大っきょい タコ!

8月31日(月曜日) 

※ 8/29に、メッチャ大きなタコを頂きました 

   その日は、稲刈りだったので、持って来くれたのを、氷と
   一緒にそのまま直ぐに冷蔵庫に入れておきました。
   私は、夕方から会があったので、夜遅くに帰ってきてから
   茹蛸にしておきました。 (下記は、その時の写真です)

※ 竹の子と一緒で、少しでも早く茹でておいた方が美味しい
   かなって素人考えで思ったからです。

※ 今までは、魚料理は義母が担当だったので、これどうしよう
   と思いましたが、これを美味しく食べるようにするのは私しか
   居らん。・・・・・と思い直して・・・・・              

※ 下処理はしてくれているとのことだったので、私はちょっと
   だけ気が楽でした。
  
~~~~~ ところが、開けてビックリ!  ~~~~~

★ 想像していた以上に、メチャメチャ大っきょいタコ! ★ 

 大きな蛸 27.8.31
※ タコの足を伸ばしたら、60~70㎝
   だって、まな板からグ~ンとはみ出すんです!

※ {鰻だったら、私は見るのも怖いし、よう触らないけど、
   タコなら大丈夫やで~!}って、自分に言い聞かせて。

※ 家に在る鍋の中で一番大っきょいのを出して、水・酒・
   醤油・塩を入れて沸かしながら、クックパッドを開きまし
   た。
   そしたら、酢と塩で茹でたら軟らかくて美味しくできるっ
   て載っていました。
   今沸かしているのを捨てるのも、もったいないので、酢
   を、入れ足しました 

★ 蛸の足から入れて、茹蛸にしました  ★ 
 
 ゆでダコ 27.8.31
※ こうなっても、まだ、ちょっと怖いけど・・・・!
   味見すると、美味しかった 
   小さく切ると、私の大好きな蛸になりました。

※ 本島の猟師さんが運んできてくれた蛸なんですって!

・・・「私は、もう蛸を食べられるようにするのはOKです」 
   
※ しかし、下処理が出来てない蛸は、まだまだ無理です 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード