懐かしい 『ソバ畑』

6月30日(木曜日)  真夏の青空と太陽です!

『ソバ畑』 『ソバの花』

※ 我が家のではありません。 三豊市豊中町の田んぼ 0 r畑です。
  真っ白い花に惹かれて、車を停めました。

※ 私もソバを作ってみたいです。 
  植える位なら、できるかもわからんのですけど・・・・?、
  この次に、どうなったら実っているのか、それを、どうやって収穫するのか、さっぱり
  わかりません。
  蕎麦粉にするまでの、作業手順も何もわかりません 

  なので、私には無理なんや~、なっ! 

★ 見付けた、ソバ畑 ★
 ソバ畑

★ よく見ると、可愛い花がいっぱい咲いていましたよ! ★
 ソバの花

 ソバの花2

★ エノコロ草も、田んぼの端っこから見守っていましたよ! ★
 エノコロ草とソバの畑

★ 今回の写真の中で、私が一番気に入っているソバ花の写真で~す! ★
 私好みのソバ花写真

※ このソバを育てておられる人は、きっとこだわりがあって、自分で育てたソバで、
  蕎麦粉を作って、美味しいソバを自分で打つんでしょうね。
  {きっと手作りのソバで、年を越すんでしょうね}って、想像するだけでも羨ましい
  話です。

・・・「まあ、私の周りには、羨ましい話がいっぱいですから、我慢・ガマン・がまんで、
     耐え忍ぶ力を養うことにします」
     「人それぞれ、得手不得手があるんやからね、自分のできることをコツコツと
      やっていればいいんですよ!」って、自分に言いきかせます。  またね 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『夏蜜柑』

6月29日(水曜日) 

『 夏蜜柑ゼリーに変身・・! 』

★ これは、夏蜜柑やなぁ~! ★
 夏蜜柑やな
・・・「うん、そうやでぇ~ ~ 」 

★ 夏蜜柑の端っこを、そう~っと開けてみると~~? ★ 
 夏蜜柑2
・・・「そこなぁ~、さくら婆ちゃんが、初めから開くように切ってあったんやろ~?」

★ 中がよく見えないから、半分に切ってみましたよ! ★
 夏蜜柑半分に
・・・「あれぇ~、夏蜜柑がゼリーみたいになっとるな~?」

★ もう半分に切って・・・・! ★
 夏蜜柑ゼリー
・・・「小さくなったな~」

★ いっただきま~す!  ★
 夏蜜柑ゼリー戴!
・・・「冷た~い、・・・・冷たくって、美味しいわ~   」

★ おごちそうさまでした! ★
 夏蜜柑ゼリー御馳走様!
・・・「まだ、有るのお代わりしていいですか?」

・・・「無くなるまで、お代わりしていいよ」
    「オッチャンや、お姉ちゃんや、曾婆ちゃんのは、別に置いてあるからね  」

※ ちょっと、夏蜜柑の苦さと酸っぱみのある、大人の味のゼリーでした。
  海は、自分のだけ食べたら、市販のアイスをお代わりしました。
  空は、夏蜜柑ゼリーが美味しいと言って、2回もお代わりをしました。
  なので、海と空の2人で1個の夏蜜柑ゼリーが、丸ごと無くなりました。
  喜んで食べてくれて、よかった、ヨカッタです 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『玉ねぎ抜き』

6月28日(火曜日) やっぱり暑いです!

玉ねぎを抜きました! 

※ 植えたのは、昨年の11月末だったかな~。 イヤイヤ12月に入っていたかな?
  苗を買いに行くと、もう無いですって言われて、方々探して車で走りました。

  なんとか植えておけば、実家の母にも「植えました!」って、言えますからね。

  でも、植えただけで、あとは何にもしてないです。
  草抜きも一度も行ってないです。
  (じつは、黒いビニールを被せてから植えていたので安心していました)
  肥しも、植える時に、土に混ぜてつかい込んでもらってそのままでした。

※ でも、できるんですよね。 
  土と雨と太陽の光だけでね。
  この上に、育てる人の愛情が加われば、もっとたくさん収穫できることでしょう?

★ 今年の玉葱収穫・・・(息子が抜いてきてくれました) ★
          H23.6玉ねぎ収穫

※ 「今頃まで、玉葱が田んぼにあったら人に笑われるで~  」って、
  実家の母に、6月に入ってから、何度言われたことでしょう。

※ 私も、じつは心配だったんです。
  {雨がいっぱい降って、田んぼで腐っとらへんかな~?}ってね! 

※ 去年は、小さい玉ねぎ(らっきょの親分位)バッカリで、新家の伯父さんに、
 「お前んとこの玉葱、あれ、どうしたんぞ~!」って言われるほど、不作で
  心配をお掛けしました。

※ 今年は、まあまあの出来ですよね。 私としては、これだけ出来たら十分です。

※ 本当は、昨日息子が家に居たので、頼んだんです。

~~~~~~~  朝食後、息子のご機嫌を見計らって・・・、  ~~~~~~~
・・・「母さんは用事で出掛けるけど、玉ねぎ抜いといてくれるかな?」

・・・「全部抜いて、どうしといたらええん?」

・・・「キャリーに入れて、取って帰ってきといてくれるかな?」
    「また、雨が降ってぬれたら、腐るかもわからんきんな~」

・・・「わかった! 俺も昼から出かけるきん、朝の間に抜いとくわ!」

~~~~~~~~  夕方、家に帰って来た息子に・・・、  ~~~~~~~~

・・・「玉葱抜いてきてくれて、ありがとう!」

・・・「キャリーに一杯位やと思っとったけど、一輪車に3倍もあっって、
     びっくりしたわ~  」
    「キャリーに、入りきらんきに広げたるで~、乾かしといた方がええって、
     言よったきんな~」

 これで、一つ 私のストレス解消です 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

人形遣いの練習

6月27日(月曜日) 

※ 25日(土曜日)と・26日(日曜日)に、後藤先生と吉田文司先生の御指導でした。
  25日は、傾城阿波鳴・順礼歌の段(新しく練習を始めている人たちへ)
  26日は、壷坂観音霊験記・山の段

★ お母さん(おゆみ)が手紙を読むときの主遣いの手・指 ★
 お母さんの手紙

★ 主遣いと、左手遣いの息を合わせてスムーズに~! ★
 お母さんの手紙左手

★ 手紙を読み終わって、しまう時の左右の手は! ★
 手紙をしまう時の手

★ 手紙をスムーズに巻いてしまいますよ  ★
 左右の手をうまく合わせて

★ 人形が立つ時の、主遣いの足の動きは~ ★
          人形が立つ時 頭遣いの足

★ 左手遣いの位置と足(構え) ★
          左手の人の足
※ 「へぇ~、そうなんや!」って私が言うと・・・・・、
  先生に、 こんな顔で、見られました。

※ そんなこと知っていて当たり前のことやで、あんた何年人形遣っているんですか?
  っていう顔でした。

・・・自分がしている時は、先生に教えていただいたことをそのまま熟すのが精いっぱいで、
     自分の姿勢や、動きを顧みる余裕はありませんでした。
    
     自分以外の人が練習しているのを見ながら、自分を省みるのは、すっごく勉強に
     なりました。
     まあ~、言われたことが自分に出来るかどうかはわかりませんが、これからの
     練習の中で、気を付けることはできます。

・・・2日間の厳しい、そして楽しい実のある練習、ありがとうございました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『知らないってことは・・・・?』

6月26日(日曜日) 

※ 昨夜は、雨と、凄い雷でした 
  ミッキー(愛犬)は、雷が大っ嫌いで怖いらしく、ピカーっと光ったとき、ゴロゴロ
  音がしたとき、それに負けないくらい吠えまくります。
  「大丈夫だよ!」って、私が起きて行ったときは落ち着くのですが・・・、
  近所の人にも迷惑な位、吠えまくるので、私も睡眠不足です・・・

※ 今日は、午前中人形浄瑠璃(人形遣い)の練習で、
  午後は、玉すだれの練習と、三豊観音寺の文化を育む会です。
  午後の会は、時間が重なっています。なので、どちらを捨てるかまだ迷っています。

 今日のタイトルは、
     『知らないっていうことは?』  です。

★ イノコヅチを育てている息子  ★
 猪の小槌
※ ヒナタイノコヅチと、ヒカゲイノコヅチがあるんですって・・・?
  この写真のは、日なたの猪の小槌かな・・・?

※ この田んぼは、我が家から100m位離れた所にあります。
  歩いても1~2分位で行けます。
  義父母が元気なころは、全部シャエンバにしていましたが、4年前から
  手前の3畝しか使っていません。(私が怠け者だからです  )

  あとは放ったらかしやったのですが、時々息子がトラクターで草をつかい込んで
  いました。

  私は、自分が使っている部分しか見たことが無かったのですが、昨日、シャエンバに
  行くと、田んぼの端っこに草が生えないようにビニールシートを敷いていました。
  隣の田んぼに迷惑をかけないように息子が考えて工夫したんやろうなって、ちょっと
  嬉しくなったのですが・・・、近くまで行ってビックリ

※ なんと、息子は『イノコヅチ』を大きく立派に育てていたんです。

★ ビニールシートの窪みには、何か動いてる・・・? ★
 ビニールシートの窪みに

★ よく見ると、オタマジャクシが育っていました! ★
 オタマジャクシが・・

※ 今からの暑い日には、水を入れ足しておかないと乾いて死んでしまうかも知れません。
  水が熱湯になって、死んでしまうかもしれません。
  梅雨の間に早く大きくなって、どこかへ元気にピョンピョン! 
  跳んで安全な住み場所に行ってくれたらいいのですが~~~?

~~~~~~~~~~~~  私は、家に帰って・・・・、 ~~~~~~~~~~~~

・・・「シャエンバの、端っこに、ビニールシートを敷いとったんやな  」

・・・「草がいっぱい生えるきんな、隣の田んぼに迷惑がかかりそうなとこだけ、
    敷いてみたんや!」

・・・「あんたも、百姓になってきよるなぁ~!」
    「シートの真ん中に、一本だけ大切に、何を育てよんな?」

・・・「何かわからんけど、母さんが植えとんかと思ったのが一本あったきに、
    ビニールシートを切って、シートの上に出してやったで~!」

・・・「細かい気配り、ありがとな~、だけど、あれは草なんやで・・・!
    イノコヅチっていう草やで! 草と花と野菜位は見分けんとイカンな~! 

・・・「そうなんやったら、抜いてきてくれたん?  」

・・・「もう、5~60cm位に大きくなっとったから、母さんには抜けんな~」
    「鋸かなんか切るもんを持って行かな、母さんの力では無理やで~」

・・・「  ・・・・・・!」
 
・・・「あんなに立派に大きくなってるんやから、これからどうなるか育てて、
     見届けようかな?」

・・・「・・・・・・・・!」 何か不機嫌な表情で、無言!

※ やっぱり、知っている人からすれば、知らないってことは、恥ずかしい事で、
  知っている人には、ご心配をお掛けしているんやな~~って、
  さらに「あんたは、こんなことも知らんのかい」って、イライラ感も与えているん
  やな~~って、私自身反省しています。

  私は、ブログでいろんなことを、みなさんから教えていただいております。
  それだけでも、倖せな事やと思い感謝しています。

  しかし、うちの息子は、自分に関心の無い事は覚える気が無いって感じます。
  百姓なんやきん、草と野菜と稲ぐらいは、見てわからんとイカンわな~! 

・・・{私は、ほんまに知らないことばっかりなので、よく知っている人よりは
     知る喜びや、楽しみが多い分、倖せ者かもわからんなぁ~ }って、
     感じています。
     ほんで、今日からも、ずうっと、そう思うことにしました    

 夫は、ときどき私に言っていました・・・・。
   「知らないことや、わからないことは、黙ってないで聞くんだよ」
   「黙っていると、知っているのかと思って誰も教えてくれないよ」
   「そんなことも知らんのかいって思うかもしれんけど、本当に立派な人は相手の
    理解度をきちんと把握して、その人に分かるように説明してくれるきんな!」

・・それでも、私は聞けませんでした。
    一生懸命に一部分を覚えて帰って、「父さん、父さん、~~」って聞いていました。
    
  今、 思い出しました・・・・。
  それに、もう聞く父さんは居ませんから・・・・・、
  私にとっては、恥ずかしくっても、知る喜びの方が大きいってことやな~。

  この意欲が、いつまで続くかですよね。
  別に今のままでも、死ぬまで生きて行けるやろ~、とも思いますから・・・・?

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『アマリリス』

6月25日(土曜日)  朝から夏空で~す

※ 午前中は、シャエンバの草抜き。
  昼から、大正琴練習。
  夕方から、讃岐源之丞の人形の厳しい練習(6/25~26)

『アマリリス』

★ 隣の家のアマリリス ★ (6/6撮影)
 赤白アマリリス

★ 我が家のアマリリス ★
 我が家のアマリリス

★ 私が見に行くまで、なんとか頑張っていたアマリリス  ★
 アマリリス赤
※ 私がこの家に来る前から、ここに咲いていたアマリリスです。
  35~40年、毎年真っ赤な花を咲かせます。
  今年は、見に行くのも忘れていました。

  隣の家のアマリリスがきれいに咲いていた頃は、まだ花が開いて無かったです。
  そのまま、忘れていました。
  今日、見に行くと、もう花が終わっていました。
  辛うじて、この2~3個の花が頑張っていました。
  私が見に行くのを待ってくれていたのかな~?

・・・「来年は、花がいっぱい咲いた時にきれいに写してあげますからね」

    「アマリリスさん気を悪くしないで、来年も咲いてくださいね」
                         また来年逢いましょうね  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『美女柳・未央柳』

6月24日(金曜日)  メチャクチャ暑い・・・埼玉県で39.8度

※ 朝7:30我が家を出発で、実家の母を病院へ・・・、漏れなくついてくる父。
  一人で家に居れない父。 
  病院の待合の椅子に座って長時間も、しんどいようなので・・・、
  10時過ぎに連れて帰って横になってもらう。
  食事をして、また一緒に母の行っている病院へ行く。

  母の検査や支払いが全て終わって、帰って来たのが16:30私もグッタリ!

・・・「今日は写真も何にも無いので、先日写したビョウヤナギにします」

★ ビョウヤナギ(美女柳・未央柳) ★
 黄色い花

★ 雨に濡れてるビョウヤナギ ★
 黄色い花1

★ 今日の暑さに、参っているビョウヤナギ  ★
 未央柳6/24
※ 1週間位前に撮ったのより、花びらが全部少し細くなっていました。
  それで、花全体が以前より元気が無くなって、小さく感じました。
  暑さに耐えるために、細くしているのかな?
  
・・・「今日は、手抜きでごめんなさい」
    「今から、人形浄瑠璃(讃岐源之丞保存会)の練習に行ってきます」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『桃・もも』

6月23日(木曜日)  朝からメチャクチャ暑いです!  

『孫の大好きな桃』

※ 畑まで自分では行けない曾婆ちゃんが、海と空のために作ってくれています。

※ 今日は、畑まで私の車で行きました。 ここの畑の名前は、地獄坂っていいます。
  伊吹島の坂にも負けない急な坂です。

★ 袋の中の桃 (極早生の花嫁) ★
 もう、食べられそうな桃

★ ・・「おいしそうな桃、見付けたよ  」 ★
 桃千切ってもいい?
※ 袋をかぶせてない桃でも、美味しそうなのがありました。

★ 母は、袋の中を一個ずつチェック(食べごろを確認)します! ★
 恥ずかしそうな桃
※ この日は、15個位千切ってくれました。 
  全部、私の車の中に入れて、そのまま帰って来たので、全部家の曾婆ちゃんと私と孫の
  おやつになりま~す。

★ 空は、自分でちぎった桃の皮をむいで、かぶりついています! ★
          洗わんでも美味しい桃

★ カラスに食べられないように、案山子さんよろしくお願いします  ★
          かかしさんしっかり守ってな
※ 「案山子さん、カラスが美味しい桃を食べに来たら、ダメ!  って怒ってください」
                  「また、来るから、よろしくお願いします  」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ナワシロイチゴ』

6月22日(水曜日)夏至  暑い!暑い!
 群馬県では、曇り空で34度もあったんですって    讃岐も暑いはずやわな~ 

※ 朝から、薙刀の会計の事で頭突合せ・・・! 午後1時40分まで・・ 

※ ビュンビュン車をとばして、幼稚園に孫迎え ⇒ 危機一髪2時に間に合いました。

※ 空の着替え、そして空はおやつで、私は昼食、ホッと一息入れようと思ったら・・、
  実家の母から「ちょっと畑まで乗せて行ってくれんやろかな~?」と電話 ・・・。

・・・「イチゴ、み~つけた~!」

・・・「なあ~なあ~、さくら婆ちゃん、苺ってどこにあるん?」

・・・「これも、イチゴなんやで!」

★ 畑の畦に、ナワシロイチゴ  ★
 ナワシロイチゴ

★ ・・「これ、食べてもええん?」 ★
 ナワシロイチゴ2

★ ・・「ほんとうに、食べられるん?」 ★
 ナワシロイチゴ3
・・・「さわったら、ポロッと落ちる位の赤くてきれいなのは美味しいよぉ~」

・・・「ほんとうやな、美味しいなぁ~」

★ ・・「いっぱいあるきん、籠持ってきたらよかったな~」 ★
 ナワシロイチゴいっぱい

★ ナワシロイチゴの花ですって! ★
           苗代苺の花

・・・「今日は、味見だけにして、ここでいっぱい食べて帰ろうなぁ~」
    「ほんでまた、こんど、籠持って千切りに来うな~」
    「いっぱい採れたら、ジャムを作ろうな、美味しいよ~」
               いちごさん、さようなら~、 またね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『伊吹島パートⅢ』

6月21日 (火曜日)  暑くなりましたよ~!

伊吹島の坂道を少し歩きましたよ 

※ なぜ、少しかっていうと・・・、
  三好さんが軽の4WDのワゴン車を準備してくださっていたからです。

★ 伊吹八幡神社の中に・・・! ★
 今は作れる人が居ない
※ 複雑な注連飾りのようなものが飾ってありました。
  今は作れる人が居ないんですって・・・!

★ 伊吹八幡神社の中の正面に・・・! ★
 三好一族が初めて来たとき
※ 伊吹島には、もともと合田一族が居たそうです。
  そこに入って来た三好一族の大将です。(初めて来たときの様子なんですって!)
  三好なんとか大将です。下の名前は忘れました。・・・・ゴメンナサイ!

※ 合田一族と、三好一族は、ずう~っと仲が悪かったんですって・・・。
  住む場所も、ここからこっちは合田、向こうは三好って分かれていたそうです。
  合田と三好が仲良くなることも禁止されていたんですって・・・、昔の事ですね 

★ 西の堂の近くにありました! 六地蔵さん ★
 六地蔵
※ お墓の近くにあって、お墓を守っているのかな?・・・・って思いました。

★ 出部屋跡に、紫陽花が満開でした  ★
 出部屋跡のあじさい
※ 島で一番見晴らしの良い場所に建てられています。
  ユーカリの樹も植えられていたんですって・・・。 今もありました。
  ユーカリの木は、空気を清浄化するんですって・・・ 
  その頃から、この島では母体が守られていたんですね。・・・って思いました。

★ 伊吹八幡神社の入り口に咲いていました  ★
 神社の入り口に
※ チェリーセージの隣に並んで仲良く咲いていました。 
  あんまり可愛かったので、はい、パチリッ 

※ この後、資料館によって太鼓台の説明と、太鼓台に使われていた凄い刺繍の布を
  見せて戴きましたが、私はバテテいたので、写真を撮るのを忘れていました 
  太鼓台と石仏を口実にまた行きます。

・・・「今回の伊吹島はこれで終わりにします」 
    少しでも自分の記憶に留めておくために書きました。  とんとん 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『伊吹島パートⅡ』

6月20日 (月曜日)  いっぱい降っています 

※ 伊吹島行きが、今日でなくて、昨日で良かったです 

★ 伊吹島の真浦港では、いっぱいのカモメが迎えてくれましたよ! ★
 カモメと浮いている防波堤?
※ カモメがとまって休んでいるのは、海に浮かんでいる防波堤みたいなのです。

★ 真浦港には、イワシ網漁の船が休んでいました! ★
 真浦港
※ 木曜日と日曜日は、漁がお休みの日なんですって・・・・!
  なので、今日は、船も人々も休んでいました。

★ 網元は、漁をする船2艘と運搬用の船を2艘持っているそうです ★ 
 二艘仲良く
※ この2艘の船は、2艘がぴったりくっついて一緒に仲良く港に入ってきました。
  私には、くっついているように見えました。・・・なので写真撮りました。

※ 伊吹島には、17軒の網元(イリコ工場)があるそうです。 
  なので17軒×4艘の船が、この伊吹島の港(真浦港と北浦港)に浮かんでいます。

※ 私たちの乗って行った海上タクシーは、真浦港に着いて、降りないで、
  そのまま伊吹島一周(時計回りに)遊覧に出発しました。

★ 石門 ★  
 石門

★ どこかに、石仏が見えるんですって・・・? ★
 どこかに仏像が?
※ みんなは、「あっ、ほんとうや、あんなところにどうやって彫ったんやろうな~?」
  って、話していました。
  私には、どこに在るのかわかりませんでした。・・・ションボリ~ 

★ 赤い岩は、猿のお尻岩なんですって? ★
 猿の尻岩

★ 合戸の穴 ★
 合戸の穴
※ 海賊船が隠れていたとか、奪ってきた財宝を隠していたとか、ほんで値打ちの無い刀等は、
  この海に捨てられていたらしい。 前の海の中から錆びた刀が出てきたんですって・・・。

※ 猿の尻岩とか、海賊の話は、私にも解って覚えられるんですけどね~。
  火山が噴火してできた島・・・、火山が爆発した事がわかる岸壁の岩肌の様子等々・・・、
  丁寧に説明してくださる海上タクシーの運転手さんには悪いけど覚え切れなかったです。
  なので、また行きます。・・・・もっと青空の時に、いつかね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『伊吹島』

6月19日(日曜日)  

『今日は、伊吹島へ・・・!』

※ 朝9時30分・・・・須田港へ、粟島からの参加者をお迎えに・・・!
※ 朝は雨が降っていましたが、9時半過ぎには上がりました。
  やっぱり曇り空ですが、少し明るくなってきました。・・・・ラッキ~ 

★ 鳶かな?・・鷲かな・・・? 鷹かな・・・・? ★
 強そうな鳥
※ 私には、鳥の名前はわかりませんが、あっちとこっちに2羽の鳥がとまって鳴き合い
  ながら、私と一緒に粟島からの定期船を待ってくれました。
  ステキな鳴き声だったので鳶(とんび)かな・・?

★ 粟島からの定期船が入ってきました! ★
 来ました定期船

★ 定期船が桟橋の方向に向きを変えました! ★
 ほらね!粟島からの定期船

★ 定期船から友達が1人~2人~3人~~~と降りてきます! ★
 粟島からの友達降船
※ まず、今日の予定を確認し合って、3台の車に分乗して出発しました  

※ 私の車には、4人乗りました。そして1番に出発しました。
  なぜかって、観音寺駅に駅弁(あなご弁当)を受け取りに行って、それから観音寺港に
  行くからです。

※ 他の車は、私の後を、すぐに観音寺港に向けて出発しました。

※ 観音寺駅10:28着の松山行特急から、あなご弁当15個を降ろしていただき、
  特急しおかぜの車内とか高松駅の売店で販売しているお弁当なんですって・・・・!
  私の車に積み込んで、観音寺港に向かいました。
  観音寺駅の駅員さんには、注文から当日の段取りまで大変お世話になりました。 

★ 観音寺港10:45発の海上タクシーで伊吹島へ~! ★
 伊吹島です
※ 15分位で、伊吹島が見えてきました。
  島の中央の上に建っているのが、小学校と中学校なんですって・・・!

・・・「長くなりますので、ここから先は明日書きます」  またね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『雨の粟島』

6月18日(土曜日)   

※ 午前中は、薙刀の練習でした。

※ 午後、久し振りの粟島、海友荘へ~!
  うんらんさんや、エビスヤさんが来ていました。
  そのうち、幸さんも来ました。
  
★ 粟島の花 ★
 粟島の花6月

★ 花ショウブ ★
          花ショウブ1

★ 今から咲きますよ ★
          花ショウブ2

★ 粟島港の待合室に ★
 桜貝
※ 粟島の海岸に、あるんですよ!

★ 粟島港にはランタナが咲いていましたよ ★
 ランタナ粟島港

★ 雨にランタナもステキでしょう? ★
 ランタナアップ

★ 雨の粟島港から城ノ山を望む ★
 雨の粟島港

※ 帰ってからの予定がありましたので、14:30粟島発の定期船で帰ってきました。
  須田港では、愛ちゃんに会いました。 
  愛ちゃんは、出掛けていて私が乗って来た定期船で粟島に帰るとのことでした。
  私は、今日も一日ハードスケジュールでした。

・・・そんなことより、明日は晴れにしてください。
    晴れでなくてもいいんですよ。・・・・欲張りませんからね!
    曇っていてもいいです。少し雨が降るのもいいです。
    たくさん雨が降りませんように! 強い風が吹いて、海が荒れませんように!
    さらに濃い霧が出ませんように!・・・お天道様よろしくお願いします 

    困ったときだけ神頼みでごめんなさい   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

急に決まった会でも~~!

6月17日(金曜日) ~~少し~~

※ 2日前に連絡が入った、薙刀のお稽古会です。
  参加してビックリ!・・
  愛媛県からも、高知県からも参加している!

・・・「私は、一昨日聞いたのですが、みなさんは今日のお稽古会の事をいつお聞きになった
    のですか?」

    『2日前です』ですって・・・・、 
    そんなに急なのに、よく段取り付けて来られましたね~って思いました 

※ その上にですよ、今日の練習始まりの前の、挨拶や話し合いの中で、明日もお稽古を
  して戴けることになりました。

  そういうことを提案する司会進行の方にもびっくりやけど、それを聞いて、急に宿泊の
  段取りをする県外から参加の方の熱心さにも私は驚きでした。

・・・{私は、やっぱり怠け者やきん、今日の会に参加するだけでも、大変やったんやけど
     な~って思っていましたよ}

★ 午前中のお稽古会 ★ 
 H23.6.18お稽古会高瀬
 H23.6.18高瀬練習会
※ 今日のお稽古の指導者(宮本先生)の魅力に惹かれて、みなさんが参加されているん
   やと思います。

★ 午後からのお稽古(五行の型)ですって! ★
 H23.6.18五行1

★ 奥の練習なので、私は見る勉強でした! ★
 H23.6.18五行2

・・・{やっぱり、検定を受けて上の段に進んでいないと、こんなに難しい所は練習できん
     のやな~}って思いました。・・・・自業自得やな~  でした。 とんとん!

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

『なんてん・南天』と梅雨

6月16日(木曜日)   

※ 宗吉瓦窯跡史跡公園の勉強会でした。
  ボランティアガイドの養成勉強会なのですが、今までは聞くだけやったのですが、
  今年から、一人ひとりが、実践練習をすることになりました。

  今まで、楽しいねってぼ~っと参加していた私は、めちゃくちゃなストレスです。
  でも、怠け者の私は、そうでもしなければ、本気にならなかったでしょうね~って
  思います。

・・・「いつも、他人任せで、流されている山さくらやからイカンのやでな!」
     って思います。
     この性格は、もう死ぬまで直らんやろと思いますので、これからもいろいろ、
     プレッシャーをかけてやってください。 
     そうせな、動かん性格やからよろしくお願いします 

※ ほんで今日の写真は、我が家の庭です。

★ これな~んだ! ★
          南天花1

★ ヒント!・・・一番下の屋根より高く伸びる元気な木です ★
 南天木横

 ★ 当ったり~  南天の花でした! ★
          南天花梅雨
          南天縦屋根
※ なんてん、南天は、難を転じる、難転なんやってな~。
  なので、昔の庭には、どこの庭にも南天が植えられているんやな~?

★ 南天の花と梅雨のしずく ★ 南天としずく横
・・・あじさいに梅雨のしずくは、以前からお似合いやって思っていたけど、
    南天の花にしずくも素敵だったので、写しました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『きゅうり』

6月15日(水曜日) 

『キューリ・きゅうり・胡瓜』

★ きゅうりの花 ★
 きゅうり花

★ きゅうりの花から実へ ★
 きゅうり花と実

★ きゅうりが生り始めました  ★
 きゅうり
※ 消毒はもちろんしてないけれど、肥しもやって無い。 
  ただただ、ここの土と太陽と雨水が育てたきゅうりです。
  きゅうりの育つ力が、凄かったんやろかな 

※ あんまりきれいじゃ無いけど、自分で育てたきゅうりは安心やでな~ 
  市販のと同じ味やと思うけど、安心な分特別美味しいような気がします 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『あじさい・紫陽花・アジサイ』

6月14日(火曜日) 

※ 8年前の今日、今頃、夫のお葬式の準備をしていました。
  朝3時過ぎに、命尽き果てて、病院から朝暗いうちに我が家に連れて帰ってきました。

  病院へ行ったのは昨日の夜中11時頃やったです。

『それで、今日は紫陽花にします』
・・・この時季に、一番きれいに咲いている紫陽花の花やからね~ 
     きっと、しきびより喜んでくれると思いま~す 

★ アジサイの花 ★
 スミダノ花火1
※ このアジサイは、我が家のアジサイの花の中で一番初めに咲きます。
  墨田の花火って名前なんですって・・・!

★ このアジサイは、私の好きなアジサイの花です! ★
 好きな紫陽花1

★ 柏葉アジサイです! ★
           柏葉紫陽花1

 柏葉紫陽花2

★ 先日の大雨に打たれてしな垂れているアジサイです  ★ 
 花火雨に打たれて2

 花火雨に打たれて1
※ 一番早くから咲いていたので、元気が無くなっています 

★ 私の好きなアジサイは、大雨にもなんのその!  ★
 好きな紫陽花2
※ 雨に打たれて、今まで以上に元気になっています 

★ これは、私が嫁に来る前からあるアジサイです! ★
 昔からの紫陽花

★ これは、風音の玄関に咲いていたアジサイみたいな花です! ★
 紫陽花みたいな花

★ 今日は、元気を取り戻している墨田の花火です  ★
 元気になってる花火紫陽花1

 元気なってる花火紫陽花2

★ 今日は、またまた綺麗になっている大好きなアジサイです  ★
 好きな紫陽花3
※ このアジサイは、私が世話ができない時、添え木をしたり、水をかけたり、陽ざしの
  きつい時は木陰に移動したりして、亡き夫もお世話してくれていました。

・・・「今年も忘れずに、元気に咲きましたよ! よかったですね!」

※ 今日は、これから洗濯物を干して、義父の病院へ行きます。
  空は、幼稚園で午後預かり保育を、お願いしました。
  義父の病院が終わったら、空の迎えに、義父も義母も一緒に行きますね。
  ほんで、しばらく一緒に遊んでから、また、ホームに帰ります。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

友達と密談・・・?

6月13日(月曜日)  

※ また、一週間の始まりで~す!
  嫁が仕事に行って、・・・・孫が来て、・・・・海を送り出して、・・・・
  空を幼稚園に送って行って、・・・・義父母をデイサービスに送り出して、
  洗濯をして、・・・・「ちょっと話を聞いてくれますか?」
  携帯電話で30分話を聞いたけど~~~~~、まだまだあるというので・・・!

※ 風音に行くことにしました。

また、また、またの『風音』

・・・今日は、どんな顔を見せてくれるでしょうか?

★ 入り口には・・・ ★
          ハート形の植木・風音

★ 季節の花(アジサイそっくりさん) ★
 アジサイそっくり

★ よく見ても、やっぱりアジサイそっくり! ★
 アジサイそっくりの花
※ 6月は、やっぱりアジサイがお似合いです 

★ 今から夏~秋の間ずっと咲く花です! (マンデビラ) ★
 風音の花玄関外
※ ごめんなさい、この花の名前は忘れたです。
※ 6月末に名前書き加えました。

★ ベランダには、ブーゲンビリアも咲いていました! ★
 風音ベランダの花

★ ベランダのすぐ下は、みかん畑でした! ★
 ベランダから蜜柑畑
※ そこここに、可愛い花が置かれていて、おもてなしの心が伝わります。

★ きょうのピザは、しらす干しと緑の野菜の入っているのにしました! ★
 しらす干しのピザ2

★ ほんまに、しらす干しが入っているでしょう! ★
 しらす干しのピザ1
※ これも、美味しかったですよ! 

★ ベランダのテーブルと椅子も、座ってくれるのを待っていました! ★
 ベランダのテーブル
※ 今日は特別に、気持ちの良い、清々しい風音でした。
  私は、いっぱい話を聞いたけど、それでもまだまだ、不満はあるようでした。
  徐々にですよね  って思いました。
  また時間を作って、愚痴を聞きますからね。

・・・「孫の迎えがあるので、今日はここまでです。さようなら!」

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

今年の田植え終わりました!

6月12日(日曜日)    

※ 朝から、ヒノヒカリとモチの苗を(約4反)植えました。

※ 10時頃から雨が降ってきましたが、「田植えは雨でもできるからな~」って、孫と
  息子で頑張りました。

※ 午後2時ごろ、全て終わって帰ってきました。
  苗箱も、田んぼの横のイデ(水路)で洗ってきたようです。
  ・・・「イデに水がいっぱい流れとったから、洗ってきたよ!」とのこと、・・・

★ 今年の田植えはすべて終わりました・・・ ★
 田植え終わり

★ 「苗箱も田んぼの横のイデで洗ってきたきんな!」 ★
 苗箱も洗ってきたよ
※ 田植え機も洗って片付けたとのこと・・・・・、
  あとは苗を並べていたところのシートとベニヤ板を片付けたらすべて終わりです。

・・・「お疲れ様でした!」 
     「息子たちが、一番ホッとしていることでしょうね」

     「これで、黄金のさざ波ができるかと言ったらそうじゃないんですよ」
     「まだまだ、お世話があります。頑張ろうね! エイ・エイ・オー  」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『かいつぶり』

6月12日(日曜日)   

※ 朝、嫁に「うちは、いつ田植えする予定なの?」って聞くと・・・、
  「今日、植えるって言っていました」・・・・やって  ・・・・、

・・・{そうか、私の事は当てにされてないんやな~}って、思いました。
    当てにされても困るけど、当てにされんのも寂しいです。

※ 息子は、田植えするのは自分の仕事やって思っているみたいです。
  新家の弟とは連絡を取り合って、弟の休み(都合)に合わしているんですよ。
  
※ 2~3日前から、息子が雨にイライラした様子をしていました。
  理由は、今日の田植えの準備が順調にできなくって、そのイライラを雨の所為にして
  いたんやなって、思いました。

※ 今日は、曇っているけど、雨が降ってなくてよかったです。

〔追加〕・・・・午前10時頃から、また雨がいっぱい降ってきました。
        今日は、孫も応援に行っているから、きっと、みんなビショ濡れで
        頑張っているんやと思います。

     ※ 「田植えは、雨でもできるからな~」って、言っていたので、
        全部終わらせてから帰って来ると思います。

     ※ 「お昼のご飯は、美味しい物を準備しとくから頑張ってな~  」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 当てにされてなくて、ちょっと拗ねてるさくら婆ちゃんは、またまた懐かしい話です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『かいつぶり』

※ カイブツリでは、ありませんよ!・・・・・「かいぶつり」って言うのは、空です。
  かいつぶりを知らない空は怪物をイメージしていたようです。 
  これは実物を見せないと、なんぼ口で説明してもわからんやろな~って思いました。

※ 今頃の時期に、オツノ池(正しくはカシキ池です)のシイ(正しくはヒシです)の
  葉っぱの中に巣を作るはずやと思い見に行きました。

~~~~~~~~~~ 昔と同じで、やっぱり巣を作っていました ~~~~~~~~~~

※ 中に親鳥が座っています。卵を温めているのでしょうか?

★ かいつぶりの巣 ★
 かいつぶりの巣1
※ 私と空が、近付いてカメラを向けると潜ってしまいました。
  いくら待っていても、どこにも出てきません。

・・・「きっと、かいつぶりのお母さんは潜って、池の周りの様子を見よんやで~」
     「空が、遠くに行って、見えんようになったら出て来るんやわな~」
     「だから、今日は、もう帰ろうなぁ~! ほんでまた見に来うな!」
  
※ また次の日も、行ってみました。
  そして次の日も、またまた次の日も~~~行きました。

~~~~~ 何度、行っても・・・・、やっぱりぃ~・・・・!  ~~~~~

★ 私と空が近付くと親鳥は水に潜ってしまいます ★
 かいつぶりの巣2

~~~~~ 何回目かに行ったとき、やっぱり潜ってしまいましたが・・・・、 ~~~~~

★  「さくら婆ちゃん、ホラッ! 向こうの方に出てきたよ!」 ★
 かいつぶりと空

★ かいつぶりも、いつまでも潜っては、おれんのでしょうか? ★
 かいつぶり1

・・・「さくら婆ちゃんが子どもの頃は、『かいつぶりの頭に火が付いた  』
     って言って遊んびょったんやで~」
     「そう言ったら、かいつぶりが、{頭に火が付いたら大変だわ}って思って、水に
     潜って、火を消そうとするんやで~、空も言ってみたら~?」

・・・「うん!」

★ ・・・「かいつぶりの頭に火が付いた!」 ★  かいつぶり2

※ 空は、せっかく出てきたかいつぶりのお母さんを、潜らせたくなかったみたいです。
  やさしい声で、そっと、言っていました。
  潜らないでス~イス~イ泳いでいるかいつぶりに、もう一度そっと言いました。

~~~~~~~ やっぱり、潜りません ~~~~~~~~

・・・「この、かいつぶりのお母さんは、潜らんな~?」って嬉しそうに
     言っていました。

・・・{もう、50年も前のことだから、かいつぶりさんも進化したんやな~}

・・・「そういう習慣が、大昔にはあったらしいですね~、曾爺ちゃんのもっと前の
     お爺さんから、そういう話聞いてますけど~ もう言い伝えの事ですね~」
     「毎日遊びに来てくれて、危険が無い人やって感じた時は潜りませんよ!」
     「また、遊びに来てくださいね。もうすぐ、私たちの雛が生まれますからね!」

~~~~~ですって!・・ドッキッ!・・・・

・・・ 私はやっぱり浦島太郎(さくら子)やったかも~~ って思わされた一時でした。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『梅雨』

6月11日(土曜日)    梅雨だからね!    昼過ぎから 

※ 沖縄は、9日に梅雨明け(観測史上一番早い梅雨明けなんですって)したとか・・

※ 讃岐は、昨日から物凄い雨です。
  うちの息子は、田植えの準備が出来なくって困っています。
  昨日は、物凄い雨に濡れてビショビショで、田んぼから帰ってきました。
  「まだ、もう一つせなイカンのやけどな~  」って言っていました。
  自分の仕事の合間に、準備をして田植えをせなイカンので、雨が沢山降ると段取りが
  狂ってしまうみたいです。

  「でも、うちだけ雨じゃないからね~! また、晴れるでしょう!」・・・・ねっ 

・・・「今日は、昨日から雨なので潤い休みやわなぁ~」
    「それで、懐かしい話にしま~す  」

★ 一昨日の写真です ★
 裏山(天狗山)

※ 約50年(半世紀やな)前、ここは、きれいなミカンと柿の畑でした。
  春には、白い可愛い花が咲いて、みかんの花の香りが一面にただよって・・・。
  秋には、美味しい蜜柑や柿がたくさん実って・・・・。
  この左手の山は、天狗山でした。頂上に行くと白い石粉がありました。
  
※ 石粉・・・、今もあるかな~?
  石粉を取ってきて、それでお茶碗やお鍋を洗っていました。
  
※ 石粉の所まで行く間に、まったけも、いろんな木の実も採取することができました。
  いろんな自然の恵みを戴いて、降りてきたら一番下に堀がありました。
  いつも、冷たい山からの清水が流れ込んでいました。
  堀の横には、大きな栗の樹があって、栗拾いをしました。

※ 松の樹の枝には、たまに宿り木(ミドリ)があって、その実を採って口に入れて噛むと
  風船ガムみたいになるんですよね~! 
  大きな笹の軸をとって、うまく切ると、ストローみたいになります。
  その笹のストローの先に、よく噛んだミドリの実を付けて反対側から吹くと、膨れて
  ほんまに風船ガムみたいになるんですよ!

※ 広庭(ひろな)には、鶏が数羽飼われていて、今産んだばかりの玉子を、鶏さんから
  もらってきて、焼いたり、茹でたり、玉子かけご飯にしていただきました。
  子どもの私には、まったけより、玉子や栗やみかんや柿が、ご馳走やったです。

※ 泊まった時、私は、ときどきお寝小をしていました。( 大変お世話かけました  )
  堀で下着を洗って、広庭にお布団を干してくれていたことを・・・・、
  今でも、その広庭の情景が懐かしく浮かんできます。

・・・「こりゃ~、イカンな~ 50年も前の事がこんなに鮮明に浮かんでくるのは、
     ボケの始まりかな~、新しいことはさっぱり覚えられんのやきんな~?」

 この一枚の写真で、まだまだいっぱい思い出すことがあって、ここに書ききれないです。

・・・「今日は、雨なので、パソコンに向かって、私の懐かしい話でした」
     「今から、義父母・息子と一緒に早めの昼食にして、大正琴の練習に行きます」
                                 では、またね  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『栗の花・はな・ハナ』

6月10日(金曜日) 

    沖縄では昨日(6月9日)梅雨が明けたんですって・・・!
          観測史上一番早いとか・・・・!

『栗(くり)の花』

※ 今年は車で走っていると、真っ白くなっている木が目立ちます。
  ちょっと道の横に車を停めて、近付いてみました 

★ 栗の樹 ★
 栗の花1
※ 車から降りると、栗の花の匂いが、辺り一面です 
  私は、あまり好きじゃ無い匂いです。 栗の花さんごめんなさい 

★ 垂れ下がった房のように、樹一面に花が咲いています! ★
 栗の花2

★ もう少し近づくと・・・! ★
 栗の花3

★ これ以上アップはできない、私のカメラ  ★
 栗の花4
※ 私は今まで、栗の花をこんなに近くで見たことは無かったです。

※ エビスヤさんから「栗の花がたくさん咲くと、農作物が豊作にはならない」って、
  言い伝えがあるって聞きましたので、気になって、車を停めて観察してみました。

※ この花の、どこがどうなって、美味しい栗の実ができるんでしょうか?
  不思議な花やなって思いました。 
  これは雄花でしょうか?・・・としたら、雌花はどこに隠れているんでしょうね。

※ 今日の記事は、『不思議な栗の花、満開』でした     またね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

竹の子と孫

6月9日(木曜日)  

※ 午前中、私は、空を幼稚園へ送った後、お手玉教室に参加しました。

※ 午後、孫(空)を幼稚園へ迎えに行って、着替える暇もなかったのでそのまま、
  従姉の仏様参りに行きました。
  
  空は、ここに来るのは2回目でしたが、以前に来たときタケノコを掘ったことを
  覚えていて、お参りを済ますと、さっさと靴を履いてた裏の山へ行ってしまいました。

★ ・・・「さくら婆ちゃん、大きなタケノコがあるよ!」 ★
          タケノコと空1
※ 本物の竹と同じ位伸びている、長いなが~いタケノコ?です。
  このまま葉っぱが出れば、本物の竹になるかも?
  下の方は、緑の竹でした。

★ ・・・「この竹の上の方にタケノコがあるよ~!」 ★
          タケノコと空2
※ 登って、グ~ンと倒して、先の方をポキンと折って取っていました。

★ ・・・「ほうら、な、タケノコやろ~」  ★ 
          タケノコと空3
※ 空は、メチャクチャ満足そうなので、
  私は、「そうやな~、ほんまにタケノコやな~」って返しました。

※ 結局、こんなのを3~4本ゲットして、持って帰ると言います。
  私の軽の車には、入らない程長いのもありましたので、半分に折って乗せようとしたら、
  曾爺ちゃんが、「こななんは、タケノコと違う  」と言って放り出しました。
 (昔から筍掘りをしていた曾爺ちゃんにしてみれば、これは筍ではないんです)
 (竹藪に捨てて帰る竹のゴミにしか思えなかったんでしょう)
 (この長い筍を車に積んだら、後部座席に乗る曾爺ちゃんにも邪魔になるんです)

※ 空は、「ぼくが前に乗って、お爺ちゃんの邪魔にならんように持っとくから~」と言って
  今にも泣きそうな辛そうな顔をしていました。

※ 結局私が、巧いこと積んで、
  空に「後ろのお爺ちゃんの邪魔にならんように、しっかり持っとくんやで」と言って、
  みんなが納得して、一件落着しました。

※ 少し前に、まんのう公園のTVを見ていた時、こういうタケノコの先をとって料理
  していたのを思い出しました。
  私は{ひょっとしたら、先の方は食べられるかもわからんな~}って、思いました。
  こんなに一生懸命にとったタケノコなんやから、なんとか空の気持ちを大切にして
  やりたいもんやな~って思います。
  下の方は、竹で遊べるかもわからんしね~! 

※ こんな格好で山に行くと、蚊が居るんです。
  今度から山に行くかもわからんなって、思った時には、長袖長ズボンを用意しとかな
  イカンな~って反省! 反省!

※ 空のほっぺたに自分の左手がいっているのは、ほっぺたを蚊にかまれて痒いんです。
  でも、そんなことより、タケノコの方が大切やったんやと思います。
  手も足も、刺されていました。
  こやつ、アトピーがあって食べたらイカン物もあります。なので、ちょっと大げさに
  腫れるんですけどね。 
  {こんな楽しい事があるんやから、そんな事どっちでもいいよ!}
  {タケノコをとっている時は、痒さも感じないよ!}・・・・・の空でした。 

※ 自然の中に居れば、なんぼでも遊べるし、楽しい発見がいっぱいあります。
  やっぱり安心して、伸び伸びと外に出て遊べる自然が最高やと思いました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ツツジ』 から 『サツキ』 へ!

6月9日(木曜日) 

『ツツジ』 と 『サツキ』 

※ サツキは、『さつき』っていう名前だから5月に咲くのかと思っていたら、
  旧暦の5月に咲くんですって・・・ 
  それで、5月末~6月初め頃、咲き始めるんですね。納得しました 

※ サツキはわかりました。
  ・・・・しかし・・・・
  私には、『ツツジ』も『サツキ』も、違いがよくわかりません。
  4月末~5月中頃まで咲いているのがツツジかな  って思っています。
 
  ほんで、その後で咲くのがサツキかな  ぐらいの見分けしか付きません。

・・・「サツキもツツジも、ひっくるめてツツジの仲間なんやんなぁ~」 

★ 4月20日 ツツジのつぼみが膨らんで  ★
 ツツジ蕾H23.4.20

★ 4月末には咲きました  ★
 ツツジ白

          ツツジ白縦

★ ピンクも咲きました  ★
 ツツジ桃
※ ツツジが終わって、散ってしまったのは5月中旬以降でした。

★ 5月末・・サツキが咲き始めました  ★
 サツキ薄桃

★ 桃色のサツキ ★
 サツキ桃

★ 桃色で中が白いサツキ ★
 麻のサツキ

★ 私の一番好きなサツキです  ★
 普通のサツキ
※ 普通に昔からあるサツキです。
  私が一番初め(40年余り前)に、サツキって名前を覚えたサツキです。
  一番オーソドックスなサツキやと思います。
  山ツツジに似ているでしょう。

★ アップにすると、凛として色も形も引き締まっているでしょう! ★
 サツキ赤
※ ツツジは散ってしまって、今、庭に咲いているのはサツキです。

※ ツツジより、サツキの方が、葉っぱが小さいかな~?って思います。

・・・「ツツジさん、また来年4月末に花を咲かせてくださいね!」 
    「サツキさんもう少し頑張って、きれいな花を見せてくださいね」  

◆ 追加します ~~~~~~ ここから下は(6月12日)書き足しました ~~~~~~

★ 我が家の最後のサツキです ★
 最後のサツキ1
※ ここ2~3日の凄い雨で、サツキは、しな垂れたり、落ちたりしてしまいました。

★ サツキさん、きれいな花を咲かせてくれてありがとう! ★  最後のサツキ2

★ 落ちたサツキが集まって、何かひそひそ~  ★ 落ちたサツキ

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

里山・里浜を歩こう!(お誘い)

七宝&有明ビーチウォーク

 初夏のひとときを美しい自然に触れ、健康の保持増進と心身のリフレッシュのため、
参加しませんか?

①日  時   平成23年7月10日 (日曜日)
          受け付け   9:00
          開会式    9:30
          スタート  10:00  (※ 小雨決行)

②集合場所   観音寺市有明ふれあい海岸 (観音寺市室本町)

③参 加 料   500円(保険代他) 中学生以下無料

④コ ー ス    Aコース 約5km 登山約2時間 ・ ビーチウォーク約1時間
       (有明ふれあい海岸~稲積神社~有明ふれあい海岸~有明ビーチウォーク)

          Bコース 約2km(登山約1時間 ・ ビーチウォーク約1時間
       (有明ふれあい海岸~江甫草山~有明ふれあい海岸~有明ビーチウォーク)

※ 注意事項
  ● 長袖服、 靴、 帽子着用
  ● 補給飲料水持参
  ● 雨具持参

・・・「日にちと時間の都合の付く方、一緒に歩きませんか」   

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『田植えした田んぼの入り口にお花』

6月8日(水曜日) 優しい
 
『田植えの終わった、田んぼの入り口にお花を供えます』
 
 私の実家の辺りでは、
 一番初めに田植えした田んぼと、苗代の入り口にお花を供えます。
 私が子どもの頃からお花を供えていましたので、私にしたら当たり前の光景でした。

 でも、同じ町内ですが私の家の近くでは、お花を供えている田んぼが見当たりません。 

★ 田植えした後の入り口にお花 ★
 田植え後の苗代の水戸にお花
※ なぜお花を供えるのでしょうか?
  いつ頃からお花を供えるようになったのでしょうか?
  
※ 誰か、物知りのお年寄りにたずねてみましょうか?
  またまた、自分で調べようともしないで、他人に簡単に教えてもらおうと考えてる。
  その態度がイカンのやでな 

~~~~~~~ 平成23年6月15日(水曜日) 訂正しました  ~~~~~~~

・・・お花を供えているのは、『水戸(ミト)』では無くて、『入り口(イリクチ)』なんですって!
     すいませんでした。よく調べもしないで記事にしてしまってごめんなさい。
     『水戸』っていうのは、田んぼの水が出ていく所
     『入り口』っていうのは、水が田んぼに入って来る所なんですって・・・。

     お花の中に、実の生る木の枝を一本入れるんですって・・・・。
     この時季だから、さくらんぼの枝とか、梅とか蜜柑とかね。
     良く実りますようにですって、(お米が沢山収穫できますようにやろな~!)

・・・私は、また一つ賢くなりました。
     もう一つあるんですよ。チャングムさんからのコメントでね・・・・、
     「畔よしかかり、岸よりかかり、よしかかって豊年満作お願いします」と言って
     お花を供えていたんですって・・・・。   
   ほんまに、嬉しいコメントありがとうございました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ドクダミ』

6月7日(火曜日)  少し 『 ドクダミ・八重ドクダミ 』

◆ドクダミの名前の由来は、ドクダミの生の葉は、全草に特有の臭気があるために、
 なにかの毒が入っているのではと、ドクダメ(毒溜め)と呼ばれるようになり、
 これからドクダミになったといわれています。
 「大和本草(やまとほんぞう・1708)」に「わが国の馬医これを馬に用いると、
 十種の薬の効能があるので、十薬(じゅうやく)という」という記述があります。
 万病に向く薬草として「日本薬局方」にも記載されている薬草です。

◆ドクダミの臭みは、高熱により消失しますので、塩ゆでして水でさらしてから調理します。
 てんぷら、味噌とみりんであえても食べられます。

★ 我が家のドクダミ ★
 麻のドクダミ

          ドクダミ縦

★ 花だけ見ると可愛いんですよ! ★ ドクダミ

★ 昨年から我が家にやってきた八重のドクダミ! ★ >八重ドクダミ上から

★ 横から写したら、やっぱり段々の八重なんですよ! ★
 八重ドクダミ横から

※ 八重ドクダミは、昨年いただいたので大切に植木鉢で育てています。
  普通のドクダミは、3~40年前からここに生えてきます。
  抜いても抜いても元気に出てきます。こんなに元気だから薬草なんやろかな~!? 

・・・「薬草にこだわっていらっしゃるエビスヤさん、薬草としての利用法を
    また、教えてくださいね」「私は手間がかかることは出来んですけどね」
    「我が家では、生えているだけで~す」 
    「ちょっと邪魔者です。 ドクダミさんごめんなさい  」


 この八重のドクダミは「白雪姫」っていう名前なんですって・・・・・!
  うんらんさん、ありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ナス』を植えました!

6月6日(月曜日) 

※ 昨日、ナスを10本植えました。
  もちろん、いただいた苗です。 
  15本あったけど、5本は近所の叔母にあげました。
  昨年ナスを収穫した時少しわけてあげたら、
  「あのナスは美味しかったわ! 何ていう名前のナスなんな? 今まで食べたこと無い
  美味しいナスやったわ!」って、言っていたのを思い出したからです。


★ 昨日植えたナス・・・元気です  ★ 
          ナス植え

★ 近くで見ても、元気でしょう!  ★
 ナス移植
※ 名前はわからない美味しいナスです。
※ 植えるのは、草だらけのシャエンバやったから、大変でした。
  まあ、穴掘って植えといたら、なんとかなるやろな~って思っています 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ そしたら今日は、叔母から、いろんな蜜柑が届きました。


★ 夏ミカン・甘カン・名前はわからない蜜柑等々 ★ 
 蜜柑土産

・・・「もらったナスの苗のお裾分けで、大好きな蜜柑を戴きました」 
    「なんか、私だけ、メチャクチャ得しているみたいで申し訳ないですね」
     いっぱい・いっぱい、ありがとう  って、言うことにします。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ジャガイモの花』

6月5日(日曜日)  

★ ジャガイモの花 ★
 ジャガイモ花

★ 白い花も・・・! ★
 ジャガイモ花白

★ 紫の花もありましたよ! ★
 ジャガイモの花紫

 ジャガイモの花紫

※ 我が家のジャガイモは植えるのが遅かったので、まだ花が咲くほど大きくなっていません。
  無事に大きく育って、土の中にはジャガイモができたらいいのだけど~ 
  「頑張れ、がんばれ、ガンバレ! ジャガイモさん!」・・・・・・・ 

★ 我が家のジャガイモで~す! ★
          家のジャガイモ

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

爺神山(とかみやま)

6月4日(土曜日) 

※ 昨日の疲れで、今日は一日ダウン!

※ 先日行った爺神山の写真載せます。

★ 山ビワが美味しそうに・・・! ★
 山のビワ
※ 山に在るから山ビワって言っていますが、普通のビワやと思います。

★ もう少しで、食べられそうでしょう!  ★
 山のビワ2

★ これ、な~んだ! ★
 ネズミモチ

★ ネズミモチの花でした  可愛いでしょう! ★
 ネズミモチの花
※ 爺神山の今は、緑が重なって輝いています。ほんで、ネズミモチの花が雪が降ったように
  いっぱい咲いています。
  真っ白い花で、すっごく爽やかで心が和みますよ。

※ 実がねずみの糞に似ており、葉っぱが黐木(モチノキ)に似ていることから、
  この名前が付いたんですって・・・。
  別名・・・タマツバキ
  実は、薬用にも・・・。
  
※ 葉っぱは、さわやかな青リンゴのにおいがしますよ!

〔追伸〕
◆ ・・・・・ あんまり匂わない人へ ・・・・・
  (葉っぱを一枚いただいて、ぱちんと半分に折って、折口を匂ってくださいね)

◆ 私が子どもの頃は、この木は『ネズミのクソ』って言っていました。

  大人になって自然観察会に参加したとき、先生からこの花の名前を聞かれました。
  私は大きな声で「ネズミのクソですか?」って言いました。 みんな大爆笑 
  私は・・・・・・でした。
  「正しくはネズミモチ」ですよって先生が教えてくださいました。
  {まあ、先生がおっしゃるのだから正しいのでしょうが、小さいネズミの糞のような
  実がいっぱい生るんですよ。だから、ネズミのクソの方がわかりやすいのんなあ~}
  って、私は今でも思っています。・・・・上品でなくってごめんなさい 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード