FC2ブログ

仲秋の名月?

 今年は、10月3日の夜が、仲秋の名月(十五夜のお月見)でした。 4日(昨夜)の夜の方が、もっときれいに、夕方から朝方まで輝いていました。

 仲秋の名月の次の夜です(十六夜=既望=いざよい)
仲秋の名月

 10月3日の夜が十五夜だって、私は知っていたのですが曇っていたので、今夜は綺麗なお月様は無理じゃないかなって思っていました。

長男「母さん、綺麗なお月様が見えるで・・!」
私 「良かったね、今夜十五夜のお月様が見られて!」
長男「今夜は、お月見やで・・・・! 何にも無いん?」
私 「曇っていたから、お月様は出て来んと、思とったんや!」

 義父も義母も、何にも言わないだろうと思って、手抜きしていました。


 でも、やっぱりお団子とススキは必要だったかな?って、思い直しました。

 私も、息子も、お月見には、お団子とススキってイメージがわきます。 でも、孫たちは、そんなこと知らないから、無くって当たり前の世界で大きくなってしまうかも知れないな~!って、感じたのです。

 やっぱり、一日遅れだけど、ススキを川の土手に行って少し分けてもらって、あんこときな粉のお団子を作って、みんなで戴きました。

 当たり前のことを手抜きしないで当たり前のようにする。・・・・・これも、文化を繋いでいくことかなって、今年の仲秋の名月は、反省させられました。
 
 我が家は、一日遅れのお月見会でした。・・・・ほんで、それをこなすと、私の気持ちも不思議と爽やかになるんですよね。 
 簡単に出来ることなので、これからも私が頑張って大切にしていこうって思いました

 夕方から朝方まで、ずっと輝いていたお月様
十五夜5

【追伸】
 2時に、孫を迎えに行って、「あんたたちは、お団子を食べてお月様を見たの?」
孫 「お月様は見たけど、お団子は食べてないよ」とのことだったので、

 3時のおやつは、お団子にしました
お月見団子
 あんこのお餅は食べるのに、お団子はきな粉が好きな2人でした。 自分で丸めたので、形に覚えがあるらしく、「これは僕が作ったんやでな!」って言いながら、まあよく食べること!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード