FC2ブログ

結婚式

 平成21年10月24日 (土曜日)  

  結婚式 
   結婚式1

 讃岐源之丞より、戎さんがおいでてくださいました。

  指輪の交換が終わって、三々九度
結婚式2
  
 昨年の11月頃、息子に家で結婚式をしたいと言われ、私はまたまた~!そんなバカなことするはず無いよな!・・そのうち気が変わるでしょうと思っていました。
 ・・・・が、しかし、だったんです。
私   「どこででも、二人でして来たらいいんじゃないの、たとえば教会とかね・・・」
私   「母さんは、披露宴会場にお任せしたらすべて段取りしてくださるから、それがいいと思うよ」

息子 「・・・・・・!」

私   「母さんは、何にもしないでじっと我慢していたら終わる結婚式と披露宴がええです。
   お客様みなさんに、ご挨拶とお礼だけ言ったら終わりっていうのでないとできんよ」って、
   約1年間言い通してきたのです。

   がしかし、拘り続けて引き下がらない息子に
私   「どうして、家で式をしたいの?」って尋ねると・・・、

息子 「父さんと母さんがここで結婚式をしたから、僕たちもここで式をしたい。
     ほんで、父さんが見ていてくれる所がええんや!」

 結局、私が根負けして・・・、
(まあまあ息子たちの拘りの理由もわかり、それを、頭っから拒否もできなくなったので)
 私が、段取り(式の進め方)をして、戎さんにお願いしました。
 なぜ、今日なのか・・・・披露宴までに、本人たちと、その家族の都合の良い日が今日しか
 なかったのです。
 
 それで急遽、今日することに相成りました。本人たちと家族だけで執り行いました。
 戎さんも初めて、私も、家族も、もちろん本人たちも初めての手作りの結婚式でした。

 昆布と黒豆を炊いて煮干を付けて、全て手作り・・・、お饅頭と御酒と桜茶と果物だけ買って
 来て全てOKでした。
 みんなが我が家に集まって、リハーサルから続いて式、お茶まで全て入れて2時間弱でした。

 式が終わって10時過ぎから、息子たちは前写しに行って、帰ってきたのは夜の8時頃でした。
 私は、少し片づけをして、大正琴の練習に行ってきました。
・・・これも、文化祭が近付いているのでサボると皆さんに迷惑をかけます。
   なので逃れられないです。
 
 今、私は疲れきっています。・・・実は昨夜寝られなかったのです。 
 夜寝られない辛さが初めてわかりました。→ほんで、今日は身体も頭も目もシンドイです。

 台所の手伝いに来ていた実家の母に言うと「親なら、みんなしてきたことやで、あんただけと
 違うんやで」って、キツイ言葉がかえってきました。 
 その言葉で、我に返りました。 
 私は、まだまだ頑張らないと、親にはなれていないんだろうなってね。

 救いの言葉は、戎さんを遣っていた先輩が式が終わって最後のお茶のときに、
 「こいなんは、初めてやったけど、家で結婚式するっていうのはええなあ~、
  途中で涙が出そうになったわ 」って、言ってくださったことです。

 それで、私はいつもの元気を取り戻しました。 
 今夜は早く寝て、また明日からのことをしっかり頑張りま~す。 おやすみなさい
スポンサーサイト



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます~

若いっていいな~夢がい~っぱいある。。。
うんらんも負けずに夢を持ちますよ~♪

うんらんさん、おはようございます!

 母ちゃんは、もう疲れています。
 まだまだ片付けもあるしね。
 今日の歴史散歩行かれるのですか?

いやぁ~スゴイ!!!

おめでとうございます。
とてもいい結婚式ですねぇ。
なかなか見られませんよね。
兄の結婚式を思い出します。
私の結婚式に出てくれた叔父さんが、つまらんつまらんってつぶやいていました。
昔はほとんど家で結婚式をしました。
いま、それを望む息子さん。それを承諾したお母さん。また戎さんが登場って言うのはありえないです。
いい結婚式ですよ~~~~。
みなさん、どうぞお幸せに!!

紫ラベンダーさん、ありがとうございます!

 最近忙しくって、自分のを開けるのだけで精一杯でした。 ごめんなさいね。ご無沙汰していました。
 マモルンジャーも、野山の草を生けるのもいいですね。最近は、そうですね鉄砲の音も確かに変わってきましたね。

 私もお花は大好きです。・・・・でも、自己流です。
 お花の先生はいつもおっしゃっていました「山や野で、自分で見つけてきた木や花を入れられるようになったら本物ですよ」ってね。
 いつも、用意してくださっている花を入れる、ほんで、先生が1~2箇所直してくださったら、自分で入れたのとまるっきり違う素敵な生け花になるんですよね。  私は、何年行っても、その程度から上達はしませんでした。・・・・・・・若い頃の話ですけどね。でも、好きなんです。 何でもかじるだけの私でイカンのですけど根性無しなんです。

 結婚式は親戚一同が参列しない式になってしまいました。・・が、本人たちがそれでいいというので、親戚への説明やらお断りやら、式の段取りやらで、私は一人で、どれだけ疲れたか・・・なんですよね。  
 みんなと違うことをするっていうのは、エネルギーが要ります。
 でも、まあ本人と双方の家族と戎さんには満足してもらったので、私も肩の荷が一つおりました。 
 12月12日の披露宴までには、まだまだする事があるんですよね。 
 嫁もらうって、本当に大変ですよ。
 後で思い返すと、これら全てが喜び(楽しい思い出)になるかな~と思って頑張っています。

 紫ラベンダーさんのコメントで、私の疲れが吹っ飛びました。
 ありがとうございました。
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード