FC2ブログ

宗吉瓦窯会勉強会

 宗吉瓦窯跡ボランティアガイド養成講座 
 今年度最後の勉強会 
瓦勉強会1
 山条山の東裾野に、宗吉瓦窯跡(24基)が、あります。
 山条山は吉津富士と呼ばれているきれいな三角形の山で、花崗岩で出来ています。
 全国的にみても、素晴らしい地形です。

 この場に、窯にうってつけの斜面がありました。
 浄化槽の工事時4m位掘り下げましたが、ずっと粘土でした。
 近所の家では7m位まで掘りました。やっぱり粘土でした。
 なのでこの辺りは、粘土の宝庫であったと考えられます。 

 この場所には小屋が建っていましたよ 
小屋宗吉
 横幅が5~6間あるので、住居ではない。住居ならもう少し小さいです。
 乾燥場か工房跡と考えられます。

 この辺に港があったはずです 
古代は港
 電気探査をしたら、きっと港跡が確かめられるはずです。 いつか調査をしたいですね。

 写真中央にあるお宮さんは、古代には島だったとか 
古代は島

 16号窯 
16号窯
 【1.5m幅・・・傾斜45度・・・6~7mの長さ】 でした。

 山の神さんと 17号瓦窯跡 
山の神さん
 【2m幅・・・傾斜は16号窯よりなだらかです・・・13mの長さ】 でした。
 長さ(大きさ)では、日本で一番長くて、大きくて、古いです。
 香川で一番古い・・四国で一番・・近畿にも無い。なので、近畿から伝わったのでは無くって
 西(朝鮮半島)から来たのかも知れないです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード