粟島の海ホタルの 『おまけ』

7月16日(日曜日) 

※ 昨日(7/15)の夜の海ホタルに、嬉しい 『おまけ』 がありました。

※ 昨日の夜は、私の車が一台だけ、上手いこと隣の港に駐車すること
   が出来ました。
   それで、この夜は5人で行っていたので、迎えの車を頼まなくてもええ
   ことになりました。 ラッキーやったです。 

※ もう一つのおまけは、思わぬ人と出逢いました。 先日ウバユリの花を
   見に行った時に知り合った人です。なので話をするのは2回目でした。

※ 出会った場所が、西浜海岸でした。
   私は、一緒に行ったみんなが、コーヒーとかジュースを飲んで、あとゆっ
   くり話をしている間に桜貝を探そうと思って砂浜に行きました。そこに、
   彼が居たんです。 二人共が ビックリ仰天  でした。
   二人の第一声・・・「どしたんな?」 「海ホタルを観に来たんですか?」

 「そうなんですけどね、私は、一緒に来たみんながお茶を飲んでゆっくり
    している間に桜貝を探そうと思ってな~」

 「えっ、桜貝のこと、知っとんな」 「ショウガナイな~」

※ 荷物の中から小さな瓶を取り出して見せてくれました。
   (桜貝がぎっしりいっぱい入った小さな瓶でした)

 {ショウガナイな~っていうことは、見せただけでは無いわな~!}
   {私に分けてくれるんやわな~}と思って、両方の手を出しました。

※ 横に居た人が、その私の姿を見て・・・・、
   「こんだけ見付けて拾うのには、何カ月もかかっとんやで~!」
   って言いました。
   (その人も、私の以前からの知り合いだったので、そう言われても
    私は、まあまあな~!やったです) 

  {そうなんか、両手にいっぱいはもらえんのやな~}
   {ほんだら、片手にせなイカンな~}って私は思いました。
   そして、そっと左手をしまって、右手だけにしました。

※ でも、右手に一杯戴きました。こぼれたらイカンので左手で蓋をして、
   ルンルン~ルン!  で、みんなの所に戻って・・・。

 「これ、な~んだ!」って左手で蓋をしたまま言いました。
 
※ 中が見えないっていうのは、すっごく不安か、恐怖らしくて、みんなは
   後ずさりしていました。 
   ~ 左手の指を、人差し指から順番に一本ずつ開いて、みんなに安心
   してもらってから、少しづつ分けてあげました。


★ 海ホタル観賞会に行って戴いた  さくら貝   ★ 
桜貝 海ホタルの夜 29.7.15
※ 一つひとつが大きくて、みんなそれぞれに上と下の貝が合わさって
   揃っていました。
   几帳面な人が拾い集めたんやろうなって思いました。
   (どうも、粟島の人が集めてくれたそうです)・・・それを、私の知り合
   いの彼がもらったようでした。
   その中から、私が分けてもらいました。


★ 夜9時過ぎの帰りの船の切符はこれでした   ★
           帰りの船の切符 29.7.15

★ さくら貝・・・大きいのも小さいのもあります   ★
さくら貝 大小あり 29.7.16

★  今まで、さくら貝を入れていた手作りのお皿です   ★
桜貝入れ物 29.7.16
※ このゴミみたいなのは飾りで、お皿にくっ付いていました。
  (誰からもらったのか忘れてしまいました・・・ゴメン!) 

★  ガラスは瓶に入れて、桜貝はビニールを被せました   ★
海のガラスは瓶に入れました 29.7.16
※ このガラスの入った瓶は、蓋をしておくことにします。
   ほんだら、埃がせんでええわな~って、気付きましたので・・・
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ね充実した日々を過ごしています。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男11歳・8歳・3歳)が来ますので3世代家族です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード