ノカンゾウ

6月30日(日曜日)  

※ 親戚の法事でした。
   2人ご案内がありました。 なので2人(私と息子)が行きました。

※ 朝、お供えの包みを作っていて、思い出しました。

・・・{あっ、そうや、うちの古いお墓は、今日法事に行く所のお墓の横や!} 
     {うちのお墓のお花は枯れている!・・・絶対に枯れている} 

・・・「なあ、なあ、母さんは8時前には行くけど、貴男は10時前に行ったらええから、
      お花(シキミ)を、あげ替えてから来てくれるかな?」
 
・・・「今から、弟と一緒に田んぼの草を刈ってから行く事にしとるから、無理やわ!」

※ 嫁は、うちの古いお墓は、はっきりわからんやろうと思います。
   すぐに実家に電話をして、妹と母に頼む。
   「父の実家へシキミを取りに行って、お参りしとくわ」って言ってくれたので、私は、
   ホッとして、法事の手伝いに行くことができました。

※ ところが、私が法事の手伝いをしている時に、携帯電話がかかってきて、
・・・「 婆ちゃんが、姉ちゃんとこの『お墓がわからん』って言よる」

・・・「そんなことないやろ、もう何べんもお花をあげ替えてくれとるよ」
    {あ~、母も痴呆になってるのかな?・・・4~5年前のことは思い出せんのかな}

     「新しいお墓を作った時やって、石屋さんのおやつやお昼の食事など、全部父と母が
      お世話してくれたんやで」

     『盆・正月・お彼岸・命日ぐらいは、お参りしてお花をあげかえとかなイカンで!』
     『お花が枯れとったらふうが悪いで!』・・・・・ってよう言われたんやで。

※ そうこうしている間に、次男がシキビを買ってお墓に来たとのことでした。
   次男も、自分の所のお墓がようわからなんだらしいのですが、近くのおばさんがお参りに
   来ていて、教えてくれたそうです。・・・・よかった。。。よかった。。。

次男・・・「場所はわかった。けど、前に来た時からやったら、変わったみたいやな~」

・・・「何言よんな! お墓の場所や変わるはずがないやろ」
     「なんぼか、古いお墓を除けたからかもわからんな~」
     「知ってるおばさんが居って良かったな。きれいに掃除して、しきびあげ替えといてな」
     「圭、はどうしているの?」

次男・・・「空は草抜きを手伝ってくれてる。圭は石に上がって遊んびょるで」

・・・「ありがとうな、やっぱり持つべきものは息子やなって思うわ。11時までには頑張って
     仕上げて、片付けして帰ってな」 

 ~~~~~~~~~~ お墓のお花は一件落着 ~~~~~~~~~~

※ 今日の法事のある家は、我が家から歩いて1分位の、隣の家です。
   その、1分位歩く間に見付けました。 ノカンゾウの花です。

★ 『ノカンゾウ』の花、見~付けた! ★
 ノカンゾウかな?

 ノカンゾウ1

 ノカンゾウ2

★ 明日咲くはずの、『ノカンゾウのつぼみ』です ★
 ノカンゾウ蕾

※ 夕方の6時40分に息子は帰ってきました。
   12時から始まったお客ですが、今まで楽しんでいたようです。

・・・「ただいま! もう、つぶされたわ」
 
・・・「おかえり、もうみんな帰ったの?」

・・・「まだ、居るけど、俺は、もうつぶされたから帰ってきた!」

※ ほんの1分位の所ですが、法事をした家の御主人様がそっと後ろからついてきてくださって、
   いました。

※ その時に、ちょうど、我が家に来ていたお客様が、
  「酔っぱらっとるきん、心配して送ってきたんやな」・・・・って言うと、

御主人様・・・「アホッ! 本家の息子を、わしが送ってきたりするかいや!」
※ ちょっと口は悪いけど、優しい心の持ち主やなって思いました。

※ 今から、夕食にしますが、息子は、たぶん食べないでしょう。
   もう、これ以上飲めないほど、飲んで帰ってきたんだからね。
   おやすみなさい 

・・・〔家族みんなにお墓の場所を知らせておかなかったこと〕・・・と、・・・
     1~2日前に気付いて、お墓参りに行ってなかったことを反省して・・・、 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ゆすらうめ

6月29日(土曜日) 

※ 今日も、お葬式でした。仕事をしていた頃お世話になった方でした。

※ 久し振りに大正琴の練習・・・・やっぱり上手く弾けませんでした 
   1カ月以上も触ってなかったからかな? やっぱり下手くそだからかな?

※ 今年は、ユスラウメを食べました。庭の剪定をしたから、見付けることができました。

★ ユスラウメ ★
 ユスラウメ1

★ 子どもの頃食べたのと同じ味でした ★
 ユスラウメ2

 ユスラウメ3
※ まわりの木がいっぱい繁って、太陽もろくに当たらないような日陰ですが、
   あなたは、頑張っていたんですね。・・・・・美味しくいただきます 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ネジバナ

6月28日(金曜日)  

※ 今日は、同じ自治会の人のお葬式でした。
   23日の日曜日にも、自治会内のお葬式がありました。
   お葬式  が、続いています。

※ 今日のお葬式の方は、急だったし、歳も若い方だったです。


 ~~~~~~~~~~ 今年もネジバナが咲きました  ~~~~~~~~~~

★ 6月6日のネジバナは・・・・ ★
          ネジバナ 6.6

★ 6月10日のネジバナは・・・・ ★
          ネジバナ6.10

★ 我が家で、少しづつネジバナが増えています ★
          ネジバナいっぱい

★ 抜かないように気を付ければ、増えるようです ★
          ネジバナ勝手に出て来て咲く

★ プランタに植えてあるネジバナです ★
          プランタのネジバナ1

★ プランタのは、毎年少なくなっています ★
          プランタのネジバナ2

★ やっぱり、自分で出てきたネジバナがいいですね ★
          ネジネジになってる花

★ 花の付き方が、ほんまに、ネジネジになっています ★
          ほんまにネジバナやな
※ ミツバチが蜜を集めに来て、順番にグルグル登って行くんですよ 

・・・この私の大好きな花が咲く頃、いつも思い出しますね。
     田植えが終わって、ホッとしたのでしょうか? 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ふれあいの会

6月27日(木曜日) 

※ いっぱい雨が降った翌日です ~~ 今日は晴れています ~~ 洗濯物が乾きます

※ 今日は、久し振りの友達からランチのお誘いがありましたがお断りしました。
   24日の会に参加できなくて、随分迷惑をかけてしまった会の支部のふれあいの集い
   があったから、お詫びの気持ちも込めて参加してきました。

※ 今日は、岐阜県関市から指導者の方がおいでて、いろいろと説明をしてくださいました。
   私は知らないことが多くて、ほんまに驚きながらですが、参考になることがたくさん
   ありました。

※ 久し振りの懐かしい人にも会えて、心がウキウキの数時間でした。

  ~~~~~~~~~~ 当たり前にいいものをつくりたい ~~~~~~~~~~
  ~~~~~~~~~~  安全・安心なものをつくりたい  ~~~~~~~~~~
  ~~~~~~~~~~  食品だから美味しくつくりたい  ~~~~~~~~~~      

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ただそれだけです ・・・・・・・・・・・

★ 『冷凍 絹ごし 便利とうふ』 と、 マーボー豆腐の素を使って・・・・! ★
 マーボー豆腐の素

 マーボー豆腐の素を入れて

 便利豆腐 冷凍

 便利豆腐 冷凍 マーボ
※ あっというまに、マーボー豆腐の出来上がり 

★ 便利とうふと野菜のかき揚げ ★ 
 便利豆腐のかき揚げ材料

 練った粉と一緒に混ぜる
※ 材料に天ぷら粉を少しまぶしてから、練った天ぷら粉をかけて混ぜます。

※ 10~15cm四方の大きさに切ったクッキングペーパーに混ぜた材料を二つまみ位づつ
   乗せて、クッキングペーパーのまま油の中にそっと入れます。

★ 上手く揚がるとクッキングペーパーが材料から離れます ★
 便利豆腐をかき揚げに

★ べんりで酢を使って、野菜の酢の物 ★
 便利ですを使って・・・

★ お湯を注ぐだけの野菜スープ ★
 野菜スープ

★ あっという間に出来上がった料理、全部美味しかったです ★ 
 全部美味しかったよ
※ 讃岐もち豚と、べんりで酢と、冷凍 絹ごし 便利とうふと、野菜スープなどの、
   COOP商品の紹介推進の会やったんでしょうね。

・・・今日のこの時間に、私は今まで知らなかったことをたくさん学びました。
     ありがとうございました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

庭の剪定

6月27日(木曜日)  

※ 私は、6月13日の午後3時頃から義父の病院でした。
   15日(土)と16日(日)は、田植えだったので息子たちは病院に来てくれませんでした。
   なので、私は、土曜日と日曜日もずっとおじいちゃんの病室から解放されることはありま
   せんでした。

※ 庭の剪定は6月12日から始まっていました。
   我が家は、14日に義母をショートスティにお願いしたので誰も居ません。
   庭師さんは、我が家の事情を知って、留守番も兼ねて頑張ってくださいました。

★ 6月12日午後から剪定が始まりました ★
 庭の剪定25.6.17

★ 暑い日だったので、日陰になっている所から始めてくださいました ★
 剪定始まりの日25.6.12

          未だ切ってない木

★ 未だ剪定をしてない所は、茂りまくっています ★
 家の庭
※ 暑い時にバベの木を切ると、水分が蒸発して木が枯れることがあるんですって・・・。
   なので、水を掛けながら剪定してくださいました。

※ 1週間位で剪定は終わりました。

★ 短く散髪したみたいになりました ★
 剪定の終わった庭

★ さっぱりしました ★
 剪定終了
・・・「ありがとうございました」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

オトメギボシ

6月26日(水曜日) 

※ 6月10日、オトメギボシの花が開き始めました。

★ 6月10日のオトメギボシ ★
          オトメギボシ咲き始め6/10

※ 6月13日に、私は義父の病院へ行きました。

※ 6月24日の夜に帰ってきたら、もう花は終わりでした。

★ 花の命は短いね ★
 オトメギボシ25.6.26
※ オトメギボシの花はもう終わっていました。
   また、来年ね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

帰ってきたお婆ちゃん!

6月25日(火曜日)  少しだけ 

※ 義父の洗濯物が乾きません 
   スッキリ乾かないようなお日和が続いています。
   梅雨だから、仕方がないかな?

※ 私の机の上に溜まっている手紙を片付けて、台所も、冷蔵庫の中も片付けて、まだ用事は
   残っていたけど、義母を隣町の老人ホームへ迎えに行きました。

・・・{13日間会ってないから、私の顔を忘れられていたらどうしましょう?}
     と思って、ちょっとドキドキしていましたが、私の顔を見て満面の笑みを浮かべて
     くれました。 私は、内心ホッとしました。

・・・「迎えに来てくれたんやな」って、すっごく嬉しそうに言ってくれました。

※ でも、凄く痛々しそうな顔をしていました。(本人は、もうどうも無いらしいです)

★ 義母が老人ホームへショートスティで行った日に・・・・ ★
          25.6.14紫陽花
          25.6.14あじさい
あじさい25.6.14詫間荘
※ 今日迎えに行った時も、この紫陽花の花は同じ色で同じようにきれいに咲いていました。

★ 義母は、ニコニコと帰ってきたのですが、痛々しそうな顔でした ★
          25.6.25帰ってきた義母

※ 先週はじめに、義母を預かってくださっていたホームから電話がありました。

・・・「朝、起きてきたら額に大きなこぶができていたんです」
     「本人は、『トラクターに乗っていて放り落とされたんや』って言っています」

・・・「額にこぶなんですね。・・・で、本人はどんな状態なのでしょうか」

・・・「熱も無く、血圧も正常です」

・・・「私は父から離れることができませんので、申し訳ありませんがそのまま様子を見て
     頂けないでしょうか」

 ~~~~~~~~~~~ ってなことがありました ~~~~~~~~~~~~

※ 私は、身動きできないので、夜勤明けの息子にそのまま様子を見に行くように連絡して
   そのままになっていました。

・・・「お婆さんな、メッチャクチャ大きなたんこぶができとって、冷やしてもらっとったで」
     「いつもの元気なお婆さんやったで、ほんだけんどな、どうしてそうなったかは
      わからんみたいやったわ」
     「どこかで転んで、打ったんやろうと思うけどな」

※ 今日、迎えに行ったら、ホームの人が「すいませんでした」ってお詫びを言ってくれました。

※ 私は、見にも行ってないので、義母が迷惑をかけたことのお詫びを丁寧にして、みなさんに
   心配していただいた事への感謝の思いをしっかり伝えました。
   怪我はどこで居ってもする時にはする、なまじここで居たからすぐに対処していただいて、
   これ位のことで終わったんやと思います。・・・と、本音を話しました。

※ 預かって頂いている間、大切にしてもらった事は、義母の表情を見るとわかります。

・・・「ほんまに、ほんまに、ありがとうございました」
     「おかげさまで、義母のことを心配しないで、安心して義父に付き添うことができま
      した」

※ ケアマネさんが、いろいろと考えて段取り良く手配してくださいますので、私は本当に
   助かっています。
  周りのみんなに感謝して、これからも自分のできることをできるだけ頑張ります 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

我が家に帰ってきました!

6月24日(月曜日) 

※ 6月13日から入院していた義父が、今日、夕方に退院しました。

※ 今夜は、義父の入院していた時に使っていた物を片付けして、洗濯いっぱいして、一晩
   自分の家でお風呂に入って、何も考えないで寝させていただきます。
   ほんで、明日は、ショートスティしている義母を老人ホームへ迎えに行きます。

※ 今回の義父の入院に対して、私はあまく見ていました。
   これなら、1週間弱で退院やなって思っていましたが、12日間も入院してしまいました。
   24時間付添いが、1週間過ぎると、私はストレスが溜まってきます。
   先週から、「点滴が終わったら退院していいですよ」と言われていました。
   点滴の予定が25日まであったので、まあ、早くて25日か26日に退院やろうなって、
   思っていました。・・・・・・が、今日退院しました。

   まあ、私は、お爺ちゃんの体調さえ良かったら1日でも早い方が嬉しいですけどね 

※ 今回は、肺炎だけじゃ無かったとのことでした。
   ばい菌が入っていたんですって・・・。 炎症を起こしていたんですって・・・。
   担当医の見立てが良かったらしくて、使った点滴のお薬がお爺ちゃんの体の中に入って
   いたばい菌によく効いたから、早く好くなったんですって・・・。
   今回は、ラッキーやったんやと思います。

※ もう1日退院が早かったら、私が今日行く予定だった会の書面決議書とか委任状とかの提出は
   しなくてよかったのですが・・・・生身の身体やから、ショウガナイよな~ 

   いつ、何が起こるかわからんのが、生きている人間の身体なんやろうなぁ~って思います。
   さらに、90年以上も使ってきた身体だから、いつ何が起こってもショウガナインやでな~。

 ~~~~~~~ 90歳以上の義父母と、80歳以上の父母を抱えている私は ~~~~~~~

・・・{こうなったらどうしましょう! ああなったらどうしましょう!} と、心配するのは
     少し前から止めることにしました。
     先々心配はしない。 なったら、なった時に、そのことに精いっぱい対処する。
     ときどき入院する義父のおかげで、今頃は病院に入院している患者さんの殆どが高齢者
     だってことを知りました。 
     寝ていて、自分で動けないお年寄りにはずっと付き添っている人は居ません。
     自分で判断できる人は、もちろん完全看護ですから、付添いは必要ありません。

     1日24時間隙間無く付き添っているのは、うちのお爺ちゃんだけです。

     私のストレスがたまるのは、
    ① 洗濯物をしに帰ることもできない。
    ② 自分の欲しい食べ物を買いに行くこともできない。
     (今回の病院には、売店が無い)
    ③ お風呂には、もちろん入れない。
    ④ 自分の参加する予定だった会を、お断りしてみんなに迷惑をかける。
    ⑤ 私の代りに、会に参加してくれる人を捜さなイカン。
     (その上、委任状とか書面決議書とかが必要な会には、書いて誰かに託けなイカン)
      その手配、そして病院まで取りに来てもらって、持って行ってもらわなイカン 
    ⑥ ショートスティしているホームからは、義母のことで電話がかかってくる。
    ⑦ それらの事を、義父を見守りながら段取りして、連絡を取り合わなければならない。
    ⑧ 誰かが、病室に来てくれた時に義父をお願いしてしか、私は病室を抜け出すことが
     出来ない。

     これが、1週間以上も続いたら、だれでもやっぱりストレスが溜まると思うわな~。
     その上に、病院で泊まると背中やら腰やらが痛くなってきます。

     そういう心配事が無ければ、昼寝もできるし、テレビも自由にみられる、もちろん毎朝
     のあまちゃんもみられます。
     義父だけを看ていたらいいのだから
     (点滴の時に手をそっと押さえているとか、お薬を忘れないように飲ませたり、食事の
     片付けをしたり、おやつを考えたり、排便排尿の始末をしたり・・・)
     そんなに重労働ではないです。
     新聞や本を読んだり、パソコンも打ち込み位ならできます。

※ 今度入院した時は、自分の用事はすべて無くしといて、付添いを楽しんでできるように
   しておきたいなって、思います。 
   次は、秋・・・そしてその次は、冬なんやと思います。 
   年に4回季節の変わり目に、やってくるはずなんです。

★ 最後の点滴 ★
 最後の点滴25.6.24
※ 点滴は明日までの予定でしたが、もうこれを最後にして退院していいですとの指示が出ました。
   おじいちゃんの手をそっと押さえているのも、今回の入院ではこれが最後になりました。
   ホッとするけど、ちょっと、寂しいですね 

・・・「私は、義父の体調さえ良ければ、1日でも早い退院が嬉しいです」
     って、言ったからかな・・・?  

★ 病院での最後の食事 ★
 病院の食事1
※ 最後まで、こんな食事でした。
   私は、あんまり美味しそうに思えませんでしたので、内緒で少し味見をしました。
   ごはん以外は、全部軟らかいゼリーみたいなおかずでした。 お味噌汁も、お汁だけやったです。
   途中で、

・・・「もう少し歯ごたえのある食事でも、義父は食べられるのですけど、お世話になっている
     老人ホームからの指示なのでしょうか。それともお医者様からの指示なのでしょうか」
     って、看護師さんに尋ねてみました。そのあと、ご飯はお汁が少ないおかゆになりました。

※ 家では、普通の食事をしていました。
   ホームの方も、ちょくちょく見に来てくださいますので、その時にそっと聞いてみると、
   「ホームでは、普通の食事をしていますよ」とのことでした。

※ なんせ、このゼリーのようなおかずでは、義父は食べたような気がしないらしく、食器を返して、
   食後の歯磨きに行った時に、ほとんど残したままで返している他人の食事を見て、
 
・・・「これは、わしのかな?」って言うんです。

・・・「おじいちゃんは、今食べて食器を返しに来たんやきんな。それは、よその人が残してるの
     だから食べたらイカンよ」

※ それから自分の部屋に帰って、おにぎりやら、お餅やら、さしみやら、果物を食べるんです。

※ でもやっぱり、お爺ちゃんのことを心配してこういう食事にしてくれているとのことなので、
   無理は言えませんでした。

※ ホームの方が迎えに来てくださって、「今夜は刻み食にしますね」って言ってくださいました。
   やっぱり病院で、ずっとこういう食事をしていたのだから、急に普通の食事にして誤嚥とかが
   あったらいけないので心配して配慮してくださるようでした。

★ 退院の日は、まだ梅雨空でした ★
          義父が退院した日(梅雨空)
※ でも、{私は今夜からゆっくりお風呂に入って、自分のベッドで寝られるんや}って、
   {自分の、時間で動けるんや}って思っただけで、なんかすっごく解放感がありました。
   おじいちゃん、ゴメンナサイね。 ホームに帰ったら、元気でみんなに大事にしてもらって
   くださいね  ・・・また行くからね    

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

あ~あ~あ~、ショウガナイねぇ~!

6月13日(木曜日)  猛暑日かな?

※ 昨日から庭師さんが剪定をしてくださっています 
   メチャクチャ暑いので、気の毒な位です。
   熱射病にならんように、陰の所からボチボチ切ってくださいね。

※ 午後2時半頃・・・、義父の老人ホームから電話がありました。
  
・・・{あ~~~  やられたよ~  }

※ 義父はこのまま入院することになりました。

※ 私の段取りを、キャンセルして、代わりにお願いする人を探していただいて私のすることを
   全てお願いせなイカンです。

 ~~~~~~~~~~ なので、しばらくブログお休みします ~~~~~~~~~

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

『梅』

6月12日(水曜日) 

※ 今年の我が家の梅は、生らないはずやったのですが、~~~~不思議~~~ 

※ 去年の三分の一位ですが、生っていました。
   庭師さんに言われて、仕方がないのでちぎりました。

★ 義母が、ボチボチ調べてくれました(大、小、熟しているのと、青いのと) ★
 梅調べ義母
※ ゴミを除けて、ボチボチ、リハビリのつもりで頑張ってくれました。

※ 何か義母に出来る用事があると、義母も私も、心安らかでいられます。
   義母に出来そうなことがあれば、私はもう一度調べ直すことを覚悟で、お願いすることに
   しています。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

積石塚古墳

6月12日(水曜日)  暑かったです!

※ 5月22日に、宗吉瓦窯跡史跡公園で歴史・ボランティアガイド養成講座の勉強会が
   ありました。

※ そして今日は、その時勉強したことを踏まえて、現場での研修でした。

★ 今日の研修で一番はじめの積石塚古墳 ★
 積石塚古墳1

★ 約1400年も前に、この山の上にこれだけの石を運んだんやな~~? ★
          積石塚古墳1 上から

★ ユンボもトラックも無いのに、どこから、どうやって持って来たんでしょうね? ★
 積石塚古墳1 横から

★ 石清尾山古墳群の解説 ★
 古墳の解説

※ 上の写真の古墳は、石清尾山(いわせおやま)古墳群の中の古墳です。


※ 古代時代について

  ①時期   3世紀後半頃~7世紀中期頃( 約 250年頃~645年頃)

  ②時代   倭政権を中心とした国家の成立期

  ③特徴   前方後円墳を中心とする古墳が全国的(九州~東北)に作られ始める。


※ 古墳について

  ①古墳とは  古墳時代に作られた、各地の王、有力者の大きな墓

  ②古墳の形と被葬者の社会的地位
   ・香川で1番大きい墓は137m・・・・全国で1番大きいのは400m
   ・1番偉い人は前方後円墳、2番目は前方後方墳、3番目は円墳、4番目は方墳

  ③古墳の構造からみた種類
   ・盛土古墳(綾川町末則古墳、5世紀)
   ・積石塚古墳(高松市鶴尾神社4号墳、3世紀)
    これは香川県で1番古い古墳です。
    卑弥呼の墓かも?といわれている箸墓古墳よりも古いです。

  中国では、中国の人が日本に行って作った日本のものだろう。
    日本では、中国のものだろうといっています。

★ 鏡塚古墳の解説 ★
 峰山の古墳解説

           積石塚古墳2

★ 石棺 (棺と棺のふた) ★
 積石塚古墳2の棺
 
★ 石棺の中には、頭を置く場所がありました ★
 積石塚古墳2の棺の枕

★ 北大塚古墳解説 ★
 古墳の解説

★ 約1,400年前の人が積んだそのままの石が残っているんです  ★
 積石塚古墳当時積んだ石

 積石塚古墳当時積んだままの石

★ 古墳群を見て帰りです~~山の上から領地が見渡せます ★
 山から見た高松市

※ 自分の治めている領地が見渡せる場所に、自分の眠る古墳を作ったのでしょうかね。

※ 積石塚古墳は、長崎・佐賀・宮崎・山口・香川・徳島・静岡・長野・山梨・神奈川・群馬
   にありますが、全国的には珍しい作り方です。
   ですが、香川県には石清尾山に28と、その他に24の計52見付かっています。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今日は義母の歯医者さんでした!

6月11日(火曜日)  雨が降って来るかなって思っていたら 

※ 2~3日前の天気予報では、週末は  マークになっていたのですが、今日の
   予報では マークが消えてしまいました。

 ~~~~~ 義母の予定と私の予定を合わせてよ~うく考えると、今日しかない ~~~~~

・・・ 「今日、診てもらいに行ってもいいでしょうか?」

・・・「いいですよ。何時頃が都合がいいでしょうか?」

・・・「今は、まだ母がヨモヨモしていますので、10時過ぎならなんとかなります」

・・・「そしたら、10:40に来てください。 予約を入れておきますので」 

※ よし、それまでに準備して・・・・・、
  ① 朝食の片付け
  ② 義母の着替え
  ③ 洗濯物を干して
  ④ 自分も準備して
  ⑤ 保険証を持って ・・・・・・・・ 

※ ついでに、私も診て頂きました。

※ 私の方が、悪い所がいっぱいあって、次回も行かなイカンことになりました 

※ 治療(歯の掃除)が終わって・・・・・

★ 「車まで、そろそろでいいから、自分で歩いて行こうな」  ★
 車まで自分で歩いてくださいね
※ 義母は、私を待っている間に歯医者さんの奥さんに無理を言って、マスクとマスクの中に
   入れる大きなガーゼをもらったようです。
 (デイに行く時は、いつも私が用意して義母のカバンに入れておくのですが、今日は歯医者さん
  なので終わったらすぐに帰って来るから大丈夫やろうと思っていたのですが・・・・、
  外に出かける時は、いつも用意しておかなイカンなって反省しました) 

※ ドアを開けて、乗りやすくしておいて・・・・・。

★ 「自分で乗ってくださいね。 お婆ちゃんは自分でできるよな~!」  ★  
          自分で乗ってくださいね

★ 「乗ったら、自分でドアを閉めてくださいね。 そこを引っ張ったらええよ  」 ★
 ドアは自分で閉めてくださいね
※ 上手く自分で閉められました 

※ やれば、出来るんやんな。 少し前に、自分で乗って、かくれんぼしとったんやきんな 

※ 友達みんなに、「車の鍵を閉めてないの?」って言われましたので、
   あれ以来、私は家に停めていても鍵をすることにしました。
   またみんなに言われそうです「そんなの当り前のことやんな~」ってね 

 ~~~~~ 午後、粟島の知人からで、お茶しませんか? ~~~~~

※ 義母の昼食の間に、役場に書類をもらいに行っていたときだったけど、せっかく島から
   出て来ているのだから、役場での用事を済ませたらこのまま行こうと思っていました。

   やっと用事が終わって、車に乗って出発したとき・・・・また・・・、

~~~~~ で、さくらさんは忙しそうなので今から満濃へ行きます ~~~~~

 {私が返信をしないで、待たせすぎちゃったかな}  

~~~~~  それなら私は、このままUターンして帰ります ~~~~~

※ そのまま、家に戻って義母の昼食後の片付けをして、駅へ切符を買いに行きました。

※ 夕方、義母の食事の準備をして、「食べてくださいね」
   嫁に・・・母さんは今から出かけます。
          仕事から帰ったらお婆ちゃんの事お願いします。

※ 退職者会の総会に出席・・・・終わって、食事をして家に帰る。

※ 家に帰ってから、悩みがいっぱいの友達に  しました。
   会に行く前に、悩みがいっぱい重なったとのを受け取っていました。
   会の間、また、何も連絡しないで待たせてしまったので気になっていました。
   いろいろなことが重なっているようなので、会ってじっくりと話を聞く機会を少しでも
   早く作りたいなって思いました。

・・・{粟島の知人にも、返信が出来なかったお詫びしておきましょう}

・・・今日も一日、時を大切にしました  おやすみなさい 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

義父と、実家の父母と・・・!

6月10日(月曜日)   時の記念日

※  私は今日、時を大切にした一日でした  

※ 実家の父の病院・・・・帰りはお昼になっていたので・・・・。

※ そのまま、義父の老人ホームへ・・・・・。

★ {まあ、この歳になって親が4人居るって倖せかも~}と、思う事にして ★
 みんな私の親です
※ この写真を撮る前に、

・・・「お婆さんは、写真はええわな!」 
 
・・・「あのな、その歳になったらこの写真が最後になるかもわからんのやで一緒に写っときな」

・・・「そうやろかな~、ほんだら、一緒に写してもらっとこうかなぁ~」

★ 今年の年男の、義父と、父(同じ巳年です) ★
 義父と父
※ 同じ巳年ですから、12歳年下が実家の父です。
   でも、この歳になるとみんな同じ年寄り(高齢者)です。 
   義父は自分で好きなように動けますが・・・・・、
   実家の父は車椅子です。 誰かに介添えをしてもらわないと移動できません。

※ 義父は、身体は元気そうに見えますが、ほんの1分前のことが記憶に残りません。
   昔のことは、覚えているから、この3人が揃うと話はできるんですよ。
   義父も、久し振りにあったのですが、どこの誰かは解っていて、きちんとつじつまの合う
   会話ができるんです。・・・・・・ 

※ 3人揃って共通なのは、高齢者です。 ほんで耳が遠いです。
   義父は、肝臓癌と、胃癌と、前立腺癌があります。
   父は、脳梗塞と、心筋梗塞になりました。前立腺癌も治療中です。
  
※ 認知症が1番スゴイのがうちの義父です。 次は実家の父です。
   実家の母も、物忘れはあると思いますが、父の面倒を見ていますので、まだもう少しは
   認知症にならんと頑張らなイカンと思っているみたいです。

※ 私たちが訪ねた時に、義父は昼食が終わっていたので、義父の部屋で4人でしばらく世間話。
   30~40分話をして、帰る時に玄関で、借りていた老人ホームの車椅子をお返ししたあと、
   職員の方が2名、父に付き添ってくださって私の車まで送ってくださいました。
   そして、後部座席にうまく座らせてくださいました。
   一緒に車まで送ってきていた義父は、父が車に乗るのを見届けると、助手席のドアを開けて
   自分も乗ろうとしました。

・・・胸がキューン  と痛みましたが・・・・・・・・・・、
・・・「お爺ちゃん、また来るからね。みんなのいう事をよくきいて、お爺ちゃんは、ここで
     居ってくださいね」 
     「田植えも、牛の乳搾りも、ちゃんと孫がしてくれているから大丈夫やきんな!」 
     「家の田植えが終わったら、また報告に来るから、安心してここでおってくださいね」

 本当は、乳牛は居なくなって10年になります。
   私の夫が亡くなった時に義父自身が処分しました。
   だけど、義父にはその事が記憶に刻まれてないのです。
   息子が亡くなったことも忘れています。
   ・・・それよりもっと昔のことは覚えているんですけどね。
   最近は、自分の部屋の窓から見える大見平野を見て、田植えの季節だってことを察知して
   「田植えの準備をせなイカン」「牛の乳搾りをせなイカン」って思うらしく・・・・、
   夜、電話がかかってきます。(職員の方に無理を言ってかけてもらっているみたいです)

・・・「お爺さんは、乳搾らなイカンきに迎えに来てくれるかな!」

※ 「牛は、もう居らんよ」と何度言っても、理解して納得することができませんから、
   時間の無い時には手っ取り早く、「大丈夫やきんな、ちゃんとしよるからね」って言います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~ そうすると ~~~~~~~~~~~~~~~  

・・・「ほうな、お爺さんが教えてあげんでもええんかな?」

・・・「ええよ、お爺ちゃんは、ここでゆっくりしとってくださいね」

・・・「はい、わかりました」

 ~~~~~~~~~~~~~~~ あとは ~~~~~~~~~~~~~~~

※ 職員の方が上手に話してくださったので、義父は納得して私たちの車を見送ってくれました。

・・・「ほんまに、施設の方々にはお世話になっています。 ありがとうございます」     

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

昔からある 『さつき』

6月10日(月曜日) 

※ 昨日午後から少し雨が降りました。 きた・きた・・梅雨の雨が~って思っていましたが、
   今朝は、その雨も上がっています。

★ 昔からあるサツキ(私がこの家に来る前からここにあります) ★
 玄関横のさつきピンク
 さつきピンクアップ

★ これも、ずっと咲き続けています・・・赤色サツキ ★
 サツキ赤庭の石の横

★ うちの庭にあるサツキの中では、私の一番好きな素朴なサツキです ★
 サツキ赤庭 アップ

★ これも、同じ時期に咲くのでサツキやと思います・・・花が大きいです ★ 
 庭のサツキいろいろな色

★ 一本の木にいろいろな色の大きな花を咲かせます ★
 色々な色が咲くサツキ

★ ほらねっ!    ★
 色々な色のサツキ
※ 花の大きさは、上の写真のサツキの2~3倍位はある大きな花です。
   ほんで1枚の花弁が大きくて、さらに花弁の数も多いです。
   ・・・・・・・・・・花が重たいやろうと思います。 
   だから木が疲れるのか、木自体はちっとも大きくなりません。

   管理が雑だからかもわかりませんけど・・・・・ 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ハコネウツギ』・・・かも?

6月9日(日曜日)   午後 

※ 10数年前に挿し木しました。
   私は、この切り花を戴いた時に、紫陽花の葉っぱに似ているから簡単に挿し木できるかも
   って、思って挿してみました。 
   沢山挿し木をした中で、唯一これだけが根をおろしました。

※ その時に思いました、この木は紫陽花の仲間じゃないんやなって・・・・。
   可愛い木だったのですが、なんぼでも大きくなります。 
   名前は知らない・・・で、調べようともしなかったのですがフッとしたことで、
   これかなって思う花に出合いました。

※ それで、今日、ここに載せておくことにしました。
   5月末に撮影した写真です。 今は、もう花が散ってしまいました。

★ 『ハコネウツギ』 かも・・・・? ★
          ハコネウツギかな

★ 一本の木に、いろいろな色の花が咲きます  ★
 ハコネウツギやろうな
※ こんなに大きくなるんやったら、別の所に移さなければって思っています。
   この木は、小さく刈り込まれますよね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ヨウラクアナナス』・・・かも?

6月9日(日曜日)  やっぱり雨は降らないで~す!

※ 朝、次男が来たので、

・・・「今日は、にいちゃんに呼びつけられたの? 田植えするん?」
     「昨日の夕方、苗に水かけしたけど、まだ、植えるには小さかったよ!」

・・・「うん、まだ植えへんで、今日は田植えの準備の手伝いやで!」

・・・「まあ、兄ちゃんとあなたに、田んぼの事は任せときますから頑張ってくださいな」

・・・「うん」

 ~~~~~~~~~~ そこで、話は変わって ~~~~~~~~~~

※ 5月末頃、先輩から戴きました。

・・・「花の名前は知らないけど、たくさんあるのでもらってください」

・・・「うちに来ると、枯らしてしまうかもわからんけど・・・?」

・・・「それが、ホッタラカシにしとっても枯れんのやがな~」

・・・「それなら、戴きます。。。 ありがとうございます」 

※ それで、戴いてきた植木鉢のまま庭の木の下へ置いてあります。
   まあ、土は、最近雨が降っていないからカラカラです。
   {でもなあ~、枯れんって言ったからね}・・・・放っておくべきかな 

※ パイナップルの葉っぱの様な感じです。
  (硬くて、細長くて、葉っぱの両側がガザガザになっていて、触ると痛いです)

※ 今朝、友達のブログを見ているとその中に、『これ同じみたいや  』って思うのが
   ありました。 なので、写真をここに入れますね。

★ 『ヨウラクアナナス』っていうのによく似ていました ★
 ヨウラクアナナス横
※ 5月末頃の戴いてきたときに写した写真です。
  
★ きっと、『ヨウラクアナナス』やと思います ★
          ヨウラクアナナス縦
※ taekoさん、時間のある時にここの写真を見たら、教えてくださいね。

※ 私に下さった先輩の所には、覚えられん位昔からあって、ずっと枯れないで増えている
   とのことでした。 
   なんかねぇ~寒さに弱そうな感じですけどね。
   我が家で、来年の春に花が咲けば、ルンルンなんですけどね。

   もう一個、この春に同じ先輩から戴いた大きなロウバイも、来春、上手く花が付くといい
   のだけど 

   両方とも枯らしてしまったら、{もう、山さくらさんにはあげんとこう}って・・・・・、
   思われるかも知れません 

  我が家にある、ほかの草花や木よりは、気に掛けて大切にお世話してみます。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

 『黄金柑』

6月8日(土曜日)  「やっぱり、降らないねぇ~」 

※ 今日は、雨が降らなかったら、稲の苗に水かけを頼まれています。
   雨・・・降ってくれないかな~ 

※ 朝、シャエンバで頑張って(4:30~7:30)
   義母の朝食を済ませて、自分の会に参加しました。
  (嫁が仕事休みだったので、参加することができました) 
   会は、昼前に終わったので、義母のお昼ご飯にちょうど良かったです。

★ 昨夜、戴いたミカンです ★
 先輩から戴いたミカン

★ 黄金柑(小さいみかんです) ★
 これは名前忘れたミカン

★ 黄金柑 ★
 黄金柑(多田)

★ ちょっと大きい方のミカン ★
 はるみ蜜柑

※ 昨夜は、小さいミカンを食べました。
   皮を手でむいで、食べられるミカンでした。
   さっぱりした味で美味しかったです。
   名前は黄金柑です。
   今頃の時季に収穫する蜜柑って珍しいよな  

※ 今日、ちょっと大きい方の蜜柑を食べてみました。
   これも普通のミカンの様に皮を手でむいで食べられます。
   すっごく美味しいミカンでした。
   名前は 『はるみ』 って聞いたけど、はっきりと覚えていません。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ビョウヤナギ (未央柳・美容柳)

6月7日(金曜日)  (梅雨なんですけど降らないですねぇ~?) 

※ 名前は、毎年忘れる花ですが、昨年調べた記録が手帳にありました 
   よかったよ~ 

★ ビョウヤナギ (これって柳なんやな~?) ★
 ビョウヤナギ25.6.7
※ 一昨日一個咲いていて、{今年も咲いたんだねぇ~}って思っていたら、今朝はいっぱい
   咲いていました。 

★ よく見ると、やっぱりきれいな花でした  ★
 ビョウヤナギ2

★ ・・・{あなたは、枯れることはないよな~}って思っています  ★
 ビョウヤナギ3

★ 一昨日咲いていた一個の花は、散って名残惜しそうに~~~  ★
           散るビョウヤナギ
※ でも、あとから咲く花たちにエールを送っていましたよ 

・・・「私は一番に咲いたから、一番に散ります。後から咲く花さんたち頑張ってね  」
     「山さくらさんが少しでも振り返ってくれて、この木を大切にしてもらえるようにね」
     「山さくらさんは、花が咲いた時しか、気付いてくれないからねぇ~」
     「後からあとからいっぱい花開いて、私たちが頑張るしかないよなぁ~」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

父の病院

6月6日(木曜日)  

※ 朝8時半に、実家の父と母を病院へ乗せて行きました。
   父の病院へ母が付き添って行きます。

★ 病院へ着いて、玄関で車から降りてもらったたけど・・・・・ ★
 実家の父の病院へ
※ ちっとも進まない(歩こうとしない)ので、母が先に受け付けをしに行ったようです。

★ 父は車から降りて2~3m歩いたら一休みです ★
 実家の父病院玄関で待ってる
※ 車を移動して、見ていたら、自分で座って母が戻ってくるのを待っているようでした。
   {まあまあ、母の言う事を聞いているな~}って思ったので、私は帰ってきました。

※ 今日は、義母が家に居る日なので、私も長い時間は家を空けられませんからね 

※ 父母の帰りの迎えは、義弟が行くことになっていたので、私はもう忘れていました。

 午後3時頃・・・ に、留守番電話が入っていたので見ると、
  「今終わって、今から薬をもらいに行くんやけどなぁ~、タクシーを呼んでもらえんかな」

・・・「今、どこに居るの、まだ病院なの」 
     「すぐに、迎えに行くから待っちょってな」 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 病院に着くと ~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 朝、座っていたベンチに、父だけが座っていました。

・・・「お婆ちゃんは、どこに居るんな~!」

父・・・「今、ここに居ったんやがな~?」

・・・「まあ、ええわ、お爺ちゃん、車に乗ってください」
 
※ 本人の気持ちが動いたら、足が5~6㎝前に進みます。
   引っぱっても、押しても、身体を支えても、ダメなんです。
   (返って、動かなくなります )…… うちの義母と同じやなぁ~って思います。

   直接触らないで、見守りながら、気長く、励ましの声を掛けるだけしか手段がありません。

・・・「お爺ちゃん、救急車が停まる所に車を停めてあるんやきんな、さっさと乗って車を移動
     せなイカンのやで、だから足を前に出して歩いてよな」

父・・・「おい、おい!」

※ 父を車に乗せてから、薬局へ・・・。
・・・「お爺ちゃんは、時間がかかるから、車から降りたらイカンで  」

母・・・「あれあれ、早かったな」

 ~~~~~~~~~~~ 実家の父母を車に乗せて帰りながら ~~~~~~~~~~

・・・「どうしたの、今までかかったんな?」
     「お昼ご飯は、どうしたの?」

母・・・「食べてないよ。 お医者さんやって食べんと診察しよんやきんな」

・・・「早よ、せな、午後からの診察がもう始まるんじゃないの?」

母・・・「ここは、午後からの受付は無いんやがな」

・・・「お爺ちゃんは、それだけ待たされたら機嫌が悪くなったやろ」

母・・・「そうやがな、途中でしばらく寝たけどな」
     「○○○○が迎えに来てくれるって言よったんやけどな、1時からは仕事やきんな」
     「あんたに、タクシーを呼んでもらおうと思って  したんやがな」
     「ほんだけんど、あんたが来てくれて良かった。忙しいのにありがとうな!」

 ~~~~~ 私が、実家に父母を送り届けて、家に帰ったのは午後4時頃でした ~~~~~

 ~~~~~ まあ、子どもを連れていくより大変なんじゃないのって思いました ~~~~~  

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『 ドクダミの花 』

6月5日(水曜日) 今日もやっぱり  

※ 私の大好きなドクダミの花が咲きました。
   先輩から戴いて3年目かな? 戴いた鉢は友達に分けてあげました。
   我が家には、路地に根をおろしたのが少しあるからたぶんなくならないだろうと思って
   います。

★ 今年も頑張って、可愛い花を付けたドクダミです ★
          路地に根をおろしたドクダミ

★ いつか誰かのコメントで『白雪姫』って名前ですよと教えてくださいました ★
 ドクダミの花と姫岩垂草

★ 花を横から撮影 ★
          ドクダミ横から撮影

★ 花を上から撮影 ★
 ドクダミの花上から撮影

※ 普通によくある一重のドクダミの花も好きでした。
   この八重のドクダミの花も可愛いでしょう 

   まだ、しばらくは楽しませてくれると思いま~す 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

義母と私のルンルンの時間

6月4日(火曜日)  ほんまに夏の太陽みたいで~す!

※ 朝、朝食が終わって8時半頃、義母の動きと表情がいいので・・・・・。

・・・「おばあちゃん、友達の所に行ったらどうですか?」 
     「仲良しの友達は、今日(火曜日)は、家に居る日やで~」
     「一人ぼっちで寂しいから、来て欲しいって言よったよ」 

・・・「ほうな、ほんだらちょっと行って見てこうかな~~~~。」

★ 友達の家に義母が着く頃・・・・見に行きました ★
 話し声が聞こえる窓

※ 窓から、義母の嬉しそうな声が聞こえてきます。{よかった! よかった!} 

★ 玄関には、義母の靴が並んで置いてありました ★
          玄関に義母のくつ

★ 中に入ってみると・・・・・ ★
 寝ている義母

・・・「おばあちゃん、何で寝とんですか?」
     「座って、テレビ見ながら、話すればいいのに~」

・・・「いやいや、〇〇〇が座れんきに、私も一緒に寝て話しよんやがな」

※ なるほどねぇ~、その方が顔の位置が平行になってええんやろうなって思いました。
   2人とも、テレビを付けた部屋で、寝て、向き合って話をしていました。
   これで、ゆっくり昼まで話してくれたらええんやけどな~。

・・・「10時にはおやつを持ってくるから、ゆっくりしていてくださいね」

・・・「はい、はい、心配して見に来てくれてありがとうな~」

※ 何かねぇ~、私にすれば普通の会話が成立しています。あまり無い事だからねぇ~ 

★ 9時半過ぎに、歩いて帰ってきていました ★
          義母の帰り道
※ あんまり、長続きはしなかったです。
   一緒に横になって話をするのも、疲れるのでしょうかねぇ~? 

※ 枯れた落ち葉と、草を見付けました。

★ ここまで、スムーズに帰ってきたのですが、止まってしまいました ★
          義母の道草
・・・「おじいちゃんが居る頃は、毎朝ここを掃いてくれとったんやけどな~」
     「ゴミがいっぱいやな~、でもお婆ちゃんが拾ってくれたらきれいになるな」 

★ 今度は、道の左側も気になり出しました ★
 なかなか帰れません
※ 我が家のすぐ隣の方が、めったに歩かないお婆ちゃんがヨタヨタと歩いているのを見て、
   見守ってくれていました。
・・・「お婆さんが歩っきょるきん、家の玄関まで送って行こうと思って出てきたんやがな」 
     とのこと・・・・。 ほんまにありがとうございます 

 ~~~~~~~ しばらく隣のおばさんと話しながら様子を見ていましたが ~~~~~~~

※ こりゃあ、すぐにはもんて来んやろうなって思いましたので、抜いた草と拾った落ち葉の
   入れ物を、おばあちゃんの横に持って行きました。

※ 10:20・・・息子が夜勤明けで帰ってきたので、おやつに呼んできてもらいました。
   私が呼んでもすぐには応じませんが、他の人ならわりと素直に行動出来る事が多いです。

※ 義母がおやつを食べている間に、このブログ書いています 

※ 私にとってのルンルンの時間は、思ったより短かったです  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『マツリカ』

6月4日(火曜日)  日中30度で真夏日なんですって  午後から曇りの予報です!

※ 虫歯予防デーなので、歯磨きを丁寧にしましょうか? 
   歯医者さんから、[来てください]のハガキが来ているのですが忙しくて予約もできません。
   ごめんなさいね。でも近いうちにきっと時間を作って、私と義母と一緒に行きますからね。
   そのときは、よろしくお願いいたします 

※ 今年は、庭師さんが忙しくてまだ刈り込みに来てくださっていません。

・・・「誰が見る訳でもないから、いつでもいいですよ。 時間ができた時に来て刈り込んで
     くださいね」 

※ それで、今年はマツリカが埋もれていました。
   木の陰で、咲いていたので気付きませんでした。・・・もう終わりです。
   でも、また次の花が咲くかな~~?

※ 花の香りは漂っていたのですが、ずっと{何かなこの匂いは?}って思っていました。
   マツリカの花の匂いやったんやって思うと、心地好い香りに感じるようになりました 

★ マツリカ ★
 マツリカの花

★ こんな所にもマツリカ ★
 マツリカの花潜んで

※ 土の中で根を伸ばしたのか、ここにもマツリカの木が育っていました。
   これは、種では殖えないと思います。・・・だってこの花の実を見た事は無いですからね 

★ 咲き始めは青紫の色です・・・最後は白くなって、花を落とします ★
 マツリカの花青紫
※ もう少し頑張って咲いて、花と香りを楽しませてくださいね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

人形の練習にお客様

6月3日(月曜日) 

※ 今日は、危機一髪でデイサービスのお迎えに間に合いました。
   よかった! よかった! 「いってらっしゃ~い」

※ 今日は、会計担当の人から書類が来る予定になっていましたので、義母がデイサービスの
   お迎えの車に間に合って、まあまあご機嫌で行ってくれてホッとしました。
   今日から、今年度の収入と支出の項目毎のページを作ります。
   こんしゅうの木曜日までに仕上げて、また会計担当者に戻さなければなりません。

 ~~~~~~~~ 以下の写真は5月31日の人形の練習風景です ~~~~~~~~
★ マレーシアからのお客様です ★
 人形の練習にお客様1

 人形の練習にお客様2

★ 実際に遣ってみるなど熱心見学参加していました ★
 
人形の練習にお客様3

          人形の練習にお客様5
※ 日本の文化に興味関心を持ってくれてありがとう!

 ~~~~~~~~~~~~~~~ 人形は終わり ~~~~~~~~~~~~~~~

※ で「今日の午後お邪魔してもよろしいでしょうか」とのこと・・・。
   来られるお客様のお名前をお聞きすると、何か用事を頼まれそうな予感がしたので、
   今の私は、自分の時間が無いので、何かを頼まれても絶体にお断りしようと思っていました。
   2時にとのことで、きっちり2時に男性の方がお二人来られました。
   電話をくださった方は、同じ自治会の方なので知っていましたが、もう一人は、私が思って
   いた方とは違っていました。

   それで、まず、私の感が狂ってしまいました。 
   私が想像していた事とは全く違った事を依頼されました。
   私は、公民館活動か、いきいきサロンのお手伝いのことやと思っていたのですが・・・。

   午後3時頃、ついに私が負けてしまって・・・・、 
   他に誰か居ないかな?・・・奉仕活動なんだけど・・・引き受けてくれる人は居ないかな?

・・・またまた、心の重い日々を過ごさなければならなくなりました。
     その分、自分を高めることができるとは思いますが・・・、
     人形の会計だって、任期途中だけど無理を言って代わってもらったとこなのに・・・。
     薙刀の事務局の任期が今年度と、あと来年度もあるんです。
     薙刀の事務局が終われば、少しは余裕ができるはずなんですけど・・・・?
     その分、義父母には今よりもっと手がかかるようになると思いますから 
 
     今は、心当たりが無いけど、私より家庭(家族)環境的にゆとりのある人を捜そうと、
     思っています。

 これは私には{物理的に無理な事なんやで}って自分に言い聞かせています 
   なんとかしなければ~~~ね! 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

グミ (グイミ)

6月2日 (日曜日) 昨日の午後から梅雨らしいお日和です。  少しだけ 

※ 今年もビックリグイミの実が少しだけなりました。

★ グイミか、グミか、シャシャブか? ★
 グイミ25.6.2

★ 私は、『ビックリグミ』って言っています ★
          グイミ縦25.6.2
※ 昔子どもの頃、山でちぎって食べていたグイミの大きさの5~6倍はありますから、
   『ビックリグイミ』って私が勝手に名前を付けました。 

※ よくわからないのでネットで調べてみましたが、やっぱり私にはわかりません。

※ グミが正しくて、グイミは方言だとか・・・・?
   シャシャブとグミは同じものだとか・・・・?

※ でも、ネットで調べたおかげでわかったことがありました。 

 ① 自家不結実性で、1本では実が着かないんですって・・・・。
 ② 2本あっても、同じ品種だと実が着かないんですって・・・・。
 ③ 樹を大きく育てすぎると、実は着かないんですって・・・。
   (うちのは、肥しもやらんのに茂りまくっています)
   (いっぱい新芽が出て、屋根の高さを越えるほど、一気にグ~ンと成長します)
 ④ ジベレリン処理をすると、実が着くんですって・・・・。
 ⑤ ジベレリン処理をして結実した実は、種を植えても芽が出ないんですって・・・・。
 ⑥ ナツグミを一緒に植えるといいんですって・・・・。
 ⑦ ナツグミとフユグミがあるんですって・・・・。
 ⑧ 結実しても熟したら鳥に食べられてしまうので、ネットを張るんですって・・・・。

※ ネットでそこまで読んで・・・、えっ   
   いそいで、見に行きました。・・・・1っ個も実が無かったです・・・ションボリ 

 ~~~~~~~~ この写真は、一昨日(5月31日)撮影しました ~~~~~~~~~
※ その時に、3個は食べたので、まあいいか!
  {もう少し赤くなったら美味しくなるやろうなぁ~}って、ならして置いておいたのが
   イカンかったかな?

 そう言えば、うちのビックリグイミも、ビックリするほど花が付いていました。
   {あの花はどうなったのかなぁ~}って思っていました。
   きょう、全部落ちるんやなってことがわかりました。
 
   ジベレリン処理をしたらいいけど、その実の種は芽を出さないんだったら、
   ちょっと不気味やな~って思うし・・・・。
 
   もう一本グイミの木を植えるっていうのも面倒やし、それになったとしても、ネットを
   被せるなんて私には出来ないことやし・・・・、ほんまに困ってしまいます。

   でも、なんか少しは前に向いて努力しますからね。
   なんせ、食いしん坊の私だから、美味しいグイミがたらふく食べられるように、
   私に出来る事を一つづつ頑張りま~す。

   ほんで、いつかいっぱい生ったら、グイミ酒とか作りますからね。

 ~~~~~~~  〔6月6日・・・・書き足しました〕    ~~~~~~~
※ 今朝、グミの木を小さく切り込んでいたら・・・、生っていました。
   下の方の小鳥に見えない所にありましたので切って取って帰ってきました。

★ この4個のグミは、絶体に私が食べてやる・・・誰にもあげないよ  ★
          グミ花瓶に入れる


テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

食事会

6月1日(土曜日)   

※ 5月27日に梅雨入りをしてからずっとでしたが、今日は午後から梅雨らしいおひよりに
   なりました。

※ 義母の10時のおやつが終わって、お昼の準備をして私は出掛けました。
   家に帰ってきたのは、16時過ぎでした。
   息子が家に居たから、私は出掛けることができました。

   感謝せなイカンかな?
   イヤイヤ、家族なんやきん当たり前のことかな?

   まあ、私が「ありがとう」って言った方が、気持ち良くみんなが笑顔になれるかな~  

★ 一年に一度のお食事会ですって!  ★
 食事会(初めて参加)25.6.1

★ 私は初めての参加でした・・・場所はいつもここなんですって  ★
 食事会(いつも場所はここ)

★ まあ、ほんまに懐かしい話がいっぱいありました   ★
 食事会(デザート)25.6.1
※ この後、コーヒーをお願いして食事会は終わりになりました。

※ 11時前から集まって、終わったのは午後2時を過ぎていました。

※ 食事会が終わって、携帯電話を見ましたが何も連絡は入っていませんでした。
   なので、私は、家に帰らず、そのまま大正琴の練習に行きました。
   だって、次回の練習の日は、兵庫県に行っているので私は参加できません。
   今日は遅刻やけど、少しだけでもみんなと一緒に弾きたかったから行きました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード