなんで!」

★ お母さんも一緒に寝ましょ! ★
 お母さんも一緒セミ
※ お母さんセミは、なんでかお行儀が悪いんです。 
  何度、真っ直ぐ寝させても、すぐに子どもの蝉の方に寄って行きます。

★ 座布団の下からも、出てきます!  ★
 こっちこっち

★ 次々と、・・・ほらね! ★
 座布団の下からも
※ 座布団の上に座らなくってよかったよ~  

★ ここでも、寝んねやで ★
 セミ寝んね
※ ブログは、セミの鳴き声が聞こえないので、まだまだいいんですよ 
  まあ、鳴き出したら、やかましいのなんのって、部屋の中を飛びまわるし、
  それは家中が山の木立になった感じです。

  想像してみてくださいね  
  プールに行けないくらい体調が悪いのに・?・?・・、空は元気なんですよ。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ゴミ出し・蝉捕り

8月3日(火曜日) 

私は、昨夜遅くに上高地から帰って、朝もグッタリ!
だけど、朝食準備と、いつもより多くの洗濯と、ゴミ出しと、孫守りと、義父母のお世話。

ラッキー!だったのは、空が体調が悪いことと、小学校のプールは休みの日だったことです。

朝食の準備が終わり、嫁を仕事に送り出して・・・・、

海と空と一緒にゴミ出しをしました。

★ 「お兄ちゃん凄いな~、蝶々みたいやな!」 ★
 ゴミだし1
※ 右手に2袋、左手に2袋持って、さっさと歩く後姿を見て{蝶々みたいで格好いい}と
  思ったらしく、空も左手にもゴミを持ちたいと言う。

※ 海が立ち止まって、1袋空の左手に持たしてやる。

★ 「ぼくも蝶々みたいやで~、ホラッ!」 ★
 ごみだし2

★ 「空、蝉捕まえてから行こう!」・・「うん!」 ★
        蝉1

★ 「こりゃこりゃ、また道草かい  」 ★
 蝉やで
※ アブラゼミとクマゼミを一匹づつゲットして、またゴミ袋を持って出発です。

★ 「ゴミ集めまでに、間に合ってよかったね!」 ★ 
 ゴミは間に合いました
※ 「蝉もちゃんと持っているよ」

★ 「この樹にも、蝉がおるよ」 ★
        また、蝉や

★ 「桜の樹にも、おるよ」 ★
 ゴミだしの帰り

★ 「お兄ちゃん、ぼくも上を通りたいよ~!」 ★
 兄ちゃん待ってよ~

★ 「ほらっ、ここにもおるよ」 ★
        桜の木にも居る

★ 蝉の抜け殻も! ★
 抜け殻も
※ なんぼでも、孫たちが道草するところはあります。

★ エノコロ草も! ★
 エノコロ草も
※ 「お婆ちゃん、これは何かな? この尻尾みたいなの」

・・「さわったらダメ! ブツブツガできるよ!」
   「暑いから、急いでおうちに帰ろう」
   「家に帰ってから、涼しい所で蝉と遊ぼうな」

・・「わかった、急いで帰ろうなお兄ちゃん」  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

上高地から飛騨高山へ

8月2日(月曜日) 

上高地から、飛騨高山へ
※ 昼食はステーキレストラン
  デザートプレート付き飛騨牛100%のハンバーグステーキコースランチ
  メチャクチャ美味しかったけど、写真を写すのを忘れました 

★ 昼食後 高山古い町並み保存地区散策 ★
 高山古い町並み

        高山町並み

★ おせんべいを自分で焼いて、焼き立ちを食べられます ★
 おせんべい焼くよ
※ まず焼き方を教えていただいて・・・、

★ 自分で焼きますよ ★ 
 一緒に焼こうね

★ 焼けたらすぐに食べられます ★
 焼きだちせんべい
※ お父さんが焼いて、子どもが食べます。 美味しいよ 
※ 左のザルの中のおせんべいを焼くと、右のザルの中のおせんべいになります。
  焼くと2~3倍の大きさになります 
※ 高山の散策が終わって、帰途につきました。~~~ 一路讃岐へ ~。

★ 淡路島のサービスエリアです ★
 淡路島まで帰ってきました
※ 夜中の11時過ぎに我が家に帰りました。
  楽しい たのしい夢のような 2日間は終わりました。
  また、明日から、イヤイヤ今から現実に戻ります  おやすみなさい  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

旅行2日目

8月2日 (月曜日)    

朝・・朝食前に・・温泉に入って・・、

※ ホテル鷺乃湯の庭散策と足湯

★ ホテル鷺乃湯の朝の庭 ★
 鷺乃湯の庭

★ 鷺乃湯の足湯 ★
 鷺乃湯の足湯

※ 足湯の場所から見える花たち 

★ あじさい ★
 あじさい1
 あじさい2

★ カサブランカ ★
 カサブランカ1

★ カサブランカと蟻 ★
 カサブランカとあり

★ 可愛い桃の実も ★
 桃の実

※ 朝食が終わって、上高地へ

★ 焼岳 (ようく見ると煙が細く上がっていました) ★ 
 焼岳
※ 写真では、よくわからなくて残念です。 いつ噴火するかわからないんですって 

★ 大正池から見た焼岳 ★
 焼岳2

★ 大正池 ★
 大正池

★ 大正池から 穂高連峰 ★
 穂高2

★ よく見ると水面に鴨が気持ち良さそうにス~イスイ・・  ★
 穂高1

★ あらあら、人なつっこい鴨家族でしたよ! ★
 鴨

★ すぐ近くにもやってきます。ほらねっ! ★
 近くにも鴨
※ 朝、ホテルを出発したときには曇り空で、雨もパラパラ降っていました。
  なので、カッパと傘を準備して、覚悟を決めていたのですが・・・、
  上高地に着いたときは、快晴でした。・・・本当に今回はラッキー!な旅行でした。
  23~4度で、爽やかな陽射しでした。
  水に手を入れると、冷蔵庫の水みたいに冷たくて気持ちよかったです。
  
※ ほんの2時間余りの涼夏でしたが、ほんまに癒されました 

※ 道草の花々は、また次回にね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード