FC2ブログ

チャレンジ サタディ 【NO.2】

 チャレンジ サタディ (NO.2 粟島に着いてから) 10月17日 (土曜日) 
 
☆ 粟島港に到着
  公民館長さんや魚の養殖をしている方々が、港で待っていてくださいました。

 ★ まず、粟島の公民館長さんから島の説明で~す 
   粟島説明

☆ ここからは2班に分かれて、私は先にブイブイに絵を描きに行きました。

 ★ どんな絵にするか、構想を練りま~す  
   ブイブイ1
   ブイブイ2
   ブイブイ3

 ★ 早苗ちゃんの花壇の中にもお手本がいっぱ~い!
   ブイブイ4

 ★ さあ自分のを描きましょう 
   ブイブイ5

 ★ 鯛の餌やりに出発で~す 
   鯛の餌やり1

 ★ いかだの下には鯛がいっぱい泳いでいます 
   鯛の餌やり5
 ★ ほらね!
   鯛の餌やり2  

 ★ さあ、餌やり開始ですよ!   
   鯛の餌やり3
 
 ★ おいしい餌をありがとう!  
   鯛の餌やり4

 ★ ふぐも可愛いかったよ 
   鯛の餌やり6

☆ 午後3時過ぎ、粟島にお別れしました。
 ★ さようなら!~~ありがとう!~~また来るからよろしくね!
   別れ1

   別れ2
 
   別れ3
 昔々の連絡船のお別れのようでした。・・・また「そんなの知らん!」って言われるかな?
 双方とも、見えなくなるまで手を振っていました。

※ 感想
 この、お別れのために1~2時間も前から港に来て待っていてくださった、粟島の方々に本当に頭がさがりました。
 また、ブイブイに絵を描いている所へ、みかんやお菓子を沢山持って来てくださった方も居ました。
 養殖の鯛に餌やり体験ということで、船で港まで何度も迎えに来てくださったおじさんとおばさん、本当にありがとうございました。
 
 すごく穏やかな一日で、さらに島の人たちの温かい心遣いと、お会いする人たちみんなの優しい笑顔に、ただただ感謝の一日でした。
 今日の一日は島の方々のご協力で、三野の子どもたちの心に残る素晴らしい体験になりました。
スポンサーサイト



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

子ども達がたくさん来てくれたのですね

鯛やフグも養殖しているのですね。
粟島周辺は、プランクトンが多いそうですね。

牡蠣の季節ですね~
粟島の牡蠣は、日本一美味しいと聞いていますよ。

私は食いしん坊!?

 鯛に餌をやりながら、私は{美味しそうだな~}って、思っていました。あんまり美味しそうなので「もう出荷するのですか」って尋ねたら「後一年飼ってからです」って、もっと大きくなって美味しいお刺身になりますよ。ほんで鯛のカブト煮とかね。

 さらに、ふぐを見て、ふぐ刺しがお皿に並んでいるのを想像していました。

 でも、口に出しては言わなかったからねv-8
 そんな可哀想なこと言ったら、小学生に残酷おばさんって思われるでしょう。

 だから、感謝して命を戴くんだってことは、もっともっと人間関係ができている間がらでないと言えないですよね。

 私、食いしん坊だからカキが食べたくなってしまいました。 コープのカキを今注文しました。品物が来るのは次の次の水曜日です。
広島って書いてあったけど・・・・、まあいいですよ。
本当は、もう少し寒くなってからでしょう? イセヤさんでも食べられるっていっていましたね。 これ以上寒くならなければいいのにな~って思っていたけど、寒くなってもいいです。やっぱり寒くならないとカキの季節は来ないですよね。 今から楽しみで~す。

 粟島に食べに行きたいですね。それか安上がりに、買ってきて我が家で焼く。 ほんだら、新しい我が家の一員にも食べさせてあげることができますね。12月中旬過ぎがいいですね!
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード