川の土手に自生している藤袴の花!

10月24日(月曜日)  

※ 母の入院している病院からの帰りに寄りました。
   アサギマダラは居ませんでした。
   {アサギマダラは朝寝坊なんかもわからんな~}って思いながら、
   大師堂にお参りをして、出て藤袴の花の辺りを見ると、アサギマダラ
   が、1頭、優雅に飛んでいました。 ずっと飛び続けていたので、写真
   は撮れませんでした。一旦家に帰って、家の用事を済ませて・・・・・、
   先日の幟の片付けの手伝いにと思って、仁尾へ行ったのですが、もう
   片付けられていました。

※ 観音寺のカメラ屋さんに用事があったので、そのまま仁尾から観音寺
   へ、向かいました。 途中で、有明の浜に、ウンランを見に寄りました。
   それから、カメラ屋さんに行って、何も買わないで帰ってきました。
   「望遠レンズがあるよ」って教えてもらって行ったのですが、私のカメラ
   には合いませんでした。
   今は、カメラ全部買い替えを考えています。 
   私に時間が無いので、来月になります。

※ その帰りに、13:00頃・・、爺神山に寄って帰りました。
   大師堂の下の藤袴に、アサギマダラは居ませんでした。 

※ それで、帰りに高瀬川の土手の藤袴の花を見て帰りました。

★ 高瀬川土手の藤袴の花です ★ 

 土手の藤袴 横 28.10.24

★ このフジバカマの花は、数年前からここに咲いています! ★
            高瀬川土手の藤袴 縦 28.10.24

★ だけど、この辺りに浅葱斑が飛来しているのを見た事はありません ★
 高瀬川土手のフジバカマ 28.10.24

★ 浅葱斑は、ここの藤袴の花には気付いてないようです! ★
 土手のフジバカマの花 横 28.10.24
※ この花の咲いてる所は、我が家と、今アサギマダラが来ている所との
   ちょうど中間位の位置です。
  

 高瀬川土手のふじばかま 全体 28.10.24
※ アサギマダラも、花を選ぶのかな?
   それとも、周りの環境を選ぶのかな?  
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私も大師堂へ行ってきましたが、2匹出迎えてくれたのはいいんですが全然花に留まらず、撮れませんでした。でも、アサギマダラの代わりにキチョウが留まってくれました。
カメラ、「価格コム」でも見て良く検討してくださいね。

漱石 さん へ!

コメント、ありがとうございます!

 明日は朝早くから出掛けて、帰りは夜遅くなりますので、アサギマダラに逢いに行けません。
 よろしくお願いします。

 カメラ屋さんでわかったことは、ミラーレスのカメラのレンズが高い。
 普通のカメラなら、レンズセットで、レンズだけより安いぐらいなんです。
 でもセットのは、レンズが、250です。 300って言ってましたよね。
 ・・・なので「少し考えます」と言って帰ってきました。

 キャノンが軽くて、持ちやすい。
 ニコンだったかな・・・、持ったら、メッチャクチャ重かったです。
 もう、忙しいので、また来月にします。
 私は、考えてもわかりませんので、決めるのはそんなとこです。
 持ち運びが便利と、あんまり操作が多く無いもの、レンズの付け外しも、ほんまは面倒くさいんです。
 あと、値段が安い・・・・のがええんです。
 でも、一番は私の撮りたいもんが、撮れるのでないとイカンです。

 撮りたいもんは、草と花と虫と鳥と、夕陽と山と海と池と雲と虹と・・、位です。 

300

300とは言いましたが、200でも十分ですよ。レンズが長くなる程暗くなりますからね。
でも、200に慣れると300が欲しくなるものです。
ただ、鳥となると、500くらい無いとなかなか満足出来るものは撮れません。値段もそれなりにしますよ。
ニコンの「D5500 ダブルズームキット」なら軽いし、同じクラスならリーズナブルじゃないかと思っています。(460g)
(決してニコンの回し者ではありません。^^;)

No title

まったくわかりません。
書いたコメントが3月の日付で入ってしまいました。
お手上げです。下線の文
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード