ずいぶん、懐かしいねぇ・・・・!

9月30日(月曜日)  秋なのに、日中約30度?・・・暑いで~す! 

※ 午後から、讃岐源之丞の出演場所を下見に行きました。

※ 私が6年前までお世話になっていた場所です。・・・・ずいぶん懐かしい場所でした。
   もう2~3年は、尋ねたこともありませんでした。
   私が知っている人は、1人しかいませんでした。
   園庭の遊具も以前より小さくなっていて、設置場所も変わっていました。

   でも、建物は同じでした。
   私が6年前退職する時に 、職場や子どもたちとのお別れに門に付けてきたくまさんと、
   うさぎさんと、リスさんは、まだ色あせないで可愛く頑張ってくれていました。

※ 下見をさせていただいて、大夫のことば(浄瑠璃)の細かい打合せもして、日程の打合せも
  済ませて帰りに、くまさんと、うさぎさんと、りすさんに気付きました。

 ===== まだ、頑張ってくれていたので、  「ハイ パチリッ」 =====

★ 雨の日も、風の日も、雪の日も、暑い日も、ありがとう! ★ 
 熊さんたち元気だったんだね!

★ うさぎさん、毎日子どもたちに、明るい元気な挨拶をありがとう!  ★ 
 門の上のうさぎさん

★ りすさん、毎日子どもたちを笑顔で見守ってくれてありがとう!  ★ 
 門の上のリスさん

★ くまさん、子どもたちに元気なパワーを、毎日ありがとう!  ★
 門の上の熊さん

※ 10月9日は、人形浄瑠璃でえびす舞を頑張りますからね。
   また、逢いましょうね 

※ 実は、私は10月9日は7:00~17:30頃までの予定で粟島へ手伝いに行くことに
   なっていました。

   でも粟島の手伝いの予定表を見ると、この日私の担当場所には、私を入れて3名の名前が
   ありました。・・・ なので、担当者の方に理由を説明して9日は、粟島ボランティアを
   欠席させていただくことにしました。

※ 人形の方も、水曜日(平日)ということで欠席者が多くて、さらにえびす舞は座員が15~
   16人は必要な演目なので・・・・・、 
   粟島の瀬戸内国際芸術祭の手伝いは、申し訳ないけど急遽お断りすることにしました。

・・・{もう、ほんまに分身の術とかが使えたらいいのですけどねぇ~}って思います     
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

トラックのケイとトラ・・・・!

9月30日(月曜日) 

※ 孫と一緒にトラックを作りました。  

★ ぼくは、トラックの『ケイ君』と『トラ君』です  ★
 軽トラック製作

★ ちょっと走ってみようか! 「さあ出発で~す」 ★
 ケイとトラの出発

ケイ・・・「こっちに行きたいんだよ」
トラ・・・「ぼくは、こっちに行きたいんだよ~」
※ でもね、迷子になって帰りがわからなくなるといけないから、仲良く同じ方向へ
   行ったらいいよ!

★ ・・・「そうだね、仲良く一緒にしゅっぱ~つ!」 ★
 ケイとトラ並んで出発

※ ほとんど私が作ったのですが、孫たちにも喜んでもらえました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

隣町の敬老会に・・・!

9月29日 (日曜日) 

※ 隣町の敬老会に玉すだれで招かれて行きました。

★ 出演を待っている仲間です ★
          玉すだれ出番待ち

★ 敬老会に来られる元気なお年寄りが以前より多くなったように感じます ★
 隣町の敬老会25.9.29

※ カラオケやら、日舞やら、獅子舞やらで、賑やかな敬老会でした。
   玉すだれも呼んでいただきました。 ありがとうございました。

・・・「みなさん、お元気で長生きしてくださいね」 
     「私も、頑張って長生きして、みなさんの仲間に入れて戴きたいと思っています」
     「そのせつは、よろしくお願いいたします」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

栗おこわ

9月28日(土曜日) 

※ 朝10時頃・・・栗おこわを親戚からいただきました。

※ 墓前祭の名簿の変更と、会計の集計をして・・・・・・、
   午後3時半過ぎに義母をショートスティに迎えに行きました。


★ いただいた栗おこわ ★
 栗おこわ25.9.28

※ なぜ、ここに載せたかというと、60歳位のお父さんが作って持ってきてくれたからです。

・・・{私の身近な所では、男性でおこわを作る人は居ないです}   
    {友達間の話でも、「お父さんがおこわを作るよ」って話は聞いたことがないです}

 数年前から、この時期になると『栗おこわ』が届けられます。

※ お父さん(男性)が作ったと思うと、さらに美味しいんです。

・・・{それなら、我が家は、息子が作ったらええんやでな~}って思います。
    {まあ、96歳のお爺ちゃんには無理だから、あと男性は息子しか居ない}
    {今から、修業すれば、60歳になれば上手に作れるんじゃないかな}って思います。

※ 私の夫は、料理はしなかったです。
  
   でも、「女に出来ることは、男にだって出来る」って、ボタンのとれたの位は自分で付けて
   いましたから、
   「お願いします」って言えば、作ったと思います。

   ただ、息子は、どんなに言ってもしそうにありません。
   育て方を間違ったかな・・・・・・

※ このお父さんからは、年に数回 『おこわ』 が届けられます。
   さらに、『大学芋』とか、『春巻き』も持ってきてくれますから、お料理が好きな人
   なんやろうな~って思うことにして、
   お婆ちゃんが家に帰ってきたお祝いも兼ねて、家族で美味しく頂きます 

・・・「ありがとうございました」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

自分の用事で1人で移動

9月27日(金曜日)  爽やかな秋晴れ

※ 昨夜、新宿から少し北西に移動しました。
  自分1人では東京より、向こうへは行ったことがなかったので、不安だったけどなんとか
  なりました 

※ 昨夜は、少し曇っていましたが、この日の朝は清々しい秋日和でした。

※ 朝食を済ませて、また、東京に出てから讃岐に帰ってきました。
   夕方の6時過ぎに、25日の朝出発した駅に無事に帰ってきて、荷物の片付けも
   しないで、すぐに隣地区の公民館へ人形の練習に行きました。

・・・メチャクチャ真面目に、よく頑張った1日でした 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

墓前祭 H25

9月26日(木曜日)    

※ きょうは、平成25年の墓前祭です。

  来年度は、9月25日(木曜日)に決まりました 

★ 平成25年度墓前祭 ( 於 杉並区 宗源寺 ) ★
          宗源寺の広間に

※ 去年と違う掛軸がかかっていました。

 宗源寺中庭1

 宗源寺中庭2

★ 読経、焼香 ★
 読経後 お焼香

★ お墓参り ★
 お焼香の後 お墓参り

★ お墓参りをすませて・・・・ ★
          お墓参りが終わって

※ 1人ひとりのお墓参りが終わって、全員(61名)で記念撮影をしました。

★ 記念撮影を見守っていた狸と、白い彼岸花と、白い萩 ★
 狸の親子

          親狸

 彼岸花白

 彼岸花アップ白

 彼岸花白一個
 
 白い萩

※ その後、全員で会食

★ 会食お弁当 ★
 会食のお弁当

※ お客様方を送り出して、あと片付けは東京のお世話係りさんにお願いして、
   今日の自分たちのするべき整理をして、午後3時半頃に宗源寺をあとにしました。
   桜上水から新宿に出て、私は事務局の仲間と、午後4時過ぎに新宿駅で別れました。
   私は1人、自分の用事で残りました。・・・・私だけ明日の午後帰ります。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

浅草~スカイツリーへ!

9月25日(水曜日)     

※ 薙刀の用事は明日なので、今日は夕方まで自由時間です。
   最初の年は、お寺の下見などをしましたが、今回は3度目なので下見をしなくても、
   大丈夫で~す 

※ 品川駅の近くのホテルに荷物を預けて・・・・・ 

★ まず、浅草寺にお参りをして・・・・ ★
 浅草

★ 浅草は、やさしい雨が降っていました ★ 
 浅草寺

          浅草寺にお参り

          大きな草鞋も

★ 私は、はじめての、スカイツリーへ ★
          曇り空の中のスカイツリー

★ お客様が多い時に並ぶ場所なんやろうな~ ★
 今日はお客様が少ないよ

※ 私たちは、予約しておいてくれたので、そのまますぐにエレベーターに案内されました。

★ さくらのエレベーターで上がりました  ★
 行きは、さくらのエレベーターで

※ エレベーターの中もステキでしたよ 
 
★ スカイツリーの360度映像です・・・雨でもOKやな~  ★
 撮影されたスカイツリー

 スカイツリーの360度映像

★ 曇っていたので、下に雲が流れていました・・・雲の隙間から  ★
 スカイツリー雲の隙間から

★ ガラスの下は、真下が見えます・・が・・除くだけでも怖いよ~  ★
 スカイツリー真下

※ ガラスの上は自由に歩けます。 でも、私は怖いので横からそっと覗いてみました。
   でも、みんなはガラスの上に乗って真下を見ているので・・・・・・、
   {割れることは無い・落ちることも無い}と、自分にしっかり言いきかせて・・・・。

★ そっとガラスの上に乗ってみました・・・大丈夫やったです  ★
 真下が見えますスカイツリー

★ 帰りのエレベーターは鳳凰だったかな? ★
 帰りのエレベーター鳳凰だったかな?

★ スカイツリーの下のお店の中に、讃岐うどんがありました ★
 スカイツリーのお店
※ ここまで来て、讃岐うどんを食べなくてもいいや~!
   本当は、讃岐と東京の味の違いを確かめたかったのですが・・・、また今度にします。
   それで、他のお店で、夕食を食べて、お土産を買って、外に出たら・・・・  
 
★ 今夜は、ブルーのライトのスカイツリーでしたよ ★
          ブルーのスカイツリー

                  スカイツリー色々
         
          水曜日はブルーのライトスカイツリー

★ 品川のホテル前 ★
 品川のホテル前バス

          品川のホテル近く

※ 今夜は、ぐっすり眠って、明日はしっかり働かなくっちゃ~です 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

自分の用事で出掛けま~す!

9月25日(水曜日) 

※ 義父が無事に退院して、老人ホームへ戻ったので、私は自分の用事で出掛けます。
  
・・・ お爺ちゃんと、お婆ちゃんに、そして息子と嫁に、感謝して・・・・・
   それ以上に、義父の担当のお医者様と、義父母をお世話してくださっている老人ホームの
   方々にも、しっかり感謝してです 

※ 朝7時過ぎの電車で東京へ向けて出発

★ 最初に乗ったのはアンパンマン列車でした ★
 アンパンマン列車

★ 列車の中にもアンパンマン! ★
 列車の中にアンパンマン

※ 孫が、今より小さかった頃は、よく見に行きました。
   この列車に手を振ってからお昼寝ドライブでした。 
   2番目の孫は、アンパンマンが大好きでした。 
   列車を見てから家に帰るまで車で2~3分なのですが、その間に眠っていました。

※ 私の用事は、明日なので、この日は東京に着いてから後、ゆっくりできます 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『ざくろ』

9月23日(月曜日) 

※ 午前中の会は欠席でお願いしました。

※ 11時30分過ぎに、義弟を駅まで送って行きました。
   無事にお見送りしました。

※ 13:00集合の会に参加して、14:30に、先に帰らせていただいて、
   14:30会場、15:00開演のコンサートになんとか間に合いました。
   指定席だったので、15:00前に席に着けばOKでした 

   開演間際に行って、自分の席に座ろうとしていると、知り合いの人に会いました。
  「さくらさん、忙しいのによく来られましたね」って驚かれてしまいました。

※ 今から30~40年前の懐かしい歌に癒されて、私は前から3列目の席で眠っていました。
   ゴメンゴメン! でも、眠れるほど良い雰囲気やったんやでな~ 

・・・「今回は、お爺ちゃんが早く退院してくれたからね」 

※ 家には、彼岸参りのお客様が来られるし、来てくださった所にはお参りに行かないかんし
   まだまだ、私の用事はいっぱいあります。 ガンバルぞ~! 

 ========== 今日の写真は『ざくろ』です ==========

★ 叔母さんの家のざくろの花です。あんまり可愛いので勝手に撮りました ★ 
 ざくろの花

★ これは、お花を観賞する用の『ざくろ』やと思います ★
 ざくろの花アップ

★ これは、我が家のシャエンバに勝手に今年生えてきた『ざくろの花』です ★
 ざくろの花シャエンバに

★ 蝶が遊びに来ました・・・蜜を求めてかな? ★
          我が家のざくろの木

※ 春に芽を出したばかりなのに、花が3個ついていました。
   そこに、蝶が遊びに来ていました。
  ~~~~~ 花開くとき、蝶来たる ~~~~~ やな 

※ 勝手に生えてきた木や草は、どれもメチャクチャ元気で勢いがいいです。
   実が生るかもわからんですね。
   本当は、大きくならないうちに抜いてしまおうと思っていたのですが、抜き忘れて
   いたんです。 こんなに可愛い花が咲くと、抜けなくなってしまいます。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

親戚回り!

9月22日(日曜日) 

※ 朝から、お婆ちゃんと義弟と息子と一緒に、夫のお墓参りをして、
   お婆ちゃんの事を嫁に頼んで、義弟と2人で親戚まわりをしました。
   お爺ちゃんの入院でお世話になったお礼回りです。
   お彼岸も兼ねて、仏様にもお参りさせていただきました。

※ まず、遠くの親戚から・・・・・4軒回って帰ってきたら午後5時前でした。
   あと、近くの2軒は義弟に頼みました。
   ・・・・私は疲れています。・・・・夕食の準備もせなイカンしな 

※ 遠くの親戚に寄った時、近所の人の死亡の話を聞きました。
   夫の同級生のご主人だとのことで、明日のお葬式に、お悔やみを託けてお願いしました。
   朝は、お宮さんの奉仕作業に出て来ていたそうです。 
   「お宮さんの総代をしよったきんな~」とのことでした。
   奉仕作業の途中で救急車が来て、運ばれたそうですが、お昼前に亡くなられたんですって 

・・・{やっぱり、命って、神様が操作しているのでしょうが、いつ、なん時? なんですよね}
     {うちの夫もそうでしたから、私には約束は信じられても、命は信じられないです} 

★ ポーチュラカの咲く頃 ★
 お花25.9.22

★   ★ 
 お花アップ25.9.22

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

一週間の間に・・・・!

9月21日(土曜日) 

※ お昼前に、義父の息子(私にとっては義弟です)が、帰ってきました。

  「お爺ちゃんは、退院したよ」って伝えたのですが、帰ってきたかったみたいです。

※ お昼前に駅に迎えに行って、そのまま義父の居る老人ホームへ行きました。
   お爺ちゃんは、以前の元気なお爺ちゃんに戻っていました。

 ~~~~~~~~~~ お爺ちゃんは、私と義弟を見て ~~~~~~~~~~

・・・「どうしたんな?」

・・・「お爺ちゃんが入院しとったから心配して帰ってきたんやで」

・・・「ほうな、そら~ありがとうな。 わし、どうして入院しとったんやろな?」
     「わしは、どこっちゃ悪いとこないのんな」

 ~~~~~~~ 一週間病院にこもっている間に、彼岸花が・・・ ~~~~~~~

★ 彼岸花が咲いて終りかけていました(ジェジェジェ!) ★
          彼岸花全体

★ まだ、つぼみも少しだけありました  ★
          彼岸花縦

★ 今から咲く花は勢いがあって、瑞々しいけどね! ★
 彼岸花横

          彼岸花縦2

★ お婆さんの彼岸花もありましたよ! ★
 
彼岸花終わりかけ
※ 立派に咲いて・・・今もキレイでしょう 
   それなりに倖せを感じていると思います。
   そして、今から咲く花を優しく見守っているように感じます。

※ 彼岸花は、一週間で咲いて散るけど・・・・・。

※ 花も、人間も、みんな平等に順番にやわな~って、思います。
   我が家でも、お爺ちゃん・お婆ちゃんと、それから孫たちを見ていると、
   ほんまにそう思います。   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

義父→退院・・・・・義母→帰宅

9月20日(金曜日) 

※ 義父が退院しました。
   老人ホームへ帰りました。

・・・{昨夜の十五夜お月様が、私の願い事を、ほんまに叶えてくれたのかなぁ~} 
  
・・・「今週末か、来週初めに退院できますよ」
   と言われていたのですが、急に退院することになりました。

※ 私は、1日でも早い方が嬉しいので、すぐに退院の準備をしました。

※ お爺ちゃんは、老人ホームの方が迎えに来てくださって、無事にホームへ帰りました。

※ 義母を老人ホームへ、迎えに行きました。
   義母は、ショートスティしていましたが、今日我が家に帰ってきました。

・・・「私は、今までの生活に戻って、次は自分の準備ができます」  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

十五夜お月様

9月19日(木曜日) 

   中秋の名月  お月様 

★ 「今夜のお月様は、『月』って呼ぶのが申し訳ないほど大きく輝いていました」 ★
十五夜25.9.19

・・・{お爺ちゃんが、無事に退院できますように} 

※ あんまりきれいだったので、ついお願い事をしてしまいました。
   ほんまに、叶えてくれそうな神秘さを感じました。

中秋の名月25.9.19


★ ぼんやり 十五夜お月様  ★
 ぼんやり名月25.9.19


★ 十五夜お月様の光 と エンゼルトランペット ★ 
          月灯のエンゼルトランペット

          十五夜とエンゼルトランペット縦


★ お月様の光だけで、写真撮れます ★
 月灯のミニバラ

 月明りの花

※ 今夜は、義父の甥が泊まって付き添ってくれています。
   私は、自分の家に帰って寝ています。

・・・「ありがとうございます」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

入院している義父

9月18日(水曜日) 

※ 義父の点滴が昨日から、朝食後と夕食後の2本になりました  

 ( この調子なら、退院が、私の予定に間に合いそうです ) 

※ 私の付添いは、義父が頑張って出来る事は手伝いません。

   ~~~~~ 冷たい嫁かな~? 鬼嫁かなぁ~?と、自分でも思います ~~~~~

・・・{お爺ちゃん、優しい嫁でなくてごめんなさいね} 

★ 自分で髭剃りをする お爺ちゃん ★
 義父の髭剃り25.9.18

※ 今週末には、退院できますように・・・・。
   来週は、私は東京に行きたいです。・・・・お爺ちゃんの体調次第なんです。
   頑張って、早く好くなってくださいね。

 ~~~~~~~~~~ この日の、義父の出来事で、ビックリしたこと ~~~~~~~~~~

※ 昨夜は、叔父が泊まって付き添ってくれました。

※ 私は、朝、6:00過ぎに病院へ行きました。
   義父の病室の前の廊下の長椅子(ソファー)の上に、ヨーグルト・ブドウ・梨・りんご・
   缶ジュースなどが並べられていました。

・・・{なんだろう、これは・・・・}  

※ よく見ると、義父の病室の冷蔵庫の中身です 

   ドアを開けると、足の踏み場がない 

   義父は、シーツも、布団カバーも、枕カバーも剥がしたベッドで眠っていました。

   叔父は、ベッドの横のソファーで横になっていました。

 ① 冷蔵庫の中は、グチャグチャ。
 ② ロッカーの中のものは、引っ張り出してグチャグチャ。
   着替えも、タオルも、リハビリパンツも、大切な書類も、コップも、箸も、スプーンも、
   おやつも、グチャグチャ。

※ まあ、片付けにしばらくかかりました。
   着替えも、タオルも全部洗濯しなおさないと使えません。
   でも、私は義父から目を放すことができません。 まいったな~  

・・・{叔父だって、注意したと思うのですが、言うことを聞かなんだんでしょうね}
     {義父は、夜中じゅう、活躍して、朝方眠ったんやと思います} 
     「夜は、大変やったんですね。すいませんでした」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

義父の食事

9月16日(月曜日) 

※ 昼の食事から出してもらえることになりました。
   6月に入院した時は、お汁ばっかりのおかゆと、全てゼリーみたいなおかずでした。
   でも、今回は、担当のお医者様が、聞いてくださいました。

・・・「三分か五分がゆでいいですか?」

・・・「お米がいっぱい入っているのがいいです」

・・・「わかりました」

★ 義父の病院の食事(入院して初めての食事です) ★
 病院の食事25.9.16

・・・「お爺ちゃん、まだです。写真を撮ってから食べましょうね」
     「だって、めちゃくちゃおいしそうなお昼ご飯やん!」 

★ 「はい、お爺ちゃんの方に向けてあげますからね。 どうぞ、おあがりください」 ★
 パクパク食べる義父(病院食)25.9.16昼

※ 火曜日(17日)に検査をするまでは、絶食水と言われていました。
   入院してから今日までは、点滴が、大きいのが6本と小さいのが2本ありました。

※ 私は、朝から、夜遅くまで、ずっと、ベッドの横に座って、お爺ちゃんの手をそっと押さえて
   いないといけないんです。

※ 16日の朝は、とっても良いお天気でした。

 ~~~~~~~~~~ 窓の外を見ては、~~~~~~~~~~

・・・「わしは、ご飯を食べていぬきん、ご飯を持ってきてつか」
  
・・・「お爺ちゃんは、明日の検査が終わるまで、食べるのも飲むのもイカンのです」
     「お医者様がそう言ってるから、我慢せなイカンのやで~」

・・・「どしてな?」
     「わしは、急いでいんで仕事せなイカンがな。ご飯持ってきてつか」

 ~~~~~~~~~~ このやり取りが、100回位ありました ~~~~~~~~~~

※ 救急車で運ばれたのが土曜日で、翌日が日曜日でした。
   義父の担当のお医者様は16日(月曜日・敬老の日)に初めて診に来てくださいました。

   朝からの義父と私のやり取りをお話すると、

・・・「食事を出しましょう」と言ってくださいました。  ラッキー! 

※ 食事をとり始めたので、夜の大きな点滴が3本無くなりました。
   お爺ちゃんも、私も、ずいぶん楽になりました。 ありがとうございました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

義母をショートスティに・・・・。

9月15日(日曜日)  (台風18号接近、一日中雨でした)

※ 義母は今日から、ショートスティできることになりました。
   ケアマネさんが、いろいろ手配してくださるので、ほんまに助かります。

※ 義父の付き添いを次男が変わってくれましたので、家に帰って準備をして義母をショート
   スティに送って行きました。

 ===== お婆ちゃんのショートへの準備と、お婆ちゃんの身仕度をして =====

・・・「お婆ちゃん、老人ホームに行くよ!」

・・・「私は、今から、どこへ行くんかな?」

・・・「お爺ちゃんが入院したから、さくらはお爺ちゃんの病院へ行って帰って来られんのや、
      お婆ちゃんのご飯も作ってあげられんから、老人ホームに行っとってください」
    「ホームに行ったら、ご飯も、おやつも、お風呂も、優しくしてくれるからね。
      お爺ちゃんが好くなって退院したら、すぐに迎えに行くから、それまでホームで
      頑張ってくださいね。 お友達もいっぱい居るからな~」 

・・・「ほうな、そら~、大変やな、お願いします」

 ====== ってな具合で、無事に 老人ホームにお願いしてきました =======

※ これで、随分安心して、義父に付き添えます。 ありがとうございました 

※ ほんまに、いろんな人にお世話になって、それでなんとかなっている我が家の実状です。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

また、救急車で病院へとのことです!

9月14日(土曜日) 大安   

※ 今日は大安なので、近所のおばさんのお見舞いに行きました。
 
※ お見舞の前に、テレビせとうちで、『お婆ちゃんの料理』を見ました。
   粟島のお婆さんが、茶がゆと、ひじきの煮物の料理作りをしていました。
   粟島の素敵な景色も紹介されていました。
   私は、このTV放映を見ることができて、ラッキーって思いました。

※ その後、近くの敬老会のお祝いに行きました。
   大正琴の演奏は、午後2時に無事に終わりました。
   敬老会も、それで終わりになりました。

 ========== 終わってホッとした時に、  でした ==========

※ 義父のホームからの  でした 

・・・「今、救急車で病院へ向かいました」

・・・「わかりました。 すぐに病院へ向かいます」

 ってな具合ですので、このブログは、しばらくお休みします 

・・・今日は大安だったので、私の予定が全部終わるまで、義父は頑張ってくれていたのかな 
     と、思いますが・・・・・。

  入院が、長引くと 25日からの東京行きを欠席せなイカンです。
   6月も、大事な会を欠席してしまい、みなさんに大変迷惑をかけました。
   なのに、またなんです。
   火曜日に担当のお医者様が来られるまで、院長先生が診てくださっていますが、先の予定は
   さっぱりわかりません。
   17日(火曜日)担当のお医者様のお話をお聞きしてから、また、みんなに連絡することに
   します。

 私は、今日午後2時半から、病院に監禁状態になりました。
   誰かが来てくれないと、私は義父から目が離せません。 24時間付添いが始まりました。
   自分の参加しなければならない会が無ければ、もっと心にゆとりを持って義父に付き添う
   ことができるのですが・・・・(これは、私の、言い訳かな?)・・・・

   ほんまに、ほんまに、気が重いです。 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『狸に騙された話』

9月13日(金曜日)  朝からクーラーが要る気温です! 

※ きょうの義母は、普通の話が普通に通じる朝でした。 
   なので、ご機嫌よくデイサービスに行きました。(随分急かしましたけどね) 

 === 今日は、先日、大先輩からお聞きした 『狸に、騙された話』 です ===     

① 悪いことをする狸の話

  昔はな、みんな山越えして観音寺へ行っきょたんや。
 野津午(のつご)という所を越えて買い物に行っきょったんやがな。
 何を買いに行っきょったかというとな、観音寺の海産物(イリコやら何やら)を買いに
 行っきょったんやがな。
  ほんで、買うて帰って来るんや。
 ほんでそこの、眉山の峠まで来たら、自分の家が見えないかんのに、
 もうまわり一面が海になっとんやがな(狸が悪いことしてな)
 ほんで海になっとるきんしょうがないきんな、そこで横の石に座ってキセルでタバコを
 のんみょったんや、
 タバコをぷうか・ぷうか2~3回のんだら、すう~っと海の水が消えて、自分の家や畑や
 田んぼが見えてくるんや。 そんなことがあってな。

 イリコを買うて担いでもんてきよるきん、狸はイリコも欲しかったんやろうな。
 狸は、悪い事するんやがな、そいな事もあったしな。


② しっぽで泥を掛ける狸の話  (今から約70年前のことです)

  学校からの帰りが遅うになってな、帰ってきよったらな、どんどの谷の狸がな
 しっぽでな、パッ、パッ、パッ~とな、砂を掛けるんや、砂じゃなくて泥やろうな、
 ほんだらな、パラパラッと砂や泥が飛んできてな、頭や顔に当たるんやがな。

  それは、ほんまで、ほんまに飛んできて当たるんやがな。
 「タヌの野郎が、また悪い事しよる!」って言よったな。


③ あぜ豆の話

  夕方遅うくな、昔やきん田んぼの端に植えてあるあぜ豆な、そのあぜ豆をひいて収穫し
 よった、重信さんいう人が居ってな、
 「重信さんもう遅いきんしまわんな~」いうて、言うたらな、重信さんやと思うとる人が
 返事せんのやがな。
  ほんでな、「もう日も暮れたし、遅いきん、しまわんかい!」言うても返事せんきん、
 どうしたんやろうと思ってよく見たらな、あぜ豆をひっきょったんは狸やったんやがな。

  狸が重信さんに化けて、あぜ豆をひっきょったんやがな。
  抜いたあぜ豆を持って帰って食べよったんやろうな~。


④ 嫁入りの話

  ドンドの谷を通っりょったらな、どっきゃしゃん全然知らん人がな、
 「ちょっと来い、ちょっとこ来い、今日、おもっしゃい事があるんじゃ!」
 言うて、そのおっさんを呼び止めたんやがな。

  ほんでな、
 「ここをこうやって上がって、覗っきょってみいや、中で嫁入りしよるきん!」
 「だけど、あの嫁はんはな、狸が化けとんやぞ!」って言うんや、
  ほんでそのおっさんがほんまかと思うてな、窓のとこへ顔を付けて覗っきょったらな、

  嫁はんが来て、婿はんが居って、盃したり、親戚の人が色々やり取りしよんや。

 {あれ、あの、嫁はんは狸やけど、家の人も、みんなも知らんのやの、おもっしゃいの!}
 って思いもって、覗っきょったら・・・・、

 後ろからトントンと肩を叩かれてな、ハッと後ろを見たらな、
 「おまえ、便所の窓から、何見よんのい!」言うて、近所のおっさんに言われて、
 はじめて、狸に騙されとったんやいうて、気が付いたんやってさ。 とんとん。


⑤ メメズ(みみず)池の狸   (今から約70年前のことです)
  私の家の窓からドンドの谷がよう見えよったんや。
 そこにメメズ池いうのがあってな、晩が来たら、その池の中にぼう~っと薄橙色の丸い灯が
 浮かんで見えるんや! 
 それは、狸が、メメズ池に食べもんを探しに来とったんやがな。
 腹の周りは黒いきん見えなんだんやな、腹だけが白いきん、ぼう~っと見えよったんやろな。
 タニシやシイ(ヒシ)の実を食べに出て来よったげなんやけどな。
 池の中の水の周りで拾いよるきんな、水の中とは違うんや。
 池の中にほんまに見えたんやで。


※ 狸のこと・・・いろいろ
  今も狸は居るけど、今の狸は、もう人間を騙すような、そなん悪いことはせんのやな?

  ドンドの谷で居った狸はな、夫婦で居ったんやけど、猟師に奥さんを殺されたから、
  その腹いせに人間を騙かしよったげなんや。 
  猟師に殺されたのをガイに恨んどったんやな。

  狸はな、頭のええ人と、悪い人を騙すんやって。 
  中間の人は騙さんって言よったな。


※ この5つの話は、私の先生(81歳)からお聞きしました。
   私が勝手に文字で記録しましたので、聞き違いなどもあると思います。
   『題名』は、私が覚えやすいように勝手に付けました。・・・・・ゴメン! 
   ええ加減に解釈しながら読んでください。

★ 1965年頃から、狐や狸に騙された話が日本中からパタリと聞かれなくなった ★

※ 1965年(昭和40年)頃以降、日本人は狐や狸に騙される能力が無くなったらしいです。
   それ以前の人たちが、今記憶しているお話があれば、教えて欲しいです。

   私も、昭和40年っていうと小学校高学年でしたので、狐の嫁入りの話(狐の嫁入りを
   見たら、見た人は死んでしまう)や、山を越えて帰って来るとき道がわからなくなって、
   朝方まで山を歩きまわっていたとか、帰って来ないのでみんなで探していたら、川の中に
   入って浸かっていた(本人はお風呂やと思って入っていた)とか・・・・・・・・・・、
   聞いたことは記憶にあるのですが、文章にするほど鮮明ではありません。

   なので、騙されたお話がありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。  

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

紫雲出山遺跡について

9月12日(木曜日)  暑いよ~  32度 越えてます!

『紫雲出山遺跡 発掘60年史』

※ 略年表

 1947年(昭和22年)  山頂で観光登山道建設中に土器発見→遺跡の確認

 1950年(昭和25年)  山頂付近から完形の石斧発見

 1951年(昭和26年)  桜の木を移植中、多数の土器片発見

 1954年(昭和29年)  詫間町出身の田村実造氏(京都大学東洋史研究室教授)が帰省
                の折、前田氏から遺跡のことを聞き、弥生の専門家である
                小林氏に調査を依頼

 1956年(昭和30年)  1956年~1958年 (第1~3次調査)

 1962年(昭和37年)  山頂に展望台完成

 1983年(昭和58年)  県指定遺跡に

 1989年(平成元年)   紫雲出山遺跡館オープン

 2012年(平成24年)  三豊市が調査

     〔 ◎ 平成25年9月中頃にも調査に入ります 〕


※ 紫雲出山遺跡を理解する3つのキーワード
   ① 石鏃
   ② 高地性集落
   ③ 戦争と考古学

(1) 石鏃
   ・石(黒曜石・サヌカイト)でつくった矢じり
   ・同じ重さの鉄鏃より、貫通力が25%勝っている
   ・縄文時代・弥生時代を通じて狩猟具として使われていた
   ・弥生時代中頃、近畿から東部瀬戸内にかけ、対人用の石鏃出現


(2) 高地性集落
   ・弥生時代の中期から後期にかけて出現
   ・近畿から中部瀬戸内に分布

  どうして山頂を生活の場として選んだのか?   
   ◎ 紫雲出山遺跡の特徴・・・・・・瀬戸内海を一望できる
                   ・武器の存在
                   ・普通の生活を営んでいる
   ① 軍事的理由から
   ② 瀬戸内海海上交通のナビとして
   ③ 交易の場として


(3) 戦争と考古学

 食料採集社会から農耕社会へ
   水田の開発・維持・管理のため支配・被支配の関係が生まれた(リーダー出現)
   水利・耕作地をめぐり、争いが生まれた
   富の蓄積が可能になったことで、争いが生まれた

   人類の歴史  約700万年
   農耕社会の始まり  中国・長江流域 → 約1万5千年前
                日本 → 約3千年前

★ 今、紫雲出山遺跡からの出土品を展示してありますよ  ★
 紫雲出山遺跡から出土1
※ 三豊市宗吉瓦窯跡史跡公園 かわらの里展示館内です。

※ スクレイバーっていうのは、毛皮や皮を剝く時に使うものだそうです。
   皮の服を作っていたのでしょうね 

          紫雲出山遺跡から出土2
※ 石鏃・・・は、狩りに使っただけでは無くて、戦いに(人に)使ったそうです。
  約3千年前・・・弥生時代   約2千年前・・・戦いが始まったらしいです。

          紫雲出山遺跡から出土3

★ 瓦窯会の会員が、紫雲出遺跡からの出土品を真似て作製 ★
          紫雲出遺跡を真似て1

★ 上の写真より、この写真の甕や壺が大きいです ★
 紫雲出遺跡を真似て2

★ 要 潤 さんの写真も飾ってありました ★
 かわらの里展示館に・・・

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

手作りの 『紙ばさみ』

9月11日(水曜日)  

※ 今日は、朝から自分の用事で走りまわりました。 
   15:40のCOOPの時間まで、きっちり時間を使いました。

   なのに、COOPのお兄さんは20分位遅れてきました・・・・ 

   今回から、配達の方が変わりましたので仕方がないですね。

・・・「初めての場所の配達だから、大変ですね」
     「それで、時間が遅れ気味になっているのですか?」

※ 私も早く品物を分けて、急いで帰らないとお婆ちゃんがデイから帰って来ているんです。
   1人で、何をしよるかわからんのです 

(実家の母)・・・「ゴーヤ要るな?」
・・・「ようけあったのが昨日の夜やっと無くなったとこだから、ゴーヤは要らんで!」

・・・「ほんだら、玉葱とキューリとピーマンはどうな?」
・・・「今日は忙しいきんな、またもらいに来るわ」

・・・「ほんだら、さつま芋はどうな?」
・・・「じゃあ、さつま芋をもらって帰るわな! 3個あったら十分です」

※ 何かをもらわないと、帰れそうもなかったからです 

※ あわてて、帰っていたら、COOPのお兄さんの車が、次の家に配達して出て来るところ
   でした。

※ 私は急いでいたはずですが、次は、きっと私の家の方なんや! 
   実家に来て、次の家もわからなくて、私が道と家を教えてあげて行ったのだから、次は、
   隣の地区になるので、もっとわからんやろうなって思いました。
   すると、私の  は、COOPの車の方向に向いていました。

※ COOPのお兄さんは、車を停めて地図を見ていました。

・・・「次は、隣の地区なんでしょう? わかりますか? どの辺りなのですか?」

COOPの・・・「中学校の近くです」

・・・「じゃあ、私の家の方ですから、中学校まで私について来てください」 

※ 中学校の手前で車を停めて・・・・・・、

・・・「ここが、中学校ですけど、配達する所はわかりますか?」

COOPの・・・地図を広げて、指さして「ここなんです」

・・・「そこなら、もう一つ北側の道やな、ここでUターンして私について来て!」

※ ぐるっと回って、元に戻って、目的の場所まで行きました。 よかった! よかった!
   時間は、大分遅くなっていると思うけど、うまく行けて良かったです 

・・・「大変だけど、頑張ってくださいね!」

COOPの・・・「ありがとうございました」 


 =====  先輩から戴きました  ===== 

★ 美味しそうな紙ばさみ  ★
          紙ばさみ1
※ 美味しそうだけど、食べたらイカンのですよ! なめても美味しくないですよ!

★ 手作りなんですって  ★
          紙ばさみ2

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

高瀬川も秋です!

9月10日(火曜日) 

※ 9月4日・・・台風が近付いていた時の雨で、高瀬川の水は川幅いっぱいに流れていました。
          台風17号は、この日に温帯低気圧になりました。

         (下の写真は、9月5日の午後撮りました)

★ 雨が上がって翌日には、いつも通りの水量になっていました ★
 高瀬川普段の水量
※ 私が住んでいる所は、海抜2~3mです。
   そして、この高瀬川の川底よりも低い所に私たちの家はあります。
   なので、土手がしっかりしていないと、大変なことになります。
   大正時代には、切れたことがあるそうです。 
   一階は全部水に浸かって川のように流れていたそうです。
   近くにあるお墓も、墓地も、汲み取り式のトイレも、みんなが一緒くたになったそうです。
   そりゃ~、水が引いても、その後、悪い病気が流行って、亡くなった大人や子どももいた
   そうです。
    
※ もう切れる事は無いと思いますが、私が嫁に来た頃は、雨台風が近付くと、今は老人
   ホームに居る義父が 「さくら、台風が通り過ぎるまで実家へ帰っとけの  」 って、
   言ってくれていました。 
      もうずいぶん懐かしい話です   

★ 涼しそうな草が風になびいて、散歩の人々を招いているようです ★ 
          高瀬川土手の草と三野津橋
※ もう、ここに来て40年近くになりますが、夏から秋へ変わる頃高瀬川の土手に、こんな
   草が、こんなに優しそうに見渡す限りに並んで育っていることは知りませんでした。
   みんなが同じ方向に向いてそよいでいました。

・・・「ここに来てくれてありがとう! ほんで、私たちに気付いてくれてありがとう  」
    「気を付けてどんどん歩いて、また明日も会いに来てくださいね」  

 ・・・・・・って草たちが口々に言っている声がそっと聞こえてきました。

・・・「凄いね! 私はききみみ頭巾をかぶってないけど、聞こえるんや!」 
 ・・・・・・って、自分で勝手に思いました。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

鶴瓶の家族に乾杯〔粟島・志々島〕

9月9日(月曜日) 

  粟島・志々島 

 今夜、NHK  で、20時から『鶴瓶の家族に乾杯』があります。
   私の大好きな粟島と志々島での撮影です。
    
   ゲストは、藤井フミヤさんです。
   今夜9/9と、来週(月曜日)9/16の2日間放映されます。

 今回TVで粟島・志々島をみて、
   瀬戸内国際芸術祭 秋バージョン(10/5~11/4)の粟島・志々島を訪ねて
   くださると嬉しいです。 

※ 今回の撮影は7/10だったそうです。
   島の人の話では、「ほんまに突然に、ひょこっと来たんやがな~」とのことでした。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

清々しい秋日和

9月9日(月曜日) 清々しい秋日和 

※ こんなに爽やかなお日和は、今年始まって以来初めてのような気がします  
   だけど、私の身体も頭も疲れ気味です。
   今日の予定は何にも無かったよな~?って思っていますので、予定表を見ていません。

※ 義母は、急かして急かして、なんとかデイサービスの迎えの車に間に合いました。

※ 嫁は、仕事に行きました。 
   息子は、朝から見てないので、寝ているのかもわかりませんが、今ここには居ないです。

 私は、まだ今日の洗濯物を干していません。 頑張って干してこな乾かんわな~ 

     なんか素敵な、秋らしいものを探そうっと       

★ お花のススキみたいなの見い~つけた   ★ 
 お花のススキみたいなの?

★ ススキみたいなのと、緑色の柿の実 ★          
          ススキみたいなのと緑の柿の実

※ 暑かった、アツかった、熱かった、この夏の猛暑日続きから一転して、今日は秋日和です。
   一昨日の9月7日は、白露。  
   明後日の9月11日は、二百二十日。

   暦は、先々的確に表現してくれていますね。
   天気予報は、あたらないこともあるけどね 

・・・{何はともあれ、猛暑日続きの夏が通り過ぎてくれたことにホッとしています}  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

直心影流薙刀術審査会・稽古会

9月8日(日曜日)    

※ 朝、5時半頃、ラジオをのスイッチを入れたら、『2020オリンピック東京に決定』の
   ニュースが流れていました。
   イスタンブールとマドリードと東京の3都市が競い合いました。
   そして、9月8日の午前5時頃・・・東京に決定しました。

※ 朝、6時・・・外に出てみると雨が降っていました。

・・・「昨日、無理してでも稲刈りを済ませておいてよかったね!」 

・・・「ほんまやな~」

・・・「今日は、お婆ちゃんのことを、お願いしてもいいかな?」

・・・「ええで!」

・・・「じゃあ、薙刀に行ってきます。母さんが誘った人が今日審査を受けるんや!」
     「宗家が来てお稽古会もあるから、母さんはシゴカレテくるわな~」 
     「半年位は、薙刀にさわってないから、また下手くそになっとるけどな」
     「県外からも審査を受けに来ている人が居るから、行ける時は参加して協力しとかな
      イカンと思うやろ」

・・・「コシヒカリの稲刈りも終ったし、 も、居るきん大丈夫やで」

  ということで、私は、薙刀のお稽古に行くことにしました 

※ 8:30・・・隣町の体育館へ
         10:30まで、木剣と薙刀の指導を受けながら、しっかり練習をしました。 

※10:30・・・みんなは、少し早い昼食に行きました。
         私は、家に帰って、義母の昼食の準備をして嫁に頼んでまた出掛けました。

※12:00・・・丸亀の体育館でみんなと合流しました。
         今回は、愛媛県と高知県から15~16名が参加していました。

※12:30・・・全体稽古・・・段・級ごとのお稽古

 薙刀香川県審査会・稽古会1

 薙刀香川県審査会・稽古会2

 香川県審査会・稽古会25.9/8

 香川県審査会・稽古会9/8

 香川県審査会・稽古会・大手前

          薙刀審査会・稽古会縦25・9/8

 薙刀審査会・稽古会25.9/8・・・7

 薙刀審査会・稽古会 25・9/8・・・8

※14:15・・・審査会始まり

※15:10・・・審査の先生方の話し合いの間・・・全体稽古

※15:45・・・審査結果の発表
        (友達は2人とも合格しました。 よかった  よかった  )

※16:10・・・審査会・稽古会が全て終わり、解散

※16:50・・・家に帰って来る

※17:00・・・夕食準備と、洗濯物の取り込みと、次の洗濯。

・・・「今日は、体と頭を滅茶苦茶使ったのでフラフラです」 
     「早くお風呂に入って寝たいです」  

 ========== だけど ==========
 
※ 義母に「もう寝る時間ですよ! 寝てください」って言っても、

・・・「はい、もう寝るで」・・・とは言いますが・・・・? 

※ 9:30から声を掛け続けて、10:30を過ぎました。
・・・{私が、これだけ声を掛けているけど、聞く耳持ってないんやろうな}

※ トイレットペーパーを20cm位に破って、ベッドに座って、一枚一枚をきれいにたたんで
   います。 (40~50枚位はあります)

・・・「もう一時間もしているんだから、きれいになってるからもうやめて寝てください」

 ====== 自分のやりたい事を、やりたい時に、やりたいだけします ======

※ 時間なんて、全然関心はありません。
   なので、言っても無駄なのはわかっているのですけど、つい言ってしまいます。

・・・「お婆ちゃん、もう11時がきよんやきんな、それは明日にして寝てください」

※ 横になってもらって、部屋の電気を小さい灯りにしました。
   でも、しばらくすると、また電気が点いています。

・・・「私はもう寝ます。おやすみなさい」  
    「また、ときどきお婆ちゃんの様子を見に来ますからね」     

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コシヒカリの稲刈り

9月7日(土曜日)    少しだけ が顔を出しましたが、また  

※ 息子が昨夜仕事に行く前に、
   「夜勤明けにJAに寄って、米を運ぶ用のコンテナーを軽トラックに積んで来るわな」
   って、言っていたのですが、朝、雨が降っていたので・・・・、

  『家の近くは、今雨が降っていますよ!』って、8時前に  しておきました。

※ 11時前に家に帰ってきたときには、コンテナーを軽トラックに積んで帰ってきました。

・・・「仕事の帰りにJAへ、コンテナーを借りに行ったら・・・・、
     『朝コンテナーを持って帰った人が居ったけど、雨だからって返しに来ましたよ』
     ってJAの人に言われたわ」

・・・「そう言われたけど、あんたは借りてきたの?  」

・・・「うん、『今日コンテナーを貸し出すのはあんたんとこだけやで』って言われたけどな」

  ふふ~ん、何が何でも、コヤツは、今日、刈るつもりなんやな 

※ 田んぼにコンバインが入ることができれば、雨が降っていても刈ることは出来るでしょう。

・・・「それじゃぁ~、今、降っている雨が上がってから田んぼに行くかな!」 

・・・「うん、明日も晴れるとは思えんしな~、 着替えて来るわ!」

★ コンバインは何とか田んぼに入いれました  ★
 ジュルイけど何とかなってる稲刈り
※ 昨日(6日)と、一昨日(5日)が晴れていたので、田んぼが大分乾いていたようです。
   よかったよ~ 

★ 稲刈りは、順調に進んでいます ★
 順調に刈っています(浅津)

★ 次男も手伝いに来てくれました ★
 電車が来ましたお米運び

★ コンテナーにお米を入れて、JAカントリーまで運ぶのは次男です ★ 
 コンテナーにお米を入れて運びます

★ 可愛い助っ人も来ました ★
 可愛い助っ人も来ました

★ 手伝いが来てくれたので、私は、お茶とおやつ担当になりました  ★
 浅津コシヒカリ稲刈り
※ あと1時間ぐらい雨が降らなかったら、無事に終わるはずです。

・・・「もう、母さんは居らんでもええかな?」
     「行かないかんとこがあるんやけどな~」

・・・「ええよ! お茶持ってきてくれてありがとう! 母さんの行くとこに行ったらええよ」

・・・「じゃあ、あとお願いしますね」  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

爽やかな晴れだったけど・・・・?

9月6日(金曜日)  今日は爽やかな30度になるとか 

※ 爽やかな30度とのことですが、義母は起きません。
   爽やかなのは、気温と清々しい空気だけやな~ 

・・・デイのお迎えには間に合いません。 
     巧いこと促がして、準備ができたら連れていきます。
     また、9時過ぎに出席か欠席かの連絡を入れます。

・・・9時半・・・準備が出来ましたので、今から送って行きます。よろしくお願いします。

※ 義母をデイに送って行って、お願いして家に帰ってきたら、すぐにお客様が来ました。

※ 11時前に、次のお客様が来ました。(そこで、前に来ていたお客様は帰られました)
   結局、昼過ぎまで自分の用事は何もできませんでした。

※ 今日の、午後の会は欠席しました。 
   15:00頃  があって、「明日と明後日はどうしますか?」とのこと。

・・・「明日と明後日、何かありましたか?」

・・・「えっ  」

・・・「あっ!そうや、日曜日は審査会があるんやったな! ごめんなさい、忘れていました」

※ 土曜日(明日)は、別の予定が入っているし・・・・、
   日曜日(明後日)は、コシヒカリの稲刈りの予定やし・・・・、

 ~~~~~~~~~~ 私が返事に困っていると ~~~~~~~~~~

・・・「無理せんでもええよ!」  (ほんまに私にとっては優しい言葉でした  )

・・・「勝手ばっかり言って申し訳ないですが、明日も明後日も、欠席させてください」

 ~~~~~~~~~~ この会のことは、一件落着 ~~~~~~~~~~

※ 午前中にするべき家の用事を大急ぎで片付けて、デイサービスから帰ってきた義母を迎えて、
   夕食の準備をして、
   義母に、早めに夕食をすすめて、息子を仕事(夜勤)に送り出して、
   仕事から帰ってきた嫁を迎えて・・・・・、
  
・・・「まだ夕食途中の義母を、嫁に頼んで、私は人形の練習に行きました」 

★ 芯遣いの下駄 ★
 芯遣いの下駄

 芯遣いの下駄2

★ 新口村の忠かかの煙草盆 ★
 忠かかの煙草盆

★ 阿波鳴のお母さん ★
 阿波鳴のお母さん
※ 今夜も、一杯練習できました 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

台風・・大雨・・後の・・庭の花たち!

9月5日(木曜日) 

※ 今夜の市内の防災無線放送で、
  ・・・「6日と7日、コシヒカリの荷受け追加をいたします」やって!

  息子は、今夜10時半頃仕事から帰ってきます。帰ってきたら、さっそく話してみます。
  明日~明後日、晴れていたら、稲刈りできるかも~~~~です 

   今日の庭の花たちです  

★ ニラ ★
 ニラの花

★ ニラの花 ★
 ニラ花白

★ サギ草 ★
 サギ草2

 サギ草1

★ ミニバラ(オレンジ) ★
 ミニバラオレンジ

 ピンクの花 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

幼い子どもの声が・・・!

9月5日(木曜日) 

※ 少しづつ、田んぼが乾いていたらいいのですが・・・・。

※ 朝7時に実家へ行って、父母を病院へ乗せて行きました。

※ なんでそんなに早く行くのかっていうとね、
   この前に、8時過ぎに行きました。終わって帰るのが15時過ぎになりました。
  
   おむすび・おやつ・飲み物などは、いつも持って行っているのですが、病院の待合室での
   6~7時間は、父にとっては苦痛の時間になるようです。
   だんだん機嫌が悪くなって無理を言いだして・・・・・、母も大変だったようです。

   それ以来、早く行くようになりました。 順番だけ先に取りに来ている人も居るそうです。
   が、私は順番を取ってきて、次にまた父母を送って行って、また終わった頃に迎えに行く
   なんて余裕はありません 

※ なので、7時半前に病院へ乗せて行くことにしました。
   そしたら、昼前には診察が終わって家に帰って来られます。
   ゆっくりと家でお昼ご飯を食べて、横になってお昼寝もできます 

 ====== 最近、夕方5時前になると、子どもの声が聞こえます ======

★ 今日は3人です (昨日は、4~5人居ました) ★
          ザリガニ捕り3 25.9/5

★  「圭、ホラッ! ザリガニの小さいのを捕まえたよ」 ★
          ザリガニ捕ったよ25.9/5
・・・「このザリガニはな、ハサミが小さいから、怖くないよ」

★  「ちょっと触ってみようかな」  ★
ザリガニに、さわってみようかな
※ 「兄ちゃん、ここを捕まえたらええんやでな~」

★  「今度は、ぼくも捕まえるよ」 ★
          ザリガニ捕り4 25.9/5

★  「やっぱり、入ってないな~」  ★
          ザリガニ捕り1 25.9.5

★  「圭、来て、メダカやで~」 ★
 メダカも捕まえたよ

★  「これも、川に逃がしてあげような!」★ 
          メダカも触ってみよう
※ 圭は、ザリガニもメダカも、一匹づつつまんで水路の水の中に投げ入れます。

★  「ぼくも、今度はメダカを捕まえようっと!」 ★ 
         ザリガニ捕り2 25.9.5

★  「圭、ヤゴも居るよ!」 ★
 ヤゴもおったよ

★  「手も、足も、ほっぺたも、かゆいよ~」  ★
 蚊に刺されちゃったよ
※ 虫刺されのお薬を塗って、ママと一緒に帰りました。
   結局、兄ちゃんたちにホットカレテしまいました。 
   今日は、ママが居って良かったね・・・・・  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

台風17号

9月4日(水曜日)      

※ 台風17号・・・9:00頃 温帯低気圧になりました。
   でも、昼過ぎまで凄い雨で警報が出ました。
   幼稚園も、小学校も、中学校も・・・・・、休園、休校になりました。

★ 高瀬川の川幅が広くなったようです ★
 高瀬川25.9/4

★ 水の量も、滅茶苦茶多くなって、流れも速くなっていました ★
 高瀬川台風17号の雨で

★ 近所のコシヒカリです ★
 コシヒカリ倒伏1

★ きれいに倒れてしまいました ★
 コシヒカリ倒伏2

※ この頃、町内で、道が浸かってしまって、車が通れない所もありました。
   隣の市では、土砂崩れで納屋が押し潰された所もありました。
   床下浸水もありました。
   高速道路の通行止めもありました。

※ 早明浦ダムは、98%以上になったので、取水制限は解除されました。

※ 16時頃になると雨は止んで、太陽が出て、青空が見えました。

※ 夕方、また曇って、雨が少し降りました。
   明日は晴れると思います。 
   でも、稲刈りは出来ません。(田んぼがジュルジュルだからです)
   週末は、カントリーが休みなので、我が家の稲刈りは来週になります 
   ずっと晴れ  が、続きますように・・・・・   

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

次の稲刈りができないよぉ~・・・・。

9月3日(火曜日) 朝は  ですが・・・・? 昼前に  

※ 8/28(水曜日)に稲刈りして以来、刈れる日が無いです。   

※ なぜかっていうとね、お天気の都合なんです。 
 雨・曇り・雨・曇り・雨で、コンバインが田んぼに入れないんです 

① 雨降りでは、稲刈りできない(お米の水分が多過ぎる)
② 田んぼが乾かないと、コンバインが田んぼに入れない。

 次に困っているのは・・・、 

① コシヒカリは、もう実っています。(『実るほどに頭を垂れる稲穂かな』です) 
② 倒れる寸前になっています。
③ 倒れると、息子は、刈り取ることができません。(百姓の技が未熟です)
④ 息子は、技の未熟だけじゃなくて、百姓としての根性が無い。
 {倒伏した稲を刈る手間を考えたら使い込んでしまう方がいいや}っていう考えです  

 自然と共に生きるって * * * 

 人間(自分)の力では、どうしようもないことを感じ、学び取ることなんやなぁ~ 

※ そう言いながらも、息子は、今(AM9:00)スマ刈りに行っています。
   晴れたら、いつでも刈れるように準備はしているんやな  って思います。 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード