醤油豆

6月1日(木曜日)   6:00→ 23.6度 (戸外 19.3度)

※ 昨日、そら豆を、実家の母から貰いました。
   「去年取っておいた豆やけどな、もう、こなんようけは要らんきに、
    あんた要らんかな?」
   「今年の種にする分は置いたるきん。。。。。
           ・・・植えてくれるかどうかわからんけどな?」 

 {私やってな、そんなんどうしようもないで、そんなカチンカチンの豆、
   どうやって食べるんな?}って思ったけど、そこはグッと我慢して、
   「貰ってもええで~」

★ もう、何年振りやろかな~? 醤油豆を作るなんて~~  ★ 

フライパンで炒る 29.5.31
※ 実家の母は、もう、これが、出来んのだそうです。 
   「ガスコンロが I H になって、豆を炒るフライパンが使えんのやがな」
   携帯用のコンロを出してきてまでは、タイソウな様でした。

※ うちには昔々の錆びついたような古いフライパンが置いてあるし、
   I Hにも使えたんです。
 
① 豆を炒る (18~20分間 じっくりと )

★ ② 潮水に浸ける・・・約3時間  ★ 
  
潮水に浸ける 29.5.31

※ もう20年以上前に、吉津の方のお婆さんから戴いたレシピです。
   (なめて見たら、塩水は、海の水より優しい塩加減でした) 

※ この豆は、私は子どもの頃、海水浴に行って、しっかり泳いだ後で、
   食べていた豆やったです。
   豆に少しだけ硬い所が残っていて、塩味の浸み込んだ美味しい豆です。

 「なあ~、なあ~、ちょっと、この豆を食べてみて!」

 「・・・、この豆は、まだ硬いとこが残っとるな~ ?」 

 「・・・・・・・・・!」  (なにも、言葉が出ない嫁)

 「母さんが子どもの頃はな~、海に泳ぎに行った時はこれが、美味しい、
    美味しいおやつやったんやで~」


※ あとは、忘っせてしもうて、味付けは今朝になりました。

★ 砂糖と醤油と、しょうが汁少々と唐辛子少々を入れて沸かしました ★ 

砂糖と醤油で味付け 29.6.1
※ あとは、冷めるまで、蓋をしてこのまま置いとくだけです。
   (味付けをする前に昨夜から浸けてあった塩水2カップは捨てました)
   (それから、味付けの砂糖や醤油などを入れて沸かしました)

※ 醤油豆を作るのに、一番大変やったのは、豆を炒る事でした。 
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード