燕岳登山 (7/22~7/24)

7月25日(月曜日)  6:00 → 29.2度 (戸外 24.8度)

※ 22日夕方から24日まで燕岳に行っていました。 
   帰ってきたのは24日(日曜日) 21:30 でした。

★ 多くの人が日の出を見守っています・・(24日朝4時半頃) ★ 

 朝4時半頃 燕岳山荘前から 28.7.24

★ 燕岳山荘から日の出 (24日朝4時45分頃) ★ 雲海から太陽が顔を出す 28.7.24

★ 槍ヶ岳・・・右に突き出ているのが小槍だそうです  ★
 日の出場所から右の方 (南かな) 28.7.24

★ もう少しカメラを右に振りました ★
 燕岳山荘から もう少し右の方(南西) 28.7.24

★ 朝6時・・・下山・・・途中で振り返って撮りました ★
 燕岳から下山の途中で振り返って 28.7.24
※ この山荘に、23日の夜~24日朝まで一泊しました。

※ 小さいデジカメは持って行ったのですが、私がシンドクて写真どころ
   ではありませんでした。
   みんなと一緒に歩くのが精いっぱいやったです。 

※ {こんなにキツイ山には、もう登らん}  
   というのが、今の私の感想です。

※ 私の反省
   甘い優しい言葉には、誘惑されません。
   自分の年と体力を、きちんと把握する事。
   気力だけでは、通用しない世界があるんだよってちゃんと自分に
   言いきかせます。 


・・もう少しだけ、写真がありますが次の記事にします。 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

天気でよかった!

山さくら 様
お疲れ様でした、

天気がよくてよかったですね、
そして無事に下山、帰郷できてよかったです。

夜行バスで行って登山されたようですね、きつかったでしょうね。

はっきり申し上げます、
もうこのような強行登山はやめてください。

今回は天候に恵まれたのが幸いです、
雨だったら、霧だったら、気温が予想外に低かったらと思うとゾッとします。

無事の帰還で安堵しました。

体調が元に戻るまで日常の生活にもご留意ください。

気まぐれおやじ

美しい景色

おかえりなさい
苦しかったことも忘れる山の魔力に魅せられて また!!!
天候にもメンバーにも恵まれ登山でよかったですね
夜行バスでの登山は若者でもキツイと思います
頑張りすぎは今回限りで 次は のんびり ゆっくりと楽しんでくださいね 
膝が笑って歩けなくなって背負われて下山なんて人もいます
高温多湿の四国とは違った高原の涼風を感じる写真楽しみです
槍ってホンマに槍ですね
花の写真を楽しみにしています
4・5日は ぼちぼち・そろそろ
たまっていた活動は程々に……帯状疱疹が怖いですよ
阿波弁で「しわしわ」「ぼちぼち」と……ね

No title

おかえりなさい!
皆さんからの言葉がならんでいます。
そう、しわしわ、ボチボチ・・・身体を普段に戻されてから行動開始・・ですね。
いいご経験されたようで何よりです。

気まぐれおやじ さんへ!

こんにちは!

 ずいぶん御心配をお掛けしました v-436
 私の日々の生活と、この山の凄さを知っている人は、「そりゃ無謀だよ」って言うわな~!

 安曇野の従姉も、夜行バスをすっごく心配していました。
 朝4時前に、安曇野の里で私たちのバスが着くのを待っていてくれました。
 それで、私と孫の荷物のチェックをしてくれて、リュックが大分軽くなりました。
 要らない物は、バスに置いて行きました。

 まあまあ、みんなの力添えがあって、私は行って帰って来られました。
 今は、まだ脚(太腿から膝の下も)が、立ったり座ったりする時に痛いのですが、
 頑張って、朝の私の用事(7時半から10時半位まで)は済ませてきました。

 晴ればっかりやったので、本当によかったです。
 お天道様に助けられました v-410

 もう、大丈夫ですからね v-432
 ありがとうございました v-436 

machan さんへ!

 ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。 v-435

 何とか無事に戻ってきました。
 machanさんの言われるように、4~5日は、しわしわと行動します。

 讃岐では、「ぼちぼち」を使います。
 「しわしわ」は初めて聞きました。

 ほんとうに急な山道やったです。 
 登っている時にはそんなに思わなかったのですが、
 下りる時に、{ようこんな急なガタガタの道を登ったな}って思いました。

 でも、そうなんですよね、エラサとか、シンドさは、時が経つと忘れるんですよね v-390

 忘れないように、します。 あんまり皆さんにご心配をお掛けしないように気を付けます v-436
 ありがとうございました e-328

taeko123 さんへ!

 ありがとうございました!

 ほんとうに、無事に戻って来られて良かったなって言うのが本音です。

 朝の私の努めも果たしてきました、7時半から10時半まで・・・。
 おかげ様やと感謝しております。
 神様も、確かに、居られたのかもしれません v-432
 さらに、この山の上は、天の国に近かったので、
 いろいろな面でみんなが守って応援してくれたのかも?

 今から、少ししか写真はありませんが、カメラから出して載せます。
 また、見てやってください。 v-441
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード