ハスの花とトンボと・・・!

7月6日(水曜日)  朝から30度近い、メッチャメチャ暑い日です (>_<)

※ 昨日の写真の続きです 

★ 今回のハスの花の中で、私の傑作だそうです  ★ 

             ハス花の写真の傑作 28.7.5
※ 見る人の心持ちによって、異なるでしょうけどね。
   私には、よくわからない世界ですね・・・やっぱり、まだまだですわ・・・

★ つぼみを極彩色で撮ると・・・ ★ 

             ハスつぼみを極彩色で撮ったら 28.7.5
※ 私は、こんなに可愛い写真は好きなんですけどね~~~ 
   あんまり極端に色が違うのは、ダメなんだそうです。 


★ これが、自然な色です・・・少し濃いめに出ているかな~? ★
           チューリップみたいなハスの蕾 28.7.5

 ハスの花いっぱい 大坊 282.7.5

★ 私の目の前に飛んで来たトンボです  ★
 蜻蛉目の前に 28.7.5
※ 急いで、トンボにピントを合わせて一枚撮りました。 
   いまから、じっくりピント合わせをして撮ろうと思った時に、私の右手の
   指に止まりました。 
   まるで、「あなたのような写真下手くそな人に撮って欲しくないのよ~」
   って言っているような・・・・?
   イヤイヤ、「こんなに近くで写真撮られるのは恥ずかしいですがな!」
   って言っていたのかも?

★ シャッターを切っている手の指に止まりました  ★ 

 私の右手にトンボ 28.7.5
※ ここからあとの写真は、少し離れた所に居た人が望遠使って撮って
   くれました。  ほんで、夜、写真を送ってくださいました。 

★ 「みて!見て! トンボが私の手に止まったよ~  ★ 

 手に止まったトンボ大坊で 28.7.5

★ 「トンボさん、この花にとまった方が、お似合いですよ」 ★
 指にとまったトンボ 大坊 28.7.5

★ 「ホラ・ホラ・ホラッ」って、止まっている指を動かすと・・・。 ★
 手に止まったトンボ 本門寺 28.7.5

★ ・・・・・  ・・・・・ ★
 指にとまったトンボさようなら大坊 28.7.5
※ 今日お逢いしたカメラマン、やっぱり凄い人ですね。
   ほんの一瞬の間やったのに、こんだけ写真を撮ってる。
   その一瞬を見逃さないで、自分の写真の中に取り入れる・・・。
   それも、少し離れた場所やったんですけどね~~~。
   ほんまに凄い人やな~って思いました。 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

涼しげ

山さくら 様
こんにちは、

1枚目の写真は素晴らしい構図です。

淡いピンクの花を撮ることが多いなか、この淡白で涼しげな色と構図、大きな拍手を送ります。

空の色もピッタリの薄い青、これが夏の濃い青空だったらこうはいきませんでしたね。

紗の着物を装う女性の立ち姿のようで色っぽさも感じます。

暑さが急にきましたね、ご自愛ください。

気まぐれおやじ


気まぐれおやじ 様

こんばんは!
コメントありがとうございます。

讃岐は、今日で6日目連続、高温注意報です。
メッチャクチャ暑いです。 

この写真を撮った時も、すっごく暑かったです。

紗の着物って、若い人たちには分からないかも知れませんですね。
私が嫁に来る頃には、そういうのも揃えてきましたが、着る機会は無かったです。
箪笥の中に眠ったままです。 v-388

こういう写真になるって想像できるようになるといいんですけどね。
なんか、白黒写真みたいに見えるでしょう。

私にすれば、不思議な写真なんですけどね。

私の写真で、他人から「いいね」って言ってもらったのは初めての事です。
同じ様に、「素晴しい」って言っていただいて、ほんまにありがとうございます v-435 

7/22~24に、燕岳に行く事になりました。
もう、20年以上山らしき山には登ったことが無いので、無事に登れるかどうか心配で
不安いっぱいなのですが、身体の準備も何もできていません。
ただただ、根性と気力だけで、みんなに着いて行ってみますね v-392 v-363

小さいカメラを持って行きます。 うまく撮れるといいのですが?
コマクサに逢いたいという事だけで、申し込んでしまいました。

ほんまに浅はかなヤツやな~って、今頃思い始めています。

暑さきびしい折りですが、健康面に十分配慮されて、
この夏を、お元気でお過ごしください。 v-410

2泊3日で!!

山さくら 様
こんばんは、

四国から2泊3日で燕岳の登山ですか?

縦走と違いここはずっと登りで高低差も1400メートルくらいあります。
日帰りで登って下ってくるわけではないですよね。

特に下りに気をつけてください、
足への負担は登りより下るほうが大きいし、
足の筋肉の疲労も蓄積されて来るので怪我をし易くなります。

根性と気力に頼れるのは若いときだけです、
無理をせず、適当な根性とそこそこの気力で、頑張らないで登山してください。

天候に恵まれ、コマクサに会えることそして無事の下山をお祈りしています。

気まぐれおやじ

気まぐれおやじ さんへ!

おはようございます!

『根性と気力で頑張れるのは、若い時だけです』・・・この言葉胆に銘じておきます。
ありがとうございます。
ボチボチで、行ける所まで、そしてグループに迷惑を掛けないように、頑張ってみます。
無事に下山してくるまで、気まぐれおやじさんの応援を、心に置いて行ってきます v-436 
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード