大阪へ、行けるかな?・・・無事に行って来られました!

1月24日(日曜日)   6:00 → 6.0度 (戸外 - 0.3度)

※ この冬一番寒いです。 外は、マイナス気温になっています。 
  
※ きょうは、6:00出発で大阪へ行きます。
   うまく行けるかどうかわかりませんが、また行けても帰って来られる
   かどうか不安ですが、今から準備します。

※ 四国も雪の予報でしたが、国立文楽劇場に行って帰ってきました。
   行きも帰りも、雪が積もっていたのは、津田から鳴門の辺りだけでし
   たので、うまく大阪まで行って人形浄瑠璃を観て帰って来ることが出
   来ました。


★ 大阪に着くと青空でした ★
             文楽劇場前 28.1.24 9:30

★ 文楽座入り口の前です (9:30) ★
          文楽劇場の前 朝 28.1.24

★ 文楽弁当 ★
 文楽弁当  28.1.24

★ 主遣い(頭遣い)の人は、この下駄を履いて人形を遣います ★
          主遣いが履く下駄 28.1.24
※ この写真の下駄は、文楽座の下駄です。
   (これは低い方の下駄ですが20cmあります)
   役とか、自分の背丈とかに合わせて高さは使い分けます。


★ 舞台の前の幕(緞帳)も、3枚重なってありました (凄いなぁ~)  ★
 前の緞帳(幕) 28.1.24
※ 第二緞帳 『四季扇面彩の舞』 (しきせんめんいろどりのまい)
   第一緞帳の写真は、撮れませんでした。 
   『有職道長文様』 (ゆうそくみちながもんよう)


★ 前から3列目の席だったので、全体を上手く撮れなかったです  ★
 2枚目の緞帳 28.1.24
※ 第三緞帳 『蒼流悠松図』 (そうりゅうゆうしょうず)

★  鳴門の橋 → (大阪からここまでは雪はありませんでした) ★
 文楽座からの帰り 鳴門 28.1.24
※ ここまでは、雪が無かったのですが、この橋を渡った所辺りから
   香川県の津田の辺りまで雪が積もっていました。
   速度制限がありました。 ノロノロ運転の所もありました。

★ 高松からは、普通に走って無事に三野に到着です ★ 

 無事三野に到着 28.1.24
※ バスから降りると、空気がメッチャクチャ冷たい
   空気が冷たい分お月様が綺麗に輝いていました。
   これは、ほんまに綺麗な  十五夜お月様  でした。


※ 三野までは全員無事に帰ってきました。・・・が、新宮から参加して
   いる人が居ました。
   (香川の大野原から愛媛の辺りは通行止めになっているそうです)
   (今夜は、観音寺に泊まるって話していました)
   普段雪が降らない所に、雪が降ると、みんな慣れないから準備も
   出来てないので、ほんまに大変やな~って思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さくらさ~ん、
  お気をつけていってらっしゃ~~い!!

taeko123 さんへ!

 鳴門の西から板野の辺り、ほんで、津田の辺りまでは、朝行く時も、夜帰る時も
 ほんまに雪国でした。
 高速道路も、ノロノロ運転でした。

 が、あとは、いつも通りでした。違うのは気温がメチャクチャ低いでした。
 でも、無事に行ってきました。
 ご心配ありがとうございました。 

草鞋の上に下駄があるのも小道具?
何に使うのか想像出来へん😅
此処等は雪がちらついただけで済んだけど。
本当に積もったりせんとこに積もると、大変やろなあ😃

tomatoume さんへ!

コメントありがとうございます!

人形の頭を持って遣っている人の事を、
芯遣い(シンヅカイ)・主遣い(オモヅカイ)・頭遣い(カシラヅカイ)などと言います。

その人は、この下駄を履いて使っています。
私たちが使っている下駄は、この藁草履のようなものはついていません。
これは、すべらん様にとか、危険防止の為に、また、カタカタという音消し効果も
期待して付けているんやと思います。

芯遣いの人が、これだけ高くなることで、左手や足を遣う人が、遣いやすくなります。
この下駄は20cmでしたが、もっと高いのもあります。

こんど、tomatoumeさんの都合が良ければ、文楽座に一緒に観にいきませんか?
座員だけでは、バスに空席がありますので、座員の家族とか、友達も一緒に行ってますよ。

ただ、tomatoumeさんは、バスに酔う(弱い)から無理かな~?

人形が使うのかと思ってました🎵
人形を使う人が音とかを気にして下駄に草履だったとは😃
表からだけでは解らないものですね🎵
この高さの下駄で良く転ばずに出来るものですね😃
凄いです😆

tomatoume さんへ!

 おはようございます!

 頭遣いの人は、この下駄を履いているので怖いこともあります。
 動きも、スムーズにはいきません。 慣れるしかないです。

 私の場合は、「バタバタしたらイカン」って言われるから、ちょうどええんかもわからんです。(>_<)!

 ひょっと、転ぶこともあるんですよ! 人形の頭は左手で、人形の右手を右手で持っているので、
 ひょっとの時は、自分の手で支えることもできんのです。
 足をひねらん様に気を付けてそろりそろりと歩かなイカンです。

 まあまあ、そう思って観てください。面白いと思いますよ(*^。^*)
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード