FC2ブログ

里の秋(下高瀬の秋)

 10月28日 (水曜日)  清々しい空気・空・雲・太陽・そよ風

やっぱり秋の風景は、これですね!

 ★ ハデ (ハザ・ハサ)・・・稲架・・・?
   ハデと黄金のさざ波

 私は、『ハデ』って子どもの頃からず~っと聞き取っていました。 
 でも、ハデっていう言葉は辞書に無いんですよね 
 『ハサ』っていうのかな?・・わからないですけど、刈った稲を木を組んだものに干すんですよ。

 実家では、私が子どもの頃からそういう様にしていました。ほんで、干して乾いたら束をして家に運んで、それから稲扱ぎをするんですよ。・・・・一日の中で、その仕事が終わったら、家族みんなで歩いて高瀬市(高瀬大坊市)に行っていました。 
 次の日は、また次の田んぼの稲を取り込んで稲扱ぎをします。

 昔は、高瀬市が1週間続いていたので、それを欠かさず全部行く人も居ました。 
 私のうちは3回位しか連れて行ってもらえませんでした。 
 市の最後の日・・終市(シマイチ)には必ず行っていました。 
 高瀬市に連れて行ってもらおうと、子どもながらに一生懸命に手伝いをしました。
 少しでも早く終わったら早く行けるから・・・・ねっ!

 大坊市は11月23日をはさんで前後です。 
 だから昔はその頃まで、どこの田んぼにもこのハデがありました。

 ★ ハデですよ  
   ハデ1

 ★ よ~うく見てください。・・・手間がかかっています 
   ハデ2

 今は、ほとんどコンバインで刈ってしまいますので、刈るのと扱ぐのが同時に終わります。
 そのままJAのカントリーに運んだら作業は終わりです。 
 でも、所々に昔風に手間を掛けている田んぼがあります。 
 見付けると、私は凄く懐かしい子どもの頃の思い出が蘇ってきます。 私と妹は、大人たちが稲をかける仕事をしている間、空いているハデ木にブランコを作ってくれて遊んでいました。

 ハデにした方がお米も美味しいし、きれいな藁も取れるんですって・・・。 
 美味しいお米を食べたいために、拘ってハデにしている人もいます。
 
 我が家では無理です。手間を掛ける労力がありません。
 それと、うちの息子は生まれた時からコンバインだったから、ハデの作り方を知りません。
 私にも力がありません。・・・ションボリです! 

 うちの息子の代になれば、ハデは田んぼから消えてなくなるかもわかりません。
 私の心の秋は、本当に心の中だけになるかも・・・・です。・・・寂しいですね。

 私は今なら、誰かが田んぼにハデ杭さえ打ってくれれば、見よう見まねでできるんですよ。
 ただ、力が続くかどうかは疑問です。
・・・私の心の中でこれは、有形と無形文化財に匹敵します。 
スポンサーサイト



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りです

さくらさん、相変わらずお元気にお身体動かしていますね。   久し振りに覗かせていただきましたが、 稲、凄いですね!   私こんなに長い  はぜ掛け 始めて見ました。  こちらでは昔から『はぜ掛け』  と言っていますよ。  波の瀬に似ているかららしいですよ。  長野県でも、稲刈りも総て機械でしてしまい、乾燥も機械でしてしまうんですね。    でも、美味しいこだわりのお米を作っている農家の人は昔ながらの  はぜ掛けをしていますよ。  私もやはりお米はこだわっています。  それにしても、さくらさんの田は大きいんですね!  息子さん父親の後を継いで頑張っており、孝行息子さんですね!    さくらさんも安心していられますね。  美味しい新米になるのはもう直ぐですね!   

キラキラ☆さん、ありがとうございま~す!

 キラキラ☆さん、お元気でしたか?

 私は夏の疲れからか、また9~10月身体中が痛かったです。
 このブログにコメントくださっている方から、グルコサミンコンドロイチン(栄養補助食品)飲んでみたらって・・・教えていただいて、もう3週間ぐらい頑張ってのんでいます。 ここ最近接骨院に行かなくっても、大丈夫になってきました。治る時期だったのか、このグルコサミンが効いたのか?疑問ですが・・・。体調はよくなってきています。

 仕事辞めてから、この時期は、ずっと痛んでいました。

 はぜ掛けは、我が家の田んぼではないんですよ。我が家の田んぼの隣の隣の隣です。 田んぼは大きいと言っても、1枚が1反から3反位です。1反より小さい所もあります。 
  讃岐でも『はぜ掛け』かも・・・!と、思いました。それを私が聞き間違えて『ハデ』って、思い込んでいたのかもわかりませんね。

 ありがとうございました。 e-343
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード