今年の稲刈り終わり!

10月31日(木曜日) 

※ 今日やっとのことで、最後のモチ米の稲刈りをしました。 良かった・よかった 

※ 私も手伝いに行きました。

★ モチ米の稲刈りのためにトラックを借りてきました ★
 刈り取った籾を入れる車借りて
※ 刈り取った籾を入れるための入れ物をきちんとトラックの荷台に設置してあるのを、今日
   籾摺りをしていただく方にそのままお借りしてきました。

   JAのカントリーに運ぶ時は、その日の朝コンテナーだけを自分の家の軽トラックに付け
   てきてから、稲刈り作業に入ります。

※ でも、モチ米は、JAのカントリーでは取ってくれませんので、個人の家で乾燥機や
   籾摺り機を持っている人にお願いしています。

   なので今年のように収穫期に台風が次々に来ると、みんなの刈る日が集中してしまいます。

※ うちが、「この日に刈りたいんですけど機械は空いていますか?」ってお願いしても、他の
   人の予約が入っていれば、無理なんですよね。まずは、その家の都合が一番ですからね。
   機械が空いていても、うちの息子の予定や、田んぼの状態があって、なかなか刈り取る日が
   決まりませんでした。*******こんなに遅い収穫は私の知る限り初めてのことです。

★ 今年の稲刈り最後になった、モチ米の刈取り始まり! 始まり! ★
 モチ米の稲刈り始まり
※ うちの田んぼの、東横の田んぼも、北横の田んぼも水を入れていました。
   まだまだ、刈り取りをしないお米なんでしょうね。
   うちの田んぼは、乾かしてないとジュルジュルで機械が入れません。

※ 先日の台風27号で水浸しだったのですが、今日は何とか乾いていて、無事に稲刈りが
   できました。・・・・・ほんまに、良かったです 

★ この田んぼは、将棋の駒の形をしています・・・なので、難しいです! ★
 半分位刈りました
※ きれいな四角い形をしてない田んぼなので、田植えも、稲刈りも、機械のまわり方が、
   難しいんです 

★ 稲刈りが終わりに近づいた頃、一羽のカラスがやってきました ★ 
 刈り終わる頃カラスが来て!
※ 私がカメラを持って近付くと、カラスは逃げていきます。
   でも、コンバインは怖くないらしく、寄ってきて様子を伺っていました。

★ カラスは、コンバインは怖くないみたいでした ★
 コンバインの近くにカラスが

★ 稲刈りも、あと一筋になりました ★
 最後の稲刈り あと一筋

★ 隣の田んぼから、北西の風景 ★
 カジヤノウラの田んぼ横の風景
※ まだまだ、稲刈りをしていない田んぼもあります。 
   たぶん、うちの田んぼより遅くに田植えした田んぼやと思います。

※ 先日の台風で浸かったり、倒れたりしたハデも、きれいに直していました。
   凄い労働力やと思います。 ほんまに、ほんまにお疲れ様で~す 

★ 南隣の田んぼは、ひこばえでした ★
 ひこばえ横25.10.31

          ひこばえ縦25.10.31

★ 田植えした頃に、このタニシが居ると苗を食べられてしまいます ★
 稲の苗に悪いタニシ
※ 田んぼの苗には、悪いタニシです。(北隣りの田んぼに居ました・・・殻だけかも?)
   昔々、食用に外国から取り寄せたという話ですが、それをそのままにしてしまったために、
   ここら辺りの田んぼは、このタニシの被害を被っています。
   卵は、濃いピンク色をしています。

※ 稲刈りが終った途端に、カラスたちが賑やかになりました。
   稲刈りの終わり頃には一羽だったのですが、刈り終った途端に10~15羽ぐらい集まって
   きました。

・・・「落ちている、お米を食べに来たのかな?」
    「まだ、はえている田んぼのお米の方が美味しそうなのにな~?」

・・・「まだ立っているお米には、とまれんやろ!」
    「下に落ちているのを、つっついて食べる方が楽なんやと思うで~」

・・・「そんなんやったら、ハデにしとるのはどう?」
    「ハデの下に行って、口を持ち上げたら、すぐそこにいっぱいあるやんな~?」

・・・「・・・・・・・・」 

・・・「わかったわ! カラスも農家の人たちに迷惑をかけたくないんやな~」
    「遠慮しとんやわな~、ほんで、農家の人たちが放ってあるのを餌にするんやな~」
    「やっぱり、カラスは賢いんやな~」 

※ これで、今年の暮れには、我が家の糯米でお正月の餅を搗くことができます。
   よかった! よかったです 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

65年前の傘?・・・見~つけ!

10月31日(木曜日)  清々しい秋晴れ

※ 今日は、今年最後の稲刈りができます。 良いお日和だからです 
   息子が、昨日の夕方、スマ刈りに行ったから、
   今日は、台風27号で水浸しになった田んぼも、乾いていて機械が入れるんやと思います。

   9時過ぎから、手伝いに行きま~す 

   だって、今日は平日なので、次男家族の手伝いは無いから、私しか手伝える人は居ません。

※ 今日の収穫次第で、今年の暮れに、自分ちで育てたモチ米で、お正月のお餅が搗けるか
   搗けないか決まります。

・・・「私も、頑張りま~す  」 


 ========== (10/25) 実家でのことです  ==========

※ 下の記録は、10月25日(先週の金曜日)に書いて、下書きのまま、忘れていました。
   今日、ここの画面に出してきました。
   遅くなってしまって、ずいぶん前の記事でごめんなさいです 

・・・「こんなに傘の骨がさびてるし、穴の開いたボロボロの傘どうしたの?」

母・・・「あんたも、うちの孫たちも、みんなこの傘をさして、大っきょんなったんやがな」

・・・「ふう~ん、私は見たことも無いし、覚えても無いよ~」

母・・・「田んぼしながら、あんたたちをオンバさんにのせて遊ばしておく時にな、この傘を
     オンバさんにくくり付けて、日陰にしとったんやがな」 
    「布にナイロンが入ってないし、大きょいきんな、これが涼しいて良かったんやがな」

※ そう言えば、昔のオンバさんは大きくって、子どもが2人位中に入って遊べるスペースがありました。
   高さも十分あったので、中で子どもが立てっても大丈夫やったですね。

★ 65年前に父が持って来た傘だとか? ★
 65年前の大きな男の雨傘
・・・{まあ、ボロボロで大きくて重そうな傘やな}と思っただけやったのですが、

     持ち手を見て、ビックリ! 

★ 持ち手が、本物の竹で出来ている傘 ★
          65年前の傘の持ち手
※ プラスチックじゃないんです。 本物の竹を曲げて作っているんです。

・・・{こりゃ、この頃の傘を作る職人さまは、一本一本丁寧に心と技を込めて仕上げとったん
     やろうな~}って思いました。

※ 雨が降るときに、ほんまに使ったら、布が濡れて重たくて大変やろうと思いますが、雨を
   ハジクように、その当時は何かを塗って防水にしていたのでしょうかね 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

『ダリア』

10月30日(水曜日) 

『 ダリアの花 』

※ 先日、買い物に行って帰って来ると、台所の流しにこの花を小さいバケツに入れて、
   置いてありました。

・・・「おばあちゃん、私の居ない間に、誰かが来たんかな?」

・・・「さあ、知らんなぁ~」

・・・「美味しそうなきれいなカボチャも2個置いてあるよ!」
    「ほんまに、誰も来んかったんな~」

 ======= それから、持って来てくれそうな人に電話してみました =======

※ 持って来てくれた人は、わかりました。

・・・「玄関に、お婆ちゃんが座っていたから、お婆さんに渡して帰ったんやがな!」
     とのことでした。

 == なので、小さなバケツに水を入れて台所の流しに置いたのは、お婆ちゃんなんや ==
 ということがわかりました。

※ それで、今時には珍しい美味しいカボチャを戴くことができました。
  ありがとうございました 

★ その時に、一緒に戴いたダリアの花です ★
          ダリアの花 縦

★ ダリアの花に少し近づいて・・・ ★
 ダリアの花少し近づいて

★ ダリアって、いろんな色がありますね ★
 赤ダリアアップ

 濃い桃ダリアアップ

 赤白ダリアアップ

 黄色ダリアアップ

 濃い紫ダリア花

※ 花瓶に入れて、今日で3日目なので、少しやつれているかな?
   でも、きれいでしょう 

※ きょう、私が気付いたことは・・・・・、
   野菜を育てるのが上手な人は、お花を育てるのも上手なんやってことでした  
   たぶん、野菜も花も、土作りが大切なんやろうなぁ~
   それと、愛情いっぱいで手間暇を惜しまない人やわなぁ~ 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『高見島』  NO2

10月29日(火曜日) 

※ 昨日の『高見島』の続きで~す 

★ 可愛い動物の置き物(飾り)を展示販売していました ★
 豚(販売してました)
※ あんまり可愛いので、つい、寄ってしまいました。
   先輩たちは、いろいろ購入していました。

★ 天女の鬼瓦なんですって・・・・! ★
 天女の鬼瓦
※ きれいにわかるように撮れなくてごめんなさい。

 高見島 手直し中作品の家

★ 大聖寺の入り口に・・・ ★
          梁を支えているのは力士
※ 力士が梁を支えていました。
   この力士さんは何かの罰で、ずっとここで梁を支えていなければならないことになったの
   でしょうかね 
   それとも、悪い魔法使いに、ここに置かれたのでしょうかねぇ~  って思いました。

★ ここで、お弁当を食べさせていただきました ★
 お弁当を食べたところ
※ 6人分のお弁当を作って来てくださった方が居ました。
   私は、その時間に行くのが精いっぱいだったのですが、先輩の中にはは凄い人が居ました。
   それも、メチャクチャ美味しいイカ飯やったんですよ! 凄いなぁ~! 

★ 〔122〕蛸の家 吉野 央子 作  タコツボ ★
 122蛸の家1

★ 大きな蛸が、カチョウの中で気持ちよさそうに横たわっていました ★
 122蛸の家2

 122蛸の家3

 121蛸の家4

          121蛸の家5

★ 〔123〕除虫菊の家 内田 晴之・小川 文子・田辺 桂 作 ★
 除虫菊

★ 昔は、島中で除虫菊を栽培していたんやなぁ~ ★   
          除虫菊を分けると
※ 花びらとガクと、めしべやおしべを分けると、こうなるそうです。

★ 巨大蚊取り線香  会期中絶えることなく、燃え続ける~ ★
 123 除虫菊の家

※ あと一つ〔124〕までは、「歩いて30分位です」と、言われましたので止めました。
   それで、帰り道にあった休憩場所に寄りました。
   そこでは、コーヒーやお茶の接待がありました。 
   懐かしい毒消し(ケツメイシ)の実や、手作りのおじゃみなどを販売していました。
   そこで、先に座って休んでいたご夫婦とお話をしていると、粟島出身だとか・・・、
   私の知っている方の親戚の方だったです。
   ・・・お話しているとみんなつながっているんやな~って思いました。

★ 多度津港に帰ってきました ★
 多度津港西横

★ 多度津港の駐車場の横にも大きな恐竜の骨がありました ★
 多度津港駐車場横
※ 朝は、気付かなかったのですがねぇ~?

★ 帰りに、『風車の丘』に寄りました ★
 風車の丘

★ 風車の丘からは、今日行ってきた高見島が正面に見えました ★
 風車の丘で
※ 10月28日の高見島も、無事に楽しく終わりました 

※ 今日10月29日は、歯医者さんへ行きます。
   その後、薙刀の中間報告の会計整理をして、中間報告書を作成します。
   金額が合えば、すぐに出来ると思っていますが・・・・、さあ、どうでしょうか 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『高見島』

10月28日(月曜日)  爽やかな秋晴れ 気温20度位かな?

 初めての高見島 

※ 義母に玄関のいつもの場所に座ってもらって、

・・・「ここで、動かないで待っていてくださいね」
    「デイサービスが、迎えに来てくれますからね」

・・・「ハイハイ、動かへんきにな! 
    「あんたは、気い付けて行ってな~」

※ 私は、家を8:25に出ました。
   ・・・今日は月曜日なので8:30頃迎えに来てくれます。
   ほんの5~6分ですが、じっと座っていてくれるかな? 
   無事に、デイサービスに行けますように 
   と、祈るような気持ちで出掛けました。

※ 途中で夜勤明けの息子に電話すると、義母はOKだったとのこと。よかったよかったです。

★ 高見島までの切符売り場 ★
 高見島へのチケット売り場
※ 今日は60歳代の女たち6人で行きました。
   お天気は、快晴・秋晴れ・爽やかでした。
   気温も、じっとしていると肌寒かったけど、歩くと丁度良い気温でした。

★ 9時5分発の定期船(新なぎさ号)乗り場に、大勢のお客様で~す  ★
 高見島行き多度津港
※ こんなに沢山だと、積み残しがでるかもしれないですね? 
 
 ★ 案の定、新なぎさ号に、積み残されてしまいました  ★
  高見島行き多度津港積み残し

★ 〔114〕新なぎさ号には乗れなかったけど・・・、 ★
 高見島への船
※ 〔114〕 新なぎさ号・キュート・アップ作戦・・・・西山美なコ 作
   定期船フェリーの船体をキュートなピンクの花模様で覆う。

★ 新なぎさ号に10分遅れて、高速艇が増便されました  ★
 高見島への高速艇
※ 私たちは、積み残されてラッキーやったかもしれません。・・・高速艇ですって! 

★ 〔115〕Sea Room・・・・小松 敏宏 作 ★
 115 Sea Room 高見島

★ 〔116〕望郷の火・・・・若林 亮 作 ★
          116 望郷の火 高見島
※ 海岸線に設置された炉によって主を失ったものを「かがり火」にする。

★ 〔117〕畏敬 よみがえる失われたかたち ★
 117 畏敬 よみがえる失われたかたち
※ 多度津町のすべての園児・小中学生がつくった3000枚の旗と大漁旗を展示。

★ 〔118〕高見島へのオマージュ NO1 ★
 118 高見島へのオマージュ1

★ 〔118〕高見島へのオマージュ NO2 ★
 118 高見島へのオマージュ2

★ 〔118〕の家全体(一富士二鷹三茄子の鬼瓦) ★
 118の家全体

★ 〔118〕の家の石垣 ★
          118の家の石垣

 118 高見島へのオマージュ3

★ 〔118〕高見島へのオマージュ 家の天井 ★
 高見島へのオマージュ6
※ 天上がまあるくなっていて素敵でした。・・・これは、船大工さんの技なのかな?

 118 高見島へのオマージュ4

★ 〔118〕高見島へのオマージュの庭に、瓦と一緒に黒猫さん ★
 118 高見島へのオマージュ5

★ 海のテラス・・・・高見島 ★
 海のテラス 高見島

※ 続きは、また明日にします  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

玉すだれの糸の結び直し

10月27日(日曜日) 

※ 午前中は、義母と穏やかに過ごして・・・・・、

※ 午後は、12:40に玉すだれの練習に行きました。
  (2ヵ月に1回の練習ですが、2ヵ月がすぐに来てしまいます)
   ほんで、2か月前の練習の時から開けたことの無い玉すだれの用具の入った大きな袋を
   持って練習会場へ走ります。

   梅雨時期には、玉すだれにカビが生えていたこともあって、私はずいぶん恥ずかしい
   思いをしております。

   それでも、やっぱり、家では練習ができないです。
   玉すだれを袋から出して広げることもできません。
   糸の切れた玉すだれを修理することもできないでいました。

※ 今日の練習の始る前に・・・、それらのことを感じ取っていたらしい先輩が・・・・、

・・・「山さくらさんの、玉すだれの糸を全部やり直してきましょうか?」

・・・「えっ?」・・・{先生に直していただいたら4,000円なんだけどな~?}

・・・「でも、それには一つ条件があります。〔気遣い何もしない〕もし、そういうことを
     するんだったら、私は預かりませんので、先生に直してもらってください」

※ 糸と玉すだれを先輩に渡してお願いしました。

・・・「次回の練習日までには直してきますからね」 
  
・・・「よろしくお願いします」

※ {私は、玉すだれの糸が一ヶ所切れているのも直す余裕が無いんやけどな~}
  {先輩は、全部結び直してくれるんですって・・・、私には気の遠くなる話やわ~}
  {世の中には、こんなに心優しい人が居るもんなんやな~}って思いました。
   こんなことは、神様だって、マリア様だってしてくれへんわな~?
   うちによく来てお話をして帰る、エホバの神様だってしてくれへんわな~?

※ 今年の3月の審査の前日の個人レッスンが終わった後に、
  {私が〔鯉のぼり〕の形が上手く出来んのは・・・、この玉すだれの糸がゆるんでいるから
   できんのや}と、玉すだれの所為にして、初めて自分で結び直しをしました。
   でも、朝までかかってもできなんだらイカンので、伸びている所から一ヶ所づつ切って
   直していきました。 結局、仕上がったのは朝方でした。

   なので、私が全部結び直すとすれば、休まずに頑張っても7~8時間かかります。
   ほんで、私の指先には豆ができるんです。

・・・これやったら、4,000円の価値あるわな~って、その時思いました   

※ ありがとうの言葉と、感謝の気持ちだけでは、心苦しいけど・・・・・、
   そうしないと、結び直しはしてもらえんのやきんな?・・・そうすることにします 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

今日は、朝から夜まで人形でした!

10月26日(土曜日)   

※ 隣町のお寺からの依頼で、人形浄瑠璃『阿波鳴』を上演します。(午後2時から)
   昨日の夕方に準備する予定でしたが大雨警報で出来ていないので、今日の朝9時から準備
   をしました。

★ 出演依頼を受けた隣町のお寺さん! ★
 寺の本堂25.10.26

★ まず、本堂にお参りをしました  ★          
          まず本堂にお参り25.10.26

 本堂横に素敵な言葉25.10.26

★ 本堂の天井(右側) ★
 本堂の天井に25.10.26

★ 本堂の天井(左側) ★
 本堂の天井no2 25.10.26

★ 背景幕と前板を設置して・・・・ ★
 準備OK25.10.26

★ 午前中に準備できるのはここまでです ★
 前板や背景幕を付けて準備25.10.26
※ 後は、講演が終ってからの準備になります。

※ なので、一旦帰って・・・・、
   午後1時前にいつもの練習会場に座員が集まってみんなで一緒にお寺さんの会場へ・・・。

※ 講演が終わって、すぐに舞台を広くするために前板を少し前に移動して、太夫座を作って、
  
※ まず、人形の簡単な説明から始まりました。

★ 今日初めて太夫デビューした人も、頑張りました・・・  ★
 檀家さんの前で出番(阿波鳴)

★ みなさん、真剣に観てくださいました ★
 隣町のお寺さんで阿波鳴
※ 初めてデビューで「緊張しました」と言っていた彼女ですが、すっごく良かったです。

・・・「よかった! よかった!」 


※ お寺での出番が終わって(午後3時過ぎ)・・・・・・、
   大道具・小道具を片付けていつもの練習会場へ戻りました。
   続いて、文楽からの指導者(人形遣いの先生)の指導を受けました。(夜9時半過ぎまで)

★ まず、傾城阿波の鳴門 順礼歌の段(若手バージョン)の指導を受けました ★
 阿波鳴指導受ける25.10.26

 阿波鳴若手指導受ける25.10.26

※ 続いて、傾城恋飛脚 新口村の段・艶姿女舞衣 酒屋の段より(お園のさわり)・
   伊達娘恋緋鹿子 八百屋お七火の見櫓の段の指導を受けました。

※ なので、今日は一日中人形尽くめです。 
   嫁が休みの土曜日で家に居たので、義母のお世話を頼んで、私はなんとか全てに参加
   することができました  

・・・・「ありがとう!」 です 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

台風27号

10月25日(金曜日) 朝から夜までずっと大雨警報が出ていました 

※ 台風27号が一番近付くのは、明日の未明なんですって・・・・・ 
  2~3日前の予報からは、だんだん、遅くなっています。
  よもよもする台風なんでしょうねぇ~!
 
・・・一番には、被害は少なくて、さっさと通り抜けてくれたらいいなあって思います 

※ 警報が出たおかげで、私は延期していた歯医者さんに行くことができました。
  
・・・「あなたは、予約していても、忙しくてなかなか来られないからねぇ~」
    と、2回(2日分)の治療を、今日1日でしてくださいました。

※ それも、雨がいっぱい降っていて予約していた人が来ていないので、時間があったから
   してくださったんやと思います。
 

 ========== 歯医者さんからの帰りに ==========

・・・{昨日からずっと雨が降っているんやから、道が浸かったりしていないかな~}
    と思って、家の近くを走ってみました。

★ 高瀬川の、工事していた所 ★
 高瀬川の工事25.10.25
※ 我が家から高瀬川の土手に上がった所から  撮りました。

★ 昨日よりは、水の量がグ~ンと増えていました ★
 高瀬川の工事水増27号

★ ユンボなどの機械を土手の上まで上げていたので良かったですね ★ 高瀬川の工事台風27号水増

★ 上の写真から、1km位海に近い所の橋と高瀬川です ★
 
高瀬川松崎
※ 流れの速い濁流が、橋の下すれすれに流れていました・・・・

 ======== この橋から、我が家に帰るまで田んぼばっかり ========

★ 水がいっぱいで、田植えしたみたいに見える 〔ひこばえ〕 ★
 台風27号で田植えみたい

★ 水に負けないで頑張っている稲 ★
 台風27号残っている稲
※ 水路も田んぼも一面に水が溜まっていました。

★ 水浸しで、流されそうなハデ ★ 
 台風27号浸かったハデ

★ 大切な籾(お米)の部分が水に浸かってしまったハデ ★
 籾の部分が浸かってるハデ

★ 倒れてはいないけど、籾(お米)の部分が浸かりそうなハデ ★
 台風水の被害ハデ

・・・「自然と共にって、こんなこともあるんやな~」  

※ 我が家も、モチ米がまだ田んぼに残っています。 凛と立って頑張ってくれているかな?
   台風が、大きな被害を残さないで通り過ぎてくれるのを待つしかないです・・・・。
   酷い爪跡が残りませんように・・・・、と、祈りながら・・・  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

大雨警報で中止に・・・!

10月25日(金曜日)    
              台風27号が四国に一番近付くのは、今夜なんですって   

※ 私の予測では、台風27号は木曜日(昨日24日)に一番近付く予定やったのですが、
   この台風は、どこかで、道草していたのでしょうか 
   なんとて、三豊地方に朝から大雨警報が出ています。 小中学校は、休校です。
   義母のデイサービスはどうなんでしょうか    
   これ位の雨なら、あると思います ・・・・・ が、 ・・・・・・・・・ 

・・・{一番残念なのは、高松の幼稚園から招かれていた人形の出演が中止になった事です}
    朝7時には、まだ高松は警報が出ていませんでしたが、そのうち出るでしょうとのことで、
    今日のところは中止になりました。  また、日を改めて依頼があるかもしれません。
    
※ 行事って何事もお天気に左右されるから、計画を立てて、みんなに楽しんでもらうためには、
   ほんまにいろいろな事にドキドキさせられて、手配やら、連絡やら、気配りやら、決断やら、
   大変なんですよね~!・・・・よくわかりま~す。頑張ってくださいね 

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

川がきれいになって・・・ワラビは?

10月24日(木曜日)  ずっと雨でした   明日も  100%の予報です!

※ 我が家のすぐ近くの川がきれいになっています。 でも、でも、でも・・・、ここに 

★ 数日前から、高瀬川の中がきれいになっています ★
 高瀬川をきれいに南から
※ 我が家は、ここから歩いて2~3分です。

★ ちょうど、この大きな機械がある所にワラビが芽を出すんです ★
 高瀬川がきれいに西から
※ 川の水がスムーズに流れるように、川の中をきれいにしているのかな~?

・・・〔私の希望、お願いとしては・・・・、〕  
     「ついでに、ここの道幅を、もう少し広くして戴けたら、メチャクチャ嬉しいん
      ですけどねぇ~」
    〔対向車が来ると、ドキドキしながら交していますから・・・〕
    〔相手がちょっと大きめの車のときには、広い所で停まって待つようにしています〕       

※ 私の思っていることが、ほんまに通じるはずは無いわなぁ~
   なんぼなんでも、そんなに虫のいい話は、無いわなぁ~   

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

告別式

10月24日(木曜日)   

※ 昨日は一日中雨でした。
   今日は、予報では、台風27号が四国に一番近付くとのことでした。
   台風28号も、27号の東側に少し遅れて並んで来ています。

※ 朝は曇っていましたが、9時頃陽が射してきました。
   でも、告別式に行く頃(10:30)からずっと雨で、夜までずっと雨でした。

★ 大先輩のお母様の告別式でした ★
          お葬式花輪25.10.24

 お葬式の間もずっと雨

★ もう、本当にお別れです  ★
 みんなが泣いてます 空も

★ 葬儀場の横の田んぼも畑も、雨でびっしょり、空もどんより~  ★
 葬儀場横の畑も田んぼも雨です

※ お母様の年齢は、うちの義父と同じでした。
   別れは、いつも寂しいで~す。 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

実家の庭から!

10月23日(水曜日)  

※ いつも、実家に行っても、用事しかしないので、庭の方を歩くことは無い。
   車を停めた場所から近い裏から入って、そのまま用事だけを手早く済ませて帰る。
   きょうは、久し振りに家の前の庭に行ってみた。
   庭というようなものではないが、玄関側(南側)ということである。

★ 花らしいものは無いが、勝手に咲いているランタナ(オレンジ) ★
 ランタナ25.10.23

★ これも勝手に咲いてる、ヤブラン ★
 藪蘭25.10.23
※ 今の季節は、何も珍しいものは無いね!

★ なんか変な物を見付け!  ★  
          庭の中に25.10.23

★ 今から半世紀前、私が泳いでいた池は、そのままそこに在る! ★
 庭から南側25.10.23
※ 自前のプールの様なものでした!
   近所の子どもたちも、着替えを持って泳ぎに来ていました。
   父は、池に入りやすいように、池の中にセメントで階段を付けてくれていました。
   母は、水着を縫ってくれていました。

========== そのころの、周りの大人たちは・・・・・・・・、

・・・「気い付けて泳げよ~」
     とは言うけど、

・・・「危ないから、泳いだらイカンぞ~」
     とは、誰も言いませんでした。

※ 子どもを信頼していたか?・・・、為る様にしか為らんと腹をくくっていたのか?・・・、
  危険なことを経験・体験して、逞しく育ってもらいたいと思っていたのか・・・・・、
  自分の仕事が忙しくて子どもの事にまで関心を寄せる余裕が無かったのか・・・・・、
  
  まあ、よくわかりませんが・・・・、

※ まだ、学校にプールが無くて、ここがプール代わりだったころのお話でした。

  私たちはこの写真に写っている場所で泳いでいましたが、この反対側(池の西側)で、
  泳いでいた隣の自治会の子どもたちの中には、命を落とした子も居ました 

※ こんなに逞しく育てられたはずなのですが、私は、正しい泳ぎ方を知りません。
   顔に水がかかったら、一度拭かないと泳げません。 なので、息継ぎもできません。
   かといって、平泳ぎは足と手が巧く合わないので、段々沈んでしまいます。
   犬かきと横泳ぎをグチャグチャにしたような、顔を水面に出した泳ぎしかできません。

   学生の頃、25メートルプールで端から端まで泳げないと単位がもらえませんでした。

  ~~~~~~~~~~ そのとき ~~~~~~~~~~

・・・「どんな泳ぎ方でもいいでしょうか? ただただ、浮いて25m進めたらいいですか?」

  ~~~~~ その問いに対して、優しい先生が  してくださいました ~~~~~
※ おかげで、私は無事に卒業できました  

・・・「もう40~50年も昔の話なんですね~」 「私も、ほんまに歳とったもんやな~」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コスモスの花

10月22日(火曜日)  清々しい秋晴れ 

※ 私が忙しくしている間に、コスモスの花が終わりかけていました。
   9月の中頃から楽しませてくれたコスモスです。

★ ガードレールに添って見える限り続いています・・・コスモスの花が・・・ ★ 
          西浜の道にコスモス
※ この場所に、今までも、コスモスを植えてあったかどうか、私の記憶でははっきりしません。
   確か、もう少し短い範囲でコスモスが咲いていたような・・・・
   今年は、見える所は、ずっと花が続いています 

★ 秋の風に、揺れ揺れのコスモスさんで~す ★       
          道にコスモス
※ ブレブレでも、風が見えるからいいやって・・・勝手に思って、  ハイ、パシャ!

★ これだけきれいに咲かせるには、お世話が大変やったことと思います ★
 車から降りて近付いて
※ 来年も、見られるといいな~って、虫のいい事を思っている、山さくらで~す 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『和傘』

10月21日(月曜日) 

★ これな~んだ! ★
 和傘1

※ 和傘でした。

※ 座員の中で器用な人たちが、傘屋さんに教えていただきながら、作ってきました。
   器用な人だから、もちろん私じゃ無いんですよ 

★ 人形に遣う傘です ★
          和傘2

★ 小物も、自分たちで作れるものは手作りしています ★
 和傘3
※ 傘屋さんになれそうな位上手に作れています。・・・・ほんまに、みんな凄いですね~!

※ 傘の大きさ、柄の長さなど、人形の演出に使うのに丁度いい物にしなければなりません。
   購入するにしても、最近は和傘なんてどこに売っているのでしょうか?
   さらに、丁度良いサイズや柄となると、それは無いに等しいんです。
   作る技術があれば、使いやすい人形遣いにとって最高の物を作ることができます。
   まあ、手間と時間は、たっぷりかかることやと思いますが~~~~~~~~   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

高見島(瀬戸芸)へ行きませんか?

10月20日(日曜日)   

※ 明日は、晴れるよ! 週の中頃以降は台風が来そうなので・・・・・・、
   行きたかった高見島には、21日に行こうって自分だけで決めて、多度津の港へ下見に
   行きました。

   雨の中でしたが、港で3名の方が居られました。
   島の説明やら、駐車場案内のボランティアの方々やろうと思います。
   私の車に近付いてきて、私は車に乗ったままで、丁寧に説明してくださいました。
   その上、パンフレットも持って来て一揃いすべて私の車の助手席に置いてくださいました。
  
・・・親切丁寧に説明していただき、よくわかりました。・・・ありがとうございました 

※ さっそく家に帰って、友達に連絡しましたが、急なことなので返事が少し重かったです。

・・・「それじゃ、台風27号が通り過ぎるであろうと思われる、次の週にしましょう」

 ~~~~~  ってなことで ~~~~~

=====  いざ、高見島へ ======
 
※ 高見島へ行くのは、10月28日の(月曜日)になりました。
   私は、初めて行きます。  友達も、初めてだそうです。

   でも、まあ、元気さえあれば、前知識は無くても、なんとかなるでしょう 


  ① 行 き・・・10月28日(月曜日)多度津港  9:05発の定期船で行きます。

  ② 帰 り・・・その日に帰ってきます。(日帰りです)

  ③ 持ち物・・・食事のできる所もありそうなので、お弁当は持って行きません。
           倒れそうになった時のためにおやつ少々とお茶を持って行きます。

  ※ 歩きやすい靴・動きやすい服装・お天気に合わせて雨具・虫除け・日焼け止めなど、
     個々におまかせで~す。
  
・・・ 時間のある方は、一緒に行きませんか?・・・ まあ、探検隊のつもりでね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

友との別れの会

10月19日(土曜日)   

『大先輩との、お別れ会』 

※ 今、現在は、88歳とのことでした。
   ・・・ご一緒していた会には、始った時からほぼ皆勤だとのことでした。・・・凄い!
   やっぱり、凄い人やったんやな~って思いました。

※ 私は、夫が亡くなって以来この会に参加して無かったです。
   なので、もう10年以上お逢いしてない方です。

   でも、私の心の中にはしっかり位置を占めていた方でしたので、参加しました。

※ 88歳で独り暮らし・・・近々、千葉に住んでいる息子さんが迎えに来るとのこと。
   私が見る限りでは、お元気なのですが、息子さんにすれば遠くに1人で置いておくには
   心配なんやと思います。

※ どこに居ても、周りの人と、すぐに仲良しになれる人なので、また新しい友達がたくさん
   できることと思います。

★ 私は、すぐ横の席に案内されました・・・話がいっぱいで、写真忘れていました   ★
 お別れ会1 25.10.19

★ お料理最後のおむすびと、デザートになって写真を思い出しました ★
 お別れ会2 25.10.19

※ 私が、一緒に参加していた頃は、70歳代後半やったんやな~!
   今も、その頃と同じ顔で、同じ話しっぷりやったです。
   心も、しっかり、その頃と同じで、私が『屋久島へ縄文杉を見に行きたい』って言って
   いたことを覚えていて・・・・・、

・・・「屋久島へは行ってこられましたか?」
     「あなたが行く時、私も一緒に行きたいなって思っていたんですよ」とのことでした。

 私が、忙しくて参加しなかったこの10年間あまり、会はずっと続いていて、みんなは
   頑張っていたんやな~って思いました。 
   また、いつか行けるようになったら、よろしくお願いします。

   その時、大先輩が、千葉で頑張ってくださっていたら、私は千葉まで歴史散歩に行きたい
   で~す。
  
   いろいろ、ほんまに ありがとうございました  お元気でね 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

紫雲出山遺跡発掘調査 現地説明会に参加

10月19日(土曜日)   

平成25年度 紫雲出山遺跡発掘調査 現地説明会

※ 朝の食事が終わって、10時のおやつを準備して、義母が食べ始めるのを確認してから、
   私は出掛けました。

・・・もちろん紫雲出山へ・・・です。
 
※ 朝は雨が降っていましたが、10時頃にはあがっていました。
   でも、長靴と傘の準備をしていきました。

※ 紫雲出山に着くと寒かったです。
  (しうでやま・しうんでやま・しゅんでやま、など、色々に呼ばれています)

発掘調査の経緯

 紫雲出山遺跡は、昭和30年に京都大学考古学研究室によって発掘調査され、今年で60年が
経ちます。
 この60年間の間、昭和30~32年には貝塚が、昭和63年には竪穴住居・掘立柱建物が、
平成24年には炉跡(ろあと)・柱穴(ちゅうけつ)が発見されました。遺構は予想以上に良好
な形で地中に保存されているようです。
 そこで、三豊市教育委員会 生涯学習課では地形測量を行い、これまでの調査のまとめとなる
基礎資料作成を行うことにしました。
 今年度は、昭和30~33年に発見された貝塚の位置を特定するために調査区を設定し、発掘
調査を行いました。

① 昭和30(1955)年・・・12月(京都大学考古学研究室によって、発掘調査)

② 昭和31(1956)年・・・・8月

③ 昭和32(1957)年・・・・8月

④ 昭和63(1988)年・・・香川大学の丹羽佑一先生の指導のもと、
                 詫間町教育委員会が発掘調査

⑤ 平成24(2012)年・・・遺跡館の南側で発掘調査

⑥ 平成25(2013)年・・・今回の発掘調査(調査区を2カ所設定して掘削)

★ 調査 1トレンチ ★
 紫雲出山トレンチ1横

★ 白い〇を書いてある部分は、柱の立っていた場所なんですって? ★
          紫雲出山トレンチ1縦

・・・「なんで柱が立っていた場所だってわかるのですか」

・・・「土の色が違っているから、わかるんですよ」

・・・「ふうん! その道のプロは、やっぱり凄いですね。ありがとうございました」 
          
          紫雲出山トレンチ1柱の跡
 
 紫雲出山トレンチ1の1

          紫雲出山トレンチ1の2
 
 紫雲出山トレンチ1の3

★ 紫雲出山発掘調査・・・出土品 ★
 紫雲出出土品1
※ 高坏(たかつき)→盛り付け用の土器

 紫雲出出土品2
※ 壺(つぼ)→貯蔵用の土器

 紫雲出出土品3
 
 紫雲出出土品5
※ 甕(かめ)→煮炊き用の土器

 紫雲出出土品4
※ 石鏃(せきぞく)→石製のやじり・・・と・・・ 石錘(せきすい)→石製のおもり

・・・遺跡の時期・・・弥生時代中期(今から約2000年前)

・・・「なんで今回発掘した場所に、柱の後や、土器や、石鏃などが一緒に出てきたのですか?」

・・・「最初、ここに家が建てられていて、その後(数十年後)、家は建て替えられて、そこに
     色々な物が捨てられたのでしょう」
    「ここは、斜めの傾斜地になっていますから、ゴミ捨て場になったと思われます」

※ まだまだ、私には、不思議なことがいっぱいありますが・・・・・・。
 ① なんで、発掘するのをこの場所って決めたのでしょう?
   (ここからは、いろんな物が、いっぱい出てくるよって推測していたのでしょうね)
   (この場所を、発掘すると決めた人には、超能力でもあるのかな~って思います)

 ② なんで、こんな山の上に家を造って住んでいたのでしょう?
  ・弥生時代だけど、こんなに山の上では水田(稲作)もできないでしょう?
  ・漁をするにも、海まで降りていくのに大変な場所やと思います。(私の体力では大変です)
  ・猟ならできるかも?と、思います。

 ③ 石鏃は、狩りをするだけでは無くて、戦い(人)にも使うものなんですって・・・・?
  ・こんなにステキな、景色のいい場所で・・・・、
   この時代に、血生臭い戦いが、あったのかもわかりません。

 ④ それら以外に、ここに集落を造る意味(役割)が、あったのではと想像するとロマンが
   広がります。

・・・そして、それらが、発掘調査をすることで一つづつ解明されていくんやな~って思うと、
    すっごく楽しみになります  これからも、頑張ってくださいね・・・

★ 紫雲出山の高床式倉庫 再現 ★
 竪穴住居の模型紫雲出山頂上

★ 竪穴住居の中 ★
 竪穴住居の中紫雲出山

★ 竪穴住居と高床式倉庫と弥生人(紫雲出山の頂上) ★
 竪穴住居と弥生人

★ 紫雲出頂上から瀬戸内海を望む ★
 紫雲出山から瀬戸内海

★ すぐ下に粟島が見えます ★
 紫雲出山から粟島

※ 曇っていたけど、雨は降りませんでした。 よかった・・・よかったです。 

※ 残念だったことは、柱状片刃石斧(ちゅうじょうかたばせきふ)っていうのを見ないで
   帰ってきたことです。・・・・・残念無念 

・・・「この日、この時間に、1人で参加されていた女性の方と仲良しになりました」 
     数日前に作った名刺を、初めて使いました。 またいつか、どこかでね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

いざ、広島へ!

10月18日(金曜日)    

※ 生まれて初めて、広島まで  で行きました。
   家に帰った時、406kmの走行距離が表示されていたので、片道約200kmなんやな
   って思いました。

※ まあ、まあ、カーナビの指示通りに走ろうって思って、鳥坂インターを3人で出発しました。
   友達2人のうち、1人は助手席に乗ってもらいました。
   ( 道路標識や、カーナビの指示をよく見てもらうためにです  )

★ 途中、広島県に入って休憩 ★
 広島へ行く途中25.10.18
※ 『SA八幡(ヤハタ)』って書いてあったように思います。
   美味しいコーヒーと、豆がいっぱいの豆大福を食べて、元気を盛り返して、さらに目的地に
   向けて、「イザ、出発!」 

★ 今日の練習内容(広島の玉すだれの練習会場で・・・) ★
 玉すだれの練習内容25.10.18

★ 最後に、太鼓の練習もしましたよ ★
 太鼓の練習も1
 太鼓の練習も2

★ 練習の部屋の1面は全て鏡でした ★
 1面は鏡の部屋で

※ 自分の姿勢をチェックできるようになんですって・・・
   同時に横の姿も見られるように、横にも大きな鏡(1.5m×2m)がありました。

※ 私としては、どこを見ても『恥ずかしいよ~』  って思いました。
   だって、悪い格好に、悪い姿勢ばっかりですからね 

※ 私は、バチをやさしく持つってところから出来てなかったです。
   リズムも、すぐに忘れてしまいますから・・・・・・

   讃岐に帰ってきたら、もう忘れています。ごめんなさい 

※ 夕方7時過ぎに、鳥坂インターに帰ってきました。
   友達を送って・・・、無事に帰って来られたことに、私はホッ!としました。
   それから、我が家に帰って・・・・休む暇なく、いつもの人形の練習に行きました。

・・・「山さくらよ、今日教えてくれたことは忘れんようにせ~よ!」
    「だけど、お前の事だから、学んだ事の9割り位は、お返しするじゃろうのう?」

    「でも、まあ、夜の人形の練習にも行って、よう頑張ったのう!」 

    「これからも、広島への練習があるのじゃろうが、気い付けて行けよ~!」   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

白菜の赤ちゃん!?

10月17日(木曜日)  

※ 宗吉瓦窯跡史跡公園の瓦窯会の勉強会参加・・・・・午前中
   ボランティアガイド養成講座・・・渡部先生のお話でした。

※ 午後から・・・・・実家へ

★ 枝豆を抜いた後へ白菜の苗を植えています ★
          白菜大きくなあれ!
 
★ 苗がまだ小さいので、しゃくで水掛けです ★
 白菜の水かけ

★ 白菜の赤ちゃんみたいでしょう? ★
 白菜の赤ちゃん25.10.17
※ 白菜の赤ちゃんへ・・・・、「元気に大きくなってくださいね」 

・・・「無事に大きく育ったら、私が美味しくいただきますからね」  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

写真教室へ

10月16日(水曜日)  台風26号通過・・・伊豆大島などに酷い爪跡残す!

※ 台風26号通過後、夕方まで風がきつかったです。

※ 午後、北海道の東付近で、温帯低気圧になりましたが、勢力はずっと台風なみでした 

※ 今日は、写真教室2回目で、欠席することもできないので頑張って行きました。
   みなさんは、先日の撮影旅行の時の写真を出し合って、批評し合っていました。
   私は、見せていただくだけで、ずいぶん楽しませていただきました。

★ 今月の写真の本の中から・・・(私の好きな写真)  ★

       白い花 山本 25.10.16

しろつめ草と蝶 山本25.10.16

          草としずく 山本 25.10.16

※ 午後から、友達にさそわれて、隣町(詫間町)へ行きました。
   その後続いて、COOPで、今日もしなければいけないことが残ってしまいました。

・・・{自分の段取りの悪さからなんや~}って反省して、もう休みます  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

自分の名刺作り

10月15日(火曜日)    台風26号が接近しています 


※ 今日は、息子の誕生日です 

   息子が生まれた頃・・・(昔々)・・・、この日が秋祭りの日と決まっていました。  
   でも、いつの頃からか、10月の第2の土曜日と日曜日になりました。

   ・・・・私はもう、息子が何歳になるのか忘れました。
   誕生日のことは、嫁がするでしょうから、私はお祝いのおすそ分けをもらいます。

※ 久し振りに、義母と一緒に歯医者さんへ行ってきました。
   義母は、今日で終わりです。 
   私は、今から3~4回通わなければいけないそうです。
   6月にも同じことを言われて、次の治療日を予約していたのですが義父の入院などがあって
   忙しくて行けませんでした。・・・・だから、嫌だけどショウガナイよな~ 

 ====== 『自分の名刺を作ってみました』 ======

※ 名刺を印刷する用の用紙を買ってきたのは2~3年前でした。
   パソコンが変わって、今のパソコンにはラベル屋さんがありません。
   何度も挑戦したけど、私には、見付けても引っ張って来ることができません。
   インストールの段階になって、うまく出来ません。
   それで、何年もホッタラカシになっていました。

※ 仕方がないので、頑張ってエクセルで作りました。
   カットも図案も無いので、人形の写真を小さくして入れました。

★ まず、1枚作って、A4サイズに10枚入るようにコピーしました ★
 名刺作り枠有

※ それから、名刺用の用紙に巧く入るように、縦と横を微妙に調整して、枠の罫線を消して
   なんとか出来上りました。

★ すっごく時間がかかりました ★ 
 名刺作り枠無
※ これで、一枚づつ折り線の所で折って、切り離したら出来上りです。
   本当は、切り離す前に、裏にも印刷をしようと思っていたのですが、もう止めます 

※ 時間がかかっても、仕方がないです。
   私は、パソコンオンチなんや、新しい機械オンチなんや、パソコンの中に出て来る
   横文字は読んでも訳が分からないんだから、しょうがないよな~ 
   携帯電話が壊れても、また同じ物(らくらくほん)を購入しました。
   スマホとかタブレットっていうのには挑戦できません。

   ・・・・・息子も言います。

・・・「母さんは、新しいのを買ってもな『訳がわからんわ』って言うてな、『前のと同じのに
     してください』って、買い替えに行かなイカンようになるで」 

・・・{あ~あ~、もう、ずいぶん時代遅れになっているんやな~}って、思います   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

栗の渋皮煮

10月14日(月曜日) 体育の日で休日  日中は暑かったです 

  『栗の渋皮煮』

※ 私は、生まれて初めて挑戦しました。 
 
  ~~~~~ なぜかって言うとね 

  栗をこのまま置いといても、我が家では、私以外には誰も食べないって思ったからです。

  それと、今月初めに薙刀の大先輩が作って来てくださって、みんなで戴きました。

  美味しかったのと、これはそとの硬い皮をむいで、甘く炊いているだけかと思ったんです。

※ まず、テレビ「あまちゃんの前半編」を見ながら、皮をむぎました。

★ 出刃包丁で、下の硬い所を除けました ★
 栗の皮むぎ1

(反省)① この剥き方は、イカンです。
       中身が見えていると、何度も炊くので、割れて中身が出てしまいます。
       渋皮をきれいに残して剥かないと、出来上がった時に粉々になってしまいます。

 ★ 次は、ハサミで切りながら簡単に剥けました ★
 栗の皮むぎ2
 
★ 全部剥けました ★
 栗の皮むぎ3

 栗の皮剥けました

※ {もう、お砂糖を入れて炊くだけやわな~}って、思って・・・・・、
  でも、まあ、ちょっと聞いてみよう!

・・・「なあ、なあ、栗の渋皮煮って、このまま炊いたらええんかな?」

・・・「タンサンを入れないかんなぁ~」

・・・「ふう~ん、タンサンが要るんや!」

※ タンサンを探したけど無い・・・・・。

・・・「タンサンが無いわ~!」

※ 嫁が、一箱出してきてくれました。
 
・・・「クックパッドで、見たらよくわかりますよ」

※ {クックパッドって何や~?}と思いましたが、
   しょうがないので、パソコンを開いて・・・・・、見てみると・・・・、

・・・「ほんまやな~」

※ タンサンを入れて、3回炊いて洗って、灰汁を除けて、筋も取って、結局昼までかかりました。

★ でも、まあまあ美味しい渋皮煮ができました ★
 栗の渋皮煮1
 栗の渋皮煮2
※ これで、栗も全部食べて無くなると思います。
   みんなも、「美味しい」って言ってくれたので・・・・よかった・・良かった! 

※ 次に、渋皮煮を作る時は、もう少し段取り良く、見た目にもきれいなのが出来ることと思い
   ます。

※ 栗の外の硬い皮のむき方も、載っていました。
   さらに、圧力鍋での作り方も載っていました。

・・・今度、栗を戴いたら、ちゃんと材料や用具を準備して、心の準備もして作ります 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

実りの秋からの、 お・も・て・な・し!

10月14日(月曜日)   体育の日 朝は、肌寒くなりました!

※ 真夏日から、急に秋になった感じです。 {冬服の準備をしなければね}って思います。

※ 今日は、ヒノヒカリの稲刈りをしました。・・・あとは、もち米だけになりました 

※ 昨日、義母を迎えに行って帰って来ると、玄関の中に置いてくれていました。
   10日~12日の間に、誰かが、そっと置いてくださったのやと思います。
   13日の夕方、お婆ちゃんをショートから連れて帰ったので母屋の玄関から入りました。
   そこで、初めて気付きました。

・・・「持って来てくださった方ごめんなさい」  「ほんでありがとうございました」 

     「実りの秋のお裾分け・・・・やな~」 「美味しくいただきます」 

★  すだち・くり・ざくろ・ぎんなん   ★ 
          栗・すだち・ざくろ・銀杏

★ ざくろの実 ★
ざくろの実

※ 上の写真のざくろのまま置いておくと、カビが生えて腐っていても誰も手を出しません。

・・・「食べ方を知らんのですか?」 「今までに食べたことがないんですか?」 

※ 孫たちには、小さい時にしっかり食べさせて、美味しさを味わわせてあるので、海も空も
   大好きなのですが、大人になってから教えても身に付かんってことがわかりました 

※ 面倒臭いけど、実を一粒づつ取り出して、こうやっておいておけば減るかな~って思って
   今、様子を見ています 

※ 栗だって、湯がいておいても、誰も食べません。
   今、外の硬い皮だけむいで、味付けして炊こうかな~って考えています 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

秋祭り (H25)

10月13日(日曜日)  穏やかな秋晴れ

※ 昨日12日と、今日13日は、私たちの地区のお祭りです。
   昨日は朝の6:00頃から、太鼓や鉦の音が賑やかに鳴り響いていました。
   その音を聞きながら(後ろ髪を引かれながら)私は昨日粟島へ行きました。

※ 今日は、ゆっくり獅子や太鼓に着いて歩くこともできます。
   新家の真ん中の孫が太鼓打ちに出ています。

★ 地区の秋祭り・・・昨日と今日で~す! ★ 
 秋祭り1 25.10.13

★ 秋晴れの、お祭り日和です ★
 
秋祭り3 25.10.13

★ 「圭、もっと近くに行ってみようか  」 ★
 秋祭り2 25.10.13

★ 近くに行ったら・・・「獅子が怖いよ~」  ★
 秋祭り(獅子が怖いよ~)

★ 「これ位離れていると大丈夫やなぁ~」・・・  ・・・「うん!」  ★
 秋祭り(離れていると大丈夫だよ)

※ 今日は、隣町の老人ホームへ、ショートスティしている義母を迎えに行く日です。
   なので、昨日と今日は、薙刀の練習を休みました。
   本当は、直心影流薙刀術 秀徳会の会長先生が兵庫県から指導に来てくださっているので、
   参加したかったのですが、いろんな事があり過ぎる私には物理的に無理でした。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瀬戸内国際芸術祭2013(秋)粟島

10月12日(土曜日)  昨日よりは涼しくて秋らしい気温になってきました!
                             だけど、まだ夏服でOKです 

※ 今日も粟島へ行きました。

※ 6:40・・・我が家を車で出発

※ 7:00・・・集合場所へ

★ 土・日・休日は、集合場所が詫間支所前です ★
 10月12日朝の集合

※ 7:40・・・宮の下港から粟島へ向けて出発
        (土・日・休日は、宮の下港〔マリンウェーブ横〕から臨時便が出ています)
 
※ 昨日と同じ場所で同じ業務でした。 この場所の担当者は、私以外は替わっていました。

★ 129 『続粟島モノガタリ』の建物 ★
 129 続粟島モノガタリの建物

★ 133 元海員学校の庭に・・・ ★
 133 元海員学校の庭1

          133 元会員学校の庭2

★ 126 『Subtle lntimacy』佐々木類作 ★

 126佐々木類作1

         126佐々木類作2

126佐々木類作3

★ 127作品展示場所の少し向こうに 『マクロビ料理のお店』 が・・・、 ★
 マクロビ料理の店から1 

★ マクロビ料理のお店の窓からの眺め  ★
 マクロビ料理の店の窓から2
 
★ マクロビ料理のお店の中に・・・・粟島の人の作品 ★
 幸さんの作品1

 幸さんの作品2
※ 粟島の幸さんの作品が展示されていました。

※ この日の業務が終わって・・・17:05発の定期船かと思っていたら・・・、残念 
  土曜日だったので、宮下港へ着く臨時便でした。

※ 17:40・・・粟島港から宮下港に向けて出発の臨時便で帰ってきました。
          平日よりは、遅い便なので、帰ってきたときは真っ暗でした。

※ 帰ってきた時には遅くてシャトルバスが終わっていましたので、お客様を2名私の車で、
  〔経面臨時駐車場〕まで送りました。
  夜で真っ暗だったからか、{私は、地元だけどこんな所には来たことがないよ~}って思う
  場所でした。~~~~~何とか一日無事に終わりました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瀬戸内国際芸術祭(秋) 粟島

10月11日(金曜日)     暑かったです!

※ 6:20・・・我が家を出発

※ 6:50・・・スタッフ集合場所

※ 7:25・・・須田港を定期船で出港

※ 7:40・・・粟島港着

※ 7:45・・・スタッフミーティング

※ 8:15・・・各活動場所へ移動・準備

※ 9:00・・・業務開始(9:30~16:30・・・お客様受入れ)

 ======= 今日の担当場所は、濱野貴子『続粟島モノガタリ』 =======

★ 129 『 続粟島 モノガタリ 』 濱野 貴子作 ★
          粟島物語縦7

          粟島物語縦4

 粟島物語2
 
 粟島物語3
 
 粟島物語1

※ 壁面の作品や映写されている画面の中の文字が全部逆(鏡文字)になっています。
  見に来られたお客様の中に必ず数名の方が、「文字が反対になっていますよ」と言われます。

・・・「作者の意図があって、逆さの文字になっているんですよ」
     と、その度にお話(説明)してきましたが・・・・・、

※ 作者の方(オランダで活躍)の、お話では、
  あの世の人があちら側から見やすいように、逆さ文字にしているとのことでした。

★ 時間に余裕のあるお客様方は、みなさん熱心に聞き入っていました ★
          粟島物語縦5

 粟島物語横6

※ 壁面の の中には、映像が写っていて、粟島の昔話が9:30~16:30まで、ずっと
  放映されています。
  じっと座って落ち着いて観ると、すっごく楽しい時間が過ごせます。 全部で12分弱です。
  お話も短いものがいくつか語られています。
  それが一日中繰り返されています。

  作者が、島中を歩いて島の人々から聞き集めたものだそうです。

※ 壁面の絵も、作品です。 この家の中に入れるのは5~6名です。
  (詰めれば、もう少し大勢入れます)


※ この日は、この場の担当スタッフが3名居ましたので、代わり合って休憩も取ることが
   できました。・・・他の作品展示も見に行く余裕がありました 

 ========== 自分の持ち場を離れて、少しだけ散策 ==========

★ 127 『凪に漕ぎ出す』 麻生 祥子 作 『スサノオ』 滝沢 達史 作 ★
 127 凪に漕ぎ出す1
 
 127凪に漕ぎ出す2

★ 休校中の粟島小学校 音楽室 マスキングテープでよみがえる ★ 
          小学校マスキングテープ1

 マスキングテープ音楽室ピアノ

★ 128 『漂流郵便局』 久保田沙耶 作 ★
 128漂流郵便局1

 128漂流郵便局2

 128漂流郵便局3

★ 武内商店の裏(北側裏一面に)に飾ってありました・・・すごい!  ★
 武内商店の裏に

※ 17:05・・・粟島港発の定期船で帰る

※ 17:30・・・須田港で解散

※ 夜の人形の練習には、力を振り絞って行きました 
  また、明日も私は粟島です   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

染め物やさんへ・・・!

10月10日(木曜日)  真夏日でした 

※ 11時より高松の染物屋さんへ!
   讃岐源之丞の、暖簾を2枚作っていただくために訪ねました。

※ 私は、生まれて初めて染物屋さんという所(お店)へ行きました。
   あんまりステキなので・・・・、

・・・「写真を撮ってもいいですか?」

・・・「いいですよ。どうぞ! どうぞ!」

★ 高松の染物屋さんで・・・ ★
          高松の染物屋さん

          染物屋さんで1

          染物屋さんで2

★ 風呂敷 ★
 染め物ふろしき

★ のれん ★
          ステキな染め物が・・・

※ 讃岐源之丞が、お願いした暖簾は、
   幅1.8m ~ 長さ2m ~ 中央で縦に割って重なりが10cm
   黒色に白抜きの文字を入れます。

・・・「よろしくお願いします」  

※ 3週間位かかるとのこと・・・出来上がりが楽しみで~す  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

近くの幼稚園へ

10月10日(木曜日)  暑い暑い一日でした!

※ 朝8時45分・・・幼稚園へ

★ 園庭で元気に遊ぶ4歳児 ★
 幼稚園園庭遊び

★ 玉入れも ★
 園児用たまいれ

★ 室内では、ケンパやゴムとび ★
          幼稚園 ケンパ

★ ぎんなんも、いっぱい ★
 幼稚園 ぎんなん

★ 栗も、まつぼっくりも・・・ ★
 幼・環境秋

★ 大きなさつま芋・・・図鑑も合わせて ★
 幼・環境さつまいも

★ 親子のザリガニ ★
 ザリガニ親子

★ スッポンも・・・  ★
 幼稚園 すっぽん

※ 久し振りに元気な子どもたちを間近に見て、元気をいっぱいもらってきました 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『サンドナリ』

10月9日(水曜日)   台風24号→日本海で消えました!

★ 今日も、お野菜いっぱ~い! ★ 
          お野菜一杯25.10.9

★ 土の付いたままの里芋です ★
 土付里芋25.10.9
※ 母が、「湯がいてから、皮を剥いだらええで」って、言っていたのでそうします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

母・・・「 サンドナリは要るな ? 」

・・・「 ・・・・・??? 」 「サンドナリって、なに ? 」

母・・・「これやで」「 あんた、知らんのな ? 」

★ サンドナリ ★
 サンドナリ25.10.9

・・・「 これは、『 サヤインゲン 』 やろ! 」

母・・・笑いながら ・・・「三度なるから、サンドナリって言うんと違うかな・・?」

・・・「わかった、わかった、名前は何でもええわ! もらって帰ります」   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

祖父母参観で 『えびす舞』

10月9日(水曜日)   
             台風24号は、昼前に温帯低気圧になりました!

※ 朝、日本海に台風24号が居たので、粟島への定期船は欠航やろうなって思っていました。
   でも、ひょっとしたらと思って、今日粟島の手伝いに行く予定になっている友達に電話し
   てみました。

  「朝早く出掛けて居りません」とのことでしたので、すぐに車で港に行きました。
   港に着いたのは9時頃でしたが、今まさに船に乗る所でした。
   ラッキーでした。 7時過ぎに出る定期船は欠航していたんやと思います。

※ 一昨日、私が担当していた所から持ち帰っていた『一昨日丸』の記念カードを、担当の方に
   お渡しして、お願いすることができました。 よかった! よかった! 

・・・{これで、1つホッ!としました} 

※ 私は、今日は粟島のお手伝いを欠席させていただきました。(吉幼で人形出演)
   ごめんなさい、明日も欠席です。(下幼の訪問指導参加)
  
※ 時計を見たら、9時5分前でした。・・・・人形の集合場所には間に合わない。
   いそいで先輩に電話して、

・・・「すいません、今、港に居ますので、集合時間には間に合いません。 勝手して申し訳
      ないのですが、幼稚園の方へ直接行きますのでよろしくお願いします」

 ========== と、いうことで・・・・・! ==========

※ 今日は、町内の幼稚園の祖父母参観で、『えびす舞』を見ていただきました。
   平日なので座員の欠席もあり、12名でなんとかかんとか頑張りました。
   私は、はじめの口上をして、次の人に拍子木を渡して、えびすさんの足に入りました。
   前半のえびすさんの足は、初めての体験でした。
   続いて後半もえびすさんの足を担当しました。

※ 遊戯室に冷房の設備はありません。30度前後の真夏日でした・・・10月なのにね~ 
   汗が、滝のように流れるってこういうことなんやなって思いました。

★ えびす舞を始める前に、簡単に人形の説明をしました ★
          於吉幼 浦島太郎と乙姫で人形説明

※ この機会に人形浄瑠璃や地元の美しい自然環境への興味や関心を広げていただけるように
  10月26日に、『竜宮 暁のきみ』の上映会があることをお知らせして宣伝しました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード