FC2ブログ

『海ほたる』

9月9日(木曜日) 

台風9号は、この辺りにはあまり被害を残さずに通り過ぎました。
今日は、また暑い暑い日に戻りました。

午前中・・・お手玉教室に行ってきました。
      今日は、団体競技や個人戦の進め方を教えてくださいました。
      その後、実際に、今日参加しているメンバーで団体戦・個人戦をしました。
      私は、個人戦では最後まで残りました。賞品は先生の励ましの握手でした 
      気分は最高  

      それから、金毘羅舟々の踊りを教えてくださいました。
      楽しかったけど、来月までに全てお返ししてしまいそうです。ションボリ!

午後は・・・孫迎えなどいつものパターンで、忙しかったです。

  ~~~~~~~~~~~~ ≪海 ほたる≫ ~~~~~~~~~~~~
17:00・・・我が家を出発して、友達を迎えに行って、5人で須田港に行きました。

17:30・・・須田港に到着  (いっぱいで駐車場が空いていない)
       その場で、みんなに降りてもらって、少し遠くの東側の港に車を置いて、
       私一人須田港に歩いていきました。

       定期船もお客様がいっぱいなので、臨時便が出るとか~~!

18:00・・・須田港を定期船で出港(私たちの仲間20名)

18:15・・・粟島着(海ほたるのおじさんが待っていてくださいました)

18:25・・・海ほたるの見られる海岸に向かって全員徒歩で出発しました。

18:50・・・馬城海岸に到着(スタッフの方がシートを用意してくださっていました)
       みんな、それぞれに好きな所で、瀬戸の夕日を見ながらお弁当を食べました。

★ 瀬戸の夕暮れ ★
 夕暮れ馬城
※ お弁当を食べたあと、海ほたるショーまでに時間があったので海岸のゴミ拾いをしました。
  海ほたるや砂浜の生き物たちが、少しでも快適に生活できることを願って・・・ね 

19:30・・・暗くなってきたので、海に入って海ほたるを探しました。
        海ほたるのおじさんの説明も、わかりやすくて、おもしろくて、
        みんな楽しく勉強させていただきました。

20:00・・・海ほたるショーの始まり
        私は、人の多さに圧倒されました。 徐々に徐々に人が増えており、
        海岸は人でいっぱいでした。 
        ほたるより人間の方が多いかなって思う位でした。

★ 海ほたるの光 ★
 海ほたる
※ ほんまに淡い優しい光です 
  この写真は、数十匹イヤイヤ数百匹~、居るかも~~?なんですよ。
  私の写真の撮影技術が未熟で、海ほたるは写せないんです。
  やっぱり、本物を見るのが一番いいですよ。

21:30・・・みんな感激に浸りながら、元気に歩いて粟島港に戻りました。
        またまた、桟橋が人でいっぱいでした。
        海上タクシーも、往復しているのですが、あんまり人が多いので、定期船が
        応援に来てくれました。
        定期船には80数名乗れるので、待っていたみんなを乗せて運んでくれました。
       
        海上タクシーの第二便を待っていた私たち8人は、定期船に乗せていただいて
        帰ってきました。
        予約していた海上タクシーの奥さんは、「定期船の方が少しでも早く帰れるでしょう
        から、定期船に乗ってください」と言ってくださいました。

★ これ、なあ~んだ!  ★
 葉っぱ切符

※ 答は、帰りの船(定期船臨時便)の切符でした。(私のと友達の切符です)
  1人500円渡すと、この葉っぱの切符を1枚手渡されます。

  タヌキにばかされとったらいかんので、証拠写真として撮りましたよ。

  粟島のイベント実行委員会の方々の粋なはからいに、楽しさ倍増でした。
  海岸までの行き帰りを歩いたり、海の中に入って海ほたるを光らせまくったりした疲れも、
  この葉っぱの切符で吹っ飛びました。

※ こういうイベントは、大勢のお客様を惹き付けるには、最高だと思いました。
  イベント実行委員会の方々のご苦労や、前もっての準備も、そして海ほたるのことも、
  海ほたるのおじさんの説明で大変よくわかりました。
  ほんとうに、ありがとうございました。

※ また、別に数人で暗い海に足を浸けて、自分で海ほたるを探す、見付ける、そして、
  淡い僅かな幻想的な優しい光に、うっとりする体験も最高ですよ。
  しずかに~~やさしく~~そう~っとね  

※ 今回のお祭りで、海ほたるに興味関心を持たれた方は、また静かな馬城海岸に、
  自然のままの海ホタルに逢いに、少ない人数でそ~うっと行きませんか・・・ 
  僅かに光る幻想的な光は、時間の経つのも忘れてしまうほどなんですよ   
スポンサーサイト



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山 さくら

Author:山 さくら
山 さくらのブログへようこそ!

私は町の宝物 《讃岐源之丞・宗吉瓦窯跡》 を、次世代に繋いでいきたいと思う仲間と共に、学び、練習を重ねながら、楽しい日々を送っております。
我家は、私・長男夫婦です。
平日は次男の子(孫男15歳・13歳・7歳)が、時々遊びに来ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード