川の土手は、今!

4月30日(水曜日) 

※ 朝から、お客様でした。
   お客様が帰って、時計を見たら12時を過ぎていました。

 今、高瀬川付近では!

★ 高瀬川の土手のさくらんぼ 緑 ★
 土手のさくらんぼ緑 2 26.4.30

 土手のさくらんぼ緑 3 26.4.30

★ さくらんぼの横のレモンは黄色 ★
 土手のレモン黄色 26.4.30

★ さくらんぼの木の下は、マツバウンランとスズメノエンドウが可愛いです ★
 土手雀のエンドウ 26.4.30
※ カラスノエンドウも数本ありましたが、優しそうな小さな実のスズメノエンドウやと思います。
   でも、ひょっとしたら『カスマグサ』かな?

★ 高瀬川の中は、芥子菜が満開です ★
 高瀬川の芥子菜満開 26.4.30
※ 辛子菜が散ってしまう頃から梅雨に入ります・・・続いて初夏から真夏に季節が進みます。

・・・なんかねぇ~、最近1年が早く感じるようになりました。
     年寄りになった証拠かな~ 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

島四国 (粟島)

4月29日(火曜日)  

※ 朝方まで雨が降っていたので、{今日は家の用事をしましょう}と思っていたけど・・・・・、
   島の方からのお誘いがあったので、10時前の船で粟島へ行きました。
   私が須田の港へ行った時、定期船が出た後でした。
  「次は10時45分です」とのことでしたが、お客さんが沢山居たので臨時の船を出して
   くれました。

※ 10時頃に粟島に着きました。
   粟島港からすぐに、トコロテンのお接待をしてくれる所にお参りに行きました。

★ お参り 一番目 ★
          島四国お参り1番目 26.4.29
※ トコロテンと、ヒジキと、竹の子のお接待を受けました。

※ ここに着く前に、瓦窯会の先輩に会いました。
   先輩たちは、ブイブイガーデンまで行くとのことだったので、一緒にお接待のトコロテンを
   頂いて別れました。 

   私には、ブイブイガーデンや京の浜まで歩く元気はありませんでしたので帰ってきました。
   「帰りに、海友荘によって休んでくださいね」  

★ 砂浜にエンドウみたいな野草がありました(ハマエンドウ) ★
 エンドウ豆みたい 26.4.29
※ 「おおきょいカラスノエンドウやな~」って話し声に、私も見ました。

・・・{これは、カラスノエンドウじゃ無いでしょう}

★ 浜のエンドウみたいでしょう ★
 エンドウ豆の花 26.4.29

★ ほらね、実も、エンドウそのものなんです ★
 浜のエンドウの実 26.4.29
※ 実をちぎって、さやの中の小さい豆を食べてみました。
   ・・・今も生きているから、食べられるんやと思います。
   ・・・食用には適さないんですって!

★ 砂浜の昼顔かな? (ハマヒルガオ) ★
 浜の昼顔かな? 26.4.29

※ 島の方が、車を用意してくださっていましたが、それでも私は遠くまで行く元気はありません
   でした。

※ ル ポールに、うどんの接待をしているってことだったので行きましたが、時間が遅かったの
   で、私たちの前で終りになりました。 残念でした 

※ 仕方がないので、西浜のお汁粉の接待をしている所まで車に乗せて行ってもらいました。
   そこで、お汁粉をいただいて、ケーキもいただきました。

★ マクロビのケーキ ★
 マクロビのケーキ 26.4.29
※ マクロビのケーキは、いろいろな種類が在ったのですが、食べた後で写真のことを思い出し
   ました。 

※ 車で送ってくれた島の人は、ここでビールを飲み始めたので、私たちは歩いて海友荘まで
   帰ってきました。

   なんぼ島でも、飲酒運転はイカンでしょう。
   私が運転して帰ってもよかったのですが・・・・・・、
   いろいろ考えた末に、お酒を飲んで仲間との話が弾んでいる運転手さんはここに残して
   私たちは歩いて帰ることにしました。

★ お参り 2番目 ★
 お参り2番目 26.4.29

★ ピンクのマーガレット ★
 ピンクのマーガレット 26.4.29

★ 粟島の所々にあるお花畑の一つです ★
 お花畑 26.4.29

★ お参り 3番目 ★
 お参り 3番目 26.4.29
※ 今日は、どこのお地蔵様も、きれいに着飾ってもらっていました。
   ピッカピカでした 

※ お地蔵様の1番から88番まであるのだと思いますが、私たちは今回順番にはまわりません
   でした。
   お参りしたのは、4カ所だけでした。
   それと、100番の番外のお地蔵様の所でお汁粉とマクロビ料理のケーキをいただきました。

★ 薬師如来 「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」  ★
          おん ころころ 薬師如来 26.4.29

★ 桐の花 (ブイブイガーデンまで行った先輩が、拾ってきてくれました) ★
 落ちていた桐の花 26.4.29
※ 粟島は、今、桜が終わって、藤の花と、桐の花の季節でした。
   海岸には、ハマエンドウ・ハマヒルガオ・コマツヨイグサ・マンテマ(マンテナ)が咲いて
   いました。
   シャシャブの花もいっぱい付いていました。

※ 今日、出合った先輩の友達が偶然うんらんさんの高校の時の同窓生だったとのことで、海友荘
   で話が弾みました。 
  
※ 偶然の出会いで、楽しい会がまた新たに出来そうです。
  
※ 私たち3人は、午後5時5分の定期船で帰ってきました。
   うんらんさんは、最終便で帰って来るとのことでした。
  
・・・「今日は、天気予報では雨マークだったのですが、晴れて良かったです」 
                          「さようなら」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

文化財保護協会総会

4月28日(月曜日)  夕方から

※ 文化財保護協会総会の記念講演を聞きに行ってきました。

 演題  『 讃岐国府跡を語る 』
 講師  香川県埋蔵文化財センター文化財専門委員  信里 芳紀 先生

★ 講演の最後に・・・・ ★
 文化財保護協会総会 26.4.28
※ 現地説明会の時に参加していたので、今回のお話がよくわかりました。
   といっても、私なりにです。
   説明を聞いて、その時の、そしてその前後の時代背景が浮かんできません。
   さらに、その頃の中国や朝鮮半島の動きも浮かんできません。
   そういう事が、わかると、もっともっと楽しいやろうなって思いました。

※ 26日(土曜日)文楽座での公演も、そして今日も、菅原道真が関連していました。

・・・「でも、今日参加して良かったです。切っ掛けを作ってくれたうんらんさんありがとう」

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『 すずらん 』

4月28日(月曜日)  蛙が鳴いてます → 今にも雨が降りそうなお天気です 

※ 今年も、可愛くそっと咲いていました 

★ すずらん ★
 スズランの花横 26.4.28

※ 初めに、すずらんの花の蕾が土から出てきました。
   あとから葉っぱが出てきて、葉っぱが広がった頃、蕾だったすずらんの花が開きました 
 すずらんの花 横 26.4.28

          すずらんの花縦 26.4.28
※ すずらんって6月頃に咲くって思っていたけど、4月末に咲くんやな~って思いました。
   もう10年以上もここに毎年咲いているけど、
   6月に咲くって私の思い込みやったんでしょうね。

※ これも無くならないから、可憐で弱そうに見えるけど、本当は強い花なんでしょうね 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『イタドリ』

4月28日(月曜日) 

※ 午後から雨で、その雨が明日も続くんですって・・・・・ 
   明日は、粟島の島四国です。・・・・・確か昨年の島四国も雨でした 
   昨年の雨で、私の携帯電話は反応しなくなり、同じ機種で新しくしました。
   なんぼなんでも、お日和まで思い通りには出来んよな~、ションボリ!

※ イタドリは、もう大きくなって食べられなくなりました。

★ 大きく伸びた イタドリ ★
 イタドリ 26.4.28

          イタドリ葉が出てます 26.4.28

★ まだ、食べられそうなイタドリもありました ★
          イタドリ先の方ならまだ・・・ 26.4.28
※ 葉っぱの小さい先の部分を数本摘んで帰りました。
   皮をむいで、熱湯に数秒浸けて、ドレッシングをかけて・・・・・、
   今年のイタドリを味見しました。 
   来年は、いっぱい摘んでいただきますからね  
   イタドリさん、来年またここに元気な芽をいっぱい出してくださいね  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『かたづけ』 の時間が作りだせない!

4月27日(日曜日) 

※ 義父の百箇日が終って3日目。
   今日も、まだまだ、会がふたつ。
   朝は、庭か草畑かわからんところの草抜き。 
   家の横だから、ショウガナイ。・・・・抜くしかない。
   まだ、大分残っています。 

・・・「もう、すっかり乾いてるぞ~!」「箱に入れてしまわないかんぞ~!」

・・・食器片付けの時間は、ボチボチ作り出すしかないです。 
     でも、どうしてもせなイカンことからするからね。
     食器は、増えへんし、物も言わんし、怒らへんしな~。
     ただただ、家族が我慢さえすれば何とか見過ごせる。

★ ここ15年~20年位は使ったことの無い酒の燗する機械? ★
 20年使ってない酒燗 24.4.25
※ 温めることができました。・・・・凄いよな~!
   できなかったら、レンジで、それもうまくいかなんだらヤカンでって思っていました。

★ お銚子(徳利)も、杯も要るやんな~ ★
 コップ湯呑 26.4.25

★ 汁椀も捜しました (数が30を超えると、やっぱり探して出しておかないとね) ★
 汁椀 26.4.25

★ 破れかぶれの熨斗がかかったままのコップが箱のまま出てきました  ★
 40年前のコップ 26.4.25

★ 新品だけど30~40年以上昔の物やと思います ★
          古い古いコップ 26.4.25
※ あんまり昔の物なので、新品だけど口の所の金色が退きかけていました。
   このまま捨てるべきか・・・・?
   イヤイヤ、せっかく見つけたのだから、アンティークか レトロかと思うことにして、
   使うことにしました。

※ コップだって、使わずに捨てられたら悲しむでしょう? 

・・・今夜、頑張ってほとんど片付けました。・・・あとは、お椀だけになりました。
     なので、食事をする場所の確保もできました。
     明日は、お椀を片付けます・・・今日はもう、疲れたから・・・おやすみなさい  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

七世竹本住大夫引退公演

4月26日(土曜日) 

 国立文楽劇場開場30周年記念 
 七世竹本住大夫引退公演

※ 11時に三野町を出発して、国立文楽劇場まで小さなバスで3時間でした。

★ 途中淡路島で休憩しました ★
          淡路島のサービスエリアで 26.4.26

★ 「お食事ですか? 可愛いですね! ちょっとだけ、ハイポーズ!」 ★
          淡路 SA ハイポーズ 26.4.26
※ 後ろから、声を掛けると振り返ってポーズをしてくれました。
   名前は、よくわかりませんでした。 私の耳が悪くてごめんなさいね 

 以前広島まで行った時にも3時間でした・・・ということは、我が家は大阪と広島の中央
   なんやなって思いました。

※ 午後2時過ぎに国立文楽劇場の前でバスから降りて、1階の資料展示室で、国立文楽劇場 
   開場30周年記念 特別展示を、みんなでみました。

★ そこで、ガイドの方から説明をしていただき、下駄をちょっと体験! ★
 文楽の下駄履いてみました 26.4.26
※ 下に指ソックスを履いていてちょうど良かったです 
   いつもの練習の時に履いている下駄よりは高くて、歩きにくかったです 

★ 開場までにまだ時間があったので、横のお店で、本場のたこ焼きを食べました ★
 文楽劇場の隣のお店で 26.4.26
※ 鰹節がいっぱいかかっていて、まるで生きているように動いていました 

※ 三野町のたこ焼きも美味しいけど、大阪のたこ焼きも美味しかったです 

★ 開場前に、先生にご挨拶に行きました ★
 文楽劇場で 1 26.4.26

 文楽座お祝いのお花 26.4.26

※ お祝いのお花がたくさん並んでいました。

※ 始まる前の舞台の中(裏)も見せて頂きました。 ナラクも上から覗きました。
   以前にも1度見せて頂いたことがあったのですが、
   舞台も、大道具も、全てが、私には、「スゴイ!」の 一言でした。

  通し狂言 菅原伝授手習鑑  (すがわらでんじゅてならいかがみ)

※ 午後3時半開場で、午後4時から開演でした。 

★ 途中で休憩時間がありました ★
 公演の間に休憩です 26.4.26
※ 休憩時間は25分位だったかな? その間に、簡単な食事をしたりコーヒーを飲んだり、
   ロビーで自由です。

★ 休憩の間に緞帳が3回変わたそうです・・・そのうちの一枚です ★
 休憩の間に緞帳が変わります 26.4.26

 休憩時間に 26.4.26

 休憩時間にロビーで 26.4.26

          住大夫ポスター 26.4.26

★ 竹本住大夫引退発表 ★
          住大夫引退公演ポスター 26.4.26

★ 公演が終わったのは午後 9 時頃 ★
 帰りに玄関で 26.4.26
※ 帰りのSAでは、お店が閉まっているといけないので、急いでおみやげを買って、
   バスに乗りました。

※ 午後4時から9時まで、
   菅原伝授手習鑑
    車曳の段   茶筅酒の段   喧嘩の段   訴訟の段   桜丸切腹の段  
    天拝山の段  寺入りの段   寺子屋の段

・・・私は疲れました。 同時に満足感も・・・・。
     この日、観に来ることができて良かったという安堵感・・・。
     住大夫の本物の公演を生で観られて、感動・感激・・・・。

※ 家に帰ったのは、翌日の 0時30分でした。
   帰りのバスの中でも、三野町に着くまで感想や、気付いた事を話していました。
   みんな、学ぶものが多くあった5時間、イヤイヤ1日でした 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

藤の花

4月26日(土曜日) 

※ 朝6時前から、息子は田んぼへ行きました。
   田植えの準備やと思います。 私が話しかけると、「忙しんや!」って言っていました。

・・・「わかった、わかった、気を付けて頑張ってな! 母さんは今日は夜中まで出かけますよ」

※ 7時前に、嫁は仕事に行きました。

・・・「片付けができなくて、ごめんなさい」

・・・「母さんも、今日は大阪だから片付けできんのや!」
    「台所の机の上は、いっぱいやけど、除けてご飯食べたらええことやきん片付けできるまで
     みんな我慢してな!」
    「それに、2~3日してから片付けた方が、よう乾いとってええかも知れんからな~」 

 ~~~~~~~~~~ てなことで、今日は先日撮った藤の花です ~~~~~~~~~~

★ 藤 ★
 叔母さんちの藤 26.4.23

          藤 縦 26.4.23

          実家の近くの藤 26.4.23

          藤の花アップ 26.4.23
※ 全部同じ場所の藤の花です。
   今年は、花数が多いみたいに思いました。

※ 最近は、蜜蜂が少なくなっているとのことですが、ここには美味しい蜜がいっぱいありますよ。
   蜜蜂さん、蜜集めに来てくださいね 

・・・「きょうは、今から大阪の文楽座に行きます」
    「帰りは、深夜になります」
    「住大夫の引退公演なので、見逃すわけにはいきません」
    「チケットだって、座員が大阪から指導に来てくださっている先生を通じて何とか手に
     入ったものだから、私の都合なんか言ってられません」

    「ごめんね、田んぼの手伝いできなくって・・・」
    「ごめんね、台所の片付けできなくって・・・・」
    「ごめんね、座布団の片付けできなくって・・・」 

※ また、住大夫(人間国宝)の引退公演の記事を書きます。じゃあ、行ってきま~す  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

詩歌展 (10周年記念)

4月25日(金曜日) 

※ 9:00~  元職場の三豊観音寺の会でした。
  (冊子のまとめと、5/16の会の前日と当日の役割分担などの打合せ)

※ 12:00~ 友達の詩歌展に行きました。 (丸亀市のいつものステキなお店)
  13:30~ 薙刀練習は欠席の連絡をしました。

※ 17:00~ 讃岐源之丞保存会の総会と練習
          総会に市からのお客様が2名参加してくださいました。
          総会が終わって、お客様が帰られてから、私たちは人形の練習をしました。

 ~~~ それで、今日は朝9時から、夜の9時半まで、休む時間がありませんでした ~~~

★ 友達の詩歌展 (一年振りです) ★ 
 詩歌 好きな詩 26.4.25

 私の好きな詩 26.4.25

★ ステキなランプ ★
 詩歌展のランプ 26.4.25

 詩歌展 お気に入り 26.4.25

          詩歌展飾り縦 26.4.25

 詩 好きな詩 26.4.25

 詩歌展飾り 26.4.25

 詩歌 お気に入り 26.4.25

★ 10周年のお祝いに・・・  ★ 
 詩歌展にお祝いの花 26.4.25

※ 一年振りの再会、なんか私たち、七夕様みたいですね。
   毎年作品展をするっていう事は、ほんとうに頑張らないと出来ない事だと思います。
   作品を集めて小冊子を作っておられますが、もう何冊目なのでしょうか?

※ いつも、彼女は控えめで言葉は少ないです。 でも、優しい笑顔から、温かい心が伝わって
   私の心も癒されます。
   私も、彼女の爪の垢を煎じていただきながら、もの静かな立ち居振る舞いを見習わなイカン
   なって思います。

※ 連絡は、いつも手書きのハガキかお手紙です。 メールなんか使いません。
   電話での連絡も無いです。 お元気にされているのかな?って心配になった頃、手書きの
   便り  が届きます。
  (これだけでも、メチャクチャステキなことやと、私は思います)

※ 今度は、一年しない間に、どこかでゆっくり合って、いっぱいお話したいですね   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『 ボタン桜 ・ 八重桜 』

4月24日(木曜日) 

※ 義父の百箇日でした。 (夕方6:30 ~ 夜の11:00)
   みなさんにお参り  をして戴いて、義父も喜んでいることやと思います。
   ありがとうございました 

★ 義父の百箇日は、ボタン桜の満開の頃でした ★ 
 高瀬川の土手の八重桜 26.4.23

★ ボタン桜は可愛いです  ★
 ボタン桜 26.4.23

★ 近くの郵便局の花瓶にも、ボタン桜が・・・・  ★
          ボタン桜 縦 26.4.23

★ ボタン桜のアップ ★
          ボタン桜 花瓶に 26.4.23
※ ボタン桜って、水揚げもいいのでしょね。
   花瓶に入れられてるのも、可憐でした 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『わらび』

4月23日(水曜日)  

※ 頑張っていた土手のワラビ ※

※ 昨年、大きな機械が数台入って高瀬川の中を掃除していました。
   川の底にたまった土砂などを除けて、水の流れをよくしたのだと思います。

★ ちょうどワラビの生える所から、大きな機械が川に入っていました  ★ 
 ワラビの出る土手 26.4.23

★ なので、もう今年はワラビは出ないかなって思っていました・・・でも、 ★
          ワラビが芽を出してたよ 26.4.23

★ 少しだけ、ワラビを摘んできました (夕食に使いま~す)  ★
 摘んできたワラビ 26.4.23

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『バルサミコ酢』・・・・?

4月23日(水曜日) 

『バルサミコ酢』

※ 私は、ずっと『バルサミコス』って思っていました。 
   4~5年前から我が家の冷蔵庫にありますが、私にはわからない調味料なんやろうな?
   って思っていたので、触ったこと無かったヤツです。
   小さな黒っぽい瓶に入っています。 
   得体のしれない物なので、私は触ろうともしませんでした。
 
   誰が買ってきているかっていうと、息子なんです。

※ 3~4日前に、ブログでバルサミコ酢とマヨネーズを混ぜて、特性のドレッシングを作ったと
   いうのが長野県の方(気まぐれおやじ)のブログに載っていました。

・・・{ん・ん・ん? バルサミコスじゃなくて、バルサミコ酢なのか?・・・ということは、
     4~5年前から我が家の冷蔵庫にあるバルサミコスっていうのは、酢の事やったんやな}
     って思い、さっそく使ってみました。

  ① まず、バルサミコ酢とマヨネーズが上手く混ざらない・・・ 
    でも、野菜に掛けて食べたら味は同じやわな~?~~って事で・・・・食べました。

  ※ 息子も嫁も、まず「美味しいな」って言いました。
   
  ※ 私が、「この匂いはキツイねぇ~? 慣れないからかなぁ~?」 
    「マヨネーズに酢を混ぜるんなら、馬路村の柚子ポンの方が美味しいよな~」

・・・[うちの息子は、バルサミコ酢をバニラアイスに掛けて食べるそうですよ]って書くと、

※ 翌日、このレシピがブログに掲載されていました。
   それで、今から載せる料理は、昨日、気まぐれおやじ様のブログから教えて頂いた物です。

★ バルサミコスを使って、デザート作り・・・・? ★ 
 バルサミコ酢とシナモンを使って 26.4.22
※ これは、昨夜8時前に来たお客さんに作りました。
   私の試作品です。 
   私は、味見もしないで、お客様に食べていただきました。・・・ごめんなさい 

★ バニラアイスとバルサミコ酢とシナモンを使って・・・・  ★
 バニラアイスとバルサミコ酢 26.4.22
※ 夜10時過ぎに、仕事から帰ってきた息子に、
   先に味見していた嫁と一緒に、ニタニタしながら出すと・・・・、
・・・「食べたら、すぐに寝るからデザートまで無くてもよかったのに?  」

※ でも、目の前に出されたものを見て、

・・・「母さん、やるやん!」

※ 一口食べて、

・・・「これは、さすがやな!」 
 
※ 全部食べて・・・・、

・・・「美味しかったわ!」  

 ~~~~~~~~~~ バルサミコ酢を使ったデザートの作り方 ~~~~~~~~~~

○ 材 料・・・バルサミコ酢  ハチミツ  バニラアイスクリーム  イチゴ  シナモン  
         ミントの葉っぱ 

○ 作り方・・・① バルサミコ酢を沸かして蜂蜜を加えて混ぜる。
          (とろみを付けておくといいそうです)
          (バニラアイスに掛ける前に、冷ましてから使います)

         ② バニラアイスとイチゴを混ぜて、粗熱を取ったバルサミコ酢を掛ける。
          (アイスクリームは、軟らかい方がいいので、冷凍庫から出して直ぐに
           使う時は、レンジの解凍でお皿が1回位、回る時間でチン!します。

         ③ シナモンを振りかけて、ミントの葉っぱを載せたら出来上がり。 
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
※ 私は昨日これを作るために、苺・シナモン・アイスクリームをメモして買いに行きました。

   私が何かを作るために買い物に行くなんてことは、ほとんど無いことです。
   まず、野菜・果物などは、家にある物を使います。
   無かったら我が家の菜園に、そしてそこに無かったら実家の菜園に行きます。
   後の食材は、ほとんどがCOOPです。
  (消費者側のチェックが細かいから、安心安全で美味しい物が多いと思っています)

※ でも、最近は、商品の数も多くなって近くのスーパーと変わらない物も多いです。
   だから、選んで購入しないといけません。
   COOPの商品は、お肉も、飼育方法や、食べさせる餌も注文を付けます。
   野菜や果物育ても、肥しや消毒薬などと含めて美味しさもチェックしています。
   なので、購入金額は少し高めです。

   ただ、生産者は控えめであまり発言しないとのことです・・・・ 
 
※ そこで、私が生産者に代わって・・・・、
  「安心で、安全で、美味しい物を、安くなんてできんわい」
  「それだけ、手間と愛情を込めて、
   肥料も土に害の無いものを、それぞれの作物が本来の美味しさを発揮できるように、
   苦労しとんじゃわい」
  「それで、農家は赤字になっても、そのこだわりを維持しながら頑張っておるんじゃわいな」

※ 「ほんまに、賢い消費者は、ほんまに頑張っている農家の作物を見抜いて、その良い物に
   それに見合った代価を支払うべきだと思います」

※ そうして、賢い消費者が、頑張っている農家を守らなければ、もう今、他人が守ってくれな
   いですよ  (私たちが口にする食べ物の安心と安全と美味しさを・・・ね) 

※ 安心で安全な食べ物、それが私たちの身体を作ります。医食同源って私は思っています。
   亡くなった夫は、命を産むのは母で、農業が人を育むって思っていたです。
   だから、農業を大切にしない国は亡びるって思っていた人でした。
 
・・・「もう亡くなって10年以上になりますが、私はまだまだその影響を受けているかな」 
      バルサミコ酢から、話題が逸れて、ゴメン! ごめん!      

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ブルーベリー、花いっぱい!

4月22日(火曜日) 

 『ブルーベリーの花』 

★ ブルーベリーの花がいっぱい  ★
 ブルーベリー 26.4.22

★ このブルーベリーは、一本でも結実します  ★ ブルーベリー花 26.4.22

           ブルーベリー縦 26.4.22

★ 冬に、掘りかえされていたビルベリーも、何とか元気です  ★
 ビルベリー 26.4.22
※ これは、まだまだ花が付かないようです。
   でも、しっかり生きているからね 

※ ブルーベリーは、去年も花は咲いて実も生ったのですが、収穫する時間はありませんでした。
  
・・・「ブルーベリーさんへ、今年は、ちゃんとちぎるからね」
    「ホッタラカシにはしないようにしますから、頑張って実を付けてくださいね」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

吾亦紅・・・ガンバレ!

4月21日(月曜日)   

※ カラスノエンドウしか見えませんでしたが、カラスノエンドウを一本づつ抜くと出てきました。
   吾亦紅が・・・・・ 

★ ヒョロヒョロの吾亦紅 ★
          吾亦紅 26.4.21
・・・「急に、光がいっぱいで、まぶしいよ~」 
    「支えが無いと、真っ直ぐに立てないよ~」 

※ 今まで、カラスノエンドウに両脇から支えられていたのでしょう?
   モヤシみたいな、吾亦紅です。

・・・「吾亦紅さん、これが現実の世界だからね。頑張って自分一人で立ち上がってくださいね」  

    「強い太陽の陽ざしがある日で無くて良かったですね」
    「昨日も、今日もどんより曇り空に雨だから、今のうちにシャキッと立ってくださいね」   

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

白色 山吹

4月20日(日曜日)  少し  

※ 今日は、たくさん雨が降る予定でしたが、パラパラ位しか降りませんでした。
   息子は、田植えの準備に田んぼへ行きました。
   次男にも声を掛けて誘っていました・・・・・一人じゃあ大変なんやと思います 

・・・「雨が降るまで、田んぼに行ってくるわな!」

・・・「ご苦労様、頑張ってな!」

※ 私は、雨が降る前に抜いた草に火を付けました。
  (大きな草の山が、2つもありましたからね)
   でも、まだ草だらけです 

★ ひっそりと咲いていました ★
 山吹白 26.4.20
※ 実をいうと、これも、カラスノエンドウに半分位かくれんぼしていました。

※ お婆ちゃんは、夕食を全部美味しそうに食べていました。
   最後まできちんときれいに食べるのは、お爺ちゃんと同じでした 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

黄色ジャスミンが咲き始め!

4月19日(土曜日)  

『カロライナ ジャスミン』 咲き始めで~す !
 
※ 今年は、いつもより、花が開くのが少し早いのかなって思います 

★ 黄色いジャスミンの花 ★
          カロライナジャスミン 26.4.19
※ つぼみのまだ開いてないのは、ハゴロモジャスミン白色です。
   カロライナジャスミンの花が終わった頃、白い羽衣ジャスミンが開きます。

※ 羽衣ジャスミンと、カロライナジャスミンは分けて、離して植えたのですが、6~7年の間に
   蔓が絡まり合って、ゴチャゴチャになってしまいました。

   そこに、カラスノエンドウも、負けじと頑張っていました。
   私の背丈より高く伸びて花を咲かせているカラスノエンドウです。
 
   カラスノエンドウは、この写真を撮った後に、根っこから抜かれてしまいました 

★ 少し高い所には、花がたくさん開いていました ★
          黄色いジャスミン 26.4.19

★ カロライナジャスミン アップ  ★
          ジャスミン黄色アップ 26.4.19
※ これも、メチャクチャ強い花です。
   6~7年前に、鉢植えだったのを無雑作にここに植えました。
   それ以来、どんどん大きくなって、ちょっとぐらい草と一緒に抜いても、枝を切っても
   切っても、枯れません。

※ 私は、自分の仕事を辞めてから、花の苗を買っていません。
   今まであったのも、枯れて無くなるものが多いです。
   ただ、花の苗を頂くことがあるのと、ホッタラカシでも枯れないで毎年芽を出す草花だけで
   それなりに時季時季には花が咲いています。

・・・{私には、これで十分やと思うことにしています}  

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

また、マンサクの花

4月19日(土曜日)  

※ 今日は、息子は夜勤明けで帰って、すぐに軽トラックに積んでいた苗の棚をJAに返しに
   行きました。
   続いて、午後から水利のことで作業に出かけます。
  
・・・{眠ってないけど大丈夫かな?} 
     って思うけど、代わって水路のお掃除に行く時間は、私の身体が空いてないです。
     ごめんね 

※ 昨日、『コシヒカリ』の苗が届きました。
   ほんとうに、田植えの時季になっています。
  
   少し前にも「雨で、田んぼが耕せんのや! ジュルいきん田んぼに機械が入れん」って言って
   いたから、それなりに準備しているんやと思います。

★ マンサクの花は、色あせてきました ★
          マンサクの花、色あせて 26.4.19

★ まだまだ、きれいな見頃の枝もあります ★
          マンサクの花、まだきれいな 26.4.19

★ よく見ると、まだ、蕾の枝もあります ★
          マンサク 蕾もある 26.4.19
※ マンサクって、一気に咲いてしまわないで、次々に咲くみたいです。
   今年は、花がいっぱいで、枝が垂れさがってきたので、三分の一位枝を落としました。

・・・{もうほんまにあんたは、なんぼでも大っきょになる木なんやな~} 
    {ちょっと、慎ましく育って欲しいです} 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

私の大好きな庭

4月18日(金曜日)  

※ 今日は、朝からやさしい雨です 

※ なので、昨日撮った写真を載せます。
   私の大好きな先生のお庭です。 先生も好きだけど、先生のお庭も大好きです。
   珍しい物がいっぱいあるのと、カラスノエンドウが我が家の庭位繁っていて親しみがわきます。
   それで、本当に自然と同居しているんやなって思えて、私の心は癒されます。
  
★ 雑草も、花木も、花も、ハーブも、共に育っている庭で・・・  ★
          ハーブの花一面に 26.4.17
※ 花を摘んでビニール袋にいっぱい頂いて帰りました。

★ 黄色の花の踊子草 (私は、踊子草は、ピンク色しか知らなかったです) ★ 
 踊子草黄色 26.4.17
※ ヤエモグラも、ハコベも一緒に育っています。

★ 黄色い花の踊子草 ★
          踊子草黄色たて 26.4.17
※ ピンクの踊子草なら、紫雲出山にたくさん生えていたんですけどね  

★ 白い花の大きな木 青空に向かってステキでした  ★
 白い花の木 26.4.17

★ 沈丁花みたいな花だけど、名前は忘れました ★ 
 名前忘れました先生の庭 26.4.17
※ チョウジ咲きとかなんとか、丁寧に説明してくださったのですが、一日で全て忘れました。

★ ハナニラ (我が家に勝手に生えているのよりは色が濃くてきれいでした) ★
 花にら 26.4.17

★ 大きな花の椿 (花が大きくて垂れ下がるように咲いていました) ★
 大きな花の白い椿 26.4.17

★ ワビスケでしょうね (私が今まで見た中では一番小さな花でした) ★
 小さな小さな椿 26.4.17
※ 私は、椿の小さい花がワビスケやという位の知識しかありません。

※ ワビスケは、受粉しない実が出来ないんだそうです。
   不思議になって中を覗き込むと、めしべとおしべらしきものはありました。

★ これは白い椿でしょうね  ★
 白い椿 26.4.17

★ ダリアの花のように、たくさんの花びらがきれいに並んでいる椿の花です ★ 
 花弁がいっぱいの白い椿 26.4.17
※ 椿の種類は、沢山あります。
   この庭の主は、一本一本の椿の名前を御存知で、教えてくださるのですが、私に覚える能力
   がありませんでした。・・・・・ごめんなさい。

※ 椿は、まだまだいろいろな種類があったのですが、花が終わりかけていました。

※ 椿や山吹などの花枝を、ポキポキ折って分けていただきました。
   軽トラックの荷台に、花やら、菊の苗やら、アイリスの苗やら、難しい名前の苗やらをいっぱい
   乗せて帰ってきました。
   帰りに、先輩友達の家にも配達して、喜んでもらえました。

・・・{落ち着いて考えると、私は庭を見て楽しんで運んだだけ・・・、それなのに、みんなに
     喜んでもらって、お礼まで言ってもらって・・・・・ }

・・・「山さくらよ、いい気になるんじゃないよ! お前は、他人のもので勝負しているだけだぞ~」

・・・{いい気分になっていたのは、その通りなんですけどね・・・・・反省してます}

※ ただ、軽トラックの荷台に残っている花の苗は、まだまだあります。
   植える場所を作らなイカンのです。
   さらに、先日頂いてきたマーガレットの苗もあります。

※ ところが、今日は雨・・・・・ 

※ 私の身体も、先週末から、ダメなんです。 また、痛みが走っています。
   起きて、そっと動くのが精一杯なんです。 筋肉痛かな? 神経痛かな 
   今朝からは、身体の右半分の背中・腰・お腹の筋肉が全部痛いです。
   不思議なのは、今朝から、左半分に痛みがないことです 

・・・「でも、昼からの趣味の会は頑張ります。 夜も観音寺まで行きます」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

サヤエンドウ

4月17日(木曜日) 

 今年、初めての『サヤエンドウ』

※ 私のことを「さくらちゃん」って言う、いつものおばさんから頂きました。
   私は、もうずっと前に60歳を過ぎました。ほんで、婆ちゃんです。
   だけど、ちゃん付けで呼んでくれるのは、このおばさんだけです。
   なんかね~、親しみを覚えます 

★ 早や、さやえんどうの季節が来たようです  ★
 サヤエンドウ戴き 26.4.17
※ そら豆の花は咲いているけど、エンドウだってまだ花の時季やと思いますが・・・・?

★ 本物の大きなサヤエンドウで~す  ★
 サヤエンドウ初物 26.4.17
※ あんまり大きくて、軟らかくて美味しそうなので計ってみると、大きいのは長さが15cmも
   ありました。 すごいよな~、ビッグサヤエンドウでした。

・・・「今から、スジを取って洗って、あなたの命を、美味しくいただきま~す」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

瓦窯会の臨地研修 (紫雲出山)

4月16日(水曜日)  

『紫雲出山遺跡』(しうでやまいせき)
『紫雲出山』(しうんでやま・しゅんでやま)

※ 今年度初めての瓦窯会の研修でした。

※ 場所は、4月13日日曜日に桜まつりをする予定だったけど、雨で中止になった紫雲出山
   でした。

※ 弥生時代の山城だったとの説が通っている、高地性集落跡へ行きました。
 
★ 染井吉野よりは白っぽい桜でした・・・・桜花爛漫でした  ★ 
          紫雲出山の桜たて 26.4.16
※ 染井吉野は、ほとんど散っていました。

 紫雲出山の桜 よこ 26.4.16

★ みんなで説明を聞きました (参加者20名) ★ 
 紫雲出山集落跡で説明 26.4.16

★ ウラシマソウ ★
          ウラシマソウ 26.4.16

★ 紫雲出山頂上から ~ 少し、曇っていました ~ ★
 紫雲出山頂上から 26.4.16
※ 今から咲くボタン桜がきれいでした。

※ 写真の右端の半島の先が、先日行った岬の灯台がある所です。

★ 「シャクナゲ、咲くのが早いですね」 ・・・『西洋シャクナゲ』だそうです ★
 西洋石楠花 紫雲出山 26.4.16

★ 日本の昔からあるタンポポです・・・・今頃は珍しいそうです ★
 紫雲出山 日本たんぽぽ 26.4.16
※ 最近、野原にあるタンポポは、ほとんどが西洋タンポポだそうです。
  (西洋タンポポは、ガクが反り返っているそうです)

★ 私は、初めて見る花でした → なので名前はもちろんわかりません  ★
 わからない花 紫雲出山 26.4.16
※ 白いスミレの花かと思ったのですが、近付いてよく見るとツルで伸びていて、やっぱり私には
   わからない草花でした。

★ 初めて見るきのこでした → 食べられるそうです ★
          なんとかきのこ 26.4.16
※ 名前は、教えてくれたけど、このブログを書く頃には忘れました。

 紫雲出山説明 26.4.16
※ ここが、弥生時代には珍しい山城があったって・・・? 何を守るための山城なの?
   矢じりとかが沢山出土したから、戦いのためのものだったということですが・・・?
   こんなところで、どうやって生活するのかな・・・・?
   今なら水道もあるけど、まず水はどうしていたのでしょう? 井戸でも掘っていたのかな?
   水田?・・・・・池でもないと稲も育たんでしょう?

※ 海に行って釣りをしたって、ここまで上がって来るのに1~2時間はかかるでしょう?
   その頃には、車も無いんだからね 
   わざわざそんなに不便な所に住まなくてもいいんじゃないの?

※ 昨年の発掘後の説明会に参加した時も、{へんなの~}って思いました。
   なので、今回の先生のお話には大賛成です。 もう私は、拍手いっぱ~いです 

※ 弥生時代に、ここは市場だったのではないか。
   シルクロードにも、オアシスがあったように、ここも安心で平和な場所でないと市場として
   成り立たない。 なので、平和を守るために、矢じりもたくさん出土した。
   山の上なら、安全が守り易い。 
   この時代は、高い所は、神に近いって思われていたんですって!
   海からの便もよくて、広範囲な交易があったのでしょう。
   (沖縄の貝が出土しているそうです)

※ この、紫雲出山の下の方に集落は確認されていない。 
   この近くでは、善通寺に大きな集落跡が発掘されている。
   もし、その集落を守るための山城ならば、位置的に成り立たない。
   たとへば、多度津の海の方から攻められれば、いとも簡単にやられてしまう。

※ 中国・朝鮮などから攻められたときに、早く発見してのろしを上げるためだったかも知れない。
  (それは、時代がどうなのかしらって私は思います)

※ ここの高地性集落は、この弥生時代だけで、後は消えて無くなっているんですって・・・?
   続けて利用するには、何か不都合があったのでしょうね 

 紫雲出山解説 26.4.16

※ 内緒の話・・・ここで弥生時代の土器のかけらを拾いました。
   私が拾ったのではなく、見付けそうな人に付いて行っていると、その人が見付けたのを
   そっと手渡ししてくれたのです。

   以前五色台に行った時に、小さな石を拾ってきて、翌日返しに行ったことがあるので、
   帰りに、宗吉瓦窯跡史跡公園の職員の方にお渡ししました。

※ 実は、この日に、私は弥生時代の土器に触れてしまいました・・・・・凄いことやろ! 

・・・「また、紫陽花の時期に来るからね」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

春の野に黄色い花

4月16日(水曜日) 

★ 田んぼのあぜ・・・・一面にタンポポ  ★
          畔にたんぽぽ 26.4.16

          やっぱりタンポポ 26.4.16

★ 遠くから見ると、タンポポかなって思ったけど・・・  ★ 
          タンポポかな? 26.4.16

★ キツネノボタンでした   ★ 
 キツネノボタン 26.4.16

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

春の花 いろいろ!

4月15日(火曜日) 

★ ボケの花 (3/20 撮影) 今は、散ってしまいました ★
 ボケの花 26.3

★ 白いすみれの花 (ヒゴスミレ) ★
          スミレの花 26.4.15
※ 今年の春先に、薄紫色の野草のスミレの花は咲きませんでした。
   なぜ、咲かなかったことに気付いたかっていうと、隣りの家や道端のスミレは可愛い花を
   いっぱい咲かせていたからです。

・・・{ん~んん! 我が家のスミレはどうなったのかな?}

※ この白いスミレしかありませんでした。 でも、ようく見ると根っこだけはありました。
   新芽も、つぼみも全部虫に食べられたようでした。 
   この白いスミレの葉っぱは、虫が嫌いだったのかも知れません。

※ 今、根っこだけになっていたスミレの芽が出始めています。
   近くの道端の同じ仲間のスミレの花が散って無くなった頃、我が家のスミレは咲くかも
   わかりません。・・・・・ちょっとだけ楽しみになってきました。

※ スミレの新芽とつぼみを全部食べた虫は、たぶん、黄色と黒と赤い色が付いていた何かの幼虫
   やと思います。 まだまだ寒い時に、近くの石の上で1匹歩いていたのを思い出しました。

★ 『ナデシコ』の花だと思いますが~~~~  ★
 撫子の花 26.4.15
※ ナデシコの仲間やと思います。私の好きなナデシコより随分背丈が低いです。
   カーネーションの仲間かな? 私には、ようわからんです  
   植木鉢に植えるために改良されているのかな?
   でも、可愛いでしょう? 
   数年前から、ここ(植木鉢の中)で、小さな花を咲かせています。
   いつかの、なにかの、寄せ植えの時に、入っていた花だと思います。

 ~~~~~~~~~~~~ ここから下は、実家の写真です ~~~~~~~~~~~~
★ キンセンカの花たち  ★
          キンセンカの花たち 26.4.15

★ キンセンカの向こうの方には・・・・ ★
          キンセンカの向こうの方に 26.4.15

         青いルピナス26.4.15

★ カモミールかな? ★
 カモミールやわな 26.4.15

 カモミールかな 26.4.15

★ 背丈の低いストックみたいです ★
          ストックかな? 26.4.15

★ ハコベやホトケノザも一緒に競い合っています ★
 ピンクの花 26.4.15

★ ピンクのカスミソウかな? ようわからんです  ★
 ピンクの花アップ 26.4.15

★ 少し色付いてきた ヒゲナデシコ ★
 ヒゲナデシコかな 26.4.15
※ まあ、いろんな花が同居して育っています。
   たぶん、その辺に芽を出したのを見付けて、並べて植え直して育てているのだと思います。
   ひょっとしたら、種を蒔いて育てたかも・・・・・
   次々に、その時季の花を咲かせています。

※ 実母が、お墓や仏様用に育てています。
   向こうの端まで、ずうっとなんです 

   以前から、気になっていたので・・・・・、

・・・「こんな道にまで植えたらイカンやろ! なんぼ、綺麗なきん言うたってな!」 

※ 母が言うには、田んぼの横の道を作りなおした時、コンクリートの畦を田んぼの方に寄せて
   つくったんですって・・・・・! (きっと、母が花を植えるためにやでな~)

・・・{こんなことしとったら、母が花育て出来なくなったとき、あとの管理はどうするのよ}
     って思いましたが、まあ道に植えてないんやったらええわと思い、言葉を吞みこみました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『パンジー』

4月14日(月曜日) 

※ 昨年末に苗を頂きました。
   植木鉢にまとめて入るだけ入れて、パラパラっと土をかけておきました。
   もう、ほんまに雑な植え方で、パンジーさんごめんなさいです 
   沢山頂いたので、他にも植えましたが、ただただ突っ込んだだけのこの植木鉢のが、
   一番きれいに、花をいっぱい付けています。
 
・・・{ほんまに、もう、どうなっとんやろかな?}って思ってしまいます 
 
★ パンジーの花 3/20 撮影 ★
 パンジー 26.4.1

※ このパンジーの花は、早いのは1月から咲いていました。

※ ここから下のパンジーは、今日撮影しました。
   パンジーも、次々に花を付けて、休み無く咲いています。
   肥しももらってない、土もしっかりかけてもらってないけど、花はいっぱいです。

★ 黄色と紫色のパンジー ★
 紫パンジー 26.4.14

★ 水色のパンジー ★
 水色パンジー 26.4.14

★ 黄色のパンジー ★
黄色パンジー 26.4.14

※ パンジーって、凄いです。
   萎れた時にしか水を掛けてもらえないのに、それでも枯れません。 強い花です。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

春蘭 (ジジババ)

4月14日(月曜日)  朝は、凄い霧でした 

・・・「凄い霧だから、車の小さいライトを付けて運転した方がいいよ」

・・・「はい、気を付けて行きます」


※ 今年も咲いていました 

★ 春蘭 (ジジババ) 4/1撮影 ★
 ジジババ 26.4.1

          春蘭 ジジババ 26.4.1

※ 3月末から、咲き始めていました。
   今も咲いています。 ジジババさんは、ずいぶん長い間咲いていますね 

※ 今日も、見に行きました。 花の数が増えていました。
   4月1日に写したジジババも、元気でした。

★ 4月14日撮影 ジジババ ★
 ジジババ横 26.4.14

★ 一昨日、写真の先生が教えてくれたように撮ってみましたが、ダメでした! ★
          春蘭ジジババ縦 26.4.14

★ 私の思っているような写真は、撮れませんでした ★
          ジジババ縦 26.4.14

★ ジジババさん、上手く撮れなくって、ごめんなさいね  ★
          春蘭縦 26.4.14
 
・・・「また、教えてもらうことにします」

※ カメラが勝手にピントを合わしてくれるのだから、もっときれいに撮れるはずなんやけどな~ 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『菜花』・・・まだあります!

4月13日(日曜日)  

※ 紫雲出山の桜まつりが中止になりました。 朝、やさしい雨が降っていたからです 

※ 雨降りのおかげで、私は、自分に与えられた仕事の続きができます 

★ まだ、菜花があったんです  ★
 今頃菜花? 26.4.13

★ 菜の花がいっぱい咲いているから、菜花は、これでもう終わりかな? ★
 菜花終わりかな? 26.4.13

★ 菜花さん、2月から4月までの間、しっかり芽を出してくれてありがとう  ★
          菜花 もう最後でしょうね 26.4.16

・・・「また、来年の春ね!」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

薙刀練習 (朝から夕方まで)

4月12日(土曜日)  

※ 薙刀の練習会2日目・・・・・始まりのご挨拶

★ 山口県と兵庫県から先生を招いて・・・・ ★
 薙刀練習会 26.4.12
※ 今、あいさつしている先生は、うちの義母より年上です 
  {人は、人間は、神様に生かしてもらっていると思うけど、年齢に関係無く身体も頭も元気な
   人は、いつまでもお元気なんですね}って、思いました。

※ 夕方4時過ぎまで、練習頑張りました。
   昼の休憩は、1時間だけでした 

※ 先生方や、今回遠くから練習に参加していた方々を送り出して、片付けをしました。

※ 私は、帰って炬燵の中で寝てしまいました。

・・・「お母さん、夜のご飯食べますか?」

・・・「ごめん! 欲しくないです」 

※ 普段の練習をサボりまくっているから、今回の様な練習をすると、私は息切れしています。
  60歳後半~70歳代~80歳代の人も、誰一人として弱音は、はきません。
  私だけです、息切れしているのは・・・・、

・・・{呼吸の仕方と、力の入れ方が悪いんやと思います。さらに、気が入ってないんやな~?}
 
※ 20代から50代の若い会員も、参加していましたが、少ないです。

・・・{私は、あした・・・、起きられるかしら~   }状態です。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

趣味の世界で厳しい日

4月11日(金曜日) 

※ 薙刀と人形の練習でした。
   薙刀は、山口県と兵庫県から偉い先生がおいでてくださっています。
   今日と明日の2日間の練習で、近県からも数名の会員が一泊泊まりで練習に来ています。

※ 人形の練習の後、役員会がありました。 残ってくださいって言われたけど、私の体が耐えら
   れそうもなかったので、帰らせていただきました。
  
※ 帰ってから、夜中12時過ぎまで、議事録作りを頑張りましたが、まだ、議題が2つ分残って
   います。 
   これも、早く仕上げて送らなければなりません  でも、もう休みます。 
   明日も厳しい練習ですからね  

〔追伸〕 うんらんさん、石蕗の苗を沢山持って来て頂いてありがとうございました。
      キンカンの甘露煮の出来上がりを楽しみにしています。
      詩歌展出欠の返事は、また、私の予定を見て連絡入れます。待ってくださいね   

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

『岬の灯台』に着きました!

4月10日(木曜日) 

※ 『岬の灯台』へは、歩いても、歩いても、登っても、下っても、ずっと山道でした 
   しんどく無かったのは、自分のペースで時間にゆとりを持って歩いたからやと思います 
   それと、自分が行きたいと思った所だったからだと思います。
   一緒に行った友達は、少し前に城の山に登って足を悪くしていましたので、その友達の分を
   思い計って、私はいつもよりもっとゆっくり歩くようにしていました。

★ 時おり、海からの優しい風が来ると、桜の花びらが、雪のように舞います ★ 
          散った桜の花びらの道 26.4.10

★ 桜の花びらの道・・・・・大きな山桜の木が、そこここにありました ★
 大きな山桜の樹 26.4.10

★ アケビの花も、きれいに並んで咲いていました ★ 
 アケビの花 横 26.4.10

          アケビの花 たて 26.4.10

★ 『どんどろ石』・・・雷さんの石なのかな?  ★
          どんどろ石 荘内半島で 26.4.10
※ 雷さんの事を、私が子どもの頃は、どんどろさんって言っていました。
  「おへそを隠しとかなんだら、どんどろさんに取られるよ!」って言われていましたから・・・。

※ 数年前に、大阪のどんどろ大師っていうお寺に、人形を遣いに行きました。
   阿波鳴の順礼歌の段を遣いました。新しく人形を作ったので、初めての人形に魂を入れるって
   聞きました。 その、おつるを遣わせて戴きました。 
   今、振り返れば、ほんまに凄い事をしたもんやなって思います。

※ どんどろって本当はどんな意味なのでしょうか? 

★ 岬の灯台の少し手前に、ありました  ★          
          岬の灯台の少し手前に 26.4.10

★ すべり台の様な急な坂道を降りると、そこに灯台がありました ★
          急な坂道を降りると灯台です 26.4.10
※ ここで、お弁当を食べながら、2人で思いっきり話をして、スッキリ!
  (介護の苦労話をしあって、2人とも心穏やかになって帰ってきました)

   心地好い潮風と、優しい太陽と、そして、眼下には釣り船と・・・穏やかな青い海と・・・

★ 灯台の場所から下を見ると、・・・・のんびり釣りかな? ★
 釣り船が出てました 26.4.10

★ 岬の灯台の近くに咲いていたタンポポです ★
 岬灯台近くのタンポポ 26.4.10

★ 帰り道で見付けた、本当に可愛い花です ★
          名前わからない花 26.4.10

 岬の灯台で 26.4.10

★ 歩き始めた所にもありました、所々に立てられている道案内の地図 ★
 道案内岬の灯台の途中 26.4.10

※ 灯台までの距離も、そこここに立てられていました。
  「 あと、何メートルやな~」  って言いながら歩いたのですが、私は、想像していたより
   ずっと、ずっと遠かったです。
   {昔は、もっと近くまで車が入れていたのかな?}・・・とも、思いました。

※ だって、夫は、夜牛の仕事が終わってから、灯台の下へ釣りに行っていましたから・・・。

※ 私たちが帰ってきていると、網と釣竿を持ったおじさんが登って来るのに会いました。
   釣の好きな人は、荷物をいっぱい持ってこの道を歩いてでも行きたいよい釣り場があるのかな
   って思いました。

・・・{1度行ってみたいと思っていた、岬の灯台に行けてよかったよ~}
     その、私の思いに付き合ってくれる友達が居るってことは倖せなんやって思いました。

     ただ、心配なのは、その友達の足が悪化してないかな~ってことです。
     たぶん、2~3日置いて痛みが増してくると思いますからね 

・・・これで今回の後が大丈夫  だったら、また、時々、いやいやたまに、小さな里山に
     行きましょうね。 イヤイヤ、登りましょうね 

追伸・・・私の我儘に、付き合ってくれた貴女へ・・・、
     「玉子焼きも、ミニトマトも、チーズも、きゅうりも、美味しかったで~す」
     「ありがとうございました」
     「また、貴女の都合のよい日・よい時間に、キンカンをちぎりに来てくださいね」

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『岬の灯台』 へ!

4月10日(木曜日)    春うらら 

※ 朝の家事を済ませて~~~、
 
※ 9時に、最終チェックした会報・25年度行事・会計報告書等を、郵便局から速達で、
   横浜の印刷屋さんへ送って~~~~、

※ おむすびを作って~~~、おやつも持って~~~、

※ この(下の写真)絵地図を持って~~~ 

★ 荘内半島の絵地図 (昭和57年4月完成) ★ 
 箱浦 絵地図 26.4.6

 荘内半島探検で~す 

※ 10:30に、軽トラックで我が家を出発しました。
   助手席には、怖がり屋のうんらんさんに乗ってもらって~~~、
  (朝5:00頃、四輪駆動で走るときと、普通に走るときの方法を教えてもらって~~~、)
  (なぜ5時かというと、息子は朝早くから田んぼをトラクターで耕しに行ったからです~、)
  (もう、田んぼは、田植えの準備にかかります)

※ 軽トラックで、仁老浜まで行きました。

★ 仁老浜 ★
 仁老浜海に向かって右側 26.4.10

★ 浦島太郎が玉手箱を開けてお爺さんになったといわれている場所で~す ★
 仁老浜 海に向かって左側 26.4.10

★ 仁老浜の海岸に、ハマダイコンの花  ★
          仁老浜に 26.4.10

★ 近付いてよく見ると、こんなに可愛い花  でした ★
 仁老浜に ハマダイコン 26.4.10

★ 仁老浜海岸(竜宮城の形のトイレ)  ★ 
 仁老浜海岸 26.4.10

★ この桜は、染井吉野じゃないみたい・・・花の色が大島桜みたいでした ★
 染井吉野じゃないですね 26.4.10

※ 私は、もっと車で走れると思って軽トラックで行ったのですが、車が入れないように鎖が
   架かっていました。
   なので、大島桜のような桜の樹の近くに車を停めて、歩くことにしました。

※ 道はきれいでしたが、まるで登山でした。

★ 途中で見付けた、『ぐいみ』 ★ 
 ぐいみ 26.4.10
※ この日のグイミも、50年昔に食べた、グイミと同じ味がしました。

★  淡いピンク色のツツジ  が、きれいでしたよ ★
 つつじの花がきれい 26.4.10

 三つ葉つつじかな 26.4.10

          淡いピンクのつつじ 26.4.10

 山がツツジ色 26.4.10

 つつじ 26.4.10

 ミツバツツジアップ 26.4.10

※ 歩いても、歩いても、岬の灯台は見えませんでした。
   まるで、登山そのものでした~~~~~ 
   でも、おにぎりも、お茶も持っているから安心でした。
   お天気もいいし、風も無くて、山歩きには丁度良い気温でした。
   友達と二人で、ゆっくりのんびり話をしながらボチボチ歩きました。

・・・「この、続きは次回の記事に載せます」 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

カラシナと散る桜

4月9日(水曜日)  晴天 暖かくなりました 

※ 入園式、欠席。

※ 運転免許証の更新。
   9:50から、30分の講習受けて、新しい免許証を受け取りました。

※ 帰り道・・・・まだ桜の花はありました。
   春風にのって桜の花びらが、舞っていました。
   川の中には、芥子菜の花の黄色い色が美しかったです。

★ 高瀬川土手の桜(高瀬町) ★
 高瀬川土手の桜吹雪 26.4.9

★ 春風が来ると、桜吹雪になっていましたが、まだ蕾の桜花もありました ★
 散り始めている桜の花 26.4.9 

 桜のつぼみも26.4.9

★ お遍路さんも、歩いていました ★
 お遍路さんと桜26.4.9

※ 「辛子菜って、見た事無いで~す」って言っていた人へ 
★ 見てくださいね。  この黄色い花の野草が辛子菜で~す ★
 芥子菜 高瀬川土手と中 26.4.9
※ この時季、高瀬川でも、財田川でも、川の中も土手も、芥子菜がいっぱいで~す 

★ 3月末に撮った芥子菜です ★
          芥子菜縦 3月末

★ サラダとかに入れると、本当に辛子の味がして美味しいですよ  ★
 芥子菜横 土手3月末

★ 3月末の野草パーティでは、スパゲティに入れました・・・大人の味で美味しいですよ ★ 
          芥子菜縦 土手横 26.3.25

※ 見た目は菜花の雑草みたいなのですが、
   芥子菜っていう名前の通り、本当に辛子の味がします。 

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード