歯医者さんへ


9月30日(金曜日) 

※ 義母(おばあさん)の、入れ歯が折れました。
  先週9月21日の夕食時に、義母の前歯が一本無いのに気付き、

・・・「おばあちゃん、歯が折れて無くなったんですか?」
    「それでは、ご飯が食べられんな~  」
    「いつ、折れて無くなったん?」

・・・「ほんまやな、歯が無いな?・・・さあ、何時からなんやろかな?」

・・・「おばあちゃん、ご飯と一緒に食べてしまったんと違うよな  」

  ~~~~~~~~~~ ってなことで・・・・・! ~~~~~~~~~~
※ 22日に歯医者さんに行こうと思ったら、木曜日でお休みでした。
  23日も秋分の日でお休みでした。
  24日の土曜日に、電話で予約して一緒に行くと・・・・、

・・・「前に来てからずいぶん長い間来ていないですね」
    「その上、歯の状態がずいぶん悪くなっていますね」

・・・「・・・・・・・  」「すいませんでした  」

※ 9月27日の午後、入れ歯を預けて修理して戴くことになりました。
  折れて無くなっていたのは、入れ歯の歯が折れていたんですって・・・・ 
  
  デイサービスにも、行って状態をお話して、デイサービスに来てもいいかどうかを
  尋ねてみました。

  きざみ食や、もっと食べやすく潰したりもしているので「大丈夫ですよ」と言って
  戴き、私はホッとしました。

※ 東京から帰って次の日、義母の歯が治って来る日でした。
  デイサービスに早めに迎えに行って、歯医者さんへ行きました。

  きれいに治った歯を、口に入れて戴き、以前のお婆ちゃんに戻りました。
  よかった、ヨカッタです。
  やっぱり、歯のあるおばあちゃんが、元気そうで、若々しそうで、見栄えもいいです。

  おばあちゃんは、まだ自分の歯が少しあるので、自分の歯に引っかけるようにして
  入れ歯を入れます。

★ ちょうど、獅子舞が来ました ★
 獅子舞2
※ おばあちゃんも喜んでみていました。

★ 詫間町から、来てくれたそうです ★
 詫間の獅子舞1
※ 三野町では見慣れない衣装やな~って思っていたら、詫間町の獅子舞なんですって!

★ おばあちゃんの歯が治ったお祝いかな・・・? ★
          獅子舞縦

★ ちょうど雨も上がったところでした ★
 獅子舞
※ 三野町のお祭りは、土曜日と日曜日ですが、詫間町は金曜日からするんやな~って、
  思いました。

※ 三野町も、吉津はこの土日(10月1日と2日)がお祭りです。
  雨が上がるといいのになって思いました。

・・・「今から、毎週、土日がお祭りなので、そこここから秋風に乗って、
    お祭りの太鼓や、笛や、鉦の音が聞こえてくることと思います。
    お祭りの時期は、なんとなくうきうきしますね。

    ことしも、粟島のお祭り・・・・・、
    昨年から復活している太鼓も獅子舞も、頑張っているかな? 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

宗源寺の秋

9月30日(金曜日)  

※ 9月29日の宗源寺で見付けた秋  

★ 柿の実が色付いていました ★
 柿宗源寺

★ 萩の花も・・・・! ★
 宗源寺萩

★ 紫式部もきれいに色付いて・・・・! ★
          紫式部宗源寺

 ★ 赤とんぼも、ちょっと羽を休めていました ★
お墓にトンボ

★ 彼岸花も、今が見頃でした ★
 彼岸花白

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『墓前祭』

9月29日(木曜日)  清々しい秋日和

※ 朝8時5分・・・新宿のホテルを出発
  ホテル前から100円バスに乗って、新宿駅へ~~~~(7~8分)

※ 新宿駅から電車で『桜上水』へ行き・・・『桜上水駅』から徒歩で(6~7分)

★ 午前9時頃、杉並区の『宗源寺』に到着★
 墓前祭お寺解説

★ 『宗源寺』の入り口 ★
          墓前祭のお寺1

★ 門をくぐると、右正面に『宗源寺のラカンマキ』 ★
 羅漢槇(記念樹)
※ 樹齢300年以上の、立派な槇の樹がありました。

※ お寺の方のお話では、
  「朝早く数人で墓石のお掃除に来られて、今帰った所ですよ」とのことでした。

※ それで、私たちは、次のお世話の方が来られるまで、
  ここで、待たせていただくことにしました。

★ ラカンマキの樹を背にして、今入って来た門の方を見ると・・・ ★
 墓前祭お寺2
※ すぐ前に広い道路があり、その上をまた道路が走っており、前の道の向こうには、
  高いビルが建っていました。 (やっぱり東京は町ですねぇ~って思いました)

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

彼岸花(曼珠沙華・ずずばな・じゅずばな)

9月27日(火曜日)  爽やかな秋空

※ 義母を歯医者へ・・・義母と一緒に・・・義父の居る施設へ~~[ emoji:v-410]

※ 義父は、お昼の献立名を読み上げて、幼稚園の給食の前のお当番のようなことを
  していました。
  今日は、義父が当番だったのかな・・・?
  私と義母が居たから、うちのおじいちゃんに指名したのかな・・・

※ 私とおばあちゃんは、施設の皆さんが「いただきます」をする少し前に、
  おじいちゃんと「さようなら」をして帰ってきました。

※ 帰りに、少し回り道をして、彼岸花を見に行きました。

・・・「わざわざ、見に行かんでも田んぼの畔に一杯咲いとるやろ~!」

・・・「その通りなんです。今は、我が家にまっすぐ帰って来る途中の田んぼの畔に
    真っ赤に燃えるように咲いているんです」

    「だけど、私がいつも見に行っている所の彼岸花を見に行きたかったんです」
    「9月18日に見に行った時は、まだつぼみが多かったですからね  」

★ 彼岸花・曼珠沙華・ずずばな?・じゅずばな? ★
 彼岸花とお米
※ ちょっと、見に来るのが遅かったですね。
  でも、すぐ横の田んぼの畔の彼岸花は、まだつぼみがたくさんありましたよ 

★ お米の実りによく似合う花ですね~ ★ 
          彼岸花縦1

★ ほらね、お米と彼岸花がお話しているみたいでしょう  ★
          彼岸花縦2
米・・・「やあ~、今年もきれいに咲きましたね」
花・・・「稲の穂の、今年の実りもステキですね」 うふふふふ・・・!

★ まだまだ、きれいな彼岸花で~す ★
 彼岸花燃える
※ ここの田んぼを作っているおじさんは、いつも彼岸花が芽を出す前に、きちんと
  草刈りをしています。
  ・・・・・ほんまに広い畔なんですよ。さらに急な坂になっています。・・・・・
  草刈り機で刈るんでしょうけど、すべって転げ落ちそうな畔なんですよ。

  今年は、義母と一緒に見ました。昨年は、孫と一緒に見ました。
  それまでは、いっつも私一人で見ていました。
  来年は、誰と一緒に行こうかな~?って、楽しみが増えました。

※ 明日は、朝早くから東京に行きます。 
  なので、今日は忙しかったです。
  義母のデイサービスにも行って、「歯を治療中ですけど預かっていただけますか」
  って、相談に行きました。
  「きざみ食にしますから、大丈夫ですよ」って、言って戴き、私もホッとしました。

・・・「29日の夜中0時頃に高瀬駅に帰ってきます。
                    ひょっとしたら30日になるかな?」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今日も、薙刀の会計合わせ!

9月26日(月曜日)  少し

※ 薙刀の会計(9月末)中間報告書を作っています。
  まだまだ、きちんと集計はできませんが、今日までの所を合わしておかないと、
  急にはできないので、時間を作って集まって進めています。

  今日は、我が家で朝から、3時頃まで2人で頑張りました。
  明後日は東京なので、今夜は墓前祭の資料を打ち直しておかないと間に合いません。

※ 午後3時過ぎに、高瀬の駅に(駐車場をお願いに)行ってきました。

・・・「今から、もう少し墓前祭の資料作りを頑張りま~す」 

    「今年は、直心影流薙刀術にやられまくっています」
    「パソコンに向かっている時間が長いので、目もショボショボになっています」
    「10月17日には、理事会も、全国の温習会も終わって、ホッとできます」
    「あと、半月あまり、頑張らなしょうがないです」 

★ 大・大先輩の薙刀 ★
 薙刀大先輩

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

岩崎宏美コンサート

9月25日(日曜日) 

※ 今日も、薙刀の会計合わせでした 

※ 夕方から、懐かしい楽しい時間を過ごしてきました。

★ 岩崎宏美 コンサート ★
          岩崎宏美コンサート

 岩崎宏美2

※ 私が若かった頃、よく聞いた歌がほとんどだったので、心地よい時間を過ごさせて
  もらいました。

※ 撮影禁止なので、ポスターで我慢してくださいね。
  夕方4時に家を出て、帰って来たのは夜の9時過ぎでした。

~~~~~~~~~~ 家に帰った途端に現実に戻りました ~~~~~~~~~~

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

まるで草畑?

9月24日(土曜日) 

※ 朝、時間があったのでシャエンバへ行ってみました。
  我が家から徒歩で1~2分の所だけど、7月の14日から行っていませんでした。

★ う~ん!・・・これは、本物の草畑やな~  ★
 草畑?
※ この、草の中で頑張っているはずの、さつま芋とバナナメロンと、ミニトマトと、
  里芋・・・・・?

※ 端っこから、少しづつ草を抜いていきました。

★ あった! あった! バナナメロン  ★
 頑張ってたバナナメロン

★ 実も生っていましたよ  ★         
          バナナメロンの実
 バナナメロン2

★ まだ、可愛い花も咲いていました  ★
 バナナメロン花

★ バナナメロンを餌にしていたのは・・・ ★
 バッタ
 おんぶバッタ
※ この虫たちでした。 虫も何かを食べないと元気が出ないですよね。
  まあ、しょうがないかな~?

★ 食べられそうな、実を千切って・・・・ ★
 虫食いメロン
※ 分厚く皮を剥けば、食べられる所があるやろな~と思いながら、持って帰りました。
  15個も、持って帰ったんですよ 

・・・「我が家では、虫たちが食べた残りを人間が戴いています」
    「共存だから、虫とも、草とも、仲良くしなくっちゃあ~ね  」

※ きれいな部分だけを、良く冷やして戴くと、甘くて美味しかったから、次は、虫たちに
  食べられない前に、千切ってきますからね。 

・・・「次に、時間を作って、さつま芋の中の草も抜いてあげるからね」 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

薙刀の練習場の窓から~!

9月23日(金曜日)  さわやかな秋日和

☆ 昨日22日、北海道の大雪山系では、平年より3日早く初冠雪だったそうです。

※ 先輩から、「ミニ八十八か所お接待があるから来てね」って言われていたのですが、
  朝から、お彼岸参りのお客様が来たので、私は参加できませんでした。

  息子は、朝仕事から帰ってきて、すぐに親戚のむかわれの法事に行きました。
  母は、デイサービスに行きました。
  嫁も、友達との約束で朝から出かけました。
  留守番は、私しか居りませんでした。

※ お昼から、少し時間ができましたので薙刀の練習に行きました。

  10月の温習会までに、全国から集まる『切り紙』のお稽古の中に入って恥ずかしく
  無いようにしておかないとね!
  教えて戴いた事は、きちんと自分の身体に覚え込ませておかんとイカンのです。
  相手が目の前にいると、頭でわかっていても、出来んのです。
  やっぱり、自分で頑張らないとショウガナイです 

  お彼岸だから、稽古している先輩方も、みんなも忙しかったみたいです。

  私も、用事があったので、いつもより少し早く帰ってきました。

★ いつも練習している道場の窓から ★
 くにち池
※ 向こうの方に、天霧山(弥谷さんのある山)も、火上山も見えました。

★ 秋の青空に真っ白い雲 ★
 秋の空と雲
※ じっと見ていると、白い雲が、次々と形を変えていきます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・時間が経つのを、忘れそうでした。 

★ カントリー(左の建物)とミニ八十八か所のお接待をしている山 ★
 カントリーと爺神山
※ 我が家のコシヒカリとヒノヒカリは、収穫後田んぼから直接ここに運びます。
  あとはJAにお任せしています。
  餅米は取ってくれないので、別に個人で籾摺りをしてくださる所にお願いします。

※ お接待をしている山は、写真の右側の、右半分が削り取られている山です。
  昔は、きれいな形の山だったのですが・・・・、
  こうやって写真に写すと、削り取られて痛々そうに見えますね。
  ほんまに可愛そうやな~

※ よ~うく目を凝らしてみると、この削り取られた山の端っこの方に、
  ピザの美味しいお店『風音』も写っていましたね。  またね 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

『里芋』 ⇒ 『ずいき』

9月22日(木曜日)   

※ 急に涼しくなりました。
  私の部屋は24度でした。 今日は、クーラーは要りません。

★ 『ずいき』 ★
 ずいき

★ 『ずいき』に、もう少し近づいて・・・! ★
          ずいき縦
※ 我が家のではありません。

母・・・「里芋(白)やと、思って植えといたんやけど、(赤)やったんやがな 
    「この葉っぱを、今摘んで干しといたらずいきになるで  」
    「芋は、里芋で食べられるきんな」

・・・「初めて見たけど、ずいきって葉っぱや軸が里芋よりグ~ンと大きくなるんやな」

※ 2~3年前に我が家でも、「ずいきの種芋やで」って、戴いてきて植えたのは、
  この三分の一位の大きさにしかならなかったです。
  
・・・「やっぱり、肥しと水と、育て方かな~」

※ 私は、干しといたらズイキになるって言われても、どうやったらいいのかわかりません。
  どこをどう切って、どうやって干すのか、何日位干すのかも、わかりません。
  もし、上手く出来たとしても、どうやって食べるのかもわからんのです。

  実家の母に、「干してみるな?」って言われたけど・・・・、
  面倒臭かったので断って帰りました。

  ほんで、今、ちょっと後悔しています。
  今、教えてもらっておかないと、わからんままになってしまうわな~ 

※ 今度、実家に行ったら、「干して作ってみてよ!」ってお願いしてみようかなって
  今思っています。      

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

久し振りの孫

9月21日(水曜日)  

※ 台風15号は、讃岐を通過して、関東東北に行きました。
  そちらでまた、猛威を振るっています。
  最近は、昔より海水温が上がっているので、関東、東北、北海道にまで、被害を及ぼす
  ような台風が多くなっているんですって・・・・?

※ 四国も17日大雨洪水警報・・・・18日中休みで暑い暑い晴れ・・・・
  19日・20日と暴風雨、注意報~警報・・・・と、長期間の台風でした。

※ ここ一カ月位、孫は私の家に来ていませんでした。
  ママが体調不良で、仕事を休んで家に居ますので、自分の家に帰っています。
 
  夕食が終わった頃、パパが迎えに来て海は帰りましたが、空は、
・・・「さくら婆ちゃんとこで泊るよ~」「明日は幼稚園お休みやきんな!」

※ それで、今日は朝ご飯が終わってから、空と一緒におはぎを作りました。

★ 出来たね! まず仏様へ・・・! ★
          まず仏様へおはぎ
※ 空は、リンを3っつならして、『南無~~~』を3回言って、お参りします。

・・・「仏様にあげたから、空も食べて、いいですか?」

・・・「どうぞ!、美味しかったらいいんだけどね・・?」

★ これが、おはぎって、いうんやな~  ★
 おはぎ美味しいな

★ 「メッチャ美味しいわ~」 ★
 お茶も美味しいな

★ 「もう一個、お代わりしてもいいですか?」
 お代わりおはぎ

★ 「これは、ドーナツおはぎになったよ~! みて、みて~!」 ★
ドーナツおはぎ
※ {こうやって遊ぶのは、もうお腹がいっぱいで、欲しくないのかな~?}って思って、

・・・「要らないんだったら、無理して食べなくっていいよ!」

・・・「ううん、美味しいよ。こうやったらもっと美味しくなるんやで~」
    って、きな粉の大きいおはぎを2個ペロリと食べてしまいました。 

・・・「空が美味しいって言うんやったら、叔父ちゃんちにも持って行こうか?」

・・・「うん!」

★ 叔父さん所と、曾爺ちゃん所に持って行きました! ★
 親戚の仏様へ

※ この、おはぎは、見よう見真似で、私が勝手に作っているので、他所にあげられる
  ような物ではないのですが、空が「メチャメチャ美味しいよ」って言ってくれたので、
  持って行くことにしました。

・・・{また、曾婆ちゃんが、批評してくれることやと思います}
    我が家の、曾婆ちゃんはデイサービスから帰ってきて、食べて

・・・「美味しいな~、こんなに美味しい物を食べるから長生きするんやな~」って、
    言っていましたから、きっとおはぎが大好きなんでしょうね。

    ・・・・・・・・と、思いました。      

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

台風15号の中を・・・・!

9月20日(火曜日)  暴風雨

※ 朝9時過ぎに出かけて、薙刀の中間報告の書類を作成するために、今までの会計(収支)
  を再確認しました。 夕方5時近くまでかかりました。

  まだ全部はできていません。 でも、もう思考能力ゼロ、目も疲れてショボショボに
  なったので帰ってきました。

・・・「さくら婆ちゃん、お帰りなさい!」

※ 海と空が来ていました。・・・一ヶ月振りかな・・・?

・・・「どうしたの、ママに言ってから来たの?」

・・・「だいぶん前から来て、おっちゃんと遊んびょったんやでな~」

・・・「もう夕方だからね、ママが心配したらイカンから電話しときましょうか」

・・・「パパがお仕事から帰ってきたら、迎えに来てくれるかな・・・・?」

※ 遊びには来たけど、時々、雷がなっていたので、怖くて帰れなくなったんやと思います。

・・・「わかったよ、それじゃ~、今から晩のご飯をみんなで作りましょうか?」

午後7時前に、みんなで夕食。
その後、パパが迎えに来ましたが、空は帰らないと言う。

・・・「ぼくは、さくら婆ちゃんと、お風呂に入って、寝るよ」

※ 海は、お兄ちゃんだけど、おうちがいいみたいで、パパと一緒に帰りました。

  また、明日ね 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

スイート バジル

9月19日(月曜日)   

※ 台風15号は、沖縄の下の方でウロウロしていました。 
  もう消えて無くなったのかと思っていたら、やっぱり来ているんですって・・・

※ 18日は、1日中場所を大きく移動しなかった台風15号です。
  お蔭で、運動会は1日中晴れで、無事に開催することができました。
  よかったヨカッタ!・・・なのですが、台風が移動しないでずっと同じ所に居た、
  そこの人たちは、動かない台風の怖さと不安、去ってくれないイライラ感が募って
  いたことやと思います。

※ 最近は、テレビの天気予報を見る時間もないです。
  時間は自分で作りなさいやわな~  
  は~い、わかりました。・・・・・・・・・ごめんゴメン

★ スイート バジル ★
          スイートバジル

★ スイート バジル の 花 ★
 スイート バジル 花
※ 「スイートバジルを植えておいたら、虫が来にくいよ」って教えてくれたので、
  植えてみました。

※ 本当に、虫が来ていないのかどうか、私にはよくわかりません。
  でも、これは放ったらかしでもOKの草(ハーブ)です。
  春、苗を植えたら、植えっぱなし、
  今頃になると下に勝手に種が落ちて、たくさん芽を出しています。
  いろんな所に植えてみましょうか・・・? って、思います。
  今、植えても冬の寒さにやられてしまうのかもしれませんが・・・・・

  シソ科・・多年草・・って書いてありますので、
  ひょっとしたら大丈夫かもわからんですよね    

・・・「今日は、台風が下の方に居るので、粟島に行くのは止めました」
    「ラッキーアイランド・オープンの会に参加できなくてごめんなさいです」 」  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

もう、秋になっていますよ!

9月18日 (日曜日)  メチャクチャ暑い運動会でした!
 ≪台風15号は、昨日の位置で動きませんでした。≫
 ≪なので、今日は一日中晴れていました  ≫
 ≪秋の運動会は、予定通り実施されました。・・・よかった、よかった  ≫

※ 私の町は、3地区に分かれていて、小学校も幼稚園も各地区毎にあります。
  中学校は1校です。

  今日は、その3小学校が、それぞれの運動場で秋の運動会でした。
  幼稚園も、地域の人たちも競技や、演技に参加します。

※ 私は、運動会の放送を聞きながら、あぜ道散策をして秋を実感していました。
  
・・・{今頃は、孫・パパママ・嫁、みんな暑い中で頑張っているやろな~}って、
    思いながら、私は独り、秋の草花の中で好きな事をしていました。
    応援は、心の中で精一杯していましたからね 

~~~~~~~~~~ それで、下記の写真になります  ~~~~~~~~~~

★ 毎年、私が見に行く畔の彼岸花で~す! ★
          彼岸花縦1

★ ここは、まだ今からでした  ★
          彼岸花縦2

★ 遠くから見るとコマツナギかな~~?と思って・・・・? ★
 コマツナギかな、草の萩かな

★ 近付いてよく見ると、萩の仲間みたいでした  ★
 コマツナギ騙しかな

★ コスモスも、もう咲きそうでしたよ  ★
 コスモス蕾

★ 紫式部は、色付いていました  ★
 紫式部実

★ よく見る花、葉っぱやけど、名前は知らないです  ★
 何かな、よく見る花

★ これは、ニラやと思うんですけど・・・! ★
 ニラやと思う
※ 我が家の、シャエンバに30数年前から生えているニラと同じに見えます。
  
・・・{葉っぱを摘んで帰って食べてみたらわかるよな~~?}

★ 野菊のあぜ ★
 野菊の畦

・・・『ひと~つ・ふた~つ・みい~っつ・・・!』って、玉入れ競技の玉の数を数える
    アナウンスを聞きながら、私は、自分の好きな事をしていました 

※ 私は、朝からあんまり暑いのと自分の用事がいっぱいあったので、バザー券を次男に
  取りに来てもらいました。「海や空と、食べたらいいよ」って言っておいたのですが、
  食べきれなかったらしく、お寿司やら、お菓子を持ってきました。
  お寿司は、我が家の夕ご飯になりました。 

※ トンボやコオロギやバッタなど、さらに田んぼのあぜや、土手の草花は、確かに秋を
  キャッチしているのでしょうが、
  私には、まだまだ、真夏のような暑さに感じています。
  私は、もっと涼しくて、清々しい秋がいいで~す。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

讃岐源之丞・・・出番で~す!

9月17日(土曜日)    大雨警報

※ お誕生会に、讃岐源之丞一座が招かれました 

★ 讃岐源之丞(戎舞) ★
 誕生会出演木香ホール

★ 丸亀市からエイサーもお祝いに来ていました! ★
 エイサーもお祝い1

 エイサーもお祝い2

★ お祝いの花束も・・・! ★
 花束いっぱい

 バラもお祝いに
※ 花束は、長机に並んでいっぱいでした。(20束位あったかな~)
  舞台には、鉢植えの花が2列にぎっしり並べられていました。(スゴイ数です)

※ さらに、フラダンスの人たちもお祝いに来ていました。
  もっと、他にも招かれていたグループがあったかもわかりません。
  私たちは、出演が終わると片付けをして、食事を戴いて帰ってきました。

・・・「77歳のお誕生祝なんですって・・・?」

~~~~~ 受付をしていた人が、たまたま知り合いだったので、尋ねてみると ~~~~~

・・・「毎年しているんですよ。昨年は、花束などもっと多かったですよ」とのこと 

※ まあ、いろんな人が居て、いろんな生活があっていいんですけどね。
  お客様も、木香ホールいっぱいでした。
  きっと、本人が素晴らしい人で、取り巻きも裕福で優雅な人たちなんでしょうね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

チャングムさん、ありがとう!

9月17日(土曜日)    雷も! 台風15号は沖縄の下の辺りです!

 ≪今日は、台風15号の影響で警報(大雨)が出ていました。≫
 ≪なので、運動会前日ですが、幼稚園小学校はお休みでした。≫
 ≪明日は、三地区揃って運動会ですが、雨で準備ができませんでした。≫
 ≪明日、運動会できるのでしょうか?・・・心配になります。≫
 ≪こういう時~私には、テルテル坊主に頑張ってもらうしかないです  ≫

※ 昨日、『お気に入り』が出てきたと思ったら、今日は朝からインターネットが
  つながりませんでした。

  友人が、「インタネットがつながっている所のコンセントを一旦抜いて、
  さし直したら、なおるんですよ」って教えてくださいました。

・・・{そんな子どもだましみたいなことでなおるんでしょうかね}・・・と、
  半信半疑でしたが、やってみました。

  つながっちゃったです。 

  ほんまに不思議ですが、私には訳が分からずになおりました。

  ありがとうございました 

※ 大正琴の練習会は終わりました。 今から讃岐源之丞に行ってきます。 またね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

あまぎりさん、ありがとう!

9月16日(金曜日)  午後から

※ 久し振りの粟島歩き、楽しかったです。

※ 帰ってすぐに、薙刀の会計打ち込みして、プリントアウトして、
  1時半からの薙刀練習に、30分遅れて行きました。

※ 午後4時帰ってすぐに、着替えて、人形浄瑠璃の太夫の講師先生に謝礼・交通費を
  持って行きました。

※ 帰って、洗濯物を取り込みながら、夕食の準備をしました。

~~~~~ あまぎりさんに感謝の「ありがとう」は、ここからなんですよ! ~~~~~
※ 人形浄瑠璃の練習までに1時間ある。・・・・・
  ブログのコメントにお返事を・・・、 
  その前に、今日、粟島を歩きながら教えていただいた事をしてみました。
  『お気に入り』が出てきました。
  もう2カ月位隠れていたのですが、ほんまに出て来るもんですね。
  私は、もう、諦めていたのですが、隠れていたんです。

・・・「ほんまに、ほんまにおおきにな、ありがとうです」 

※ 今から、人形の練習に行ってきます。
  今日は、朝3時半から、休み無くきっちり頑張っている山さくらで~す。
  なので、あまぎりさんからの御褒美やったかもわからんですね。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

宗吉瓦窯跡史跡公園の勉強会

9月15日(木曜日) 

※ きょうは、三豊市 宗吉瓦窯跡史跡公園の、月に1回の勉強会でした。

★ かわらの里に展示してある瓦 ★
 軒丸瓦(左から)
※ この写真の瓦は、藤原宮で使用した複弁八葉蓮華文軒丸瓦よりも少しだけ古いです。

※ 素弁十一葉蓮華文軒丸瓦
  単弁八葉蓮華文軒丸瓦
  複弁八葉蓮華文軒丸瓦などの名前が表記されています。

※ 『複弁』・・・花弁の形を表しています。
          ハート形の花弁の中に二つの子葉があるものです。
 
  『単弁』・・・一枚の花弁の中にもう一枚の子葉があるものです。
 
  『素弁』・・・一枚の花弁のみ、あるいは花弁の中央に稜線が入るものです。

  『蓮華文』・・・蓮(ハス)の花を文様化したものです。

  『八葉』・・・・花弁の数を表します。 
          花弁が8枚なら『八葉』といいます。
          花弁が11枚なら『十一葉』といいます。

★ 複弁八葉蓮華文軒丸瓦 ★
 軒丸瓦(複弁八葉)
※ 写真向かって左が、藤原宮(奈良県)で、見付かった瓦です。
  写真向かって右が、宗吉瓦窯跡史跡で見付かった瓦です。
  (確かな証拠は、笵傷が同じ位置にあったことです)

※ この瓦が、宗吉瓦窯跡史跡公園の窯跡の灰原から発掘されたことが、国史跡に
  認定される切っ掛けになりました。
  約1,300年前に、藤原宮の大垣に使用されていた瓦と同じだったんです。

★ 軒平瓦 ★
 軒平瓦

※ 私は、ボランティアガイド養成講座3年目です。
  3年目なので、勉強したときに戴いた資料はカバンにいっぱい詰まっています。

  なのに、私はガイドができません。
~~ なぜなら ~~~~~~~
  実は、勉強会に参加しっ放しで、少しも自分でまとめをしていないからです。

  今年度は、勉強会の中で、一人ひとりがガイドをしてみることになりました。
  私には、まだまだできません・・・・と、思います。
  でも、せなイカンのですよね。
  学ばせて戴いただけで、何にもできませんでは、毎回資料を作ってお話してくださった
  先生に申し訳ないですよね。

・・・{恥をかく機会は多い方が、いっつもぼんやりしている私には良いかも?}
    と、思って頑張るしかないです・・・と、覚悟を決めさせられました。  

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

秋のあぜ道

9月14日(水曜日) 

★ 彼岸花 ★
 彼岸花1

★ 今年初めて見つけた彼岸花で~す  ★
 彼岸花2

★ 凛としている野菊 ★
 ノギク1

★ 仲良し野菊 ★
 ノギク2

★ ツルボ ★
          ツルボ縦

★ 蜜蜂さんも、美味しい蜜集めで~す! ★
 ツルボ横

★ 名前を忘れた野の花で~す! ★ 
 秋の野の花白
※ また、思い出したら、名前入れますね。 
・・・「白い花さんごめんなさいね」

★ コマツナギ (駒つなぎ) ★
駒つなぎ

※ 「暑い、あつい」と言って、クーラーの効いた車でさっさと走っていたので、
  夏から秋への自然の移り変わりを見逃してしまったかも・・・・?

  空も、雲も、山も、畑も、田んぼも、あぜ道も、小川も、イデも、庭の木も、果樹も、
  夏の頃とは違っていました。

・・・「また、自然の中へ遊びに行きますから、よろしくお願いします」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

十五夜=満月

9月12日(月曜日) 

『中秋の名月』

 今夜は、中秋の名月(旧暦の8月15日)・・十五夜お月様・・満月です。

★ 今夜のお月様(21:00) ★
 満月2

★ 今夜のお月様(22:00) ★
 満月1

★ 今夜のお月様(23:00) ★
 満月3

※ 十五夜=満月になる年の方が稀なんですって・・・
  (1日~2日、ずれることが多いんですって・・・)

※ 今夜のお月様は、6年振りに満月=十五夜
  2011年~2013年までは、十五夜(中秋の名月)に満月を迎えるんですって・・。

※ 秋は空気が乾燥していて、お月様が鮮やかに見えるから中秋の名月なんですって・・・。
 
・・・「太陽が西の山に沈んで、まだ外は明るいうちから、東の山の上に白い真ん丸の
    お月様が顔を出していました。
    空が暗くなると夜空にくっきり輝き始めました。
    素敵なお月様やな~って思っていたら、やっぱり満月(中秋の名月)でした」

※ 仕事から帰って来た嫁に「今夜はきれいな満月ですね」って言われて・・・・、
                      夕方から、慌ててお団子を作りました。

  でも、本当は十三夜も同じ場所から見て、お月見をしないといけないんですって 

※ 日々の用事に追われて、それを熟すだけで精一杯の生活をしていたらイカンな~って
  反省しています。

  来月も忙しくって、出来そうもないです。・・・来年は、覚えていたらね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ランチタイム』

9月12日(月曜日) 

『友達と一緒に、ランチ』

★ 久し振りの風音で~す!  ★
 9月の風音

★ 風音の入り口に向かって右側に・・・! ★
 風音の入り口に
※ いっぱい生っているけど・・・・?
  蜜柑の仲間やろうけどな・・・・?  って思って見ていたら・・・・。

★ きちんと、かわいい自己紹介がついていました ★
 名札も付いてます
※ 『ザボン』なんですって・・・!
  我が家にあるのとよく似ています。なんていう蜜柑かなって思っていましたが、
  これは、『ザボン』なんですね。

  我が家のも、今日から『ザボンちゃん』って呼ぶことにします。 

・・・「ランチもピザだったけど・・・、
        午後また別の友達から電話で・・・、今日は、夕食もピザになりました」
    「私は、ピザ大好きだから、一日に2回ピザでもいいんですけどね。
       特に、風音(ふうね)のピザは美味しいから大丈夫で~す   」

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

直島女文楽一座との合同練習&公演会

9月11日(日曜日)  真夏のような暑さ!

※ 朝5時過ぎ、民宿の玄関を出ると、前は瀬戸内の海・・・・!

★ 直島の朝・・日の出・・瀬戸内海 ★
 H23.9/11 民宿からの朝

★ 朝の日が昇る ★
 H23.9/11 朝日が出てきた
※ 日の出前に、漁の船が出て行きました。
  日の出前に、海岸を、可愛い犬と一緒に散歩している方もおられました。
  みなさん気持ちの良い挨拶や会話をしてくださいました。

★ 直島女文楽一座と合同練習 ★
 直島との合同練習1
※ 午前中の合同練習が終わって、場所を移動して、合同公演会場へ行きました。

★ まず最初に、讃岐源之丞保存会の『戎舞』 ★
 直島で合同公演1
※ 讃岐源之丞保存会の『戎舞』が終わって、
  続いて、直島女文楽の『えびす舞』が上演されました。

★ 讃岐源之丞保存会の『阿波鳴』(順礼歌の段) ★
 直島で合同公演2

★ 直島女文楽の『八百屋お七』 ★
 直島合同公演5

 直島で合同公演3

          直島合同公演6

★ 直島女文楽の『太夫・三味線』 ★ 
 直島合同公演4

※ 第一回目でしたが、座員同士の有意義な時間が流れました。
  素晴らしい会だったと思います。
  今後の約束をして、お別れをしました。

・・・直島女文楽一座の人たちとの交流は、素晴らしいことだったです。
    さらに、直島すべてが素晴らしいです。
    さらに、さらに、直島の人たちみんなが優しく好意的に迎えてくださいました。
    昨日、今日とお世話してくださった直島の座員の方に、ほんまに感謝です。   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

叔父の三十五日~直島へ

9月10日(土曜日)  暑いです!

『叔父の三十五日法要』
 叔父が急に亡くなってから、早や35日です。
 11時30分~12時30分・・・・叔父の家で三十五日の法要をしました。

 その後、みんなで料亭へ・・・・。

※ 私は、お食事をさっさと切り上げて、あとは息子に任せて席を立ちました。

※ みの駅13時59分発の電車に乗るために、料亭で着替えて駅に走りました。
  切符を自動販売機で買おうとした時、携帯電話を忘れてきたことに気付きました。

  最近は、携帯電話に全部入れているので、電話簿も持っていない。どうしよう 

  公衆電話から、家に掛けるが出ない。実家に掛けるが出ない。
  あとの電話番号は、誰のも覚えていない。

  今、食事をしていた料亭に電話して、息子を電話口まで呼んで戴いて・・・、
  息子に事情を伝える。
  「家に帰って、母さんの部屋に充電してある携帯電話をとって、駅まで持ってきて!」

・・・私は神に祈るような気持ちで、みの駅で待つ。

※ 電車が来る前に、携帯電話が届きました  

・・・「ありがとう、やっぱり持つべきものは息子やな~  」
    「あんた、お酒を飲んでなかってよかったな~、ありがとう」
    「あとは、気を付けてゆっくり料亭に帰って、家の務めを果たしてくださいね」
~~~~~~ こんな時だけ、息子に敬語を使っている自分に気付く  ~~~~~~

※ この日、この時間『みの駅』から電車に乗ったのは、二人でした。
  たまたま同じ場所に乗ったので、声を掛けると
  「岡山から三野町のうどん屋さんへうどんを食べに来ました」とのことでした。
  丸亀駅まで御一緒だったので、しっかり粟島の事や讃岐源之丞の事を宣伝しました。
  焼き物に興味のある方らしく、粟島のだるま窯を見にまた来たいとのことでした。

  その時は、私がご案内しますよ!・・・・ね!
  ほんで、続きに宗吉瓦窯跡史跡公園にもご案内したいな~と私は思っています。

  名刺も無く、電話番号も名前もお聞きしていないので、連絡の取りようが無いかも
  わからんのですが、『讃岐源之丞』のこのブログの事はお話しましたので、ひょっと
  したら、もう一度お逢いできることがあるかもわかりません。

・・・「一合一会やけど、また三豊市に来ていただきたいなって感じた素敵な方でした」

★ 高松港で同じく後から参加する座員と待ち合わせて、無事直島港へ到着 ★
 直島の港カボチャ
※ 携帯電話があったおかげで安心して行くことができました。

★ 直島の港まで迎えに来て戴いて、無事民宿に到着 ★ 
 9/10~9/11宿泊直島の民宿
※ 直島の方や、讃岐源之丞のみんなと合流できてホッと!

★ 美味しい料理(瀬戸の幸いっぱい)を囲んで懇親会 ★
 オオバ=シソの葉
※ この緑のシソの葉っぱの事を、ここでは『オオバ』っていうんですって~ 

★ 『イカチチ』 ★
 イカチチ
※ 左側の白い長丸いのは、『イカチチ』といって、イカの身体の中に在るんですって・・?
  私は初めて、戴く食べ物でした。

★ 向かって右の人が、直島女文楽の前座長です ★
 直島文楽前座長

★ 直島女文楽一座の解説 ★
 直島女文楽説明

★ 弁財船前から撮影 ★
          弁財船前から

★ 弁財船後方から撮影 ★
          弁財船後ろから

★ 弁財船解説 ★
          弁財船説明
※ 『弁財船』
  こういう船を作る船大工さんが、直島には大勢いらしたのでしょうと思います。
  
  直島の女文楽の前板は、この船を縦半分にして船大工さんが当時と同じようにして
  造られたものを使用しておられます。

・・・「それが、物凄く立派で格好いいんです」
    「今回、直島での讃岐源之丞の公演は、この前板を使わせて戴けるんですって、
     明日が楽しみで~す」  おやすみなさい  

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

『直島女文楽座との合同練習会』に向けて!

9月8日(木曜日) 

初めて実現することになった、
『直島女文楽との合同練習会』

※  9月10日~11日に、第一回の合同練習会が決まりました。
  10日の朝、讃岐源之丞保存会の座員は揃って一緒に行きます。

※ 私は、叔父の三十五日法要を済ませて、後から一人で行きます。
  10日の夕食(宴会)に、間に合うように行きますから、待っていてくださいね。

※ 11日(日曜日)は、
  12時頃から、練習の延長として・・・、
  * 直島女文楽は、「えびす舞」と「伊達娘恋の悲鹿の子」(八百屋お七の段)
  * 讃岐源之丞保存会は、「戎舞」と「阿波鳴」(順礼歌の段)を演じます。

~~~~~~ 直島でも練習の時のように演じられますように  ~~~~~~


[写真は]・・・・今日の記事とは関係ない写真でごめんなさい・・・『紅花』で~す!

★ 山形で盛んに栽培されている紅花 ★
 ベニバナ1

★ 咲き始めは黄色で、徐々に赤色になるんですって・・・? ★ ベニバナ2
※ 可愛くって、きれいな花ですが、棘があるんですよ 
 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『清々しい秋空の元、粟島へ~』

9月7日(水曜日)  秋の空になりつつで~す! 

※ いろんなことが少し落ち着いて、今日は10時45分の船で粟島に行ってきました。

★ 今日の粟島港 ★
 H23.9/7粟島港

★ 粟島港から城の山を望む ★
 H23.9/7粟島港から城の山

★ 海友荘 ★
 H23.9/7 海友荘

★ 海友荘のガラス(外の景色が歪んで見えます   ) ★
 H23.9/7 海友荘のガラス
※ このガラスがお気に入りの、海友荘のご主人様とその友達と一緒に手作りのカレー・
  粟島の海から釣ってきたイカの煮付け・友達が浸けたラッキョ・私が浸けたラッキョ・
  私が浸けた梅等々、テーブルにいっぱいのおご馳走を戴きながら、ラッキーアイランド
  オープン(9/19)行事について話し合い。(ということになっていたのですが・・・?)

※ なんとて、その方とお会いするのは今日が2回目でしたので、それぞれお互いのことを
  話し合うだけで、時間が過ぎてしまいました。
  それでも、彼女は大物で、私には計り知れない人でした。
  とっても素敵な、明るい、心の広い方のように感じました。
  私よりは随分お若い方かな?

  私の夢の世界を、現実に実践しようとしている。
  ・・⇒・・このことに、私は驚き桃の木で、ビックリ仰天でした  

・・・今夜寝ないで、明日の朝までお話しても、楽しい人やなって思いましたが、
    彼女も私も次の約束が待っている。 彼女が先に海友荘を出ました。
    悔しいけど、私も2時半の定期船で帰ってきました。

★ 粟島に一軒だけあるお店 ★
 H23.9/7 粟島のお店

★ 海友荘に「さようなら~!」 ★
 H23.9/7 海友荘にさようなら

※ 海友荘のご主人様に見送られて、私は一人寂しく帰ってきました。
  昨夜も泊まっていたご主人様は、今夜も海友荘で泊るんですって・・・・?
  余裕ですね。最近、時間にゆとりができたみたいです。
・・・「まあ、ゆっくり出来る時に、精一杯ゆっくりしてくださいね  」

※ 久し振りの粟島でしたが、青空・青い穏やかな海、いつもの優しい温かい粟島でした。

                  またね!   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『キス』

9月6日(火曜日) 

『キス』

★ 「瀬戸内の海で釣ってきたキスです。戴きました  」 ★
 キス

★ 一番大きいのは、24cmもありましたよ! ★
キス2
※ 昔々、私が釣りに行ったのは初夏の海で、朝早くでした。
  あんまり早起きして行ったので、船に酔ってしまって、私は近くの島に降ろして
  いただきました。

  昼には、みんながその島にやって来て、バーベキュや刺身にして食べました。
  それで、私は『キス』っていう魚を知っていました。
  このキスを持ってきてくださった方も、
  「もう、キスを釣るのは最後なんやがな!」って言っていました。

・・・「美味しかったです」
    「お魚さん、ごめんなさい  
     瀬戸内の海の中では、たくさんの弔いをしているのでしょうか  」

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『薙刀の審査会』

9月4日(日曜日)  

 近県での台風12号の被害は大きかったようです。
 香川県は、なんとか無事に通り過ぎてくれました。
 我が家は、コシヒカリを刈った後だったので、田んぼの被害も無かったです。

※ 朝から、いつもの体育館で薙刀の練習をしました。
  (2日は、台風12号接近で警報が出ている中でしたが1日中練習)
  (3日も、香川県が台風の目の中に入っている中でしたが、1日中練習)

※ でも、私にとってはこの台風に助けられました。
  台風のおかげで、3日の南京玉すだれの発表が1週間延期になりました。
  人形浄瑠璃の太夫の先生も大阪から来られない。→(瀬戸大橋が通行止め)
  それで、私は薙刀の練習だけに集中できました。

※ 午後・・・・検定会場へ移動しました。(車で30分)
  検定会場で、今日の検定の相手がわかりました。私の相手は、高知県の人でした。
  その人と一緒に合わして30分位練習しました。

※ 2時半から3時半まで検定でした。
  級を受ける人たちから始まりましたので、私は一番最後の15番でした。
  待っている間、じっと正座して見ていましたので、しびれが切れて足が痛くなり、
  うまく立てるのかなって不安になりました。
  しかし、緊張していたからか、順番が来るといつも通り立って歩くことができ、
  自分でも、ホッとしました。

※ 細かい所は、教えてくれた通り出来なかった所もありましたが、まあまあ順番だけは
  間違わずに終わりました。(一本目、三本目、六本目、短刀二本目)
  相手の人とも、それなりに合わすことができました。
  私は、初めに薙刀をして、次に相手と交代して私が木剣をして終わりました。
  何とか終わったので、

※ あと、4時頃まで参加者全員(30数名)の練習がありましたが、私は体力使い果た
  していたので、そっと体育館を出て休憩させていただきました。

※ その後、今日試験を受けた人たちが前列で参加者全員並んで、審査発表を聞きました。
  なんとか、合格できました。

・・・{受ける事が決まったのが、8月後半、それからの猛練習と、一緒に練習して戴いた
     薙刀の先輩方の努力とご苦労に対して、涙が出そうになりました}
    {朝も、昼も、夜も、私の空いている時間はすべて書き出し、それに合わして、
     練習の日程を作って指導してくださった先輩には、本当に頭が下がります  }
    {前に受けたのが平成2年でした。・・・・・21年間休んでいて、この短期間で次の
     段に挑戦っていうのは、周りの皆さんにも大変なご心配とご苦労をお掛けして
     しまいました}

【反省】・・・今度、もし受けるのであれば、地道な練習を続けて、自分でも納得してから
       受けることにします。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ラッキー アイランド構想(粟島へ)

9月1日(木曜日)   台風12号接近中

※ 幸さんの釣ったママカリを戴けるということでしたので、時間を割いて行きました。
  やっぱり、私は食いしん坊やな~

『それと、惹かれたのは粟島の未来に向けての
                     話し合いという言葉でした』


※ ラッキー アイランド オープニングに向けて・・・・?
  8名が海友荘に集まりました。遠くは神奈川県から来ている人も居ました。
  私は、8名の中で4名が初対面でした。

~~~~~~~~~~ なので・・・・! ~~~~~~~~~~
※ 話し合いも、この日お聞きしたこと全てが、自分の腑に落ちなかったです。
  
~~~~~~~~~~ なぜ、腑に落ちなかったか・・・・? ~~~~~~~~~~
※ 私にとっては、夢のまた夢の話でした。
  今まで、漠然と描いていた夢の世界の話をするんだから、すぐには現実と思えなかった
  です。
  
※ 私には、何も協力はできない、何もかもが雲の上の話でした 
  
★ 帰りの船は出ましたが、明日は欠航とのこと! ★
 h23.9/1粟島へ

★ 船の中に祀られている神棚 ★
 h23.9/1粟島定期船の中
※ 明日、明後日は、台風12号が四国に上陸そして香川県を通過して日本海へ抜ける
  台風予報です。

  こんなに真っ直ぐ香川県に来る台風は、私は覚えが無いです。
  明後日(3日)は、台風の目の中にすっぽり香川県が入りそうな動きをしています。

・・・「どうぞ、無事に、大きな被害が無く通過してくれますように  」
    と船の神様にお願いして、定期船を降りました。  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード