ヤブヘビイチゴ

5月25日(木曜日)   
※ ヤブヘビイチゴの実と、テントウムシと、爺神山での出来事でした。

★ ヤブヘビイチゴ  ★ 

ヤブヘビイチゴの実 29.5.10
※ これも、ヘビイチゴと同じで食べられるんだそうです。 
   甘くて美味しくは、無いそうです。 


★ てんとう虫が飛んで来て、カラスノエンドウの実のさやに~~  ★
七星天道虫とヤブヘビイチゴ 29.5.10
※ 「ヤブヘビイチゴさん、こんにちは!」
   てんとう虫は、どんどん歩いて、小さな草の天辺に来ました。


★ てんとう虫は、ヤブヘビイチゴに、「さようなら、またね!」  ★
藪蛇苺とテントウムシ 29.5.10
※ 私は、この春に、ヤブヘビイチゴって言う名前を初めて知りました。
   {ヘビイチゴと、どこがどう違うんじゃ~!  }~~って、思ったけど、
   グッと気持ちを静めて、
  「私はヘビ苺やって思っていました。 けどどこかが違うんですね」 

 葉っぱの付き方とか、形とか、違いを、丁寧に説明してくださいましたが、
  やっぱり私には{ようわからんわ?  } やったです。
   これは、ヘビイチゴと、ヤブヘビイチゴを横に並べて説明してくれんと
   私には、わかりません。 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

折り畳み式羽

最近テントウムシの羽の外の硬い羽を少し広げて 下の羽を大きく広げる仕組みを解明して
薄い羽が人工衛星の太陽電池?に使えるかも?
って 最近ニュースで言ってたけど
科学者って何からでも工夫を思いつくんですね

図鑑の写真を見ているようで楽しいです
天霧山登山 良いお友達と良いお天気回りで行けてよかったですね
いつかご一緒できたらと思っていましたが
最近はアレルギーがぶり返して山はあきらめました

次の田植えももうすぐとか
梅雨入りも間近となりましたね 
お元気でご活躍してください

machan さんへ!

おはようございます!

 山は、あきらめたのですか?
 
 実は、私も、里山にもあんまり登っては居ません。 
 200~400mの山でも、結構きついんです。
 それに、今は、私の大っ嫌いな蛇が居るかも v-399 です。 
 まだ、山登りや、お地蔵様のお参りでは、出あったことは無いけど、恐いんです。
 なので、今から寒くなるまでの時期には行きたくないです。

 爺神山のお参りも、人が居たら後ろから付いて歩きます。
 一人だったら、大師堂にお参りして帰ってきます。

 秋もまだ一人では無理です。・・・・・グンと寒くなってからなら大丈夫です。
 天霧山は無理でも、爺神山なら歩けると思います。 
 少し寒くなるまでにアレルギーを落ち着かせてくださいね。

 てんとう虫の翅が、宇宙にまでつながってるなんて、素晴らしいですね。
 凄いことを教えてくださってありがとうございました。
 なんか、そう思うと、てんとう虫に出逢うのが、さらにわくわくします。

 写真の田んぼは、実家の田んぼです。 昨日5/25に無事に田植えが終わりました。
 我が家の田植えは、まだ、今から準備をします。
 普通に田植えは、6月の父の日頃です。(私が子どもの頃からずっとその頃でした)
 その頃に合わせて、池の樋抜きをしていました。 
 そして、この辺りは、その水が無いと田植えはできませんでした。

 でも、最近は、香川用水で、いつでも田んぼに水が入れられるようになりました。
 田植えも、稲の種類によって、いろいろな時期に植えられるようになりました。

 なんか、都合はよくなったけど、そのモノの、季節感とか、時期感とかが、
 あやふやになってきよります。
 田植えも、稲刈りも・・・・・、さらに、果物も、野菜も、園芸種の花も・・・・・、
 その上、野の花もオカシクなってきよります。

 でも、それら全て、私の感覚であって、 
 みんなは、それぞれが子孫を残すために、今の自然の環境に合わせて
 頑張っとんやろうな~。   ~~~って、思うことにしています。 v-432

 嬉しいコメントありがとうございました。 v-436  お元気でね~! v-422
プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード